*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン357号 ============================= 2015/09/15
*               (公財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                   【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から: メッセージに平成27年度文部科学大臣賞(団体)があります。
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次   
 
                       (以下敬語敬称略)
                             
                            《クリックしてください》

[ニュースコーナー]New!!

●再掲「“専門スタッフ”とのチーム体制」

大学入試改革 32年度から「新テスト」
教員用PC、1人当たり1・14台 文科省調べ
中1殺害事件で報告書 川崎市、同教委

●文部科学省の報道発表より
(1)平成27年度「大学の世界展開力強化事業〜中南米等との大学間
交流形成支援〜」の採択事業の決定について

(2)平成28年度国公立大学入学者選抜について

(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

‐「いじめ防止対策協議会(平成27年度第2回)」の開催について

‐「学校施設における長寿命化推進のための講習会」の開催について
‐法科大学院特別委員会(第71回)の開催について

‐理工系人材育成に関する産学官円卓会議(第3回)の開催について

[メッセージ]
● 平成27年度文部科学大臣賞(団体)〕作品:「現代 出羽風土記」
Web教材 第27回「伝えよう日本の伝統芸能 はじめての雅楽」
 -
雅楽の体験活動を指導する』〜体験活動を開催する〜
〜『
雅楽器の練習〜笙の練習〜
』 〜


[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (358)「クルージィングの1つの楽しみ
「船内でのロビーコンサート」

「赤毛のアンの島『プリンス・エドワード島
●「岩村城」

●「コモ湖

[お知らせ]
タブレット端末活用セミナー2015
●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('15/09/15)
●「学習情報研究 9月号の目次('15/08/10)

-『社会科歴史学習におけるデジタルコンテンツの活用
       子どもたちが自ら学ぶ姿を求めて』
 

-『デジタルコンテンツを活用した理科授業
   〜タブレット端末×授業支援システム〜』
 

-『特別支援教育におけるデジタルコンテンツの活用
     「生徒によるタブレット端末を使ったコンテンツ作り」 』
 

-『学校図書館の充実に必要なものと人』 

-『英語文献収集のための新聞記事データベース活用 
====================================================================================
[ニュースコーナー]New!!

●再掲「“専門スタッフ”とのチーム体制」
(国立教育政策研究所 名誉所員 菱村 幸彦)
 教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp
の下欄に「教職研修資料」のコーナーがあります
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currentb.html

ご参照下さい。


以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。
 
大学入試改革 32年度から「新テスト」
 大学入試の新テストを検討している文科省の専門家会議が8月27日、平成32
年度から思考力を重視した「大学入学希望者学力評価テスト」(仮称)を実施する
よう求める中間報告をまとめた。知識に加え、思考力や表現力などを測るため、
「答えが一つに定まらない問題」を出題するよう提案した。

教員用PC、1人当たり1・14台 文科省調べ
 文科省は8月31日、学校への情報通信機器配備などに関する調査結果を
公表した。教員用コンピュータは平成24年3月時点で既に1人平均1台を超え、
教員共用コンピュータを加えて集計しているため、27年3月時の今回の調査
では1人当たり1・14台となった。

中1殺害事件で報告書 川崎市、同教委
 川崎市と同市教委は中1殺害事件を受け、外部有識者を交えて検証してきた
結果を報告書にまとめて公表した。今後の対策として、児童・生徒の長期欠席が
始まる前に早退や遅刻に目を向け対応することや、情報モラル教育の充実など
を掲げた。


アドレス=http://www.kagawa-edu.jp/ictdb/


 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp



● 文部科学省の報道発表より


(1)平成27年度「大学の世界展開力強化事業〜中南米等との大学間
交流形成支援〜」の採択事業の決定について

 平成27年度「大学の世界展開力強化事業〜中南米等との大学間交流形成
支援〜」について、採択事業を決定しましたので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/09/1361905.htm

(2)平成28年度国公立大学入学者選抜について
 文部科学省では、国公立大学の入学者選抜について、毎年度、各大学が
7月末までに公表した入学者選抜要項等を基にその概要を取りまとめ、公表
しています。 この度、平成28年度入学者選抜の概要を取りまとめましたので
お知らせします。 (なお、数値は平成27年7月末現在のものであり、その
後の状況により変動が生じる可能性があります。)
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senbatsu/1361463.htm

(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

‐「いじめ防止対策協議会(平成27年度第2回)」の開催について

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/09/1362060.htm


‐「学校施設における長寿命化推進のための講習会」の開催について
 平成27年9月11日  文部科学省では、このたび、学校施設における長寿
命化改修や長寿命化計画の策定に対する理解を促進するため、先進的な取組
を行う自治体職員や専門家を講師として講習会を開催することとしましたので、
お知らせいたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/09/1362000.htm

‐法科大学院特別委員会(第71回)の開催について

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/kaisai/1362016.htm

‐理工系人材育成に関する産学官円卓会議(第3回)の開催について

「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」につきまして,第2回目の
会議を下記の日程で行うことになりましたので,お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/068/kaisai/1361368.htm




文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

● 平成27年度文部科学大臣賞(団体)作品:「現代 出羽風土記」

[対象:校種:中学校、学年:2学年、教科:社会 ]

 先月27日、平成27年度『学習デジタル教材コンクール』の表彰式が開催され、
出羽風土記制作委員会(新庄市立日新中学校G組)の作品が文部科学大臣賞(団
体)として表彰されました。
以下では、作品の特徴、内容や実践結果などを、出羽風土記制作委員会(新庄市
立日新中学校G組) の文章をもとにしてご紹介いたします(一部省略有)。

 〔文部科学大臣賞(団体)〕  
   「現代 出羽風土記」
      <出羽風土記制作委員会(新庄市立日新中学校G組)>


1 特 徴
   本作は中学校等の学習で使用するための自作の学習ソフトウェアが
  前提である。しかし、さらに大きな特徴が二つある。
   一つは情緒障害や知的障害がある中学校特別支援学級の学習の場を
  中心にして本作の制作が行われたことである。さらに特別支援学級の生
  徒、中学校通常学級の生徒(制作当時、次年度に在籍変更)、それを支
  援する芸術大学の大学生と教師の製作チームで制作したことである。
 
  特徴の二つ目は地域探求を目的としたインタラクティブなアプリケーション
 という自作教材である。 ・・・

2 内 容 
 山形県の地域、文化、歴史、行事を調べたり、仮想体験したりするための
 教材。この教材は特別支援学級の3年生 斉藤くんと時々支援学級で学習す
 る通常学級の2年生 寒河江くんが中心になり製作されている。

  斉藤くんは知的障害が中度で理解応用力が未発達であるが、素材を見て
 すぐ絵が描けるという長所がある。斉藤くんは原画を担当し、どんどん絵を描
 いていった。寒河江くんは描画や抽象的なものの理解が未発達だが、文章を
 まとめることが出来る。・・・

  本作は中学校通常学級の2年生社会で利用できた学習教材としての価値も
 ある。制作としてはおもに中学校特別支援学級の生活単元と社会の学習で
 行った。

  



● Web教材「伝えよう日本の伝統芸能 はじめての雅楽」
-第
27回目『雅楽の体験活動を指導する』〜体験活動を開催する〜
雅楽器の練習〜笙の練習〜
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 雅楽とは1300年ほど前より受け継がれてきた伝統音楽で宮中や有力な
寺社などを中心に伝承されてきました。

楽器演奏だけでなく歌や舞を含め、その装束の色彩や楽曲にまつわる
季節感などを通して、自然や宇宙の調和を表わす総合芸術と言われて
います。



『雅楽器の練習〜笙の練習〜』




《写真をダブルクリックしてください》

-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (358)「クルージィングの
1つの楽しみ「船内でのロビーコンサート」」

(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]
 エーゲ海のクルージングは豪華客船に乗って一週間以上船上生活を
楽しむものもありますが、ワンデイクルーズでエギナ島・ポロス島・
イドラ島という サロニコス湾の3つの島をめぐるお手軽なものもあります。

 沈んだ色のエーゲ海と対照的な真っ青な空の景色を楽しんだ後、船内に
戻ると心が癒されるロビーコンサートが行われています。

≪動画・静止画「クルージィングの1つの楽しみ「船内でのロビーコンサート」」≫

《写真をダブルクリックしてください》


●「赤毛のアンの島『プリンス・エドワード島
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の井上さんから、カナダの東海岸に隣接する
「プリンス・エドワード島」の映像が送られてきました。

 カナダの東部セント・ローレンス湾にあるプリンス・エドワード島は一つ
の州(プリンス・エドワード・アイランド州)で、愛知県と同じくらいの面
積です。
「赤毛のアン(Anne of Green Gables)」の作者モンゴメリはこの島でアン
を執筆しました。

 国立公園内にある「グリーン・ゲイブルズ」は実際にモンゴメリの親戚が
養女と住んでいたもので、アンの家のモデルとなりました。

 建物内や周囲に物語の世界が再現されています。モンゴメリの働いていた
郵便局やお墓なども近くにあり、多くの人が訪れています。


≪静止画「赤毛のアンの島『プリンス・エドワード島」≫


《写真をダブルクリックしてください》


●「岩村城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、岐阜県の南東部・恵那市
に位置する「岩村城」の映像が送られてきました。

 岩村城は岐阜県恵那市にある中世に築城された日本一標高(721m)の
高い山城で、日本三大山城の一つです。
 1185年(文治元年)鎌倉幕府のご家人・加藤景廉・景朝が遠山荘を賜り、
この地に築城し、姓も遠山と改め戦国時代まで治めました。

 戦国期に遠山景任が城主の時、武田信玄に攻められますが、妻(織田信
長の叔母)方の信長の救援で撃墜します。1571年景任が病没すると、信長
は5男御坊丸を嗣子とし景任夫人を女城主としました。翌年、武田方武将・
秋山信友が再び攻撃し、結婚を条件に和議が成立しますが、このことに激
怒した信長は、1575年岩村城を攻め落城させ夫妻を逆磔に処したそうです。

 その後は森氏3代が入り、近代城郭に改修しました。江戸時代には松平
(大給)家が入り、明治を迎え、廃城令により建物は解体され、石垣のみの
城跡になっています。
 藩主邸の跡地に表御門・太鼓櫓などが復元され、岩村町歴史資料館とな
っています。


≪静止画「岩村城」≫


《写真をダブルクリックしてください》


●「アテネ」

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、ギリシャの首都「アテネ」の映像
が送られてきました。

 アテネは約3400年の歴史がある、世界で最も古い都市のひとつです。
小高いアクロポリスの丘に登ると、アテネの街を360度眺めることができます。
青い空に白い家々が広がっていて、もう一つの小高い丘、リカビドスの丘も見
えます。

 石の滑りやすい階段を登るとパルテノン神殿があります。壮大な神殿は抜け
るような青空に屹立して見事です。修復作業が行われて骨組みが露わですが、
たくさんの観光客が押し寄せています。

真夏の日中の気温は40度近くになり、丘には日陰がないのでとにかく暑いです。
帽子やサングラスは必需品です。湿度は低くカラッとしてはいるものの、あまりの
暑さにアクロポリス博物館でパルテノン神殿を見上げながらゆっくり休憩しました。
 
 アクロポリス博物館の展示は充実しており、広々ととした展示空間で鑑賞する
ことができます。「カリアティデス」と呼ばれる有名なエレクティオンの少女像を
間近に見ることもできます。


≪静止画「アテネ」≫

《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)


--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

  URL: https://www2.edu.ipa.go.jp/
    (〜教育目的で使用できる画像が無料でダウンロード可能〜)

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「教育用画像素材集」リニューアル
のお知らせです。IPAでは、この度、学校や教育機関、ご家庭で無償利用できる
画像素材を約17,000点収録した「教育用画像素材集」をリニューアルしました。

 新しくなった「教育用画像素材集」は、教科・科目ごとに絞込み検索ができるよう
になったほか、タブレット端末、スマートフォンでスムーズにご利用いただけるよう
になりました。
 画像素材の検索が簡単な操作でできるため、児童・生徒の調べ学習に最適です。
ぜひご活用ください!
 ■■オススメの活用方法■■
   ・調べ学習に。貴重な素材を約17,000点収録。
   ・春休み、夏休みの宿題に。児童・生徒が使って楽しい操作性。
   ・授業の配布用プリントに。科目ごとに検索できるので作業がスムーズ。
   ・タブレット端末・スマートフォン対応。
 ■■注意事項■■
   *ご利用前に必ず利用規約をお読みください。
   *ご利用は学校等教育機関、及び家庭内での教育目的に限ります。
   *企業等営利目的団体によるご利用は一切できません。




●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

 今回は、『子どもが集う学校図書館』連載開始のご紹介です。

最近の学校図書館は、情報化・デジタル化時代を向かえており、今年
度から隔月刊行の「学習情報研究」誌に、あなたの学校の学校図書館
の現状やトピックス等を特集記事『子どもが集う学校図書館』で読者の
方なら誰でも紹介できることになりました。

記載分量は、以下の事例から分かりますように、特長的な写真数枚と
簡単な説明文200字〜1200字程度で記載しWORD文書を、次のメール
アドレスに添付ファイルでお送り下さい。

 投稿先メールアドレスはgjk@gakujoken.or.jpです。採用されました
『子どもが集う学校図書館』には薄謝させて戴きます。



●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会



--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報
('15/09/15)
学情研ネットワーク研究会員の「岐阜地区」のページに「岩村城」の地域
素材を追加いたしました。http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究9月号の目次('15/08/10)
「学習情報研究」9月号が発刊されました。内容は、『メディア・リテラシー』
を特集しています。ご購読とご寄稿を宜しくお願い申し上げます:

【目次】 (敬語敬称略)

(1)ソーシャルメディア時代のメディア・リテラシーの構成要素 
                         中橋 雄(武蔵大学)
(2)メディア・リテラシー育成を目指した授業設計 今野貴之(明星大学教育学部)
(3)中・高校生のソーシャルメディア利用の実態
                     豊田充崇(和歌山大学教育学部)
(4)メディアで表現する学習に活用できる到達目標の開発 
                     中川一史(放送大学)
(5)フィンランドのメディア教育 日本とフィンランドの授業比較から
                     佐藤幸江(金沢星稜大学)
(6)『メディア・コミュニケーション科』のカリキュラム改善の取組
                     浅井和行(京都教育大学大学院)
(7)タブレット端末で学ぶメディア教育用教材
   「SNSに関する初期教育に特化したデジタル教材開発と課題」
                     川瀬基寛(十文字学園女子大学)
(8)メディア・リテラシーを育む学校放送番組
    ―NHK(Eテレ)「メディアのめ」とは?−  藤森康江(NHK 青少年・教育番組部)
(9)アクティブ・ラーニングを意識した一人一台のタブレット端末環境に
  おけるメディア・リテラシー実践    佐藤和紀(東京都北区立豊川小学校)
(10)思いを伝えるカメラワークの学習
   ―タブレットパソコンを使って地域の方に学校紹介の動画を作ろう―
                     吉田雄一(綾瀬市立綾北小学校)
(11)マンガの読みを通したメディア・リテラシーの伸長の試み  
                     大久保紀一朗(江津市立津宮小学校)
(12)学校放送とICT機器を活用したメディアリテラシーを育む授業実践
                     楠本 誠(松阪市立三雲中学校)
(13)小学校低学年におけるゲームとのつきあい方学習の提案 
            今度珠美(鳥取県ケータイ・インターネット教育推進員)
(14)メディアの意味と特性を知る教科情報の取り組み
                 今度珠美(聖母被昇天学院中学校高等学校)

【デジタルコンテンツ】
(15)デジタルコンテンツを活用する授業の「工夫」と「行い方」について
                    村井万寿夫(金沢星稜大学)
(16)国語科におけるデジタルコンテンツの活用 山口眞希(金沢市立小坂小学校)
(17)社会科歴史学習におけるデジタルコンテンツの活用
       子どもたちが自ら学ぶ姿を求めて
                    小林祐紀(茨城大学教育学部)
(18)デジタルコンテンツを活用した理科授業
   〜タブレット端末×授業支援システム〜 福田 晃(金沢市立十一屋小学校)
(19)特別支援教育におけるデジタルコンテンツの活用
     「生徒によるタブレット端末を使ったコンテンツ作り」 
                荒木敏彦(石川県立いしかわ特別支援学校)
【子どもが集う学校図書館解】
(20)学校図書館の充実に必要なものと人  土井美香子(NPO法人ガリレオ工房)
(21)英語文献収集のための新聞記事データベース活用 
                 江竜珠緒(明治大学付属明治高等学校中学校)

[要約紹介(第4回目)] 

-『社会科歴史学習におけるデジタルコンテンツの活用
       子どもたちが自ら学ぶ姿を求めて』
-小林祐紀

 本稿では,筆者が小学校教師だった昨年に行った授業をもとに,小学校
社会科歴史学習におけるデジタルコンテンツの活用を論じる。
 思考力や表現力を育むことを目的に,学習者である子どもたちが主体と
なって,デジタルコンテンツを活用した授業の実際,授業の配慮するべき
点などを中心に報告する。
<デジタルコンテンツ タブレット端末 思考力・表現力 社会科歴史学習>

-『デジタルコンテンツを活用した理科授業
   〜タブレット端末×授業支援システム〜』
-福田 晃

 小学校理科「水よう液のはたらき」において、タブレット端末及び授業
支援ソフトを用いた事例を紹介する。本稿では、タブレット対応授業支援
ソフトを活用した4つの場面について述べていくこととする。
<デジタルコンテンツ、授業支援システム、タブレット端末、6年生、理科、
「水よう液の性質とはたらき」>

-『特別支援教育におけるデジタルコンテンツの活用
     「生徒によるタブレット端末を使ったコンテンツ作り」』
-荒木敏彦

 心身に障害のある生徒にとってデジタルコンテンツを作ることは学びの
確かめやコミュニケーション、共同学習の機会を持つ意味でも重要であるが、
それ以上に自己有用感を高める絶好の素材といえる。成功体験を体感させる
ためにも教員は生徒の実態をしっかり把握し、適切なハードウエア、ソフト
ウエアを選択することが大切である。
<タブレット端末、支援機器、自己有用感、マルチメディア、デジタル絵本、
合理的配慮>

-『
学校図書館の充実に必要なものと人-土井美香子

 児童生徒、先生がたの学校図書館活用の場面は多彩である。多様な学びの
要求に応える学校図書館の充実には、資料と人材の充実が必要である。資料
の充実のための教育資金投資に加え、人材育成プランをもとう。
<学校図書館、情報センター、学習センター、学校司書、ICT、教育の情報化、
課題学習、理科読>

-『英語文献収集のための新聞記事データベース活用-江竜珠緒
 朝日けんさくくんなどの新聞記事データベースでは和英対照の社説や
天声人語などを読むことができるため,イングリッシュ・プレゼンテー
ションのためのテーマ探索,英語文献収集の助けとなる。便利なツール
であるとの認識が浸透すれば,その後は自発的な利用が増えていく。
<NIE,学校図書館と英語科との連携,イングリッシュ・プレゼンテーション,
英語文献収集>


「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-6205-4531、 Fax.03-6205-4532)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008-2013