トップページに戻る FAQ 質問箱
キッチンからエコのサイエンス

キッチンでエコ①  おうちのゴミを考えよう

グラフ

私たちが捨てたゴミは、その後どうなるのでしょう?
一部はリサイクルされてまた使われますが、ほとんどは焼かれたり埋められたります。
焼くとその分石油などを使いますし、二酸化炭素を出します。ゴミはもともと地球の資源ですから、その意味でも、ゴミをなるべく減らしたいですね。
調べでは、日本のおうちから出るゴミは3千トンで、日本全体で出るゴミの7割以上です。どうしたら、家のゴミを減らせるか考えましょう。

キッチンでエコ②  おうちの水を考えよう

イメージ

私たちは毎日たくさんの水を使って生活しています。
台所では水を使って、ご飯を作ります、洗い物もします。そうじ、洗濯にも水がいっぱい使われます。水がなかったらトイレもできませんね。
人が汚した水は、〈下水〉として集められて、汚れを除いてから海や川にもどします。それでも環境に無害ではありません。あさりなどの貝が減っているのは、排水による汚染の影響だとも言われています。

実験「アサリの浄化作用を見てみよう」

キッチンでエコ③  おうちでエコをやってみよう

イメージ

家からのゴミや、排水、二酸化炭素は気がつかないうちに自然に負担をかけています。少し工夫するだけでも、みんながやれば大きな効果がありますよ。
例えば、重曹でお皿を洗ってみましょう。洗剤を使わなくても油汚れが落ちます。
重曹は口にしても大丈夫なものですから、重曹で洗った水は、あまり川や海を汚しません。
ご飯を残さずに食べるのも、ゴミを増やさないので
りっぱなエコですよ。
そんな風におうちでエコをぜひやってみましょう。

実験「重曹でベトベト汚れを落とそう」

ページの上へ戻る