*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン3
94号 ============================= 2017/04/01
*                   【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:ニュースに「小・中学校の“体制充実と運営改善”」があります。
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次     
                       (以下敬語敬称略)         
           

         
           
        
                            《クリックしてください》

[ニュースコーナー]New!!

●「小・中学校の“体制充実と運営改善”」

いじめ問題 重大事態に備え指針 文科省作成
「ラーン体操」創作 研修の効果向上へ 広島県立教育センター
他校の子どもへの直接指導 国立40%、公立35%で実施 特別支援学校のセンター的機能

文部科学省の報道発表より
(1)「学校施設の長寿命化計画策定に係る解説書」の公表について
(2)「学校施設の長寿命化改修に関する事例集」の公表について
(3)「これからの専修学校教育の振興のあり方について(報告)」の公表について

(4)教員研修センターが4月1日から「教職員支援機構」に名称変更
(5)(2017年3月) 平成29年度に行われる教科用図書検定結果の公開について
(6)平成29年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校の内定等について
(7)学校施設等における吹き付けアスベスト等の対策状況フォロー
   アップ調査等の結果について (平成28年10月1日時点)

(8)平成28年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(2月1日現在)

(9)
「課題解決型高度医療人材養成プログラム」の中間評価結果について

(10)
全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)

(11
)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
‐平成29年度「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」
の公募(enPiT-Proの公募)について


[メッセージ]
●オーストラリアのトリニティーベイハイスクール
Web教材「おもしろプログラミング@ミニミニコンピュータ実験室」
-
19回Scratchを使いこなそう』〜グラフィックプログラミング
Web教材「平成26年度 体験しよう日本の伝統芸能
『はじめての雅楽』」

-第38回『雅楽って何?雅楽の基本について学ぼう!』〜見てみよう〜
越天楽を見てみよう〜練習の様子〜」

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (395)「クロンボー城と風車」
●「掛川城」
●「萬葉植物園」


[お知らせ]
● amazon.comの「学習情報研究」誌の販売開始
●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('17/04/01)
●「学習情報研究 3月号の目次('17/2/10)
 
-『シンキングツールを活かすために
-『書く活動に向けたシンキングツールの活用
-『学校改善案を考え、提案しよう

-『考えを深めるシンキングツールの活用
-『情報活用能力の育成を目指して
-『<ICT CONNCT21>』
--------------------------------------------------------------------
[ニュースコーナー]New!!

●「小・中学校の“体制充実と運営改善”」
(国立教育政策研究所 名誉所員 菱村 幸彦)

 教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp
の下欄に「教職研修資料」のコーナーがあります。
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currenth.html
ご参照下さい。


以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。
 
いじめ問題 重大事態に備え指針 文科省作成
 平成25年のいじめ防止対策推進法の施行から3年が過ぎ、見直しの時期を
迎えたことから文科省は生命・心身・財産に重大な被害を及ぼしたり、不登校を
もたらしたりする重大な事態が起こった際の対応ガイドラインを新たに策定し、
公表した。国のいじめ防止基本方針も改定した。同日の通知で全国の教委・
学校に対し対応を求めている。

「ラーン体操」創作 研修の効果向上へ 広島県立教育センター
 体操で研修受講者の心身のリフレッシュを図り、学習効果を高めようと、広島県立
教育センターはこのほど、「ラーン体操」を創作、4月の研修から導入する。学校
などにも普及させ、教職員のメンタルヘルスの向上や疲労回復にも役立てたい考えだ。

他校の子どもへの直接指導 国立40%、公立35%で実施 特別支援学校のセンター的機能
 文科省は平成27年度における特別支援学校のセンター的機能の取り組みに
関する状況調査の結果を公表した。
 センター的機能を主として担当する分掌・組織を設けている学校は国公立で9割
(国立91・1%、公立93・1%、私立46・2%)を超え、小・中学校等の教員や子ども・
保護者からの相談、研修協力の他、自校以外に在籍する子どもへの直接的な指導
を行っている学校も国立40%、公立35%、私立23%あった。


アドレス=http://www.kagawa-edu.jp/ictdb/

 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp



● 文部科学省の報道発表より

(1)
「学校施設の長寿命化計画策定に係る解説書」の公表について

 文部科学省では,このたび「学校施設の長寿命化計画策定に係る解説書」
を取りまとめましたので公表します。 本解説書では,平成27年4月に作成した
「学校施設の長寿命化計画策定に係る手引」に基づき,学校施設の長寿命化
計画の標準的な様式を示すとともに,より具体的な留意点等を解説しています。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/1383568.htm)

(2)「学校施設の長寿命化改修に関する事例集」の公表について
 文部科学省では、このたび「学校施設の長寿命化改修に関する事例集」を
取りまとめましたので公表します。 本事例集では、長寿命化改修に対する
理解が一層深められるよう、近年実施された長寿命化改修の先導的な事例
について、検討課題や留意事項、改修の成果などを紹介しています。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/1383800.htm)


(3)「これからの専修学校教育の振興のあり方について(報告)」の公表について

  文部科学省では、「これからの専修学校教育の振興のあり方検討会議」を
昨年5月より開催し、 計10回の会議を経て、このたび検討結果を取りまとめ
ましたので、公表いたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/034/gaiyou/1383829.htm)

(4)教員研修センターが4月1日から「教職員支援機構」に名称変更
  独立行政法人教員研修センター(理事長:岡信也、以降センター)は
平成29年4月1日から施行される教育公務員特例法等の一部改正により、
「独立行政法人教職員支援機構」と名称を改め、新たにスタートします。
 これまでの直営型の研修実施機能を維持する一方で、全国の教職員に対する
養成・採用・研修の一体的改革を推進する中核拠点として、調査研究を実施
するなど、新たに機能を強化します。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/1383780.htm)


(5)
(2017年3月) 平成29年度に行われる教科用図書検定結果の公開について

 文部科学省では、国民の教科書に対する関心に応え、教科書への信頼を
確保するとともに、教科書検定へのより一層の理解を得るため、平成28年度
の検定に係る申請図書等検定関係資料を公開します。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/kentei/1383598.htm)

(6)
平成29年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校の内定等について

 文部科学省では、将来の国際的な科学技術人材を育成することを目指し、
理数系教育に重点を置いた研究開発を行う「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」
事業を平成14年度から実施しております。 このたび、平成29年度新規指定
及び科学技術人材育成重点枠の採択に関する審査を行い、以下の結果となり
ましたので、お知らせします。 ※なお、本件については、平成29年度予算の
成立を前提とするものです。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/1383571.htm)


(7)学校施設等における吹き付けアスベスト等の対策状況フォロー
アップ調査等の結果について (平成28年10月1日時点)

 学校施設等における吹き付けアスベスト等の対策状況フォローアップ調査
等の結果について (平成28年10月1日時点)
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/1383343.htm)

(8)平成28年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(2月1日現在)

 文部科学省及び厚生労働省では、平成29年3月大学等卒業予定者の就職
内定状況を共同で調査し、このほど平成29年2月1日現在の状況を取りまとめ
ましたので、公表いたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/1383467.htm)

(9)
「課題解決型高度医療人材養成プログラム」の中間評価結果について

 「課題解決型高度医療人材養成プログラム」の中間評価結果について この
たび、「課題解決型高度医療人材養成プログラム」について、中間評価を実施
しましたので、その結果をお知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/1383392.htm)

(10)
全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)

 文部科学省では、児童生徒の学力や学習状況を把握し、教育施策や
指導の改善を図るとともに、児童生徒の学習状況の改善に役立てるため、
全国学力・学習状況調査を実施しているところであり、このような調査
目的の達成に資するため、大学等の研究機関の専門的な知見を活用した
高度な分析に関する調査研究を実施しています。 平成29年度の調査研究
について、以下の通り募集を開始しますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/1383056.htm)

(11
)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
‐平成29年度「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」
の公募(enPiT-Proの公募)について
 文部科学省では、情報技術を高度に活用して社会の具体的な課題を
解決できる人材の育成機能を強化するため、産学協働の実践教育ネット
ワークを形成し、課題解決型学習等の実践的な教育を推進し広く全国に
普及することを目的として、「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点
の形成(enPiT)」を実施しております。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/enpit/1383644.htm)



文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]
● オーストラリアのトリニティーベイハイスクール
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

今回は、オーストラリア・クリーブランド州ケアンズのトリニティーベイ
ハイスクールの紹介です。

 トリニティーベイハイスクールは、ケアンズ市内から車で10分程度の
場所にある公立中高校学校です。
訪問した3月6日は、雨季なのに朝から30度以上で汗ばみます。トリニティー
ベイハイスクールは、視覚芸術、科学、技術、スポーツおよびコミュニティ・
サービスで各種受賞経験のある学校です。

 レセプションで担当者を待ち、担当者の案内で暑い中校長室に向います。
不思議なことに、教科毎に建物に番号が振られています。例えば、音楽(Music)の
建物は「BLOCK M」と記されています。

この学校の特長は、約1200名いる生徒のために、生徒のBYODをサポートするメディア
センターというICT支援センターがあり、窓口で生徒のパソコンの面倒を見てくれます。
教育委員会から派遣された4名から6名の常駐のICT支援員が学校サーバーの運用、校務処理
や生徒のBYOD相談に当たっています。図書館ではデジタル教科書入りパソコンも貸し出して
います。

 校長の挨拶の後、ICT担当教諭が「グレートバリアリーフで生徒にICT教育をしている。
教育の目的は、生徒が@未来の挑戦に対応できる知識と技術を習得・強化し、A世界に対する
深い理解を獲得することです」と説明してくれました。





Web教材「おもしろプログラミング@ミニミニコンピュータ実験室」
-第19回Scratchを使いこなそう』〜グラフィックプログラミング
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

この教材は、世界的に注目されている子どものプログラミング学習に
ついての 体験学習を指導される方向けに、コンピュータの入門レベルの
知識から初歩の プログラミング体験までをまとめたものです。この教材
を利用される方が環境を 再現しやすいように、ハードウェアには低価格な
Raspberry Pi 2を、 プログラミング環境には無料のScratchを使用して
います。



《写真をダブルクリックしてください》



● Web教材「平成26年度 体験しよう日本の伝統芸能
『はじめての雅楽』」
-第38回『雅楽って何?雅楽の基本について学ぼう!』〜見てみよう〜
越天楽を見てみよう〜練習の様子

[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

越天楽の練習の様子を見てみましょう



《写真をダブルクリックしてください》

-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

●「世界の旅バーチャル・グランドツアー(395)「クロンボー城と風車
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]
 ヨーロッパ北西部にある北海には強風が吹きます。デンマーク・
ユトランド半島には高い山や丘陵がないので、北海沿岸にはこの強風を
利用し風力発電を行う数多くの風車がみられます。
 クロンボー城は、この北海からバルト海に向う狭い海峡のシェラン島
北部に立っています。2000年ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録
されました。
 クロンボー城はバルト海に面した海岸線にあり、エーレスンド海峡
(カテガット海峡の最奥)を挟んで 対岸のスウェーデン・ヘルシンボリまで
わずか7kmという近距離にあります。かつては、エーレスンド海峡 通行税
の徴収拠点でした。
 クロンボー城はシェイクスピアの戯曲『ハムレット』の舞台「エルシノア城」
として有名な城です。
 ハムレットはシェイクスピアの四大悲劇の一つです。デンマーク王子ハム
レットが、父を殺し母を奪い王位を簒奪した叔父を討ち復讐を果たすという
演劇です。ただ、 シェイクスピア自身はクロンボー城を訪れたことはない
と言われています。
 毎年夏にはクロンボー城の中庭を使ってHAMLET SOMMERと題する演劇公
演が行われています。

≪動画・静止画「クロンボー城と風車」≫


《写真をダブルクリックしてください》

●「掛川城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、静岡県掛川市中部にある「掛川城」の
映像が送られてきました。

 掛川城は、静岡県掛川市掛川にある城跡です。
室町時代中期に守護大名今川氏が重臣の朝比奈泰Xに築城させたと伝えられています。
朝比奈氏が代々城代となっていましたが、1568年(永禄11年)武田信玄と徳川家康の
挟み撃ちにあった今川氏真は本拠地の駿府館を捨てて、掛川城に立てこもります。
和議が成立し、掛川城は徳川家康の領有となりました。

 1590年(天正18年)には、山内一豊が5万1千石で入り、この城を近世城郭に大改修
しました。1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いの後、一豊は土佐に転封し、その後は多くの
譜代大名が入りますが、1746年(延享3年)太田氏が入り、7代続いて明治を迎えました。

 山内一豊の造った城は、本丸を中心に天守、二の丸、三の丸を惣構えで囲んだ梯郭式
の平山城でした。1854年(安政元年)の大地震で天守を含む多くの建物が倒壊しました。
二の丸御殿は1861年(文久元年)までに再建されますが、天守は再建されませでした。

 現在、二の丸御殿は国の重要文化財となっており、また1994年(平成6年)に天守が
日本初の木造復元天守として再建されました。


≪静止画「掛川城」≫

《写真をダブルクリックしてください》



●「萬葉植物園」

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、奈良県奈良市中心部にある「萬葉植物園」
の映像が送られてきました。

 萬葉植物園は、春日大社一之鳥居をくぐって表参道左側にあります。昭和7年に日本で
最も古い万葉植物を植栽する植物園として開園されました。萬葉集にゆかりのある春日野
の一角で、約3fあります。

 春日大社のシンボルである藤の園があり、銘木砂ずりの藤など20品種,200本もの藤が植
えられ公開されています。また園内中央の池には浮舞台が設置され、春秋の祝日に雅楽が
奉納されます。3月下旬のこの時期は藤の開花には早いですが、梅や桜が咲いて静かな林
の風情があり、ゆっくりと園内を散策することができます。

 萬葉集ゆかりの植物には、歌と説明のプレート立ててあります。目立たない花が多いので
とても参考になります。萬葉集が好きで、植物が好きな人にお勧めです。

 桜の木の下で、カタクリが一株咲いていました。カタクリは種をまいてから7年、花が咲く
ときには双葉になりますが、それまでは片葉です。細長い蕾が伸びているのは折り鶴のよう
です。花が開き、日に当たると花弁が反りかえります。


≪静止画・動画「萬葉植物園」≫

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫


(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)

--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

● amazon.comでの「学習情報研究」誌の販売中
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 今月からamazon.comから「学習情報研究」誌を全国どこからでも
ご購入できるようになりましたのでお知らせいたします。

従来、書店等(東京駅前「丸善」や学情研)で「学習情報研究」誌をご
購入できました。しかし、@地方書店からの販売要請、A日版・東版からの
全国販売要請や、Bamazon.comでの中古「学習情報研究」誌の26種の
出品があり、インターネット上のネット書店「amazon.com」から全既刊誌
(国際図書コード付のみ)を順次購入できるようにします。

 amazon.comをご活用下さいませ。



●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

  URL:https://www2.edu.ipa.go.jp/
    (〜教育目的で使用できる画像が無料でダウンロード可能〜)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「教育用画像素材集」リニューアル
のお知らせです。IPAでは、この度、学校や教育機関、ご家庭で無償利用できる
画像素材を約17,000点収録した「教育用画像素材集」をリニューアルしました。

新しくなった「教育用画像素材集」は、教科・科目ごとに絞込み検索ができるよう
になったほか、タブレット端末、スマートフォンでスムーズにご利用いただけるよう
になりました。
画像素材の検索が簡単な操作でできるため、児童・生徒の調べ学習に最適です。
ぜひご活用ください!
■■オススメの活用方法■■
・調べ学習に。貴重な素材を約17,000点収録。
・春休み、夏休みの宿題に。児童・生徒が使って楽しい操作性。
・授業の配布用プリントに。科目ごとに検索できるので作業がスムーズ。
・タブレット端末・スマートフォン対応。
■■注意事項■■
*ご利用前に必ず利用規約をお読みください。
*ご利用は学校等教育機関、及び家庭内での教育目的に限ります。
*企業等営利目的団体によるご利用は一切できません。




●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

 今回は、『子どもが集う学校図書館』連載開始のご紹介です。

最近の学校図書館は、情報化・デジタル化時代を向かえており、今年
度から隔月刊行の「学習情報研究」誌に、あなたの学校の学校図書館
の現状やトピックス等を特集記事『子どもが集う学校図書館』で読者の
方なら誰でも紹介できることになりました。

記載分量は、以下の事例から分かりますように、特長的な写真数枚と
簡単な説明文200字〜1200字程度で記載しWORD文書を、次のメール
アドレスに添付ファイルでお送り下さい。

 投稿先メールアドレスはgjk@gakujoken.or.jpです。採用されました
『子どもが集う学校図書館』には薄謝させて戴きます。



●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会



--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('17/04/01)
学情研ネットワーク研究会員の「静岡地区」のページに「掛川城」の地域素材を
追加いたしました。 http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究3月号の目次('17/02/10)
「学習情報研究」3月号が発刊されました。内容は、『デジタル教科書・教材の
「活用」に向けて』を特集しています。
ご購読とご寄稿を宜しくお願い申し上げます:


【目次】 (敬語敬称略)
(1)概説:デジタル教科書・教材の「活用」に向けて 中川一史(放送大学)

(2)我が国における各教科のデジタル教科書の活用及び開発に関する
総合的調査研究伊勢呂裕史       (公財)教科書研究センター
(3)デジタル教科書の位置づけに関する検討会議をふまえて
                   新井健一(ベネッセ教育総合研究所)
(4)デジタル教科書・教材などのメディアの授業利用について
                   宇治橋祐之(NHK放送文化研究所)
(5)市内の学校にデジタル教科書・教材の活用を推進していくために
活用促進するための研究        秋元大輔(船橋市総合教育センター)
(6)国語科におけるデジタル教科書・教材の活用 
                   青山由紀(筑波大学附属小学校)
(7)算数科におけるデジタル教科書・教材の活用
                   山本良和(筑波大学附属小学校)
(8)英語科におけるデジタル教科書・教材の活用 反田 任(同志社中学校)
(9)総合的な学習におけるデジタル教科書・教材の活用
              片山敏郎(新潟大学教育学部附属新潟小学校)
(10)デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場から@
              森下耕治(光村図書出版株式会社)
(11)デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からA
               川瀬 徹(東京書籍株式会社)
(12)デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からB
               百合本礼二(大日本図書株式会社)
(13)デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からC
               山口 亮(日本文教出版株式会社)
(14)デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からD
               金子純朗(教育出版株式会社)

<シンキングツールを使った授業に挑む>
(15)シンキングツールを活かすために 黒上晴夫(関西大学)
(16)書く活動に向けたシンキングツールの活用 齋藤麻貴(神戸市立多井畑小学校)
(17)学校改善案を考え、提案しよう  山口眞希(金沢市立大徳小学校)
(18)考えを深めるシンキングツールの活用 石井里枝

<子どもが集う学校図書館>
(19)情報活用能力の育成を目指して  青木いず美

<ICT CONNCT21>
赤堀侃司 ICT CONNECT 21


[要約紹介(第4回目)] 
-『シンキングツールを活かすために』 -黒上晴夫

 主体的・対話的で深い学びを実現するために,シンキングツールが
役にたつ。シンキングツールを活用するためには,その使い方に慣れて
おく必要がある。はじめて使う時には,使い方を丁寧に教えるが,それ
が徐々に不要になり,効率的に考えをつくりだすことができるようになる。
慣れてくると,シンキングツール同士を組み合わせて,自覚的に使える
ようにもなる。
<シンキングツール,主体的・対話的で深い学び,思考スキル,
スキルトレーニング>

-『
書く活動に向けたシンキングツールの活用』 -齋藤麻貴

 小学校1年生国語科「どうぶつの赤ちゃん」でYチャートとマト
リックスを活用した。Yチャートには,読み取り後の感想,気付き,
疑問を誘発する視点を設定した。その結果,それぞれに対応した
読み取りができていた。また,どうぶつを比べて読むために,
視点を明示してマトリックスを作成した。これを,「どうぶつ図鑑」
をつくる活動につなげたが,教科書を同様の視点からの記述にあふ
れる図鑑ができた。シンキングツールの活用が,書くことに苦手
意識をもっている児童に対しても,良い手立てとなった。
<シンキングツール,Yチャート,マトリックス,小学校,国語,書く,比較する>

-『学校改善案を考え、提案しよう』 -山口眞希
 小学校5年生国語科「明日をつくるわたしたち(光村図書)」の
単元において、学校のさまざまな場所について、もっとみんなが使い
やすく、魅力あるものにするための改善案を考え、担当の先生に提案
するという活動を行った。
 本実践では、シンキングツールを活用し、集めた情報や意見を整理
しながら学習を進めた。筆者にとって、単元全体を通して数種のシン
キングツールを使うのは初めての試みであり、どの思考過程でどの
シンキングツールを使うと効果的なのか、試行錯誤している段階である。
本稿では、単元設計のどこに、どのような意図でシンキングツールを
活用したか説明する。
<シンキングツール、国語科、提案書、タブレット端末、プレゼンテーション>

-『考えを深めるシンキングツールの活用』 -石井里枝
 
本実践は,小学校第5学年の学習において,考えを深めるためのシンキング
ツールの活用の在り方を探ったものである。学習の過程で効果的にシンキング
ツールを活用したいと考え,授業設計時に,視点を定めて具体的な活用場面を
検討した。学習課題の解決に向けて,シンキングツールを活用する際の効果を
高めるための,事前検討のポイントと,授業実践の事例を紹介する。
<シンキングツール 協働的な学び >

-『情報活用能力の育成を目指して』 -青木いず美
 次の「学習指導要領」の改訂に向けて準備が進められ、現場にも少し
ずつ具体的な内容が届き始めている。キーワードの一つ「アクティブラー
ニング」は「主体的・対話的で深い学び」と示された。現行の「学習指導
要領」により学校図書館の重要さが具体化されたが、今後その役割はさら
に大きくなっていくと考えられる。
 そこで、少しずつ定着してきている本校の学校図書館教育の学び方指導の
一部を紹介する。
<学校図書館・情報活用能力・新聞記事データベース・朝日けんさくくん>

-『<ICT CONNCT21>』 -赤堀侃司
 ICT CONNECT 21の法人化について、その概要を述べている。2017年2月から、
ICT CONNECT 21は、任意団体から一般社団法人に移行した。この法人化に
よって、ICT CONNECT 21は、ようやく自立することになる。自立することに
伴う、痛みや厳しさもあるが、それは同時に、皆様から一人前と認めていた
だけることでもある。この団体が、どのような性格を持つのか、これまでの
活動を踏まえて、紹介する。
<ICT CONNECT 21、官民連携、教育の情報化、アライアンス団体、ネットワーク>


「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-6205-4531、 Fax.03-6205-4532)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008-2013