*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン3
89号 ============================= 2017/01/15
*                   【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:
メッセージに「学習デジタル教材コンクールの作品募集開始」があります。
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次     
                       (以下敬語敬称略)
         
           
        
                            《クリックしてください》

[ニュースコーナー]New!!

●再掲「“教員育成指標”の策定」

● 7割「授業見直し必要」 次期指導要領で 市区町村教育長アンケート
● 教科等の「育てたい力」明示 指導要領改訂へ中教審答申
● 学校の組織力向上プラン策定 京都府教

文部科学省の報道発表より
(1)平成29年度における国立大学法人運営費交付金の重点支援の評価結果について
(2)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
‐教育振興基本計画部会(第8期〜)(第10回)の開催について

‐廃校施設活用状況実態調査の結果について

‐専門職大学院ワーキンググループ(平成29年1月20日〜)(第1回)
の開催について

‐学校安全部会(第8期〜)(第8回)の開催について

‐大学における工学系教育の在り方に関する検討委員会(第1回)の開催について

‐検定試験の評価等の在り方に関する調査研究協力者会議(第2回)の開催について
‐教員養成部会(第95回)の開催について

[メッセージ]
●H29年度「学習デジタル教材コンクール」の作品募集開始
Web教材「おもしろプログラミング@ミニミニコンピュータ実験室」
-
14回Scratchを使いこなそう』〜ネコを歩かせよう
Web教材「平成26年度 体験しよう日本の伝統芸能
『はじめての雅楽』」

-第33回『雅楽って何?雅楽の基本について学ぼう!』〜見てみよう〜
「陵王を見てみよう!〜陵王のことを知ろう(2)〜」


[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (390)
「ノヴォデヴィチ女子修道院と『白鳥の湖』」

●「井伊谷(いいのや)城」
●「カウアイ島のシダの洞窟」


[お知らせ]
● amazon.comの「学習情報研究」誌の販売開始
●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('17/01/15)
●「学習情報研究 1月号の目次('16/12/10)
 
-『校務の情報化の推進と教育情報セキュリティ
-『信頼できる資料・情報の提供とより良い資料・情報収集の
指導を目指して』

--------------------------------------------------------------------
[ニュースコーナー]New!!

●再掲「“教員育成指標”の策定」
(国立教育政策研究所 名誉所員 菱村 幸彦)

 教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp
の下欄に「教職研修資料」のコーナーがあります
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currenth.html
ご参照下さい。


以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。
 
● 7割「授業見直し必要」 次期指導要領で 市区町村教育長アンケート
 全国の市区町村教育委員会の教育長を対象に、次期学習指導要領の
焦点の一つとなっているアクティブ・ラーニングへの対応について意見を
聞いたところ、7割が授業を見直す必要があるとした一方、見直す必要は
ないとの回答も1割を超えた。

● 教科等の「育てたい力」明示 指導要領改訂へ中教審答申
 中央教育審議会が昨年12月21日の総会で学習指導要領の改訂に向けた
答申を松野博一文科相に提出した。今後、文科省は約1カ月の意見公募
手続き(パブリックコメント)を経て年度内に幼稚園と小・中学校の新指導
要領を告示する。年度明けには、移行措置期間中の内容や授業時数の
扱いについて示す。

● 学校の組織力向上プラン策定 京都府教
  多様な専門性を持つ人材と連携・分担するチーム体制を整え、教員が
子どもと向き合いしっかり指導できる環境づくりを推進するため、京都府教委
はこのほど「学校の組織力向上プラン」を策定した。
  重点的に取り組む事項として、スクールカウンセラーおよび「まなび・生活
アドバイザー」の配置率の向上、小・中・高校における特別支援教育体制の強化、
京都府の実情を踏まえた部活動指導員(仮称)の効果的な導入などを挙げた。

アドレス=http://www.kagawa-edu.jp/ictdb/


 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp



● 文部科学省の報道発表より

(1)平成29年度における国立大学法人運営費交付金の重点支援の評価結果について
 この度、平成29年度における国立大学法人運営費交付金の重点支援の
評価結果について、別紙のとおり取りまとめましたので、公表いたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/01/1381033.htm)

(2)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
‐教育振興基本計画部会(第8期〜)(第10回)の開催について
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo14/kaisai/1381176.htm)

‐廃校施設活用状況実態調査の結果について
 文部科学省では、廃校の発生数とその活用状況を把握するため、
「廃校施設活用状況実態調査」を実施しています。このたび、平成28年
5月1日現在の状況を取りまとめましたので、公表します。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/01/1381024.htm)


‐専門職大学院ワーキンググループ(平成29年1月20日〜)(第1回)
の開催について
 中央教育審議会大学分科会大学院部会専門職大学院ワーキンググループ
(第1回)を下記のとおり開催いたしますので,お知らせいたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/040/kaisai/1381019.htm)


‐学校安全部会(第8期〜)(第8回)の開催について
 中央教育審議会初等中等教育分科会学校安全部会(第8回)を以下の
とおり開催しますので,お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/kaisai/1381048.htm)


‐大学における工学系教育の在り方に関する検討委員会(第1回)の開催について
 「大学における工学系教育の在り方に関する検討委員会」(第1回)を
下記のとおり開催しますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/081/kaisai/1381003.htm)


‐検定試験の評価等の在り方に関する調査研究協力者会議(第2回)の開催について
 このたび、検定試験の評価等の在り方に関する調査研究協力者会議
(第2回)を、下記の通り開催しますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/038/kaisai/1380954.htm)


‐教員養成部会(第95回)の開催について
 中央教育審議会初等中等教育分科会教員養成部会(第95回)を下記の
とおり開催しますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/kaisai/1380990.htm)


文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]
● H29年度「学習デジタル教材コンクール」の作品募集開始
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 H29年度「学習デジタル教材コンクール」の作品募集開始いたしましたので、多数の
ご応募をお待ちしております。

「公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センターでは、学校教育におけるデジタル
機器の活用をいっそう促進するため、教員その他の教育関係者・団体が作成したデジ
タル教材を募集し、表彰する事業を実施しています。

 このコンクールは、デジタル機器の活用と教育の情報化の進展に貢献することを目的
としており、すぐれた作品には、文部科学大臣賞をはじめ数々の賞を授与するとともに、
それらの作品を広く教育関係者に紹介し、相互利用されるように情報提供することとして
います。募集の対象となる作品は下記のとおりです。

 小さなものでも創意工夫がみられる作品が多数寄せられることを期待しています。
 ふるってご応募ください。


[対象作品]教員・教育関係団体が教育のために作成したデジタル教材・指導事例等や、
       児童生徒が学習の一環として作成したデジタル教材
        
(国の委託事業での作品は除く)

[賞]   文部科学大臣賞(団体賞、個人賞、各賞金10万円+副賞)、学情研賞、
     日本児童教育振興財団賞、日本教育新聞社賞、東京書籍賞、パイオニア
     VC賞 (以上各賞金5万円)ほかを予定。

応募期限 
平成29年5月12日(金)消印有効
問合せ先 公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター
東京都港区虎ノ門2-9-8 郵政福祉虎ノ門第2ビル
E-mail:gjk@gakujoken.or.jp  TEL 03-6205-4531 FAX 03-6205-4532
詳細情報はここ。
 

≪平成28年度文部科学大臣賞作品:「+タブレ」と「カメの秘伝書」の例≫


《写真をダブルクリックしてください》


Web教材「おもしろプログラミング@ミニミニコンピュータ実験室」
-第14回Scratchを使いこなそう』〜ネコを歩かせよう

[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

この教材は、世界的に注目されている子どものプログラミング学習に
ついての 体験学習を指導される方向けに、コンピュータの入門レベルの
知識から初歩の プログラミング体験までをまとめたものです。この教材
を利用される方が環境を 再現しやすいように、ハードウェアには低価格な
Raspberry Pi 2を、 プログラミング環境には無料のScratchを使用して
います。



《写真をダブルクリックしてください》


● Web教材「平成26年度 体験しよう日本の伝統芸能
『はじめての雅楽』」
-第33回『雅楽って何?雅楽の基本について学ぼう!』〜見てみよう〜
「陵王を見てみよう!〜陵王のことを知ろう(2)〜

[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

陵王(りょうおう)はお面をつけた武将。「蘭陵王(らんりょうおう)」
が主人公なんだ!

蘭陵王の装束



《写真をダブルクリックしてください》


-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

●「世界の旅バーチャル・グランドツアー(390)
「ノヴォデヴィチ女子修道院と『白鳥の湖』

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]
 
 2004年に世界遺産に組み込まれたノヴォデヴィチ女子修道院は
非常に優雅な造りで エリツイン元大統領、ライサ・ゴルバジョフ夫人、
チェーホフ、フルシチョフ、グロムイコ等々のロシアの名士が深い眠りに
ついている墓所です。

 ノヴォデヴィチ女子修道院を望む湖は、チャイコフスキーの「白鳥の湖」
の構想を練ったと言われるロシア郊外の湖です。日頃この湖の畔を散歩して
いたチャイコフスキーがこの湖を見てバレエ音楽「白鳥の湖」を思いつき書
き上げたと言われております。

≪動画・静止画「ノヴォデヴィチ女子修道院と『白鳥の湖』」≫


《写真をダブルクリックしてください》

●「井伊谷(いいのや)城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、静岡県浜松市北部にある「井伊谷城」
の映像が送られてきました。

井伊谷(いいのや)城は、浜松市北区引佐町井伊谷にある山城跡です。今年の大河
ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台となる城です。

 浜名湖の北にある遠江国井伊谷を治める国人領主であった井伊家には、1010年(寛
弘7年)井伊谷の井戸の傍らに捨てられていた男児が後に遠江国司藤原共資の養子と
なって井伊共保と名乗り、初代当主となったという伝説があります。

南北朝時代城主井伊道政の時には後醍醐天皇の皇子宗良親王を保護し南朝方の拠点
となりますが、北朝方によって落城しました。

戦国時代になると井伊氏は今川氏に拠っていましたが、1562年(永禄5年)桶狭間の
戦いで井伊直盛が討死し、家督をを継いだ養子の直親は今川氏真に謀叛の疑いで殺され、
直親の子は幼少であったため直盛の娘次郎法師が直虎と名乗って城主となりました。

直虎は直親の子の後見をし、その子は成長すると直政と名乗り徳川家康に仕えました。
その後直政は多くの武功をあげ、徳川四天王の1人として彦根城の初代当主となり、
井伊家は幕末には井伊直弼を輩出するような譜代大名となりました。

 現在は、井伊谷城跡公園として整備され、山頂部には二段に別れた曲輪跡があり、
上段の曲輪は「御所丸」と呼ばれ、宗良親王の御所であったとされています。
 山麓の里には井伊家ゆかりの地として「井殿の塚」「共保公出生の井戸」、井伊家
の菩提寺である龍潭寺が点在しています。

 龍潭寺(りょうたんじ)は、奈良時代創建の古寺で井伊家の菩提寺で、井伊直盛、
直虎、直親の墓もあります。江戸時代初期に造られた小堀遠州作の庭園は国の名勝に
指定されている名園です。

≪静止画「井伊谷(いいのや)城」≫

《写真をダブルクリックしてください》



●「カウアイ島のシダの洞窟」

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、米国ハワイ州カウアイ島にある「カウアイ
島のシダの洞窟」の映像が送られてきました。

 シダの洞窟は、かつてハワイ王族が結婚式を挙げた神聖な場所です。聖地として現在も
ワイルア川を船で遊覧しながら沢山の観光客が訪れています。
 
 船着き場から深い森の中の遊歩道を5分ほど歩いて、シダの洞窟の前に着きます。かつて
は中に入れたそうですが、一部崩落したため中までは入れません。現在は洞窟の前に造ら
れたテラスでハワイの伝統的なウエディングソングの生演奏に合わせたフラダンスが披露
されます。

 船着き場の近くにはレッドジンジャーの鮮やかな赤い花やバナナの花などの他に、実を
レイに使うククイの白い花が咲いていました。

≪静止画・動画「カウアイ島のシダの洞窟」≫

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫


(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)

--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

● amazon.comでの「学習情報研究」誌の販売中
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 今月からamazon.comから「学習情報研究」誌を全国どこからでも
ご購入できるようになりましたのでお知らせいたします。

従来、書店等(東京駅前「丸善」や学情研)で「学習情報研究」誌をご
購入できました。しかし、@地方書店からの販売要請、A日版・東版からの
全国販売要請や、Bamazon.comでの中古「学習情報研究」誌の26種の
出品があり、インターネット上のネット書店「amazon.com」から全既刊誌
(国際図書コード付のみ)を順次購入できるようにします。

 amazon.comをご活用下さいませ。



●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

  URL:https://www2.edu.ipa.go.jp/
    (〜教育目的で使用できる画像が無料でダウンロード可能〜)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「教育用画像素材集」リニューアル
のお知らせです。IPAでは、この度、学校や教育機関、ご家庭で無償利用できる
画像素材を約17,000点収録した「教育用画像素材集」をリニューアルしました。

新しくなった「教育用画像素材集」は、教科・科目ごとに絞込み検索ができるよう
になったほか、タブレット端末、スマートフォンでスムーズにご利用いただけるよう
になりました。
画像素材の検索が簡単な操作でできるため、児童・生徒の調べ学習に最適です。
ぜひご活用ください!
■■オススメの活用方法■■
・調べ学習に。貴重な素材を約17,000点収録。
・春休み、夏休みの宿題に。児童・生徒が使って楽しい操作性。
・授業の配布用プリントに。科目ごとに検索できるので作業がスムーズ。
・タブレット端末・スマートフォン対応。
■■注意事項■■
*ご利用前に必ず利用規約をお読みください。
*ご利用は学校等教育機関、及び家庭内での教育目的に限ります。
*企業等営利目的団体によるご利用は一切できません。




●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

 今回は、『子どもが集う学校図書館』連載開始のご紹介です。

最近の学校図書館は、情報化・デジタル化時代を向かえており、今年
度から隔月刊行の「学習情報研究」誌に、あなたの学校の学校図書館
の現状やトピックス等を特集記事『子どもが集う学校図書館』で読者の
方なら誰でも紹介できることになりました。

記載分量は、以下の事例から分かりますように、特長的な写真数枚と
簡単な説明文200字〜1200字程度で記載しWORD文書を、次のメール
アドレスに添付ファイルでお送り下さい。

 投稿先メールアドレスはgjk@gakujoken.or.jpです。採用されました
『子どもが集う学校図書館』には薄謝させて戴きます。



●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会



--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('17/01/15)
学情研ネットワーク研究会員の「静岡地区」のページに「井伊谷(いいのや)城」の
地域素材を追加いたしました。 http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究1月号の目次('16/12/10)
「学習情報研究」1月号が発刊されました。内容は、『教具・学用品としての
タブレット、徹底解剖』を特集しています。
ご購読とご寄稿を宜しくお願い申し上げます:


【目次】 (敬語敬称略)

(1)小学校におけるタブレットの活用と可能性 鈴木二正(慶應義塾幼稚舎)
(2)中学・高校の現場から見たタブレットの現状と可能性 
                     榎本竜二(前東京女子体育大学)
(3)企業から見たタブレット観と教育「AppleとGoogleを例えて」   
                 阪上吉宏 株式会社エデュテクノロジー 
(4)マイクロソフトが創る学校ICT環境
     「教育リサーチ2016」から見えるICT環境の「将来」
          太田 泉・高市芽実(日本マイクロソフト株式会社)
(5)国際社会から見たタブレットの情勢 阪上吉宏(株式会社エデュテクノロジー) 
(6)Personal から Private へ教具・教材・学用品 …… 教育はどう変わるべきか
                 小田和美(東京女子体育大学)

「情報セキュリティ」
(7)校務の情報化の推進と教育情報セキュリティ 
                 山本圭作(大阪市教育委員会事務局)

「シリーズ 子どもが集う学校図書館」
(8)探究学習を支援する学校図書館
信頼できる資料・情報の提供とより良い資料・情報収集の指導を目指して
行武 望(島根県立出雲高等学校)

「シリーズ ICTCONNECT21」
(9)ICT CONNECT 21の法人化とさらなる活動の拡大 石坂 芳実(ICTCONNECT21)


[要約紹介(第3回目)] 
-『校務の情報化の推進と教育情報セキュリティ-山本圭作
 校務の情報化において、学校経営の中核に校務支援システムを活用
することが、校長マネジメントや教員の仕事、学校と保護者の関係をどの
ように変えていくのか。 
 また昨今学校においても深刻な情報流出事故が起きる中で、校務情報
と教育・学習システム情報の連携において学校特有の環境下で情報セキュ
リティを確保しながら、いかに学校経営の充実と教育の質の向上をはかるのか。
これまでの取組みの報告と今後の大阪市の「スマートスクール化」を整理する。
<校務支援システム、効果検証、テレワーク、情報セキュリティ、緊急提言、
スマートスクール>

-『信頼できる資料・情報の提供とより良い資料・情報収集の
指導を目指して』
-行武 望

 島根県立出雲高等学校はSSH・SGHに指定され、全生徒が課題研究など
の探究学習を行っている。図書館ではその支援のために本・雑誌等の資料
やパソコン・タブレットを多数配置し、多様な情報検索ができる環境を整えて
いる。新聞記事データベース「朝日けんさくくん」なども活用して、信頼できる
資料・情報を入手するよう指導している。
<SSH SGH 探究学習 学校図書館 情報検索 朝日けんさくくん>


「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-6205-4531、 Fax.03-6205-4532)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008-2013