*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン358号 ============================= 2015/10/01
*               (公財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                   【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から: ニュースに“障害を理由とする差別”への対応指針が、
       メッセージに平成27年度文部科学大臣賞(個人)があります。

バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次   
 
                       (以下敬語敬称略)
                             
                            《クリックしてください》

[ニュースコーナー]New!!

●「“障害を理由とする差別”への対応指針」

全校に「小中兼務教員」 鳥取市教委
管理職選考「しまくとぅば」で面接 地域文化を継承 沖縄県教委
「志教育」の成果発表 宮城県教委

●文部科学省の報道発表より
(1)平成28年度開設予定の大学の学部等の設置届出について(平成27年7月分)
(2)平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に
関する調査」結果について

(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

‐学校地域協働部会(第8回)の開催について

‐所得連動返還型奨学金制度有識者会議(第1回)の開催について
‐教育振興基本計画部会(第8期〜)(第2回)の開催について

‐実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する特別部会
(第5回)の開催について

[メッセージ]
● 平成27年度文部科学大臣賞(個人)〕作品:この樹な-んだ?樹木図鑑 他2本
新連載 Web教材「平成26年度 体験しよう日本の伝統芸能
『はじめての雅楽』」

-第1回
雅楽って何?雅楽の基本について学ぼう!』〜雅楽とは〜

Web教材 第28回「伝えよう日本の伝統芸能 はじめての雅楽」
 -
雅楽の体験活動を指導する』〜体験活動を開催する〜
〜『
雅楽器の練習〜笙の練習〜
』 〜


[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (359)「ボロス(Volos)
港からメテオラ(Meteora、奇岩の上に修道院が立っている)へ

「プリンス・エドワード島の風景
●「能島城」

●「ブロッケン現象

[お知らせ]
タブレット端末活用セミナー2015
●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('15/10/01)
●「学習情報研究 11月号の目次('15/10/10)

-『学習者用デジタル教科書に関係する制度的背景とその動向』 
-『デジタル教科書に求められる機能と仕組み』 
-『学習記録データが"学び"を変える』 
-『これからの学習者用デジタル教科書・教材が拓く教育実践』 

-『学習者用デジタル教科書の効果 
====================================================================================
[ニュースコーナー]New!!

●「“障害を理由とする差別”への対応指針」
(国立教育政策研究所 名誉所員 菱村 幸彦)
 教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp
の下欄に「教職研修資料」のコーナーがあります
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currentb.html

ご参照下さい。


以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。
 
全校に「小中兼務教員」 鳥取市教委
 
鳥取市教委は本年度から小・中学校間の連携をより密にしようと、小・中学校を
兼務する教員を全ての小・中学校に配置した。

管理職選考「しまくとぅば」で面接 地域文化を継承 沖縄県教委
 沖縄県教委の管理職選考で、地域の言語である「しまくとぅば(島言葉)」を取り
入れた面接が本年度からスタートした。同県では児童・生徒へ向けた地域文化の
保存・継承を進めており、地域言語を受け継ぐため、管理職へ向け啓発する狙い。

 「志教育」の成果発表 宮城県教委
 「志教育」に取り組む宮城県教委は今年12月、来年1月に推進地区での事例
発表会を開催する。「小・中・高校の全時期を通じて、人や社会とかかわる中で
社会性や勤労観を養い、集団や社会の中で果たすべき自己の役割を考えさせ
ながら、将来の社会人としてのよりよい生き方を主体的に求めさせていく教育」と
位置付け、平成23年度から実施しているもの。

アドレス=http://www.kagawa-edu.jp/ictdb/


 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp



● 文部科学省の報道発表より


(1)平成28年度開設予定の大学の学部等の設置届出について(平成27年7月分)

 公私立の大学の学部・学科の設置、大学院の研究科・専攻の設置及び
課程の変更並びに短期大学の学科の設置にあたって、学位の種類や分野を
変更しないなどの一定の要件に該当すれば、あらかじめ文部科学大臣に
届け出ることにより、認可を要せずに設置することができます。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ninka/1362276.htm

(2)平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に
関する調査」結果について

 文部科学省において,児童生徒の問題行動等について,今後の生徒指導
施策推進の参考とするため,標記調査を実施し,調査結果をまとめました
ので,公表します。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/09/1362012.htm

(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

‐学校地域協働部会(第8回)の開催について

 中央教育審議会生涯学習分科会「学校地域協働部会」(第8回)を下記の
とおり開催しますので、お知らせします。

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo2/kaisai/1362366.htm

‐所得連動返還型奨学金制度有識者会議(第1回)の開催について
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/069/kaisai/1362322.htm

‐教育振興基本計画部会(第8期〜)(第2回)の開催について

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo14/kaisai/1362269.htm

‐実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する特別部会
(第5回)の開催について

 「中央教育審議会 実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化
に関する特別部会」の第5回会議を以下のとおり開催することとなりました
ので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo13/kaisai/1362257.htm




文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

● 平成27年度文部科学大臣賞(個人)作品:この樹な-んだ?樹木図鑑 他2本

[対象:校種:中学校、学年:小5年〜中3年、教科:理科 中学理科(第2分野)総合 ]

 7月27日、平成27年度『学習デジタル教材コンクール』の表彰式が開催され、
丸山 英夫先生(知多郡武豊町立衣浦小学校)の作品が文部科学大臣賞(個人)
として表彰されました。
以下では、作品の特徴、内容や実践結果などを、丸山 英夫先生(知多郡武豊町
立衣浦小学校)の文章をもとにしてご紹介いたします(一部省略有)。

〔文部科学大臣賞(個人)〕  
「この樹な-んだ?樹木図鑑 他2本」
<丸山 英夫(知多郡武豊町立衣浦小学校)>


1 特 徴
 身の周りに育ち、心を癒してくれる樹木に愛着はあるが、その樹木の名称を知っている児童は
少ない。植物、特に樹木に関心を持って観察したいと思っている児童・生徒・さらに大人の人達
にも、抵抗感なく楽しく各々樹木のもつ特徴や可憐さの情報を提供する作品にと願って制作した。

2 内 容 
 身近な植物に関心を持つため、樹木の特徴を把握するためのクイズコーナー2つと、手持ちの情報
により検索が効率よくできるように5つの要素に基づく検索方法で構成している。

3 実践結果・内容 
 小学校6年生 総合「校庭の樹木」・・・5時間完了
○第1時〜第2時:校庭の樹木の調査、略図の作成
○第2時〜第3時:作成した樹木地図に基づいて、カメラを用いて葉や花、実、幹、全体の樹形の撮影
○第4時〜第5時:撮影した樹木の写真資料と、本ソフトを活用して樹木の検索を行う。児童は主に写真
検索「葉」の検索図鑑を視聴し検索を進めた。状況に応じて「全体」図鑑、「花・実」図鑑を利用して
意欲を持って取り組むことが出来た。 ・・・

4 実践結果・内容 

 手持ちの樹木に関する情報により検索がより効率よくできるように、5つの観察要素に基づく検索方法を
作成した。
方法1:名前50音順検索:名前に関する情報を手に入れたが、その具体的な知識がない場合に用いる。
方法2:科別50音順検索:樹木の比較から対象樹木の検索を推測し、検索する。
方法3:写真検索1:対象樹木の全体の特徴に関する写真などの具体的な情報がある場合の検索方法。 ・・・
方法4:写真検索2:葉の写真データや採取した葉などの具体物を持っている場合の検索方法。
方法5:写真検索3:花や実の特徴を示すデータ情報や具体物がある場合の検索方法。 

  


新連載
Web教材「平成26年度 体験しよう日本の伝統芸能
『はじめての雅楽』」

-第1回
雅楽って何?雅楽の基本について学ぼう!』〜雅楽とは〜
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 雅楽(ががく)ってなんだろう?雅楽について、いろいろなことを学ぼう!


雅楽とは』



《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「伝えよう日本の伝統芸能 はじめての雅楽」
-第
28回目『雅楽の体験活動を指導する』〜体験活動を開催する〜
雅楽器の練習〜笙の練習〜
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 雅楽とは1300年ほど前より受け継がれてきた伝統音楽で宮中や有力な
寺社などを中心に伝承されてきました。

楽器演奏だけでなく歌や舞を含め、その装束の色彩や楽曲にまつわる
季節感などを通して、自然や宇宙の調和を表わす総合芸術と言われて
います。



『雅楽器の練習〜笙の練習〜』




《写真をダブルクリックしてください》

-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (359)ボロス(Volos)港から
メテオラ(Meteora、奇岩の上に修道院が立っている)へ

(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 メテオラはギリシア北西部のテッサリア地方ピンドス山脈の麓に、
30m〜400mの高さの岩の塔が60以上点在している奇岩群の地域をさします。
そしてその険しい岩の上に建設された修道院共同体のメテオラ修道院群
の総称です。メテオラとはギリシア語で「中空の」を意味、「メテオロス」
が由来です。
 奇石群の洞窟には9世紀頃から修道士たちが単独で祈りと瞑想のために
隠遁したと言われ、その後11世紀頃には修道院が建設され始め、15、16
世紀には修道院の数は24に増えました。
 険しい環境のメテオラは、俗世を捨て、瞑想に生きるキリスト教の
修道士にとっては理想的な環境と考えらていました。しかしながら、
現在は観光化が進み、世俗から離れた修道士にとっては静かな環境とは
言えず、さらに閉鎖的なアトス山に移住し修行をする修道士が増えています。
 
 現在残っている修道院は「メガロ・メテオロン修道院」「ヴァルラアム
修道院」「アギオス・ニコラオス・アナパフサス修道院」「ルサヌー修道院」
「アギア・トリアダ修道院」「アギオス・ステファノス修道院」です。

 1988年、その地形及びギリシア正教の修道院文化の価値からユネスコ世界遺産
(文化・自然複合遺産)に指定されています。

≪動画・静止画「ボロス港からメテオラ(奇岩の上に修道院が立っている)へ

《写真をダブルクリックしてください》


●「プリンス・エドワード島の風景
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の井上さんから、カナダ東海岸沿いの「プリンス・
エドワード島の風景」の映像が送られてきました。

「世界で一番美しい島」と言われることもある、カナダのプリンス・エドワード島は
「赤毛のアン」でも書かれているように赤土が印象的なところです。肥沃な土地で
農業、畜産が盛んで、特にジャガイモは島の開拓の歴史とともにあったことが
「ジャガイモ博物館」で紹介されています。

島の北西の端、ノースケープには灯台もあり、風が強いので風力発電の風車が
たくさん並んでいます。風車の大きな羽も横たわっていました。

州都であるシャーロットタウンではアンのミュージカルが上演されていました。

≪静止画「プリンス・エドワード島の風景」≫


《写真をダブルクリックしてください》


●「能島城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、愛媛県今治市の北北東にある「能島城」
の映像が送られてきました。

 能島(のしま)城は、今治市宮窪町、瀬戸内しまなみ海道の大島と鵜島の間の能
島にある城跡で、国指定の史跡です。周囲720m、面積2.5平方kmの小島で、属島
として鯛崎島があり、現在は無人島です。

 村上水軍の一つ能島村上氏の拠点として、1419年(応永26年)村上雅房によって
築かれたと云われています。島の周りは激しい潮流があり、天然の要害となってい
ます。戦国時代末期、村上武吉の頃には村上三島(能島、因島、来島)の頭領格と
しておおいに栄えました。厳島の戦いでは毛利元就に荷担し、織田信長と毛利方と
の木津川口の戦いでも毛利方水軍として活躍しました。

 1588年(天正16年)豊臣秀吉によって海賊停止令が出されると、毛利家の家臣と
して長門に移りました。4つの郭と出丸から成っており、海岸の岩礁には桟橋用の
柱穴(ピット)が多く残っています。
 対岸の宮窪町にある村上水軍博物館の前から潮流下りの船で能島に上陸する
ことが出来ます。

≪動画・静止画「能島城」≫


《写真をダブルクリックしてください》


●「ブロッケン現象」

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

学情研ネットワーク研究会員の松さんから、大変珍しい「ブロッケン現象」の
映像が送られてきました。

2015年9月21日、富山空港から飛び立った飛行機で不思議な光景を目にしました。
シルバーウイークの中日とあって富山空港は始発便から混雑していました。その
日は曇りで、立山連峰は雲に隠れ、雲の切れ間からは天使の梯子のような光が差
していました。

 珍しく窓際に座り、動き出した飛行機に手を振る姿や空港職員の人たちが掲げる
横断幕を撮影していました。富山空港を飛び立った飛行機は富山湾の上空に出ます。
雲の層の上には青空が広がり、雲海を見下ろして飛行は続きます。
 すると、一面に覆われた雲の上を追いかけてくる灰色の影が眼下に見えました。
魚かな?いや、そんなはずはないと目を凝らすと、その影は丸い虹のような光の輪
の中にあって、飛行機と一緒に移動しています。
 それは、なんと今自分が乗っている飛行機の影だったのです。

 これはブロッケン現象です。太陽などの光が背後から差して、影の周りに虹に似
た光の輪となって現れる現象です。条件がそろわないと見られない神秘の自然現象
の一つに遭遇したことになります。

≪動画・静止画「ブロッケン現象」≫


《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)


--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

  URL: https://www2.edu.ipa.go.jp/
    (〜教育目的で使用できる画像が無料でダウンロード可能〜)

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「教育用画像素材集」リニューアル
のお知らせです。IPAでは、この度、学校や教育機関、ご家庭で無償利用できる
画像素材を約17,000点収録した「教育用画像素材集」をリニューアルしました。

 新しくなった「教育用画像素材集」は、教科・科目ごとに絞込み検索ができるよう
になったほか、タブレット端末、スマートフォンでスムーズにご利用いただけるよう
になりました。
 画像素材の検索が簡単な操作でできるため、児童・生徒の調べ学習に最適です。
ぜひご活用ください!
 ■■オススメの活用方法■■
   ・調べ学習に。貴重な素材を約17,000点収録。
   ・春休み、夏休みの宿題に。児童・生徒が使って楽しい操作性。
   ・授業の配布用プリントに。科目ごとに検索できるので作業がスムーズ。
   ・タブレット端末・スマートフォン対応。
 ■■注意事項■■
   *ご利用前に必ず利用規約をお読みください。
   *ご利用は学校等教育機関、及び家庭内での教育目的に限ります。
   *企業等営利目的団体によるご利用は一切できません。




●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

 今回は、『子どもが集う学校図書館』連載開始のご紹介です。

最近の学校図書館は、情報化・デジタル化時代を向かえており、今年
度から隔月刊行の「学習情報研究」誌に、あなたの学校の学校図書館
の現状やトピックス等を特集記事『子どもが集う学校図書館』で読者の
方なら誰でも紹介できることになりました。

記載分量は、以下の事例から分かりますように、特長的な写真数枚と
簡単な説明文200字〜1200字程度で記載しWORD文書を、次のメール
アドレスに添付ファイルでお送り下さい。

 投稿先メールアドレスはgjk@gakujoken.or.jpです。採用されました
『子どもが集う学校図書館』には薄謝させて戴きます。



●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会



--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報
('15/10/15)
学情研ネットワーク研究会員の「岐阜地区」のページに「能島城」の地域
素材を追加いたしました。http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究11月号の目次('15/10/10)
「学習情報研究」11月号が発刊されます。内容は、『デジタル教科書』
を特集しています。ご購読とご寄稿を宜しくお願い申し上げます:

【目次】 (敬語敬称略)

(1)学習者用デジタル教科書に関係する制度的背景とその動向
              東原義訓(信州大学学術研究院教育学系)
(2)デジタル教科書に求められる機能と仕組み 加藤直樹(東京学芸大学)
(3)学習記録データが"学び"を変える   森本康彦(東京学芸大学)
(4)これからの学習者用デジタル教科書・教材が拓く教育実践
           毛利 靖(つくば市教育局 総合教育研究所)
(5)学習者用デジタル教科書の効果 
              片山敏郎(新潟大学教育学部附属新潟小学校)
(6)デジタル教科書教材の普及に関する提言
           中村伊知哉・石戸奈々子(デジタル教科書教材協議会)
(7)国際標準化から見た学習者用デジタル教科書 田村恭久(上智大学)

【『電子黒板の有効な活用』〜さまざまな立場からの提案〜】
(8)電子黒板の有効な活用        佐藤幸江(金沢星稜大学)
(9)電子黒板の整備経過と成果や期待  
              深谷美紀(大和市教育委員会教育研究所)
(10)電子黒板の導入で期待すること    小比賀博(高知市立潮江南小学校)
(11)電子黒板の活用のメリットとデメリット
                     田口 優(七尾市立小丸山小学校)
(12)電子黒板と黒板の使い分け      薮田挙美 高森町立高森中学校
(13)電子黒板は 思考のプラットフォームに
                     太田 泉(日本視聴覚教具連合会)
【子どもが集う学校図書館解】
(14)学校図書館資料としての新聞記事データベース  齊藤麻里江
(15)情報検索基地としての学校図書室作り 
                 遠藤肇子(横浜市立あざみ野中学校)


[要約紹介(第1回目)] 

-『学習者用デジタル教科書に関係する制度的背景とその動向』-東原義訓

 学習者用デジタル教科書に関係する動きが活発になってきている。本誌
「学習情報研究」は,4年にわたって学習者用デジタル教科書に注目してきた。
今年度の本特集では,学習者用デジタル教科書に関係する,国の動き,機能
と仕組み,教育実践,学習記録データ,効果,国際標準など,その領域の
第一人者に解説をお願いし,多方面から学習者用デジタル教科書をとらえる
ことができるように構成した。
なお,教科書出版社による解説は別の機会に譲りたい。また,デジタル教科書・
教材,電子教科書など類似の用語については,現段階では厳密に定められては
いないので,それぞれの著者の使い方で表現されている。
<教科書,学習者用デジタル教科書,デジタル版教科書>

-『デジタル教科書に求められる機能と仕組み』-加藤直樹
 本稿では,授業や家庭学習で情報通信機器が活用されるようになる中注目
されている学習者用デジタル教科書に求められる機能と仕組みについて述べる。
既に製品化も始まっているが,すべての児童生徒が利用する可能性のある教材
であり,そのあるべき姿は教科書出版社の垣根を超えて検討すべきである。
本稿は文科省学びのイノベーション事業の中で議論された内容を元に筆者の
考えを織り交ぜながらまとめたものである。
<指導者用,学習者用,ビューア,コンテンツ,マルチOS,マルチユーザ,
ハイブリッド型レイアウト,コンテンツアドイン,アノテーション,メタデータ>

-『学習記録データが"学び"を変える』-森本康彦
 タブレット端末と情報通信ネットワークを活用した新たな学びでは,その場
で消えてしまっていた多くのリアルな学びそのものをデータとして蓄積する
ことを可能にする。この蓄積されたデータは「学習記録データ」と呼ばれ,
児童生徒の主体的な学びを引き出す際の重要な存在として注目を集めている。
本稿では,まだ馴染のない「学習記録データ」について詳しく解説し,その
有効的な利活用と今後の方向性について述べる。
<学習記録データ,学習記録,学習履歴,eポートフォリオ,教育ビッグデータ>

-『
これからの学習者用デジタル教科書・教材が拓く教育実践-毛利 靖

 平成24年度に開校した施設一体型小中一貫教育校春日学園つくば市立
春日小・中学校では,開校当初から教科書会社が制作した指導者用デジタル
教材を活用した授業の実践をおこなってきた。そして,平成26年度に文部
科学省「ICTを活用した課題解決型教育の推進事業(デジタル教材等の制作・
流通の促進に向けた試験研究)」の実証研究校として学習者用デジタル教科書・
教材を活用した授業研究をおこなった。その教育実践の内容を紹介する。
<学習者用デジタル教科書,電子黒板,デジタル教科書とアプリケーション
との連携>

-『学習者用デジタル教科書の効果-片山敏郎
 学習者用情報端末の整備が進み,学習者用デジタル教科書も発売され始めた。
紙にはない様々な効果がある一方,紙に及ばない点や配慮すべき点もある。
しかし,遠くない未来に,一人一台の情報端末が導入されるとともに,学習者用
デジタル教科書が普及することは必然の流れにある。大切なことは,これから
の子どもに付けたい力を獲得させるために,デジタル教科書の効果をどう最大化
するかである。そのためには,より使いやすい機能や内容はもちろんのこと、
教員や児童に情報リテラシーを育成することや授業デザインの見直しを含めて
考えていくことが必要である。
<学習者用デジタル教科書,タブレット端末,情報教育>


「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-6205-4531、 Fax.03-6205-4532)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008-2013