*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン341号 ============================= 2015/01/15
*               (公財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                   【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:メッセージに「学習デジタル教材コンクール作品募集」があります。
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次   
 
                       (以下敬語敬称略)
                             
                            《クリックしてください》

[ニュースコーナー]New!!

●再掲「高校における“遠隔教育”の拡充」
副校長・教頭の9割 心身の疲れ実感 全国公立学校教頭会調査
「日本史」「世界史」を「歴史」に統合 静岡県教委・採用試験
不祥事根絶へ委員会設置、茨城県教委

●文部科学省の報道発表より
(1)「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本
代表プログラム【高校生コース】〜」の募集について

(2)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
‐薬学実務実習に関する連絡会議(第4回)の開催について
‐初等中等教育分科会(第96回)の開催について
‐平成26年度文部科学大臣優秀教職員表彰式の開催について
‐法科大学院特別委員会(第67回)の開催について
‐学校安全部会(平成26年度)(第6回)の開催について
‐コミュニティ・スクールの推進等に関する調査研究協力者会議
(第7回)の開催について

第3期中期目標期間における国立大学法人運営費交付金の在り方に
関する検討会(第4回)の開催について

[メッセージ]
●「学習デジタル教材コンクール」作品募集について
Web教材 第12回「伝えよう日本の伝統芸能 はじめての雅楽」
 -『マルチメディアでみる雅楽』
』〜和楽器の扱いを学ぶ〜笙の手入-
● -第68回目 みんなで創る阿寒湖マリモマップ*学習教材*
「みんなで考えるマリモの保護 〜外来生物の影響調査の記録
ウチダザリガニ市民フォーラム』‐

● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑」
- 第118回目 -『みんなの手仕事ウィキペディア下駄づくり*』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (341)「イパネマ海岸
●「萩城」
●「年末年始のシンガポール


[お知らせ]
●『子どもが集う学校図書館』への投稿について
●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('15/01/15)
●「学習情報研究 1月号の目次('15/01/10)

-『学びに活かす学校図書館メディア』
-『学校における「合理的配慮」の提供とマルチメディアDAISY』


====================================================================================
[ニュースコーナー]New!!

●再掲「高校における“遠隔教育”の拡充」
(国立教育政策研究所 名誉所員 菱村 幸彦)
 教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp)の下欄に
「教職研修資料」のコーナーがあります毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currentb.html

ご参照下さい。


以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。
 
副校長・教頭の9割 心身の疲れ実感 全国公立学校教頭会調査
 全国の公立小・中学校の副校長・教頭の約9割が職務を通した心身の疲れを
実感しており、1割以上が「よく眠れない」状態にあり、睡眠時間は7割以上が
6時間未満―。こんな実態が、全国公立学校教頭会がこのほど実施した調査
で明らかになった。疲労やストレスを特に感じる職務は「各種調査依頼」「苦情」
などへの対応が挙がった。調査では、職務への意欲を持ちながらも多様な負担
を抱える実態や勤務時間が増加傾向にあることなどが浮き彫りになった。

 「日本史」「世界史」を「歴史」に統合 静岡県教委・採用試験
 静岡県教委は平成28年度静岡県公立学校教員採用選考試験から高校・
地理歴史について、従来、「日本史」と「世界史」それぞれで実施していた専門
教科の試験を、「日本史」「世界史」を統合した「歴史」として試験を実施するよう
変更する。

● 不祥事根絶へ委員会設置、茨城県教委
 教職員の不祥事根絶を目的に、茨城県教委は今月中に県教育長を委員長
にした「コンプライアンス推進委員会」を設置することを決めた。教委事務局の
幹部や弁護士、PTA、学校関係者らがメンバーになり、不祥事根絶のための
取り組みを進める。


 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp



● 文部科学省の報道発表より


(1)
「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本
代表プログラム【高校生コース】〜」の募集について
 このたび、独立行政法人日本学生支援機構において、官民協働による
海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」に、
高校生コースを新設して募集を開始することになりました。
 本事業は、文部科学省との連携、民間企業等からの協力・支援の下、
機構が実施するものであり、本日、1月9日(金曜日)から対象となる
生徒を募集します。
 また、「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本代表
プログラム〜」に対して御支援いただける企業・団体〔平成26年12月26日 現在〕
を取りまとめましたので、併せてお知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/01/1354430.htm

(2)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
‐薬学実務実習に関する連絡会議(第4回)の開催について
 薬学実務実習に関する連絡会議(第4回)を下記のとおり開催しますので、
お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/058/kaisai/1354403.htm


‐初等中等教育分科会(第96回)の開催について
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/kaisai/1354448.htm


‐平成26年度文部科学大臣優秀教職員表彰式の開催について
 来る平成27年1月19日(月曜日)に、文部科学大臣優秀教職員表彰式を
開催しますのでお知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/01/1354418.htm


‐法科大学院特別委員会(第67回)の開催について
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/kaisai/1354339.htm


‐学校安全部会(平成26年度)(第6回)の開催について
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo5/kaisai/1354409.htm


‐コミュニティ・スクールの推進等に関する調査研究協力者会議
(第7回)の開催について
 コミュニティ・スクールの推進等に関する調査研究協力者会議(第7回)
を下記のとおり開催しますのでお知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/103/kaisai/1354386.htm


第3期中期目標期間における国立大学法人運営費交付金の在り方に
関する検討会(第4回)の開催について

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/062/kaisai/1354334.htm



文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

● 「学習デジタル教材コンクール」作品募集について
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 今回は、今年度実施予定の「学習デジタル教材コンクール」のご紹介です。

「公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センターでは、学校教育におけるデジタル
機器の活用をいっそう促進するため、教員その他の教育関係者・団体が作成したデジ
タル教材を募集し、表彰する事業を実施しています。

 このコンクールは、デジタル機器の活用と教育の情報化の進展に貢献することを目的
としており、すぐれた作品には、文部科学大臣賞をはじめ数々の賞を授与するとともに、
それらの作品を広く教育関係者に紹介し、相互利用されるように情報提供することとして
います。募集の対象となる作品は下記のとおりです。

 小さなものでも創意工夫がみられる作品が多数寄せられることを期待しています。
 ふるってご応募ください。


[対象作品]教員・教育関係団体が教育のために作成したデジタル教材・指導事例等や、
       児童生徒が学習の一環として作成したデジタル教材
        
(国の委託事業での作品は除く)

[賞]   文部科学大臣賞(団体賞、個人賞、各賞金10万円+副賞)、学情研賞、
     日本児童教育振興財団賞、日本教育新聞社賞、東京書籍賞、パイオニア
     ソリューションズ賞 (以上各賞金5万円)ほかを予定。

応募期限 
平成27年5月8日(金)消印有効
問合せ先 公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター
東京都港区虎ノ門2-9-8 郵政福祉虎ノ門第2ビル
E-mail:gjk@gakujoken.or.jp  TEL 03-6205-4531 FAX 03-6205-4532 」
詳細は追って後日お知らせいたします。
 

≪平成26年度学情研賞:「水産・海洋実習」の例≫



● Web教材「伝えよう日本の伝統芸能 はじめての雅楽」
-第12回目 -『マルチメディアでみる雅楽』〜和楽器の扱いを学ぶ〜笙の手入れ〜
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 雅楽とは1300年ほど前より受け継がれてきた伝統音楽で宮中や有力な
寺社などを中心に伝承されてきました。

楽器演奏だけでなく歌や舞を含め、その装束の色彩や楽曲にまつわる
季節感などを通して、自然や宇宙の調和を表わす総合芸術と言われて
います。


「笙」は、17本のは細長い竹管を、頭と呼ばれる器に円形に並べた
楽器で、その独特な形は伝説の鳥「鳳凰」が翼を休めている姿を模した
言われ、鳳笙とも呼ばれます。




《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「守ろう!地球いきもの「阿寒湖マリモの不思議を学ぶ」
- 第
68回目『みんなで創る阿寒湖マリモマップ*学習教材*
「みんなで考えるマリモの保護〜外来生物の影響調査の記録〜
 〜
ウチダザリガニ市民フォーラム〜』-

[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 この教材は、平成23年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年
教育振興機構)の助成金の交付を受けて公益財団法人学習ソフトウェア
情報研究センターが作成したものです。 私たちが直面している環境

問題には、地球の温暖化や異常気象、さまざまな開発行為による急激
な生物種の縮小、在来生態系を破壊する外来生物への対策など、重要
な課題が山積しています。とりわけ「生物多様性」は、年間4万種と
いわれる加速度的な種の減少が進むなか、現象が分かりにくいため、
問題が顕在化したときには危機が深刻化していることが多いのが現状です。
そこで、生物多様性の問題を身近なものとして捉え、外来生物や絶滅
危惧種の状況を理解して、生態系の維持、バランスが人類に与える
大きな影響を考えるための教材を製作しました。 特別天然記念物
「阿寒湖のマリモ」保護会の協力を得て、特別天然記念物のマリモや
阿寒湖の生態系に環境の変化や特定外来生物が与える影響をとりあげ、
これまでに得られた観察データや地域と子どもたちによる保全活動、
調査の記録を分かりやすく教材にしました。 さらに、地域の子ども
たちが実際に阿寒湖で観察した情報や保全活動の様子などを写真、
ビデオで収録しています。 この教材は、マリモの保護をとおして
子どもたちが生物多様性を自分たちにとって身近な問題として捉え、
考える力を身につけられることを目的にしています。同時に、子ども
たちが調べる力を育てるためのさまざまな情報を収録し、自ら行動
して野外で活動することを支援します。 子どもたちがこの教材を利用
することによって、生物多様性が自分たちの生活や未来に関わる重要
な環境問題であることを理解し、それに対してどのように関わって}
いけば良いかについて考え、行動することを願っております。


ウチダザリガニ市民フォーラム
 ウチダザリガニは、攻撃的な性格と繁殖力の高さで同じ河川や湖沼
に棲む他の生き物を捕食し、在来生物に大きな影響を与えてしまう
ために、2006年2月に「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止
に関する法律(外来生物法)」の特定外来生物に指定され、飼育や譲渡・
引き渡しなどが法律で規制されました。



《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑」
第118回目 -『みんなの手仕事ウィキペディア
下駄づくり -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 苦労しながら手に職をつけ、元気に働く人々の姿を紹介しながら、
働くことの意味、生きがい、喜びなどが共感できるe−手仕事図鑑を
ネットワーク上で利用可能としたものです。
この教材は、さまざまな手仕事にたずさわる職人の方々をイラスト、
音、動画で紹介しています。
全国のe−手仕事図鑑は、手仕事学習データベースにより結ばれ、
全国の子ども達の交流を可能としています。
本教材およびシステムの利用は、非営利の教育目的の場合に限ります。

下駄づくり』 -




《写真をダブルクリックしてください》


-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (341)「イパネマ海岸」
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 イパネマ海岸は、世界遺産の文化遺産「リオデジャネイロ:山と海
の間のカリオカの景観群(ブラジル)」の一部のコカバーナ海岸から
徒歩約10分の至近距離にあります。
 イパネマ海岸は、ボサノヴァ「イパネマの娘」の舞台として有名です。
イパネマの娘とは、ブラジルのアントニオ・カルロス・ジョビンが1962年
に作曲したボサノヴァの歌曲です。
 イパネマの娘のモデル「エロィーザ」は、170cmの長身でスタイルが良く、
近所でも有名な美少女でした。現在でもイパネマに健在です。
 イパネマ海岸には、現在でも背の高い小麦色の若くて可愛い娘と、
サーフィングにいそしむカッコいい若い男性で溢れています。
 青空にさんさんと降り注ぐイパネマの太陽を黄金色の肌に浴び、
現代のイパネマの娘は、色とりどりのパラソルの間を、スイングしな
がら、エメラルド色の海辺を歩いています。
 
≪動画・静止画「イパネマ海岸」

《写真をダブルクリックしてください》


●「萩城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

  学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、山口県萩市北部の「萩城」の
映像が送られてきました。

萩城は、萩市堀内にある城跡で、国指定の史跡です。
 1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いに敗れた毛利輝元は安芸広島120万石から
防府・長門36万9千石に減封され、居城として萩指月山麓に築城しました。


以後山口に藩庁を移すまで260年間毛利氏14代の居城でした。標高143m
の指月山上に詰の丸を築き、山麓に本丸・二の丸を設け、五層の天守を建てま
した。
明治の廃城令により天守閣、居館を解体し、現在は石垣のみが残っています。
指月山の原生林は天然記念物に指定されています。

 萩の城下町には松下村塾や武家屋敷など多くの史跡が残っています。

≪静止画「萩城」≫


《写真をダブルクリックしてください》


●「シンガポールのブギス&アラブ・ストリート界隈」

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

  学情研ネットワーク研究会員の松さんから、シンガポールのシンガポールのブギス
&アラブ・ストリート界隈の映像が送られてきました。

 高層ビルが林立し、モダンな地区が次々と話題を集めるシンガポールにあって昔なが
らの雰囲気が味わえるのがブギス&アラブ・ストリート界隈です。
 
 MRTブギス駅周辺はショッピングモールや映画館、インターコンチネンタルホテル
が一体となったブギス・ジャンクションがあり若者で賑わっています。その先のアーケ
ード街は衣料品や土産物、果物やジュースなどの店がひしめき合っています。

 アーケード街を抜けるとドリアン臭が漂う果物市場があり、フードコートが続きます。
ガイドブックに載っている有名なフードコートのすぐそばに地域の人が集まっているフ
ードコートもあり、いつも人が何か食べている印象です。そして自転車に二人乗りの座
席がついたトライショーが待機しています。

 シンガポールで一番古い観音堂は、ご利益がある寺院とされ参拝客を集めています。
長い線香と花を手にして人々は一心に祈っています。中国寺院の観音堂のすぐ近くにク
シュリナ神を祀るヒンドゥー教寺院があります。それらの寺院に覆いかぶさるように、
ビルが建っていて、東南アジア的でディープなシンガポールを楽しめます。

≪動画・静止画「シンガポールのブギス&アラブ・ストリート界隈」≫

《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)


--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

●『子どもが集う学校図書館』への投稿について
 今回は、『子どもが集う学校図書館』連載開始のご紹介です。

 最近の学校図書館は、情報化・デジタル化時代を向かえており、今年
度から隔月刊行の「学習情報研究」誌に、あなたの学校の学校図書館
の現状やトピックス等を特集記事『子どもが集う学校図書館』で読者の
方なら誰でも紹介できることになりました。

 記載分量は、以下の事例から分かりますように、特長的な写真数枚と
簡単な説明文200字〜1200字程度で記載しWORD文書を、次のメール
アドレスに添付ファイルでお送り下さい。

 投稿先メールアドレスはgjk@gakujoken.or.jpです。採用されました
『子どもが集う学校図書館』には薄謝させて戴きます。


●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会



--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報
('15/01/15)
学情研ネットワーク研究会員の「大分地区」のページに「年末年始のシンガポール」
の地域素材を追加いたしました。http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究1月号の目次('15/01/10)
「学習情報研究」1月号が発刊されました。内容は、『校務の情報化とセキュリティ』
を特集しています。ご購読とご寄稿を宜しくお願い申し上げます:

【目次】 (敬語敬称略)

(1)校務の情報化の基本的な考え方と最新動向
                   藤村裕一(鳴門教育大学大学院)
(2)校務の情報化で教育の質を高める 新保元康(札幌市立幌西小学校)
(3)全県立高校への校務支援システムの導入を成功させるポイント
                   藤田勝範(和歌山県教育庁)
(4)学校情報セキュリティの実態とセキュリティ確保方策
                   藤村裕一(鳴門教育大学大学院)
(5)シンクライアントによる学校情報セキュリティの確保とテレワークの実現
           佐藤和浩(千葉市教育センター総務室情報教育・広報部門)
(6)校務の情報化とセキュリティ   大平和哉(徳島市新町小学校)

【デジタル・メディア時代の学校図書館の課題】
(7) 学校図書館の情報化の課題 河西由美子(玉川大学通信教育部・教育学部)
(8)教育の情報化の流れと学校図書館 堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科)
(9)学校図書館におけるソーシャル・メディアの活用事例
                   今井福司(白百合女子大学)
(10)学びに活かす学校図書館メディア 伊藤史織(学校法人玉川学園)
(11)学校における「合理的配慮」の提供とマルチメディアDAISY
                   野口武悟(専修大学文学部)

[要約紹介(第4回目)] 

-『学びに活かす学校図書館メディア』-伊藤史織

 学校図書館の各種メディアを学びに活かすには,利用指導が欠か
せない.玉川学園の中学3年必修科目「学びの技」では,より効果的
な利用指導を行うために,対象生徒のメディア接触時間についてアン
ケートを実施し,利用指導の改善点を探った.
<学校図書館、アンケート、利用指導>

-『学校における「合理的配慮」の提供とマルチメディアDAISY』-野口武悟
 紙に印刷された文字を読むことに困難のあるプリントディスアビリ
ティ(PD)の児童生徒は少なくない。こうした児童生徒の学習や読書
には、マルチメディアDAISYの教科書や図書が有効な媒体の1つである。
ところが、学校におけるその導入と普及にはさまざまな課題が存在する。
2016年4月から国公立学校に義務化される「合理的配慮」の提供という
観点からも、課題の解決に向けた議論と対策が求められる。
<プリントディスアビリティ(PD)、 合理的配慮、 マルチメディアDAISY、
デジタル教科書、電子書籍、学校図書館>



なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-6205-4531、 Fax.03-6205-4532)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008-2013