*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン347号 ============================= 2015/04/15
*               (公財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                   【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から: メッセージに「杉並メディア研究会」があります。
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次   
 
                       (以下敬語敬称略)
                             
                            《クリックしてください》

[ニュースコーナー]New!!

●再掲「“アクティブ・ラーニング”を考える」
全校種の学校図書館サポート 鳥取県立図書館
● 共通問題で学力伸長測る独自調査 埼玉県教委
チーム解決力や耐力を 企業が求める能力提言 経済同友会教育改革委

●文部科学省の報道発表より
(1)TBSドラマ『天皇の料理番』と文部科学省がタイアップ! 
   〜ドラマ出演者・鈴木亮平氏が参加するトークイベントも開催決定!〜

(2)
「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN日本代表
プログラム〜」の第3期応募状況及び支援企業等の状況について

(3)
平成27年3月末申請の収容定員の増加に係る学則変更認可の諮問について

(4)平成27年3月末申請の大学の学部等の設置等認可の諮問について

(5)
「学校施設の長寿命化計画策定に係る手引」の公表について

(6)
「JIS A 3301を用いた木造校舎に関する技術資料」の作成について

(7)「世界自閉症啓発デー」に当たっての文部科学大臣メッセージについて
(平成27年4月2日)

(8)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

‐不登校に関する調査研究協力者会議(第5回)の開催について

‐大学教育部会(第34回)の開催について
教員養成部会(第80回)の開催について
今後の国立大学法人等施設の整備充実に関する調査研究協力者会議
(平成25年度〜)(第7回)の開催について

[メッセージ]
杉並メディア研究会
Web教材 第18回「伝えよう日本の伝統芸能 はじめての雅楽」
 -『マルチメディアでみる雅楽』
楽器の演奏方法を学ぶ
龍笛の構え方
-

● -第73回目 みんなで創る阿寒湖マリモマップ*学習教材*
阿寒湖とは?〜阿寒湖に生息する生き物〜』‐
● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑」
- 第123回目 -『みんなの手仕事ウィキペディア小物入れを作る前に*』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (348)「ポン・ジ・アスーカル
●「秋田城」

●「奈良吉野の桜

[お知らせ]
タブレット端末活用セミナー2015
●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('15/04/15)
●「学習情報研究 5月号の目次('15/04/10)

-『ICT環境の課題と対応』-
-『特別支援学校における日常的なICT活用』
-『特別支援学校におけるICT活用の工夫と課題』

-『ICT活用の基盤整備をクールに待つための視座』
-『ICTを活用した授業の課題と展望

====================================================================================
[ニュースコーナー]New!!

●再掲“アクティブ・ラーニング”を考える
(国立教育政策研究所 名誉所員 菱村 幸彦)
 教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp)の下欄に
「教職研修資料」のコーナーがあります毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currentb.html

ご参照下さい。


以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。
 
全校種の学校図書館サポート 鳥取県立図書館
 鳥取県立図書館は1日、同館内に「学校図書館支援センター」を開設した。
保育所、幼稚園の就学前から、小学校、中学校、高校、特別支援学校まで
全校種を対象に学校図書館活用教育を推進し、学校教育をバックアップする
ことが狙い。

● 共通問題で学力伸長測る独自調査 埼玉県教委
 埼玉県教委は16日、昨年度までの方法を大きく変えた県独自の学力・学習
状況調査を実施する。一人一人の子どもの学力の伸びを測るため、学年を
またぎ共通問題を設けて次年度以降に比較できる方法で行う。県教委によると、
こうした手法の調査は、自治体としては初めて実施する。

チーム解決力や耐力を 企業が求める能力提言 経済同友会教育改革委
 公益社団法人経済同友会の教育改革委員会は2日、「これからの企業・
社会が求める人材像と大学への期待」をまとめた。グローバル化やデジタリ
ゼーションが進展する世界の中で、競争に勝ち抜く人材、資質能力の育成に
向け、産学官の意思疎通を図るため、企業側が互いになすべきことを提案
したものだ。

 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp



● 文部科学省の報道発表より


(1)
TBSドラマ『天皇の料理番』と文部科学省がタイアップ! 
   〜ドラマ出演者・鈴木亮平氏が参加するトークイベントも開催決定!〜

 文部科学省は、「トビタテ!留学JAPAN」の取組を更に推進することを
目的として、TBSテレビ60周年特別企画・日曜劇場『天皇の料理番』と
タイアップ企画を実施することを決定しました。企画の一環として、
海外留学への関心を高めるための啓発ポスターを作成し、全国の高等学校、
大学等に配布します。
 また、4月20日(月曜日)には、上智大学(東京都・四谷)にて、留学
経験のあるドラマ出演者・鈴木亮平氏をゲストに招いたトークイベントを
開催します。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/04/1356712.htm

(2)
「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN日本代表
プログラム〜」の第3期応募状況及び支援企業等の状況について
 
「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム〜」
平成27年度後期(第3期)募集の応募状況及び本制度に対して御支援いただける
企業・団体[平成27年4月9日現在]をとりまとめましたので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/tobitate/1356655.htm

(3)
平成27年3月末申請の収容定員の増加に係る学則変更認可の諮問について

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/daigaku/toushin/attach/1356667.htm

(4)平成27年3月末申請の大学の学部等の設置等認可の諮問について
 本年3月末に申請のあった「平成28年度開設予定の私立大学の学部等の
設置認可」及び「平成28年度開設予定の公私立大学の大学院等の設置等認可」
について,4月8日(水曜日)の大学設置・学校法人審議会大学設置分科会
及び4月9日(木曜日)の大学設置・学校法人審議会学校法人分科会にて,
文部科学大臣から大学設置・学校法人審議会へ諮問いたしましたので,
お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/daigaku/toushin/attach/1356662.htm

(5)
「学校施設の長寿命化計画策定に係る手引」の公表について
 文部科学省では,このたび「学校施設の長寿命化計画策定に係る手引」
を取りまとめましたので公表します。 本手引では,各地方公共団体が
策定する学校施設を対象とした長寿命化計画について,盛り込むべき
事項やそれらを検討する上での留意事項等を示し,解説しています。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/036/toushin/1356229.htm

(6)
「JIS A 3301を用いた木造校舎に関する技術資料」の作成について
  文部科学省では「木造校舎の構造設計標準の在り方に関する検討会」
(座長:長澤悟 東洋大学名誉教授)において平成25年3月に取りまとめ
られた報告書を踏まえて改正されたJIS A 3301(木造校舎の構造設計標準)
を用いた木造校舎に関する技術資料を作成しましたので公表いたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/04/1356362.htm

(7)「世界自閉症啓発デー」に当たっての文部科学大臣メッセージについて
(平成27年4月2日)
 「世界自閉症啓発デー」(4月2日)に当たり、文部科学大臣よりメッセージ
を発信しましたので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/04/1356401.htm

(8)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

‐不登校に関する調査研究協力者会議(第5回)の開催について

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/108/kaisai/1356686.htm


‐大学教育部会(第34回)の開催について
中央教育審議会大学分科会大学教育部会(第34回)を下記のとおり開催
しますので,お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/kaisai/1356629.htm


教員養成部会(第80回)の開催について
 中央教育審議会初等中等教育分科会教員養成部会(第80回)を下記のとおり
開催しますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/kaisai/1356640.htm


今後の国立大学法人等施設の整備充実に関する調査研究協力者会議
(平成25年度〜)(第7回)の開催について

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/031/kaisai/1356477.htm



文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

●「杉並メディア研究会」
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 
今回は3月9日開催の杉並メディア研究会での印象的な話をご紹介いたします。

 今年7月27日の情報教育セミナー(虎ノ門・ニッショホール)では全国の研究会
のポスターセッションで興味深い報告が聞ける予定です。是非ご参加ください!

 今回の杉並メディア研究会では@様々な機能をもつ「白板ソフト」を活用した
実践、教材作成などの報告と、A会場校の天沼小学校のタブレット導入の現状と
展望に関する対談がありました。次の3点が印象的でした:

@白板ソフトの報告:各教科でのプレゼンテーションや教材作成に威力を発揮。
  特別支援、国語、数学など各教科でのタブレット活用デモが実演。

A天沼小学校の福田晴一校長先生からのコメント:
「タブレットでは画面を見ながらの入力です。キーボードではブライドタッチ的に
スピード感がある。将来的には入力という操作にはキーボードが必要では?」

B学習過程研究会長の坂井岳志先生のマトメ:
「世田谷区では児童用41台、各教科担任に1台のタブレット配布を決定。
 予算は今年度9億6千万円、来年度を入れると17億円です。

 デジタル教科書は必須だろうと算数と理科を入れた。算数と理科の各教科
 担任が タブレットを持って教えるが、様々な問題が予想されました。
 
 まづ子供たちが話を聞かなくなる。授業は対面した対人間の授業である点を
 大事にしなければ中身がどっかに行ってしまいそう。教員として注意すべき。」


《写真をダブルクリックしてください》


● Web教材「伝えよう日本の伝統芸能 はじめての雅楽」
-第1
8回目『マルチメディアでみで雅楽』〜楽器の演奏方法を学ぶ
〜龍笛の構え方〜
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 雅楽とは1300年ほど前より受け継がれてきた伝統音楽で宮中や有力な
寺社などを中心に伝承されてきました。

楽器演奏だけでなく歌や舞を含め、その装束の色彩や楽曲にまつわる
季節感などを通して、自然や宇宙の調和を表わす総合芸術と言われて
います。


独特な形や構造を持つ雅楽の楽器はその演奏方法も特徴的なものが
多くあります。また、演奏前の調整や調律方法もさまざまです。

『龍笛の構え方』




《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「守ろう!地球いきもの「阿寒湖マリモの不思議を学ぶ」
- 第7
3回目
『みんなで創る阿寒湖マリモマップ*学習教材*
阿寒湖とは?〜阿寒湖に生息する生き物〜』‐

[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 この教材は、平成23年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年
教育振興機構)の助成金の交付を受けて公益財団法人学習ソフトウェア
情報研究センターが作成したものです。 私たちが直面している環境

問題には、地球の温暖化や異常気象、さまざまな開発行為による急激
な生物種の縮小、在来生態系を破壊する外来生物への対策など、重要
な課題が山積しています。とりわけ「生物多様性」は、年間4万種と
いわれる加速度的な種の減少が進むなか、現象が分かりにくいため、
問題が顕在化したときには危機が深刻化していることが多いのが現状です。
そこで、生物多様性の問題を身近なものとして捉え、外来生物や絶滅
危惧種の状況を理解して、生態系の維持、バランスが人類に与える
大きな影響を考えるための教材を製作しました。 特別天然記念物
「阿寒湖のマリモ」保護会の協力を得て、特別天然記念物のマリモや
阿寒湖の生態系に環境の変化や特定外来生物が与える影響をとりあげ、
これまでに得られた観察データや地域と子どもたちによる保全活動、
調査の記録を分かりやすく教材にしました。 さらに、地域の子ども
たちが実際に阿寒湖で観察した情報や保全活動の様子などを写真、
ビデオで収録しています。 この教材は、マリモの保護をとおして
子どもたちが生物多様性を自分たちにとって身近な問題として捉え、
考える力を身につけられることを目的にしています。同時に、子ども
たちが調べる力を育てるためのさまざまな情報を収録し、自ら行動
して野外で活動することを支援します。 子どもたちがこの教材を利用
することによって、生物多様性が自分たちの生活や未来に関わる重要
な環境問題であることを理解し、それに対してどのように関わって}
いけば良いかについて考え、行動することを願っております。


「阿寒湖に生息する生き物」
阿寒湖にはマリモ以外にも、沢山の生き物が生息しています。
本コーナーでは、マリモやウチダザリガニなど阿寒湖やその周辺
に生息している代表的な生き物を紹介します。




《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑」
第123回目 -『みんなの手仕事ウィキペディア
小物入れを作る前に* -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 苦労しながら手に職をつけ、元気に働く人々の姿を紹介しながら、
働くことの意味、生きがい、喜びなどが共感できるe−手仕事図鑑を
ネットワーク上で利用可能としたものです。
この教材は、さまざまな手仕事にたずさわる職人の方々をイラスト、
音、動画で紹介しています。
全国のe−手仕事図鑑は、手仕事学習データベースにより結ばれ、
全国の子ども達の交流を可能としています。
本教材およびシステムの利用は、非営利の教育目的の場合に限ります。

『小物入れを作る前に』-




《写真をダブルクリックしてください》


-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (348)ポン・ジ・アスーカル
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 
ポン・ジ・アスーカルは太平洋につながるグアナバラ湾、ウルカ海岸と
ベルメーリャ海岸の間にある小さな半島に突き出した奇岩で、その形
が砂糖パンに似ているところから、「ポン・ジ・アスーカル(砂糖
パン)」と名付けられました。

夕方、教会から海抜396メートルのポン・ジ・アスーカルに向かいました。
第1ロープウエイで海抜220mのウルカの丘に行き、そこから第2ロープウエイ
に乗り
継ぎ、ボン・ジ・アスーカルの頂上に到着しました。下りの映像
では、左手にコカバーナ海岸のライト、正面にライトアップされたキリ
スト像と、右手奥にリオデジャネイロの新市街地・港が見えます。

キリストの丘(コルコバードの丘)を含む美しい風景は夜景のみならず、
晴天の日、紺碧の海とのコントラストも素晴らしいものです。


《写真をダブルクリックしてください》


●「秋田城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、秋田県秋田市北部の「秋田城」
の映像が送られてきました。

秋田城は、秋田市寺内にある古代大和朝廷によって築かれた城柵跡で、国指定
の史跡です。「出羽柵」と呼ばれていましたが、760年頃「秋田城」となったようです。
奈良時代には国府が置かれ、「渤海」まで交流があったそうです。804年には蝦夷
の反乱が激しくなり国府が移転し、、秋田郡に格下げされ、その後1050年前後の
前九年の役から衰退したと考えられています。

 周囲550m四方を高さ3mの築地塀で囲み、政庁部は東西94m、南北77mあっ
たとされています。
 現在では東門や築地塀の一部が復元されて、高清水公園として整備されています。


≪静止画「秋田城」≫


《写真をダブルクリックしてください》


●「奈良吉野の桜」

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

学情研ネットワーク研究会員の松さんから、奈良県南部に広がる「奈良吉野
の桜」の映像が送られてきました。

 4月10日、吉野の中千本の桜は満開となりました。下千本の桜は散り始め
ていますが、上千本の桜も咲いていて、今年の桜は全山一斉に花が楽しめる
のだそうです。吉水神社からは「一目千本」と言われる絶景を楽しめます。

 桜の名所として名高い吉野山の山裾から山頂への標高差は600m。桜色モ
ザイクが山に広がっています。咲いているのは、桜の原木である白山桜(シ
ロヤマザクラ)です。茶色の葉の間に白い花弁の花が咲くので、全体はピン
クに見えます。山全体が約200種3万本の桜で覆われています。

 歴史をたどれば、吉野は修験道の開祖「役行者(えんのぎょうじゃ)」が
修行のうちに蔵王権現を感得して、桜の木にその像を刻んだことがきっかけ
となり、信仰の証として桜を献木し次々に植えられたことに由来します。観
光のために植えられたのではないのです。
 
 2004年7月吉野山は「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産
に認定されました。


≪動画・静止画「奈良吉野の桜」≫

《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)


--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

● タブレット端末活用セミナー201
日本教育情報化振興会主催「タブレット端末活用セミナー2015」
【大阪会場】をご案内申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『タブレット端末活用セミナー2015』【大阪会場】のご案内
  http://www.sky-school-ict.net/seminar/tablet/2015/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各地域で、指導者用/学習者用のタブレット端末を活用した実践
への取り組みが広がってきております。
本セミナーでは、「導入と活用のポイント〜タブレット端末活用を
推進するための方策を考える」をテーマに、教員の活用、グループ
での活用、児童生徒一人一台の活用など、多様な導入パターンの実
践事例をご紹介するとともに、タブレット端末の活用推進にむけて
必要な研修のあり方や運用管理の課題などについて考えます。
------------------------------------------------------------------
【日時】2015年月4月25日(土)12:45〜16:30(12:00〜受付)
【会場】ハービスHALL(大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA B2F)
【主催】一般社団法人 日本教育情報化振興会
【対象】学校の教員、教育委員会および自治体の職員 【費用】無料
------------------------------------------------------------------
▼セミナーの詳細な内容や、お申し込みはこちら!▼
→ http://www.sky-school-ict.net/seminar/tablet/2015/


●「IPA教育用画像素材集の公開サイト」リニューアルについて

  URL: https://www2.edu.ipa.go.jp/
    (〜教育目的で使用できる画像が無料でダウンロード可能〜)

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「教育用画像素材集」リニューアル
のお知らせです。IPAでは、この度、学校や教育機関、ご家庭で無償利用できる
画像素材を約17,000点収録した「教育用画像素材集」をリニューアルしました。

 新しくなった「教育用画像素材集」は、教科・科目ごとに絞込み検索ができるよう
になったほか、タブレット端末、スマートフォンでスムーズにご利用いただけるよう
になりました。
 画像素材の検索が簡単な操作でできるため、児童・生徒の調べ学習に最適です。
ぜひご活用ください!
 ■■オススメの活用方法■■
   ・調べ学習に。貴重な素材を約17,000点収録。
   ・春休み、夏休みの宿題に。児童・生徒が使って楽しい操作性。
   ・授業の配布用プリントに。科目ごとに検索できるので作業がスムーズ。
   ・タブレット端末・スマートフォン対応。
 ■■注意事項■■
   *ご利用前に必ず利用規約をお読みください。
   *ご利用は学校等教育機関、及び家庭内での教育目的に限ります。
   *企業等営利目的団体によるご利用は一切できません。




●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

 今回は、『子どもが集う学校図書館』連載開始のご紹介です。

最近の学校図書館は、情報化・デジタル化時代を向かえており、今年
度から隔月刊行の「学習情報研究」誌に、あなたの学校の学校図書館
の現状やトピックス等を特集記事『子どもが集う学校図書館』で読者の
方なら誰でも紹介できることになりました。

記載分量は、以下の事例から分かりますように、特長的な写真数枚と
簡単な説明文200字〜1200字程度で記載しWORD文書を、次のメール
アドレスに添付ファイルでお送り下さい。

 投稿先メールアドレスはgjk@gakujoken.or.jpです。採用されました
『子どもが集う学校図書館』には薄謝させて戴きます。



●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会



--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報
('15/04/01)
学情研ネットワーク研究会員の「秋田地区」のページに「秋田城」の地域素材を
追加いたしました。http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究4月号の目次('15/04/10)
「学習情報研究」4月号が発刊されます。内容は、『日常的なICT活用』
を特集しています。ご購読とご寄稿を宜しくお願い申し上げます:

【目次】 (敬語敬称略)

(1)日常的なICT活用のポイント     今野貴之(明星大学)
(2)学校放送番組を用いた授業設計   宇治橋祐之(NHK放送文化研究所)
(3)日常的な授業改善のために     瀧本晋作(尼崎市立園田北小学校)
(4)中学校数学における日常的なICT活用 朝日 誠(北海道 音更町立緑南中学校)
(5)Moodle活用による授業改善     大平育代(北海道札幌北陵高等学校)
(6)ICT環境の課題と対応      鎌田高徳(神奈川県立川崎高等学校)
(7) 特別支援学校における日常的なICT活用
                    井爪朝子(神奈川県立津久井養護学校)
(8)特別支援学校におけるICT活用の工夫と課題 
                    植田詩織(大阪府立藤井寺支援学校)
(9)ICT活用の基盤整備をクールに待つための視座  
                    山口好和(北海道教育大学函館校)
(10)ICTを活用した授業の課題と展望   舟生日出男(創価大学)


【国際理解】
(11)先導的な取り組みから何を学ぶか  稲垣 忠(東北学院大学)
(12)クラウド・TV会議システムを活用した授業 木村裕之(新地町立駒ケ嶺小学校)
(13)生徒の知的財産を次の世代へ    中里加奈子(仙台城南高等学校)
(14)モバイルデバイスを用いた協調学習 千代西尾祐司(鳥取県教育センター)
                    大島 純(静岡大学大学院)
                    小林 徹(鳥取県立智頭農林高等学校)
                    林 耕介(鳥取県立西高等学校)
(15)21世紀型スキルを育む学びのデザイン  山田秀哉(札幌市立稲穂小学校)
(16) タブレット端末を用いた自律的な家庭学習  菊地秀文 世田谷区立砧南小学校

【子どもが集う学校図書館解】

(17)新聞記事データベースの活用支援  野村愛子(田園調布学園図書館)
(18)「知の探究の場」として学校図書室改革 平川理恵(横浜市立市ヶ尾中学校)

[要約紹介(第2回目)] 

-『ICT環境の課題と対応』-鎌田高徳

 本稿では「本校での授業におけるICT環境の課題を元に,日常的
なICT活用の導入として最適な機器,実物投影機の導入意義について,
教育現場の情報環境を支援する立場から整理する」ことを目的とする。
<実物投影機,校内研修,活用方法>

-『特別支援学校における日常的なICT活用』-井爪朝子
 特別支援学校において、少人数の授業の中でどのようにICTを活用
しているのか、その活用実践例を述べる。授業や日常など場面にわけて、
児童・生徒の実態に合わせて行われている実践を紹介する。
<タブレット活用、ビデオカメラ、情報活用能力の育成、アシスティブ・
テクノロジー(技術的支援方策)>

-『特別支援学校におけるICT活用の工夫と課題』-植田詩織
 近年、特別支援教育において個々の障がいの状態や発達段階等に
応じてICTを活用した学習環境の整備や支援が行われるようになってきた。
ICTを活用することで、学習上の困難を改善し学習内容の理解を深める
ことができると言われている。筆者の勤務校では、肢体不自由児の表現
活動を豊かにすることでコミュニケーション力を育成すること、さらに
主体的な授業参加を促すことを目的として、ICTの積極的な活用に取り
組んでいる。本稿では、高等部の教科学習において、自ら考え表現し
伝える過程を通して、コミュニケーション能力の向上を目的とした取り
組みの工夫と今後の課題を紹介する。
<特別支援学校、肢体不自由児、タブレット端末、コミュニケーション能力>

-『ICT活用の基盤整備をクールに待つための視座』-山口好和
 情報通信環境の整備を戦略的に待ち、導入と同時に活用の効果を上げ
るためには、どのような視座を持てばよいのか。これから電子デバイス
の積極利用を目指す地域にとっての、効果的な"受け皿"としての実践
事例風景と、ICT活用を俯瞰するための分析枠とを素描してみた。
<基盤整備,地方都市,メディア分析の「テトラッド」>

-『ICTを活用した授業の課題と展望』-舟生日出男
 本稿では,従来型の学習活動の課題を踏まえ,これからの学習活動を
考えるために,「主体的・協働的に学び,自らを更新・拡張し続ける」
学習者像,子どもたちとともに学ぶ教師像について触れる。また,そう
した学びの中心となるアクティブ・ラーニングとして,「緩やかな協働
によるアクティブ・ラーニング」と「緊密な協働によるアクティブ・
ラーニング」を紹介する。
<知識基盤社会,これからの学習活動,アクティブ・ラーニング,
ジグソー法,集散型学習>


なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-6205-4531、 Fax.03-6205-4532)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008-2013