*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン
403号 ============================= 2017/08/15
*                   【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:メッセージに学習デジタル教材コンクール文部科学大臣賞(団体)があります
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次     
                       (以下敬語敬称略)
 

         
           
        
                            《クリックしてください》

[ニュースコーナー]New!!

●再掲「“教育情報セキュリティ”のガイドライン」

夏、全35市町村で閉庁日  群馬
理学部生物学科でも「飛び入学」 千葉大
「青少年ネット利用環境整備協議会」発足

文部科学省の報道発表より
(1) 教科用図書検定規則の一部を改正する省令案等に関するパブリック・
コメント(意見公募手続)の結果について

(2)
夏休み明けに向けた官民連携によるいじめ防止強化キャンペーン
の実施について〜関係団体の取組を御紹介します〜

(3)「第2回全国高校生SBP交流フェア」の開催について
(4)
平成29年度学校基本調査速報の公表について

(5)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
‐国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議
(第11回)の開催について


[メッセージ]
● 平成29度文部科学大臣賞(団体)作品:平家物語〜平家物語の世界へようこそ〜

Web教材「おもしろプログラミング@ミニミニコンピュータ実験室」
-
28回Scratchを使いこなそう』〜キーボードで猫を動かそう


[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (404)ローゼンボー宮殿から人魚姫像」
●「井伊谷(いいのや)城」
●「サンノゼからカルトレインに乗って」


[お知らせ]
● amazon.comの「学習情報研究」誌の販売開始
●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('17/08/15)
●「学習情報研究 9月号の目次('17/8/10)
 
- 『プライベートコンピュータ(PrC)時代の情報モラル教育』 
- 『2020年代に求められる情報リテラシー 
-『グローバル社会の視点から再考する情報モラル教育』 
- 『支援機器等の製作や活用の普及』 
-『SNSのメディア特性を理解する情報モラル教育』 

--------------------------------------------------------------------
[ニュースコーナー]New!!

●再掲「“教育情報セキュリティ”のガイドライン」
(国立教育政策研究所 名誉所員 菱村 幸彦)

 教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp
の下欄に「教職研修資料」のコーナーがあります。
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currenth.html
ご参照下さい。


以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。
 
夏、全35市町村で閉庁日  群馬
 群馬県内の全35市町村教委は今夏、小・中学校などでお盆の期間を中心に
閉庁日を設ける。県教委は各教委に、教員に休暇を取ってもらうために、行事や
部活動を行わない期間を設けるよう求めた。山間部の地域では冬休みを長く取り、
夏休みを短く設定する教委もある。このため、県教委は日程を決めず、各教委に
判断してもらうとした。

理学部生物学科でも「飛び入学」 千葉大
 高校2年修了者が入学できる「飛び入学」制度を4学部で設けている千葉大学は
平成31年度、理学部生物学科にも実施を広げる。生物学に関する分野での受け
入れは全国初めて。一般の入試に合わせて、筆記試験を実施。国際生物学オリ
ンピックなどコンテストでの実績も評価する。

「青少年ネット利用環境整備協議会」発足
 LINE、フェイスブックなどのコミュニティサイトを運営する6社と有識者らで、児童・
生徒が安全にインターネットを利用できる環境を目指す協議会が7月26日、発足した。
名称は「青少年ネット利用環境整備協議会」。


アドレス=http://www.kagawa-edu.jp/ictdb/

 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp



● 文部科学省の報道発表より

(1) 教科用図書検定規則の一部を改正する省令案等に関するパブリック・
コメント(意見公募手続)の結果について

 平成29年6月26日付けで実施しました、教科用図書検定規則の一部を改正する
省令案等に関するパブリック・コメント(意見公募手続)の結果について、
お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/kentei/1388730.htm)

(2)
夏休み明けに向けた官民連携によるいじめ防止強化キャンペーン
の実施について〜関係団体の取組を御紹介します〜

 このたび、「夏休み明けに向けた官民連携によるいじめ防止強化キャンペーン」
を実施することとし、関係団体による取組をとりまとめましたので御紹介します。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/08/1393634.htm)

(3) 「第2回全国高校生SBP交流フェア」の開催について
 文部科学省では、地域振興の観点から、地元に残って地場産業の活性化や
まちづくりを担う人材を各地で養成するために、高校生等が地域の課題を
実際にビジネスの手法を用いて解決する取り組み「地域ビジネス創出事業」
(Social Business Project:略称SBP)を進めています。
 この度、この取り組みの一環として、「第2回全国高校生SBP交流フェア」
が開催されますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/08/1388919.htm)

(4)
平成29年度学校基本調査速報の公表について

  平成29年度学校基本調査速報値を公表しました。 なお,数値は速報値であり,
平成29年12月(予定)の報告書刊行後に更新されます。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/08/1388916.htm)


(5)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
‐国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議
(第11回)の開催について

 国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議(第11回)
を下記のとおり開催しますので、お知らせします。 なお、前回会議でお示しした
スケジュールから開催時間に変更がありましたのでご注意願います。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/077/kaisai/1389158.htm)


--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]
● 平成29年度文部科学大臣賞(団体)作品:平家物語〜平家物語の世界へようこそ〜
[対象: 校種:中学校、学年:2学年、教科:国語]

 先月25日、平成28年度『学習デジタル教材コンクール』の表彰式が開催され、
みえデジコム(三重県教育工学研究会)教材開発班の作品が文部科学大臣賞(団体)
として表彰されました。
 以下では、作品の特徴、内容や実践結果などを、みえデジコム(三重県教育工学
研究会)教材開発班の文章をもとにしてご紹介いたします(一部省略有)。

 〔文部科学大臣賞(団体)〕  
   「平家物語〜平家物語の世界へようこそ〜」
      <みえデジコム(三重県教育工学研究会)教材開発班>


1 特 徴
このウェブコンテンツは,「平家物語」を通して古典の世界に親しむとともに,
作品の新たな魅力や歴史上の出来事・人物について課題を設定し,考えを
伝え合う探究的な学習場面で活用できるように作成した。
 「平家物語」は,栄華を極めた平氏が滅びるまでの歴史を,さまざまなエピ
ソードを交えて描いた軍記物語である。国語科では「平家物語」の冒頭部分
といくつかの章段を学習し,社会科でも武士の台頭の単元で平清盛や源平
合戦について学ぶことになっている。
 教科等横断的な視点から,・・・8つの扉と〔挑戦(クイズ) 〕を合わせた9つの
カテゴリーで「平家物語」を取り上げ,学習教材として使えるようにまとめた。

2 内 容 
粗筋(あらすじ):灌頂巻を含む全13巻を,193の章段ごとにあらすじをまとめ,
         各巻の最初には年代と主な登場人物の年齢,原文も参考に
         記した。「平家物語」の全体像が把握できる。
時代(とき):「平家物語」の内容を時系列で理解できるように関連年表をまとめた。
古文(こぶん):『祇園精舎』『弓流し』『那須与一』など中高の国語科教科書に掲載
        されている「平家物語」の章段を中心に,人間の生き生きとした心情
        や自然の美しさが描かれている章段を選択し,原文と対比する形で
        訳文と難語句の解説を記した。
合戦(たたかい): 30年間,20回にも及ぶ源平合戦の概要を日本地図からたどれ
        るようにまとめた。誰がいつどこで戦い勝利したかが一目でわかる
        図表にし,関連する写真を添えた。
夢跡(ゆめあと):「平家物語」の登場人物が活躍したゆかりの地,日本全国に残る
        30箇所について取材し,写真を中心に紹介した。
和歌(うた):「平家物語」の100首の和歌から,心情や人柄が分かる和歌40首を選
        び,作者と訳文を記した。和歌の表現技法や物語との関わり,作者の
        エピソードが学べる和歌クイズのページにリンクしている。など

3実践結果・内容
 Webの調べ学習によって教科書の学習だけではわからない源義経の人間的な
 魅力や自害に至る経緯,那須与一をめぐる弓道のエピソードなどを知り,さらに
 知りたい,調べたいという気持ちにつながった。
 ・・・古典が「好きではない・きらい」と事前アンケートで答えた生徒のうち,T中学
 校では92%,M中学校では100%が「楽しかった・勉強になった」に変化した。


4教材開発の創意工夫
 ホーム画面は2段で構成されており,9つのカテゴリーに関するメニューを上部に
常駐させることで,興味・関心に応じてすぐに関連項目を検索できるようにした。
 また,ホーム画面下部には,教師支援として授業で使える指導案をはじめ,ワー
クシートや教材資料を配置し,PDFファイルまたはワードファイルとして印刷できる。

 

《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「おもしろプログラミング@ミニミニコンピュータ実験室」
-第28回Scratchを使いこなそう』〜キーボードで猫を動かそう
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

この教材は、世界的に注目されている子どものプログラミング学習に
ついての 体験学習を指導される方向けに、コンピュータの入門レベルの
知識から初歩の プログラミング体験までをまとめたものです。この教材
を利用される方が環境を 再現しやすいように、ハードウェアには低価格な
Raspberry Pi 2を、 プログラミング環境には無料のScratchを使用して
います。



《写真をダブルクリックしてください》


-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

●「世界の旅バーチャル・グランドツアー(404)「ローゼンボー宮殿から人魚姫像」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 アンデルセンの童話『人魚姫』をモチーフに作られた人魚姫像は、バレエで
演じられた
姫を観たカールスバーグ醸造所の創立者の息子カール・ヤコブセン
の依頼によって彫刻家のエドヴァルド・エリクセンが制作しました。依頼者の
ヤコブセンは人魚姫を演じたバレリーナをモデルにと希望しましたが、裸体
を拒まれ、頭部はバレリーナで首から下はエリクセンの妻のエリーネがモデルに
なりました。人魚姫の像は足首あたりまでは人間の足があります。これは
エリーネの足がとても美しく、鱗にするのが惜しかったからとも言われて
います。

 高さ1.25メートル、約175キロの小さな像は今まで何度もひどいいたずらの
被害を被っています。最近では5月に「フェロー諸島の鯨を守れ」と赤い塗料で
書かれ、像全体にも赤い塗料がかけられました。首を切られたり、腕を切られ
たり、その都度修復されて現在も多くの観光客が訪れる観光スポットになって
います。


《写真をダブルクリックしてください》



●「井伊谷(いいのや)城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・音楽・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、静岡県浜松市北部にある「井伊谷
城」の映像が送られてきました。

井伊谷(いいのや)城は、浜松市北区引佐町井伊谷にある山城跡です。今年の大河
ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台となる城です。

 浜名湖の北にある遠江国井伊谷を治める国人領主であった井伊家には、1010年
(寛弘7年)井伊谷の井戸の傍らに捨てられていた男児が後に遠江国司藤原共資の
養子となって井伊共保と名乗り、初代当主となったという伝説があります。

南北朝時代城主井伊道政の時には後醍醐天皇の皇子宗良親王を保護し南朝方の拠点
となりますが、北朝方によって落城しました。

戦国時代になると井伊氏は今川氏に拠っていましたが、1562年(永禄5年)桶狭間の
戦いで井伊直盛が討死し、家督をを継いだ養子の直親は今川氏真に謀叛の疑いで殺され、
直親の子は幼少であったため直盛の娘次郎法師が直虎と名乗って城主となりました。

直虎は直親の子の後見をし、その子は成長すると直政と名乗り徳川家康に仕えました。
その後直政は多くの武功をあげ、徳川四天王の1人として彦根城の初代当主となり、
井伊家は幕末には井伊直弼を輩出するような譜代大名となりました。

 現在は、井伊谷城跡公園として整備され、山頂部には二段に別れた曲輪跡があり、
上段の曲輪は「御所丸」と呼ばれ、宗良親王の御所であったとされています。
 山麓の里には井伊家ゆかりの地として「井殿の塚」「共保公出生の井戸」、井伊家
の菩提寺である龍潭寺が点在しています。

 龍潭寺(りょうたんじ)は、奈良時代創建の古寺で井伊家の菩提寺で、井伊直盛、
直虎、直親の墓もあります。江戸時代初期に造られた小堀遠州作の庭園は国の名勝に
指定されている名園です。

≪静止画「井伊谷(いいのや)城」≫


《写真をダブルクリックしてください》



●「サンノゼからカルトレインに乗って」

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、米国・カルフォルニア州北西
部にある「サンノゼからカルトレインに乗って」の映像が送られてきました。

 カルトレインは1987年に創業したサンフランシスコと郊外を結ぶ通勤列車
です。2階建の客車をディーゼルカーが牽引または推進運転する形で運行
しています。朝夕の通勤時間帯には急行「Baby Bullet」がサンフランシスコ
〜サンノゼ間を1時間弱で運行しています。乗車券は券売機で買いますが、
長いホームに券売機だけがある無人の駅で30分ほども待つということが
しばしばでした。けれども、車社会のアメリカにおいてシリコンバレーの中心
からサンフランシスコへ10ドルほどで行ける安全な乗り物です。

 カルトレインのサンフランシスコ駅の近くにはAT&Tパークがあります。
AT&Tパークはサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地球場となっています。

 カルトレイン沿線にはスタンフォード大学やハイテク企業の本拠地がある
パロアルトや、グーグルの本社やコンピュータ歴史博物館があるマウンテン
ビューがあり世界を席巻するIT企業の一大拠点となっています。

 長閑な駅に咲き誇る薔薇、澄み渡る青い空、そして偶然にもハロや彩雲が
空を彩ります。どこまでも青いカリフォルニアの空でした。


≪静止画・動画「サンノゼからカルトレインに乗って」≫

《ご意見は掲示板にどうぞ》

≪写真をダブルクリックしてください≫


(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)

--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]


● amazon.comでの「学習情報研究」誌の販売中
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 昨年からamazon.comから「学習情報研究」誌を全国どこからでも
ご購入できるようになりましたのでお知らせいたします。

従来、書店等(東京駅前「丸善」や学情研)で「学習情報研究」誌をご
購入できました。しかし、@地方書店からの販売要請、A日版・東版からの
全国販売要請や、Bamazon.comでの中古「学習情報研究」誌の26種の
出品があり、インターネット上のネット書店「amazon.com」から全既刊誌
(国際図書コード付のみ)を順次購入できるようにします。

 amazon.comをご活用下さいませ。



●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

  URL:https://www2.edu.ipa.go.jp/
    (〜教育目的で使用できる画像が無料でダウンロード可能〜)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「教育用画像素材集」リニューアル
のお知らせです。IPAでは、この度、学校や教育機関、ご家庭で無償利用できる
画像素材を約17,000点収録した「教育用画像素材集」をリニューアルしました。

新しくなった「教育用画像素材集」は、教科・科目ごとに絞込み検索ができるよう
になったほか、タブレット端末、スマートフォンでスムーズにご利用いただけるよう
になりました。
画像素材の検索が簡単な操作でできるため、児童・生徒の調べ学習に最適です。
ぜひご活用ください!
■■オススメの活用方法■■
・調べ学習に。貴重な素材を約17,000点収録。
・春休み、夏休みの宿題に。児童・生徒が使って楽しい操作性。
・授業の配布用プリントに。科目ごとに検索できるので作業がスムーズ。
・タブレット端末・スマートフォン対応。
■■注意事項■■
*ご利用前に必ず利用規約をお読みください。
*ご利用は学校等教育機関、及び家庭内での教育目的に限ります。
*企業等営利目的団体によるご利用は一切できません。




●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

 今回は、『子どもが集う学校図書館』連載開始のご紹介です。

最近の学校図書館は、情報化・デジタル化時代を向かえており、今年
度から隔月刊行の「学習情報研究」誌に、あなたの学校の学校図書館
の現状やトピックス等を特集記事『子どもが集う学校図書館』で読者の
方なら誰でも紹介できることになりました。

記載分量は、以下の事例から分かりますように、特長的な写真数枚と
簡単な説明文200字〜1200字程度で記載しWORD文書を、次のメール
アドレスに添付ファイルでお送り下さい。

 投稿先メールアドレスはgjk@gakujoken.or.jpです。採用されました
『子どもが集う学校図書館』には薄謝させて戴きます。



●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会



--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('17/08/15)
学情研ネットワーク研究会員の「静岡地区」のページに「井伊谷(いいのや)城」の
地域素材を追加いたしました。 http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究9月号の目次('17/08/10)
「学習情報研究」9月号が発刊されました。内容は、『情報モラル』を特集しています。
ご購読とご寄稿を宜しくお願い申し上げます:


【目次】 (敬語敬称略)
(1)プライベートコンピュータ(PrC)時代の情報モラル教育 小田和美(東京女子体育大学) 
(2)2020年代に求められる情報リテラシー 平井聡一郎(情報通信総合研究所)
(3)グローバル社会の視点から再考する情報モラル教育 星 真武(アラヤ株式会社)
(4)SNSのメディア特性を理解する情報モラル教育 佐藤和紀(常葉大学)
(5)生活の仕方を自分で考え、行動につなげる力を育てる 和田 泉(柏崎市立北鯖石小学校)
(6)保護者の意識調査から見る情報モラル 鈴木二正(慶應義塾幼稚舎)

【プログラミング教育】
(7)総務省プログラミング教育実証報告  竹林 暁(株式会社TENTO)
(8)ファブラボを活用した人材育成モデル 渡辺 ゆうか(一般社団法人国際STEM学習協会)
(9)ものづくりDNAの継承をめざした地域完結型プログラミング教育モデル 
                     松浦克太(西日本電信電話株式会社(NTT西日本))
(10)コース選択制による創造的プログラミング教育の普及推進 成田寛之(株式会社D2C)
(11)総務省プログラミング教育実証報告 斎藤幸輔(STAR Programming SCHOOL)
(12)取り組みやすさが普及の決め手に  利根川裕太(一般社団法人みんなのコード)

【子どもが集う学校図書館】
(13) データベースの活用に向けて   岩ア加奈(品川女子学院)

【ICT CONNECT 21】
(14) ICTで拓く「未来の学び」、官民で普及を 御厩祐司(総務省)

【学習情報研究論文誌】
丹羽孝良(桐生市立西小学校)
澤井 進(公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター)


[要約紹介(第1回目)] 
-『プライベートコンピュータ(PrC)時代の情報モラル教育』 ‐小田和美

 PC時代の端末やネットワークは、社会活動(仕事や人々の生活等)をささえることが主
務であった。社会・経済活動の面から、法律やルールが理解され周知されていた。PrC
時代の端末やネットワーク上には、その人の殆どすべてが置かれる。PrCはPCと相反
するものでも入れ替わるものでもない、新しい文化(時代)である。見直すと、情報モラル
指導モデルカリキュラムの5つの柱も大目標も、殆どの中目標も有効である。『法』『セキュ
リティ』『公共的な社会の構築』については、これからますます重要度が増してくる。c、g、h 
に対応する学習例が必要になるだろう。また、中目標(i)ではPrC社会に即し追加が望
ましい中項目の枝があると思われる。
<プライベートコンピュータ、P、Pc、PrC、情報教育、情報活用能力、情報モラル指導モデルカリキュラム>

-『
2020年代に求められる情報リテラシー』 -平井聡一郎

 児童生徒も含め、我々を取り巻く情報通信機器環境は大きく変化し、インターネット
利用と、スマートフォンなどの情報機器利用の低年齢化が顕著になっている。それに伴い、
インターネットに起因するトラブルも変化してきたことから、これらに適切に対応できる
情報リテラシーが求められる。特に学校教育では、トラブルの科学的な理解により、変化
し多様化するトラブルに適切に対応できる能力の育成と保護者との連携が求められる。
また地方自治体には、広報活動などにより学校を支援することが求められる。
<情報モラル、情報リテラシー>

-『グローバル社会の視点から再考する情報モラル教育』 -星 真武
 高度情報化社会におけるインターネットの普及は海外とのコミュニケーションを
含むグローバル化を必然的に伴う。グローバル社会を背景とする技術革新が進む現在,
多様性を受け入れることの必要性を理解すること,技術革新の背景を直視することは
重要である。これらについて情報モラル教育のカリキュラム内で取り上げることを
提案したい。
<グローバル社会,ダイバーシティ,ビッグデータ,AI,IoT, スパムメール,
マルウェア,個人情報>

-『SNSのメディア特性を理解する情報モラル教育』 -佐藤和紀
 児童のSNSからの情報を読み解く力を育成するための情報モラル教育の学習プロ
グラムを開発した。総合的な学習の時間において、Twitterのメディア特性や東日本
大震災におけるTwitterの役割を理解した上で、デマツイートを題材に実践した。
学習前後に行った調査では、プレテストよりもポストテストの正答率のほうが高く、
自由記述では災害時のメディアのあり方を意識した記述も見られた
<ソーシャル・メディア、防災教育、Twitter情報モラル教育、メディア・リテラシー教育>


「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-6205-4531、 Fax.03-6205-4532)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008-2013