*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン381号 ============================= 2016/09/15
*                   【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:メッセージに「学習デジタル教材コンクール学情研賞」のご案内があります
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次     
                       (以下敬語敬称略)
         
           
        
                            《クリックしてください》

[ニュースコーナー]New!!

●再掲「次期指導要領の“キーワード”(その2)」

電子黒板、普通教室の2割に 文科省集計
放課後待機児童、3年計画で解消 千葉市
福井フューチャーマイスター1611人を認定 

文部科学省の報道発表より
(1)平成28年度「大学の世界展開力強化事業〜アジア諸国等との
大学間交流の枠組み強化〜」の採択事業の決定について

(2)
映画『聲(こえ)の形』とタイアップ!〜 勇気をもって 心の声を伝えよう 〜

(3)文部科学省所管独立行政法人等の監事の任命について

(4)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

‐中央教育審議会(第108回)の開催について

‐学びを通じた地域づくりの推進に関する調査研究協力者会議(第3回)の開催について

‐「平成28年度 学校施設の防災対策セミナー」の開催について

[メッセージ]
●平成28年度学情研賞〕作品:タブレット学習用Webアプリ
Web教材「おもしろプログラミング@ミニミニコンピュータ実験室」
-
回『はじめてのソフトウェア』〜OSとは何か
Web教材「平成26年度 体験しよう日本の伝統芸能
『はじめての雅楽』」

-第
25回『雅楽って何?雅楽の基本について学ぼう!』〜作ってみよう〜
完成!


[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (382)「リオデジャネイロ
●「岩櫃城」
●「ペテルゴフ上の庭園


[お知らせ]
●「第一回全国小中学生プログラミング大会」コンテスト開催のご案内
● amazon.comの「学習情報研究」誌の販売開始
●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('16/09/15)
●「学習情報研究 9月号の目次('16/08/10)

-『学校と家庭を結ぶ教育クラウド
 ―家庭での自主学習を蓄積・共有する「まなみっけ」―』

-『講義の映像配信と授業の役割』

-『地域単位での教育クラウドの可能性
   「新地町が実現した教育クラウドを用いた新たな学び」』

-『「社会と結びついた学習」を実現する新聞記事データベース』


===================================================================================

[ニュースコーナー]New!!

●再掲「次期指導要領の“キーワード”(その2)」
(国立教育政策研究所 名誉所員 菱村 幸彦)

 教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp
の下欄に「教職研修資料」のコーナーがあります
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currenth.html
ご参照下さい。


以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。
 
電子黒板、普通教室の2割に 文科省集計
 全国の公立学校の普通教室のうち、電子黒板を備えている割合が初めて
2割を超えたことが、文科省の集計で分かった。ただ、自治体間で差があり、
佐賀県では全市町で100%を超えた。1教室に2台以上の自治体もある。
一方、群馬県では、県全体の集計で10・1%にとどまった。
 教職員用コンピュータの整備率も5年ほど前に1人1台を超えたが、自治体間
で差があり、教職員10人に1台もない町もあった。

放課後待機児童、3年計画で解消 千葉市
 放課後児童健全育成事業(子どもルーム)での待機児童が急増していること
から、千葉市は1日、緊急3カ年対策を実施すると発表した。小1から小3の
低学年待機児童数は約400人おり、今後、現状のまま進行すると、平成31年
には900人を超える見込みのあることから、本年度から低学年待機児童解消に
向ける対策に着手する。

福井フューチャーマイスター1611人を認定
 福井県教委がこのほど、高校生活における専門資格取得や検定試験合格、
企業実習や部活動などの取り組みを評価、表彰する「福井フューチャーマイスター」
の初の認定者数を公表した。
 8月10日付で初認定されたのは、ゴールド742人を含む1611人。総合学科
と職業学科に在籍する生徒が対象で、3年生は全体の約86%が認定された。


アドレス=http://www.kagawa-edu.jp/ictdb/


 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp



● 文部科学省の報道発表より

(1)平成28年度「大学の世界展開力強化事業〜アジア諸国等との
大学間交流の枠組み強化〜」の採択事業の決定について

 平成28年度「大学の世界展開力強化事業〜アジア諸国等との大学間交流
の枠組み強化〜」(タイプA−1、タイプB)について、採択事業を決定しま
したので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/09/1376892.htm

(2)
映画『聲(こえ)の形』とタイアップ!〜 勇気をもって 心の声を伝えよう 〜

 文部科学省は、いじめや自殺防止、インクルーシブ教育システムの構築や
障害者理解を普及啓発することを目的として、映画『聲の形』(9月17日
(土曜日)公開、配給:松竹株式会社)とタイアップを行います。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/09/1376799.htm

(3)文部科学省所管独立行政法人等の監事の任命について
 文部科学省所管の主務大臣による独立行政法人等の監事の任命について
お知らせいたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/09/1375898.htm)

(4)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース


‐中央教育審議会(第108回)の開催について
(URL参照
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/kaisai/1377216.htm)

‐学びを通じた地域づくりの推進に関する調査研究協力者会議(第3回)の開催について

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/kaisai/1376881.htm)


‐「平成28年度 学校施設の防災対策セミナー」の開催について

 学校施設は、子供たちの学習・生活の場であるとともに、災害時には地域
の避難所にもなる極めて重要な施設です。本年4月の熊本地震においては、
耐震化された学校の建物は1棟も倒れず、多くの学校が避難所として地域の
方々に活用された一方で、ガラスや外壁の落下など新たな課題も明らかに
なりました。
 セミナーでは、熊本地震やこれまでの災害で明らかになった「非構造部材
の耐震化」、「避難所としての防災機能強化」、「津波対策」などの課題に
焦点を当て、その解決の一助とすべく、多くの被災現場を見てきた建築の
専門家による講演や、安全・安心な学校づくりに取り組む教育委員会等の
取組を紹介します。また、文部科学省からは、熊本地震を踏まえ、今後の
学校施設整備に当たり、特に重要な課題についてとりまとめられた緊急提言
のポイントなど最新の施策を紹介します。  南海トラフ地震など今後懸念
される大規模地震等に備えるためにも、是非ご参加ください。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/gyouji/detail/1360585.htm)

文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]
● 平成28年度学情研賞作品:タブレット学習用Webアプリ
[対象: 校種:小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、学年:全学年、教科:国語、
算数・数学、理科、社会、図画工作、英語、自立活動、専門教科(資格試験対策)]


 7月25日、平成28年度『学習デジタル教材コンクール』の表彰式が開催され、岩手県
立総合教育センターの作品が学情研賞として表彰されました。
 以下では、作品の特徴、内容や実践結果などを、岩手県立総合教育センターの文章を
もとにしてご紹介いたします(一部省略有)。

 〔学情研賞〕  
   「タブレット学習用Webアプリ」
      <岩手県立総合教育センター>


1 特 徴
Webページで作成した学習教材です。アプリと異なりインストール不要ですぐ
利用できます。iPad Safariでの作動を基本としてデザインしているが、iPhone、
Androidのタブレット、スマートフォン、Windowsコンピュータ、さらには携帯ゲー
ム機等、多くの機器のブラウザで作動する。タブレットの機能である内蔵カメラ、
マルチタッチを活用した「直感的に操作がわかる教材」を目指しました。
 また、ドラッグ&ドロップで操作、5択問題、得点表示、時間制限など、ゲーム
的な機能を取り入れて興味関心を引きつけながら学習を進めることができるよう
に工夫をしました。さらに、音声合成の機能を使って特別支援学校用の教材も
作成しています。
 ページは児童生徒に利用してもらうため、できるだけシンプルなデザインにしま
した。先生方への利用等の解説はそれぞれの教材ページに提示しています。
 また、これらの教材開発の方法について「Webページ教材開発テキスト」と解説
Webページを作成し、先生方が教材作りの参考にできるようにしています。

2 内 容 
・でじたるぱれっと (小学校 図画工作);絵の具を混ぜ合わせたときの色を提示。
・歴史上の人物「わたしは誰?」 (小学校6年 社会)
幕末から開国、明治時代」の人物について、写真と文章から名前を当てるクイズ 等 
 (小学生用教材38点、中学生用数学53点、英語39点、高校生用専門教科9点など)

3 実践結果・内容
○高等学校(農業高校)の先生の感想
・「危険物取扱者試験対策」を活用
 同じ問題が繰り返して出されていて、何回か使って覚えさせることができました。
 もう少し大きさを画面全体にした方がいい。類ごとに分けてあり選択肢の変更も不具
 合なく使いやすかった。答えの番号だけでなく説明なども表示できるようにしてほしい。

4 教材開発の創意工夫
 タブレットが学校に導入されるようになり、学習教材のアプリはiOS、Androidともに数多
く作成され公開されています。しかし、アプリを利用、開発するには問題があります:
・児童生徒が利用する全タブレットにアプリをインストールする必要がある。
・セキュリティ対策のため、アプリのダウンロードは専用のサイトだけに制限されている。
・iOS、Android、Windowsに対応したアプリを「それぞれ開発」するのは非効率的である。
・登録料、審査と、アプリ公開までにお金と時間がかかる。
 そこで、どの機種でも作動する「Webページ」で教材開発を行った。HTML5の新機能を
 使い、どこまでネイティブアプリに迫ることができるか追求してみました。
  



Web教材「おもしろプログラミング@ミニミニコンピュータ実験室」
-第6回『はじめてのソフトウェア』〜OS
とは何か〜
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

この教材は、世界的に注目されている子どものプログラミング学習に
ついての 体験学習を指導される方向けに、コンピュータの入門レベルの
知識から初歩の プログラミング体験までをまとめたものです。この教材
を利用される方が環境を 再現しやすいように、ハードウェアには低価格
なRaspberry Pi 2を、 プログラミング環境には無料のScratchを使用しています。



《写真をダブルクリックしてください》


● Web教材「平成26年度 体験しよう日本の伝統芸能
『はじめての雅楽』」
-第25回『雅楽って何?雅楽の基本について学ぼう!』〜作ってみよう〜
「完成!」

[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

雅楽(ががく)ってなんだろう?雅楽について、いろいろなことを学ぼう!

蘭陵王のお面と胡蝶の装束ができました!みんなすごく素敵ですね!



《写真をダブルクリックしてください》



-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (382)
「リオデジャネイロの街

(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 リオで熱戦が繰り広げられているパラリンピックは、1948年のロンドン
オリンピック開会式と同日に行われた戦争で傷ついた人たちの間で行われた
ストーク・マンデビル競技大会と言われています。第2回は東京オリンピック
です。2004年のアテネ大会から夏季オリンピックと共同の開催組織委員会が
運営しています。最初はParaplegic Olympic(対麻痺者のオリンピック)と
いう言葉が使われ、東京オリンピックでパラリンピックという愛称で呼ば
れるようになりましたが、障害が麻痺だけではない選手が参加すること
から1985年にParallel(類似した、同様の)+Olympicsでパラリンピックと、
正式に使用
することにIOCが同意しました。


≪動画・静止画「リオデジャネイロの街」≫

《写真をダブルクリックしてください》


●「岩櫃城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、群馬県北部にある「岩櫃城」
の映像が送られてきました。

岩櫃城は、吾妻郡東吾妻町にある山城跡です。
 伝説では鎌倉時代初期に、吾妻太郎助亮によって築城されたといいます。
1405年(応永12年)斎藤憲行が築城しますが、1565年(永禄8年)武田氏に攻
められ落城しました。武田氏が支配するようになると、郡代として真田幸隆が
城主となり、吾妻郡支配の中心となります。

幸隆の三男昌幸が沼田城を攻略すると、この城は支城として扱われ、新府城
を追われた武田勝頼にこの城に逃れてくるようにと勧めますが叶わず、武田氏
は滅亡します。

江戸時代になると昌幸の子信之の城となりますが、徳川幕府の一国一城令に
よって、1614年(慶長19年)廃城となりました。

 天然の要害である岩櫃山(標高802m)の中腹東面に築かれており、尾根の西
から本丸・二の丸・中城などが続き、北東に出丸の天狗丸がありました。
 現在では、竪堀・横堀がたくさん残っており、独特の縄張りをもった城跡です。

≪静止画「岩櫃城」≫

《写真をダブルクリックしてください》



●「ペテルゴフ上の庭園」

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、ロシア西部にある「ペテルゴフ
上の庭園」映像が送られてきました。

 ペテルゴフの「上の庭園」と「下の庭園」は全く趣が異なります。
 「下の庭園」が自然の樹木の中に噴水があるイギリス式の庭園であるのに
対して「上の庭園」は樹木が幾何学的に配置されたフランス式庭園です。

 「上の庭園」の中心にあるのは「ネプチューンの噴水」です。整然と区画され
刈り込まれた樹木の真ん中にあり、視界が広がります。脇には木々のアーチ
の散歩道があります。

 ロシア帝国はローマ帝国の後継を自負し「双頭の鷲」を採用しました。「双頭」
は東(アジア)と西(ヨーロッパ)を意味します。庭園の入口近くにある紋章塔の
上に3つの王冠がある双頭の鷲が施されています。この双頭の鷲は三つの頭
があり、どこから見ても双頭に見えるように工夫されているそうです。

≪静止画・動画「ペテルゴフ上の庭園」≫



《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫


(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)

--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

●「第一回全国小中学生プログラミング大会」コンテスト開催のご案内
[対象:校種:小中学校、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 本コンテス トは、全国の小中学校の児童・生徒を対象に、プログラミング
によるテーマに沿った自己表現を行うことで、その技術力と芸術性を競う場
として青少年の健全育成の一翼を担うことをめざしています。
 奮ってご応募ください。

【主催 】全国小中学生プログラミング大会実行委員会
(株式会社角川アスキー総合研究所、株式会社UEI、NPO法人CANVAS)
【募集テーマ】
  「ロボットとわたしたち」 人工知能やロボットは、私たちの生活をどう変えて
 いくでしょうか
【募集内容】
  PC、スマートフォン、タブレットで動作するオリジナルのプログラム開発言語、
 ツールは問わない
【審査基準】「アイデア」、「プログラミング技術」、「完成度」
【審査対象資格】
日本国在住の、6歳以上15歳以下の(2016年4月1日時点)の小学生・中学生
に限ります。
  詳細URL:http://www.lab-kadokawa.com/jjpc/
【応募作品】
 ・ 一般的な環境下で動作するプログラミング作品であること
 ・他者のAPIなどを利用する場合には、著作権の侵害や規約の違反等のない
  よう対応すること。
【応募締切】9月15日


● amazon.comでの「学習情報研究」誌の販売開始
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 今月からamazon.comから「学習情報研究」誌を全国どこからでも
ご購入できるようになりましたのでお知らせいたします。

従来、書店等(東京駅前「丸善」や学情研)で「学習情報研究」誌をご
購入できました。しかし、@地方書店からの販売要請、A日版・東版からの
全国販売要請や、Bamazon.comでの中古「学習情報研究」誌の26種の
出品があり、インターネット上のネット書店「amazon.com」から全既刊誌
(国際図書コード付のみ)を順次購入できるようにします。

 amazon.comをご活用下さいませ。



●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

  URL:https://www2.edu.ipa.go.jp/
    (〜教育目的で使用できる画像が無料でダウンロード可能〜)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「教育用画像素材集」リニューアル
のお知らせです。IPAでは、この度、学校や教育機関、ご家庭で無償利用できる
画像素材を約17,000点収録した「教育用画像素材集」をリニューアルしました。

新しくなった「教育用画像素材集」は、教科・科目ごとに絞込み検索ができるよう
になったほか、タブレット端末、スマートフォンでスムーズにご利用いただけるよう
になりました。
画像素材の検索が簡単な操作でできるため、児童・生徒の調べ学習に最適です。
ぜひご活用ください!
■■オススメの活用方法■■
・調べ学習に。貴重な素材を約17,000点収録。
・春休み、夏休みの宿題に。児童・生徒が使って楽しい操作性。
・授業の配布用プリントに。科目ごとに検索できるので作業がスムーズ。
・タブレット端末・スマートフォン対応。
■■注意事項■■
*ご利用前に必ず利用規約をお読みください。
*ご利用は学校等教育機関、及び家庭内での教育目的に限ります。
*企業等営利目的団体によるご利用は一切できません。




●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

 今回は、『子どもが集う学校図書館』連載開始のご紹介です。

最近の学校図書館は、情報化・デジタル化時代を向かえており、今年
度から隔月刊行の「学習情報研究」誌に、あなたの学校の学校図書館
の現状やトピックス等を特集記事『子どもが集う学校図書館』で読者の
方なら誰でも紹介できることになりました。

記載分量は、以下の事例から分かりますように、特長的な写真数枚と
簡単な説明文200字〜1200字程度で記載しWORD文書を、次のメール
アドレスに添付ファイルでお送り下さい。

 投稿先メールアドレスはgjk@gakujoken.or.jpです。採用されました
『子どもが集う学校図書館』には薄謝させて戴きます。



●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会



--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報
('16/09/15)
学情研ネットワーク研究会員の「群馬地区」のページに「岩櫃城」の地域素材を
追加いたしました。 http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究9月号の目次('16/08/10)
「学習情報研究」9月号が発刊されました。内容は、『情報モラル』
を特集しています。ご購読とご寄稿を宜しくお願い申し上げます:

【目次】 (敬語敬称略)

(1) 情報モラルの教育実践を広げる工夫と取組 長谷川元洋(金城学院大学)
(2) 情報モラル指導の中核となる指導者養成の取組 
               井谷直樹(愛知県総合教育センター)
(3) 情報モラル指導の裾野を広げる実践〜新任教員の研修の一貫として〜 
               塩澤 光(愛知県立大府東高等学校)
(4) ワークショップ型(話し合い)を活用した情報モラル指導
               山岡史昌(愛知県東海市立加木屋南小学校)
(5) 公立の小・中が連携し連続した情報モラル教育を推進するための要件について
               尾崎 廉(創造教育研究所)
(6) 学校・家庭が連携した日常的な情報モラル教育の推進
               酒井統康(岐阜県東濃教育事務所)
(7) 低学年における協働的な情報モラル教育とワークシート記述による
保護者連携の実践       今度珠美(鳥取県教育委員会情報教育サポーター)
(8)高校生のスマホ依存に対する予防・改善の実践
   高等学校 共通教科「情報」の授業実践の報告
               稲垣俊介(東京都立江北高等学校)

「学校と家庭を結ぶ教育クラウド」

(9) 学校と家庭を結ぶ教育クラウド
 ―家庭での自主学習を蓄積・共有する「まなみっけ」― 
               住谷 徹 ベネッセ教育総合研究所
(10) 講義の映像配信と授業の役割  佐藤靖泰(富谷町立明石台小学校)
(11) 地域単位での教育クラウドの可能性
   「新地町が実現した教育クラウドを用いた新たな学び」
               伊藤 寛(新地町教育委員会)

「子どもが集う学校図書館」
(12) 「社会と結びついた学習」を実現する新聞記事データベース 
          水谷彩・藤井亜希子(相模女子大学中学部・高等部)


[要約紹介(第4回目)] 

-『学校と家庭を結ぶ教育クラウド
 ―家庭での自主学習を蓄積・共有する「まなみっけ」―』
-住谷 徹

 平成26年より,東北学院大稲垣准教授の協力を得て,家庭学習や
自主学習のノートをタブレットのカメラで撮影し,Cloudで共有。
学習方法や内容を学び合うことで,自律的な学習者を育成しようと
する取り組み「まなみっけ」を,実践研究している。翌27年度はタブ
レットを家庭に持ち帰り実践を行った。タブレットを持ち帰り学習
に活用する事に多くの児童は肯定的で,学校と家庭の学びを連動させ,
自律的に学習する姿も見られた。
<家庭学習,タブレット,1人1台環境,自主,自律>

-『講義の映像配信と授業の役割』-佐藤靖泰
 筆者らの小学校算数科における反転授業の実践を振り返り,児童が
講義映像を家庭で視聴することで起きた学校の学びの変化,クラウド
による講義の配信・履歴の収集が可能となった時の期待,それらに
よる教師への影響などについて,先導的な事例も参考に考察した
<算数,反転授業,映像,家庭学習,授業.両輪>

-『地域単位での教育クラウドの可能性
   「新地町が実現した教育クラウドを用いた新たな学び」』
-伊藤 寛

 新地町は総務省「先導的教育システム実証事業」並びに文部科学省
「先導的な教育体制構築事業」の採択を受け,教育クラウドを用いた
ICT活用教育がもたらす新たな学びについて研究を重ねている。
当町が教育クラウドを用いて何を目指し,学校が実現した学びとは
何かについて紹介する。
<教育クラウド,家庭学習の充実,校外と結ぶ学習>

-『「社会と結びついた学習」を実現する新聞記事データベース』-水谷彩・藤井亜希子
 手に入れられる情報量の増大と反比例するように、生徒個人の興味・
関心の幅は狭くなってきている。世間で論じられている社会的なテーマ
を新聞記事で客観的に示し、「知る」「調べる」「理解を深める」
といった情報活用の取り組みを通じて、社会と結びついた学習を実現させる。
<データベース,新聞,朝活,ワークシート,小論文,家庭科,情報活用能力,
主権者教育>


「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-6205-4531、 Fax.03-6205-4532)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008-2013