*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン3
93号 ============================= 2017/03/15
*                   【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:メッセージに「オーストラリア・クリーブランド州のSTEM教育」があります。
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次     
                       (以下敬語敬称略)
         
           
        
                            《クリックしてください》

[ニュースコーナー]New!!

●再掲「“新指導要領案”を読む」

教頭補佐で人材配置 神戸市教委
2040年見据えた大学像を 文科相、中教審に諮問
中山間地にICT機器 高校・特別支援学校で整備へ

文部科学省の報道発表より
(1)高等学校等就学支援金の支給に関する法律施行規則の一部を
改正する省令案に関するパブリック・コメント(意見公募手続)の
結果について

(2)
「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本
代表プログラム〜」の第7期応募状況及び支援企業・団体について

(3)
スーパーサイエンスハイスクール(平成26年度指定)の中間評価について

(4)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者
会議(第6回)の開催について

「先導的な教育体制構築事業推進協議会」(第6回)の開催について

‐学びを通じた地域づくりの推進に関する調査研究協力者会議(第6回)
の開催について

‐ユニバーサル未来社会推進協議会(第6回)の開催について

‐教職課程コアカリキュラムの在り方に関する検討会(第4回)の開催について

[メッセージ]
●オーストラリア・クリーブランド州のSTEM教育
Web教材「おもしろプログラミング@ミニミニコンピュータ実験室」
-
18回Scratchを使いこなそう』〜ネコにしゃべらせよう
Web教材「平成26年度 体験しよう日本の伝統芸能
『はじめての雅楽』」

-第37回『雅楽って何?雅楽の基本について学ぼう!』〜見てみよう〜
越天楽を見てみよう〜越天楽を知ろう〜」

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (394)「エルミタージュ「冬の宮殿」広場」
●「岡崎城」
●「ガーデンバイザベイ」


[お知らせ]
● amazon.comの「学習情報研究」誌の販売開始
●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('17/03/15)
●「学習情報研究 3月号の目次('17/2/10)
 
-『デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場から@』
-『デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からA』
-『デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からB』

-『デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からC』
-『デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からD』
--------------------------------------------------------------------
[ニュースコーナー]New!!

●再掲「“新指導要領案”を読む」
(国立教育政策研究所 名誉所員 菱村 幸彦)

 教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp
の下欄に「教職研修資料」のコーナーがあります。
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currenth.html
ご参照下さい。


以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。
 
教頭補佐で人材配置 神戸市教委
 兵庫県から教職員の定数や給与などを決める権限が移った神戸市教委は
来年度から、教頭が抱える業務の一部を受け持つスタッフを規模の大きい小・
中学校に配備する。このスタッフは電話・来客対応や教員への連絡などを担当。
委託先の人材派遣会社から来てもらう。

2040年見据えた大学像を 文科相、中教審に諮問
 人口減少や産業構造の変化が進む中、2040年の社会を見据えた高等教育
機関の将来構想の検討を松野博一文科相が6日、中央教育審議会に諮問した。
学修評価の厳格化や社会人学生の受け入れなどを早急に取り組むべき施策
として挙げ、議論を要請した。

中山間地にICT機器 高校・特別支援学校で整備へ
 静岡県教委は今夏、中山間地にある12の高校・特別支援学校に情報通信
技術(ICT)の機器を導入する。1校当たり、タブレット端末40台と、プロジェク
ターを1学年の学級数分配備する。ICT支援員がこれらの高校・特別支援学校
を月1回訪問。授業について助言する。ジグソー学習や、生徒の障害に応じた
教育に機器を活用する


アドレス=http://www.kagawa-edu.jp/ictdb/

 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp



● 文部科学省の報道発表より

(1)高等学校等就学支援金の支給に関する法律施行規則の一部を
改正する省令案に関するパブリック・コメント(意見公募手続)の
結果について

 平成29年1月18日付けで実施しました、高等学校等就学支援金の支給
に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に関するパブリック・
コメント(意見公募手続)の結果について、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/1383337.htm)

(2)
「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本
代表プログラム〜」の第7期応募状況及び支援企業・団体について

 このたび、「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本
代表プログラム〜」について、平成29年度後期(第7期)募集の応募
状況及び、本制度に対して御支援いただける企業・団体〔3月8日現在〕
をとりまとめましたので、お知らせします。また、海外へ留学中又は
これから留学しようとする学生の不安を払拭するため、下記の2つの
コンテンツをトビタテ公式ホームページ(http://tobitate.mext.go.jp/)
に公開しておりますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/tobitate/1383192.htm)

(3)
スーパーサイエンスハイスクール(平成26年度指定)の中間評価について

 「スーパーサイエンスハイスクール」について、平成26年度指定校
の中間評価を実施しましたので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/1383057.htm)


(4)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者
会議(第6回)の開催について

 国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議
(第6回)を下記のとおり開催しますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/077/kaisai/1383307.htm)


「先導的な教育体制構築事業推進協議会」(第6回)の開催について
 文部科学省では、このたび、第6回の先導的な教育体制構築事業推進
協議会を以下のとおり開催しますのでお知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/1383272.htm)


‐学びを通じた地域づくりの推進に関する調査研究協力者会議(第6回)
の開催について

 下記のとおり第6回の会議を開催しますのでお知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/kaisai/1383215.htm)


‐ユニバーサル未来社会推進協議会(第6回)の開催について

 「ユニバーサル未来社会推進協議会(第6回)」を開催しますので、
お知らせします。 ユニバーサル未来社会推進協議会(会長:鈴木寛
文部科学大臣補佐官)は、先端ロボットが活躍し、あらゆる人々が
ストレスフリーな生活の実現に必要な幅広いサービスを享受できる
ユニバーサル未来社会の実現を目指し、2020年における体験エリア
構築の推進を目的に設置された協議会です。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/1383087.htm)


‐教職課程コアカリキュラムの在り方に関する検討会(第4回)の開催について
 教職課程で共通的に身につけるべき最低限の学修内容(コア)について
検討するため、教職課程コアカリキュラムの在り方に関する検討会(第4回)
を開催することとしましたのでお知らせいたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/126/kaisai/1383081.htm)


文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]
● 一オーストラリア・クリーブランド州のSTEM教育
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

今回は、オーストラリア・クリーブランド州ケアンズのSTEM教育
の紹介です。

 STEM教育とは、科学・技術・工学・数学(Science, Technology,
Engineering and Mathematics)を総称しています。
 IoT(物のインターネット)やAI(人工知能)等といった科学技術
開発の競争力向上という観点から教育政策や学校カリキュラムで論
じられることがあります。
 歴史的には、1990年代にアメリカ国立科学財団 (NSF)が助成プロ
ジェクトでSTEMの名称が使ったのが最初と言われています。

 ケアンズでは、実質的には2年前の2015年からSTEM教育を実施し
始めたと言っていました。
キーポイントは、STEM教育できる教師力
の構築だそうです。

 今、日本でホットな話題「プログラミン教育」は、ケアンズのSTEM
教育では「コーディング(Coding)」と呼ばれており、スクラチ
(Scratch)言語、ロボットやドローンを飛ばすスクラチに似た言語を
教えていました。

 因みに「就学前児童〜10学年生徒」向けのオーストラリア・クリーブ
ランド州のカリキュラム変遷は以下の通りです:
 2012年 数学、国語(英語)、理科
 2013年 上記+歴史+地理
 2014年 上記+保健体育(HPE),倫理社会(Civics,Citizenshop)
 
2015年 上記+ディジタル技術(+外国語、芸術を含む) ←STEM教育
 2020年 全教科でSTEM教育を実施  
 
 下図2のように「現在はSTEM教科「ディジタル技術」となっていますが、
2020年にめがけて全教科でSTEM教育を実施しなければならない」とNASAの
宇宙飛行士だったというSTEM教育担当の先生が話しておられました。




Web教材「おもしろプログラミング@ミニミニコンピュータ実験室」
-第18回Scratchを使いこなそう』〜ネコにしゃべらせよう
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

この教材は、世界的に注目されている子どものプログラミング学習に
ついての 体験学習を指導される方向けに、コンピュータの入門レベルの
知識から初歩の プログラミング体験までをまとめたものです。この教材
を利用される方が環境を 再現しやすいように、ハードウェアには低価格な
Raspberry Pi 2を、 プログラミング環境には無料のScratchを使用して
います。



《写真をダブルクリックしてください》



● Web教材「平成26年度 体験しよう日本の伝統芸能
『はじめての雅楽』」
-第37回『雅楽って何?雅楽の基本について学ぼう!』〜見てみよう〜
越天楽を見てみよう〜越天楽を知ろう

[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

雅楽の中でいちばん有名な曲なんだって!
みんなも聞いたことあるかも?



《写真をダブルクリックしてください》

-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

●「世界の旅バーチャル・グランドツアー(394)「エルミタージュ「冬の宮殿」広場
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]
 冬の宮殿はロシア連邦北西部、サンクトペテルブルグにあるロシア帝国
時代の宮殿です。ロシア皇帝の冬季の王宮として1754年〜1762年の間に
イタリアの建築家バルトロメオ・ラストレッリの設計により緑と白の
石材を用いたロココ様式で建造されました。宮殿は部屋数は1050、
階段は117、1,786のドアと1,945の窓がある巨大なもので、全体は四角形、
一方がネヴァ川、一方が宮殿広場、一方が旧海軍省を向いています。四つ
の角に位置する翼廊には、それぞれ玉座の間、大階段、教会、劇場があり
ます。冬の宮殿は十月革命後、エルミタージュ美術館の本館になりました。

≪動画・静止画「エルミタージュ「冬の宮殿」広場」≫


《写真をダブルクリックしてください》

●「岡崎城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、愛知県岡崎市中心部にある「岡崎城」
の映像が送られてきました。

 岡崎城は、愛知県岡崎市康生町にある平山城跡で、徳川家康が生まれた城として有名
です。

 1450年代に三河国守護仁木氏の守護代であった西郷氏によって築かれた龍燈山城が始
まりです。三河を統一した家康の祖父である松平清康によって岡崎城として改修されま
した。江戸時代には家康誕生の城として重要視され、譜代大名が歴代の城主をつとめま
した。

 3重3階の天守をもつ大きな城でしたが、1873年(明治6年)の廃城令によって建物は
取り壊されました。

 現在では、1959年(昭和34年)模擬天守が再建され、桜の名所の岡崎公園として整備
されています。天守閣の中は歴史資料館となっており、また公園内の「三河武士のやか
た家康館」でも戦国時代から江戸時代の三河地方を知ることができます。


≪静止画「岡崎城」≫

《写真をダブルクリックしてください》



●「ガーデンバイザベイ」

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、シンガポール南部にある「ガーデンバイ
ザベイ」の映像が送られてきました。

 シンガポールの新しい観光スポットとして人気を集めているガーデン・バイ・ザ・ベイ
は、敷地面積が約1000000uもある巨大な植物園です。マリーナベイサンズホテルに隣接し
て、人工的な巨大ツリーが林立するスーパーツリー・グローブの景観は、従来の植物園の
概念を払いのける新しく不思議なものです。

 高さ50メートルもあるスーパーツリーは人工的なものですが、周りには本物の木が植え
てあります。ガーデン・バイ・ザ・ベイの入場は無料でマリーナベイサンズホテルの6階
を通り抜けて行くことができます。周囲をジョギングしている人たちもいました。

 スーパーツリー・グローブでは、2本のスーパーツリーを結ぶ吊り橋・スカイウエイを
渡ることができます。こちらは有料ですが、スリル満点のアクティビティです。熱帯の植
物の中で空中散歩ができる異体験は新鮮です。

≪静止画・動画「ガーデンバイザベイ」≫

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫


(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)

--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

● amazon.comでの「学習情報研究」誌の販売中
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 今月からamazon.comから「学習情報研究」誌を全国どこからでも
ご購入できるようになりましたのでお知らせいたします。

従来、書店等(東京駅前「丸善」や学情研)で「学習情報研究」誌をご
購入できました。しかし、@地方書店からの販売要請、A日版・東版からの
全国販売要請や、Bamazon.comでの中古「学習情報研究」誌の26種の
出品があり、インターネット上のネット書店「amazon.com」から全既刊誌
(国際図書コード付のみ)を順次購入できるようにします。

 amazon.comをご活用下さいませ。



●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

  URL:https://www2.edu.ipa.go.jp/
    (〜教育目的で使用できる画像が無料でダウンロード可能〜)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「教育用画像素材集」リニューアル
のお知らせです。IPAでは、この度、学校や教育機関、ご家庭で無償利用できる
画像素材を約17,000点収録した「教育用画像素材集」をリニューアルしました。

新しくなった「教育用画像素材集」は、教科・科目ごとに絞込み検索ができるよう
になったほか、タブレット端末、スマートフォンでスムーズにご利用いただけるよう
になりました。
画像素材の検索が簡単な操作でできるため、児童・生徒の調べ学習に最適です。
ぜひご活用ください!
■■オススメの活用方法■■
・調べ学習に。貴重な素材を約17,000点収録。
・春休み、夏休みの宿題に。児童・生徒が使って楽しい操作性。
・授業の配布用プリントに。科目ごとに検索できるので作業がスムーズ。
・タブレット端末・スマートフォン対応。
■■注意事項■■
*ご利用前に必ず利用規約をお読みください。
*ご利用は学校等教育機関、及び家庭内での教育目的に限ります。
*企業等営利目的団体によるご利用は一切できません。




●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

 今回は、『子どもが集う学校図書館』連載開始のご紹介です。

最近の学校図書館は、情報化・デジタル化時代を向かえており、今年
度から隔月刊行の「学習情報研究」誌に、あなたの学校の学校図書館
の現状やトピックス等を特集記事『子どもが集う学校図書館』で読者の
方なら誰でも紹介できることになりました。

記載分量は、以下の事例から分かりますように、特長的な写真数枚と
簡単な説明文200字〜1200字程度で記載しWORD文書を、次のメール
アドレスに添付ファイルでお送り下さい。

 投稿先メールアドレスはgjk@gakujoken.or.jpです。採用されました
『子どもが集う学校図書館』には薄謝させて戴きます。



●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会



--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('17/03/15)
学情研ネットワーク研究会員の「愛知地区」のページに「岡崎城」の地域素材を
追加いたしました。 http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究3月号の目次('17/02/10)
「学習情報研究」3月号が発刊されました。内容は、『デジタル教科書・教材の
「活用」に向けて』を特集しています。
ご購読とご寄稿を宜しくお願い申し上げます:


【目次】 (敬語敬称略)
(1)概説:デジタル教科書・教材の「活用」に向けて 中川一史(放送大学)

(2)我が国における各教科のデジタル教科書の活用及び開発に関する
総合的調査研究伊勢呂裕史       (公財)教科書研究センター
(3)デジタル教科書の位置づけに関する検討会議をふまえて
                   新井健一(ベネッセ教育総合研究所)
(4)デジタル教科書・教材などのメディアの授業利用について
                   宇治橋祐之(NHK放送文化研究所)
(5)市内の学校にデジタル教科書・教材の活用を推進していくために
活用促進するための研究        秋元大輔(船橋市総合教育センター)
(6)国語科におけるデジタル教科書・教材の活用 
                   青山由紀(筑波大学附属小学校)
(7)算数科におけるデジタル教科書・教材の活用
                   山本良和(筑波大学附属小学校)
(8)英語科におけるデジタル教科書・教材の活用 反田 任(同志社中学校)
(9)総合的な学習におけるデジタル教科書・教材の活用
              片山敏郎(新潟大学教育学部附属新潟小学校)
(10)デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場から@
              森下耕治(光村図書出版株式会社)
(11)デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からA
               川瀬 徹(東京書籍株式会社)
(12)デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からB
               百合本礼二(大日本図書株式会社)
(13)デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からC
               山口 亮(日本文教出版株式会社)
(14)デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からD
               金子純朗(教育出版株式会社)

<シンキングツールを使った授業に挑む>
(15)シンキングツールを活かすために 黒上晴夫(関西大学)
(16)書く活動に向けたシンキングツールの活用 齋藤麻貴(神戸市立多井畑小学校)
(17)学校改善案を考え、提案しよう  山口眞希(金沢市立大徳小学校)
(18)考えを深めるシンキングツールの活用 石井里枝

<子どもが集う学校図書館>
(19)情報活用能力の育成を目指して  青木いず美

<ICT CONNCT21>
赤堀侃司 ICT CONNECT 21


[要約紹介(第3回目)] 
-『デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場から@』 -森下耕治

 学習者用光村国語デジタル教科書の役割として,学習者の思考する
場面を支援する点があげられる。これまで実証研究してきた学校での
授業の中から見えてきた,児童や生徒が学習者用デジタル教科書に
よって思考する活動を報告する。
<読解力,表現力,主体的,対話的,交流活動,マイ黒板,教科書以外
の資料や道具,合理的配慮>

-『
デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からA』 -川瀬 徹

 学習者用デジタル教科書を使うと、児童生徒は練習や調べ学習が
できるだけではなく、試行錯誤ができ思考を深めることができるよう
になる。
 教師は、児童生徒の思考の可視化ができるようになり、個別指導が
的確にでき、授業の展開がしやすくなる。
<学習者用デジタル教科書、学習者用デジタル教材、EPUB3、HTML5、
教育のPDCAサイクル>

-『デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からB』 -百合本礼二
 今は,デジタルコンテンツを利用するのは,おもに先生である。
タブレット端末等が整備されると,コンテンツを利用する主役は児童・
生徒となり,主役が交代することになる.より良質なコンテンツや
機能が求められる。
<デジタル教科書,指導者用,学習者用,一斉授業,個別学習,タブ
レット端末>

-『デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からC』 -山口 亮
 
デジタル教科書の導入には,ビューア規格の検討を進めるべき。また,
教科書づくりは,紙であろうと,デジタルであろうと,中身の質は変わらない。
21世紀を生き抜く子供たちにとっての“未来の教科書”とは何か。
<デジタル教科書ビューア,標準化,「デジタル教科書」の位置付けに関する
検討会,学びのイノベーション事業,学習データの集積・利活用,未来の教科書>

-『デジタル教科書・教材活用のメリット:開発する立場からD』 -金子純朗
 デジタル教科書を使うと,アクティブラーニングを行いやすくなる。
多様な学習ニーズへの対応の幅が広がる。学習者用デジタル教材は,
様々な場面で有効だ。開発上の課題もある。
<「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議,アクティブラー
ニング,ワークシート,多様な学習ニーズ,ユニバーサルデザイン,
アダプティブラーニング,学習管理システム,利用者管理システム>


「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-6205-4531、 Fax.03-6205-4532)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008-2013