*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン339号 ============================= 2014/12/15
*               (公財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                   【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から: お知らせにカシオ計算機/電子辞書の活用フォーラム開催があります
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次   
 
                       (以下敬語敬称略)
                                
                
            《クリックしてください》
[ニュースコーナー]New!!

●再掲「“次期教育課程改定”を中教審に諮問」
小・中から「公共」導入を 経済同友会
ネットトラブル 86%で発生 東京都中学校長会調査
コミュニティサイト利用 犯罪被害が増加 警察庁集計

●文部科学省の報道発表より
(1)平成27年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(平成26年
 10月末現在)に関する調査について

(2)経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援 
 第2回 Go Global Japan Expo〜進学・留学・キャリアに関する
 日本最大級の体験イベント〜

(3)産業競争力強化法に基づく特定研究成果活用支援事業計画の
 認定について

(4)平成26年度第2回高等学校卒業程度認定試験実施結果について

(5)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
‐コミュニティ・スクールの推進等に関する調査研究協力者会議(第6回)
 の開催について
‐専修学校の質の保証・向上に関する調査研究協力者会議(第12回)
 の開催について

初等中等教育分科会(第95回)の開催について

[メッセージ]
● 平成26年度パイオニアVC賞:戦略ITハンド
Web教材 第10回「伝えよう日本の伝統芸能 はじめての雅楽」
 -『
マルチメディアでみる雅楽』〜吹物の唱歌を学ぶ-
- 第66回目『みんなで創る阿寒湖マリモマップ*学習教材*
「みんなで考えるマリモの保護
ボランティアによるマリモ消滅水域(シュリコマベツ湾)後背湿地
の環境調査〜』-

● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑」
- 第116回目 -『みんなの手仕事ウィキペディア笠の注文の仕方は?* -


[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (339)「サンタクロース村の郵便局」

琵琶湖湖畔『菅浦』〜菅浦〜」
●「臼杵城」
●「西新宿の黄葉」


[お知らせ]
●「情報教育コンファレンス」開催のお知らせ
●『子どもが集う学校図書館』への投稿について

●カシオ計算機/電子辞書の活用フォーラム開催
●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('14/12/15)
●「学習情報研究 1月号の目次('15/01/10)

-『学校情報セキュリティの実態とセキュリティ確保方策』
-『シンクライアントによる学校情報セキュリティの確保とテレワークの実現』
-『校務の情報化とセキュリティ』


====================================================================================
[ニュースコーナー]New!!

●再掲「“次期教育課程改定”を中教審に諮問」
(国立教育政策研究所 名誉所員 菱村 幸彦)
 教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp)の下欄に
「教職研修資料」のコーナーがあります毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currentb.html

ご参照下さい。


以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。
 
 小・中から「公共」導入を 経済同友会
 経済同友会は11月26日、学習指導要領改訂に向けた意見を出した。
改訂では「自らの考えや意思を日本語で明確に伝える教育の実現」と
「グローバル化に対応した教育の充実」「社会の一員としての自覚や職業観
の醸成を促す教育」の3点を求めた。

● ネットトラブル 86%で発生 東京都中学校長会調査
 携帯電話やスマートフォンなどを介した生徒のインターネット利用を
めぐる問題が9割弱の中学校で発生しており、主な内容は「誹謗(ひぼう)
中傷やいじめ」「個人情報の公開や流出」が占めている―。こんな結果が
東京都中学校長会生徒指導部が都内の全公立中学校を対象に実施した
調査で明らかになった。

 コミュニティサイト利用 犯罪被害が増加 警察庁集計
 今年1月から6月までの間に、「コミュニティサイト」などと呼ばれるインター
ネットサービスが原因で、犯罪に遭った子どもは698人で、前年同期と
比べると16・7%(100人)増えたことが警察庁の集計で分かった。被害を
受けた子どものうち、4人に1人は不登校のため、学校でコミュニティサイト
の使用に関する指導を受けていなかった。被害状況は明かしていないが、
犯行動機の最多は「子どもとの性交目的」が66・5%を占めた。


 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp



● 文部科学省の報道発表より


(1)平成27年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(平成26年
10月末現在)に関する調査について
  文部科学省では、高等学校卒業者の就職状況を把握し、就職問題に
適切に対処するための参考資料を得るために、平成27年3月高等学校
卒業予定者の就職状況を調査し、このほど、平成26年10月末現在の
状況を取りまとめましたので、公表いたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/12/1353978.htm

(2)経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援 
第2回 Go Global Japan Expo〜進学・留学・キャリアに関する
日本最大級の体験イベント〜
 文部科学省では,平成24年度から,「経済社会の発展を牽引する
グローバル人材育成支援」において,グローバルな舞台に積極的に挑戦し,
世界に飛躍できる人材の育成を図るため,学生のグローバル力を徹底的に
強化,推進する組織的な教育体制の整備を行う大学を支援しています。
今回,本事業の採択42大学,スーパーグローバル大学創成支援,大学の
世界展開力強化事業と大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業
(グローバル30)の採択大学が一堂に集い,高校生とその保護者を主な
対象に,国,大学,企業,大使館等の関係者が一堂に会してグローバル
人材育成の必要性や取り組みのアピール,留学の後押しを行うイベント
「GO GLOBAL JAPAN EXPO」を開催いたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/12/1353912.htm

(3)産業競争力強化法に基づく特定研究成果活用支援事業計画の
認定について
 
文部科学省は、本日、東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社発起人
(国立大学法人東北大学)から提出された産業競争力強化法に基づく
「特定研究成果活用支援事業計画」を認定しました。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/10/1353837.htm

(4)平成26年度第2回高等学校卒業程度認定試験実施結果について
  平成26年度第2回高等学校卒業程度認定試験(以下「高卒認定」という。)
が、11月8日(土曜日)・11月9日(日曜日)の2日間実施されました。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/12/1353690.htm

(5)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
‐コミュニティ・スクールの推進等に関する調査研究協力者会議(第6回)
の開催について
 コミュニティ・スクールの推進等に関する調査研究協力者会議(第6回)
を下記のとおり開催しますのでお知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/103/kaisai/1354025.htm


‐専修学校の質の保証・向上に関する調査研究協力者会議(第12回)
の開催について
 「専修学校の質の保証・向上に関する調査研究協力者会議」につき
まして、第12回を下記日程にて行うこととなりましたのでお知らせいた
します。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/kaisai/1353993.htm


初等中等教育分科会(第95回)の開催について
 
文部科学省では、学校、家庭、地域が連携協力し、社会全体の教育力
の向上のため、全国で行われている放課後子供教室、学校支援地域本部、
土曜日の教育活動、コミュニティ・スクール等、地域の方々による学校
支援活動のうち、その活動内容が特に優れている活動に対して、平成23
年度より、文部科学大臣表彰を行っています。
 このたび、今年度の表彰団体が決定しましたので、お知らせいたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/kaisai/1353926.htm



文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

● 平成26年度パイオニアVC賞:戦略ITハンドマラソン
[対象: 校種:全小中高大校(社会一般) 学年:
全学年
                 教科:保健体育及び特別活動(部活動)]


 7月29日、平成26年度『学習デジタル教材コンクール』の表彰式が開催され、
大分県立情報科学高等学校の佐藤正男先生の作品がパイオニアVC賞として表彰
されました。
 以下では、作品の特徴、内容や実践結果などを、大分県立情報科学高等学校
の佐藤正男の文章をもとにしてご紹介いたします(一部省略有)。

 〔パイオニアVC賞〕  
  「戦略ITハンドマラソン」
      <大分県立情報科学高等学校 佐藤正男>


1 特 徴
このソフトでは攻撃をする時、守備をする時の選手の立ち位置を自由に設定可、
選手の位置情報保存やクリップボードへのイメージ出力、各位置からの攻守の
模擬シュートを行うことでの連携体型確認、選手の移動を動画で表示、公式試
合や練習試合時の30分タイマーを表示、試合時における得失点シュートデータ
をゴール12分割と枠外シュート3分割にわけた詳細な記録(チームデータ・個人
データ14名)などができます。
このソフトを利用し試合中の記録は画面上のボタンに指をタッチ(タブレットPC)
するだけで簡単に入力ができます。記録されたデータは選手個々人のシュート
決定率やチーム全体の平均値等を表示することができる。試合後のデータを直
接エクセルにも転送することができ戦術分析やデータ分析がより簡単にできるよ
うになりました。

2 内 容 
 ・・・攻撃時における選手移動や守備時における選手移動、更にボール移動を
動画(速度調整可)にすることでよりリアルに選手に説明ができるようになりました。
 またコートの6ヵ所より自由にシュートの模擬練習を行うことができるため守備体
制時や攻撃体制時における試合時のシミュレーションを再現でき選手一人一人の
コートでの位置確認と移動先についてより具体的に説明ができます。

3 実践結果・内容
 公式試合や練習試合のシュート記録を分析することにより、選手個々人に正確
で的確な指示を選手にあたえられるようになった。これにより選手自身が強みや
弱点を知ることでより高いモチベーションをもつようになり半数以上の選手のシュー
ト決定率が上昇しチーム全体の総合力が上がってきました。

4 教材開発の創意工夫
 トップ画面は戦略や戦術に長けていたとい言われている4人(坂本龍馬・土方歳三・
伊達政宗・真田幸村)の歴史上の人物をモチーフにオリジナルのアニメを作成しました。
 作品のイメージとしてこのソフトを利用すれば即効的な切れ味するどい戦略や戦術の
アップにつながるようPRできるのではないかとの思いで表現しました。

   


● Web教材「伝えよう日本の伝統芸能 はじめての雅楽」
-第10回目 -『マルチメディアでみる雅楽』〜吹物の唱歌を学ぶ〜
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 雅楽とは1300年ほど前より受け継がれてきた伝統音楽で宮中や有力な
寺社などを中心に伝承されてきました。

 楽器演奏だけでなく歌や舞を含め、その装束の色彩や楽曲にまつわる
季節感などを通して、自然や宇宙の調和を表わす総合芸術と言われて
います。


 
雅楽の楽曲の練習は、手で膝を打って拍節を取り、声を出して歌う
「唱歌」という方法で楽曲の旋律や流れを暗譜することから始めます。




《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「守ろう!地球いきもの「阿寒湖マリモの不思議を学ぶ」
- 第
66回目『みんなで創る阿寒湖マリモマップ*学習教材*
「みんなで考えるマリモの保護
ボランティアによるマリモ消滅水域(シュリコマベツ湾)後背湿地
の環境調査〜』-

[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 この教材は、平成23年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年
教育振興機構)の助成金の交付を受けて公益財団法人学習ソフトウェア
情報研究センターが作成したものです。 私たちが直面している環境

問題には、地球の温暖化や異常気象、さまざまな開発行為による急激
な生物種の縮小、在来生態系を破壊する外来生物への対策など、重要
な課題が山積しています。とりわけ「生物多様性」は、年間4万種と
いわれる加速度的な種の減少が進むなか、現象が分かりにくいため、
問題が顕在化したときには危機が深刻化していることが多いのが現状です。
そこで、生物多様性の問題を身近なものとして捉え、外来生物や絶滅
危惧種の状況を理解して、生態系の維持、バランスが人類に与える
大きな影響を考えるための教材を製作しました。 特別天然記念物
「阿寒湖のマリモ」保護会の協力を得て、特別天然記念物のマリモや
阿寒湖の生態系に環境の変化や特定外来生物が与える影響をとりあげ、
これまでに得られた観察データや地域と子どもたちによる保全活動、
調査の記録を分かりやすく教材にしました。 さらに、地域の子ども
たちが実際に阿寒湖で観察した情報や保全活動の様子などを写真、
ビデオで収録しています。 この教材は、マリモの保護をとおして
子どもたちが生物多様性を自分たちにとって身近な問題として捉え、
考える力を身につけられることを目的にしています。同時に、子ども
たちが調べる力を育てるためのさまざまな情報を収録し、自ら行動
して野外で活動することを支援します。 子どもたちがこの教材を利用
することによって、生物多様性が自分たちの生活や未来に関わる重要
な環境問題であることを理解し、それに対してどのように関わって}
いけば良いかについて考え、行動することを願っております。


ボランティアによるマリモ消滅水域(シュリコマベツ湾)後背湿地
の環境調査

 明治・大正期は球状マリモの群生が知られたシュリコマベツ湾ですが、
当時は伐採した木材を運ぶ道路がなく、湾内に流入するシュリコマベツ川
を利用して木材を運んでいた結果、大量の土砂が湖内に流れ込み、また、
湾内で木材を浮かべて貯木したために水質に悪い影響を与えたという記録
があります。 そこで、現在の湖環境の成り立ちを理解するために、シュリ
コマベツ湾沿岸にできた自然堤防のならびに周辺域の樹木の調査が行われ
ました。
 この自然堤防は、自然に体積した土砂がダムとなり周辺の陸地や水深の
浅い場所の水の動きや土に悪い影響を与えていると考えられています。



《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑」
第116回目 -『みんなの手仕事ウィキペディア
笠の注文の仕方は? -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 苦労しながら手に職をつけ、元気に働く人々の姿を紹介しながら、
働くことの意味、生きがい、喜びなどが共感できるe−手仕事図鑑を
ネットワーク上で利用可能としたものです。
この教材は、さまざまな手仕事にたずさわる職人の方々をイラスト、
音、動画で紹介しています。
全国のe−手仕事図鑑は、手仕事学習データベースにより結ばれ、
全国の子ども達の交流を可能としています。
本教材およびシステムの利用は、非営利の教育目的の場合に限ります。

笠の注文の仕方は?』 -




《写真をダブルクリックしてください》


-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (339)「サンタクロース村の郵便局」
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 サンタクロース村は、ラップランドのフィンランド北部のラッピ州都・
ロヴァニエミ市中心街から北東へ8km離れた北極圏の南限である「北極線
(ほっきょくせん、Arctic Circle)」上にあります。

 サンタクロース村の郵便局は、サンタクロースが座る大きな椅子と暖か
そうな暖炉で有名です。日本をはじめ全世界から来たお手紙が山のように
積まれています。

サンタクロースの大きな椅子の周りにでは、孫や子ども宛てにクリスマス
カードを書いている人達がいます。皆さん、サンタクロースの服装をした
ニンフのようなかわいい郵便局員に、スタンプを押して貰い、クリスマス
に配達してくれるように依頼しています。

見渡すと、辺り一面に、クリスマスカードやサンタクロース関連グッズが
販売されており、多くの人々が群がっています。

 
≪動画・静止画「サンタクロース村の郵便局」

《写真をダブルクリックしてください》


第10回「琵琶湖湖畔『菅浦』〜菅浦〜
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

今年2014年春サイバー大学を卒業された学情研研究会員の山本正信さん
から、滋賀県北西部琵琶湖湖畔の「菅浦」の映像が送られて来ました。

菅浦は良き日本の伝統的な風習を今に伝える集落です。

平成26年10月6日に奥琵琶湖、葛籠尾崎の西側に広がる長浜市西浅井町
菅浦の湖岸集落景観が、国の重要文化的景観に選定されました。

白洲正子さんの随筆「かくれ里」にも紹介された菅浦は、険しい山と
琵琶湖に囲まれた隠れ里で、人の往来が少なかったことで、自治組織
「惣」を中心とした自治制度や独自文化をはぐくんできました。

≪動画・静止画「
琵琶湖湖畔『菅浦』〜菅浦〜」

《写真をダブルクリックしてください》


●「臼杵城」

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、大分県臼杵市の「臼杵城」の
映像が送られてきました。

 臼杵城は、臼杵湾に浮かぶ周囲4kmの丹生島に築かれた平山城(海城)で
した。

 1562年(永禄5年)に府内から移った大友宗麟によって築城されたとされ、
関ヶ原の役後は、5万石で稲葉貞通が入封し、明治維新まで臼杵藩稲葉氏
15代の居城でした。

 3層5階の天守と31基の櫓がありましたが、廃藩後は天守以下の建物は
ほとんど取り壊され、周囲の海も埋め立てられました。現在は臼杵市市街地
の中心部の公園として整備され、石垣、空堀の他に、卯寅口門脇櫓と畳櫓が
現存しています。

≪動画・静止画「臼杵城」≫

《写真をダブルクリックしてください》


●「西新宿の黄葉」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

  学情研ネットワーク研究会員の松さんから、東京都副都心の「西新宿
の黄葉」の映像が送られてきました。

 新宿副都心、ビルに囲まれた新宿中央公園の11月下旬の黄葉です。
クリスマスの飾りが賑やかな街を人々が足早に通り過ぎていきます。街路
樹の葉が風に吹かれ道路を舞っています。

 公園の木々の中に、一際黄色く色付いた木が光を浴びて輝いて見えます。
都会の真ん中の、林立するビルの間にある晩秋の公園の光景はまるで一枚
の絵のようです。


≪静止画「西新宿の黄葉」≫


《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)


--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

●『子どもが集う学校図書館』への投稿について
 今回は、『子どもが集う学校図書館』連載開始のご紹介です。

 最近の学校図書館は、情報化・デジタル化時代を向かえており、今年
度から隔月刊行の「学習情報研究」誌に、あなたの学校の学校図書館
の現状やトピックス等を特集記事『子どもが集う学校図書館』で読者の
方なら誰でも紹介できることになりました。

 記載分量は、以下の事例から分かりますように、特長的な写真数枚と
簡単な説明文200字〜1200字程度で記載しWORD文書を、次のメール
アドレスに添付ファイルでお送り下さい。

 投稿先メールアドレスはgjk@gakujoken.or.jpです。採用されました
『子どもが集う学校図書館』には薄謝させて戴きます。



●カシオ計算機/電子辞書の活用フォーラム開催
 カシオ計算機は、小学校教員向けに「小学校の授業に活かす電子辞書
活用フォーラム」を11月16日(日)、東京・新宿ファーストウエスト、また12月
20日(土)、大阪・TURUYAホールで開催する。
 講演は、「辞書引き学習法」を提唱している、中部大学現代教育学部児童
教育学科の深谷圭助准教授と、千葉大学教育学部の西垣知佳子教授によ
る講話のほか、電子辞書モニター企画の案内などを行う。

 申し込みは、必要事項(名前、学校名、電話番号)を記入し、メールにて
お申し込みください。

【開催概要】
2.「小学校の自授業に活かす電子辞書フォーラム」:大阪開催
日 時:2014年12月20日(土)14:00〜17:00(受付は13:30〜)
場 所:TURUYAホール8F(つるや本社ビル)[大阪市中央区本町3-3-5]
定 員:100名   参加費:無料   (詳細はここ
申込アドレス:suz02732@casio.co.jp  


●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会



--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報
('14/12/15)
学情研ネットワーク研究会員の「大分地区」のページに「臼杵城」の地域素材
を追加いたしました。http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究1月号の目次('15/01/10)
「学習情報研究」1月号が発刊されました。内容は、『校務の情報化とセキュリティ』
を特集しています。ご購読とご寄稿を宜しくお願い申し上げます:

【目次】 (敬語敬称略)

(1)校務の情報化の基本的な考え方と最新動向
                   藤村裕一(鳴門教育大学大学院)
(2)校務の情報化で教育の質を高める 新保元康(札幌市立幌西小学校)
(3)全県立高校への校務支援システムの導入を成功させるポイント
                   藤田勝範(和歌山県教育庁)
(4)学校情報セキュリティの実態とセキュリティ確保方策
                   藤村裕一(鳴門教育大学大学院)
(5)シンクライアントによる学校情報セキュリティの確保とテレワークの実現
           佐藤和浩(千葉市教育センター総務室情報教育・広報部門)
(6)校務の情報化とセキュリティ   大平和哉(徳島市新町小学校)

【デジタル・メディア時代の学校図書館の課題】
(7) 学校図書館の情報化の課題 河西由美子(玉川大学通信教育部・教育学部)
(8)教育の情報化の流れと学校図書館 堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科)
(9)学校図書館におけるソーシャル・メディアの活用事例
                   今井福司(白百合女子大学)
(10)学びに活かす学校図書館メディア 伊藤史織(学校法人玉川学園)
(11)学校における「合理的配慮」の提供とマルチメディアDAISY
                   野口武悟(専修大学文学部)

[要約紹介(第2回目)] 

-『学校情報セキュリティの実態とセキュリティ確保方策』-藤村裕一

 近年学校からの情報漏洩に関するニュースが減っており,かつての
ように情報セキュリティに危機感を抱く教員は少なくなってきている。
しかし,実際には学校からの情報漏洩事故は減っておらず,さらに校務
の情報化が積極的に進められているため,いつ事故が発生しても不思議
ではない危機的な状況にある実態を紹介する。また,すぐに情報セキュ
リティを向上させる緊急対策と,長期的に情報セキュリティを確保する
ための学校情報セキュリティポリシーの策定と運用,人的対策・物理的
対策・技術的対策によるセキュリティ確保方策について紹介する。
<学校情報セキュリティ,セキュリティポリシー,校務の情報化>

-『シンクライアントによる学校情報セキュリティの確保と
   テレワークの実現』
-佐藤和浩

 本市では平成23年2月より,デスクトップの仮想化によるシンクライ
アント方式の教育情報ネットワーク(端末数約8,000台)を運用している。
SSL-VPNにより,校外からネットワーク接続にも対応している。安心・
安全な接続を維持している環境について,本市の事例を紹介する。
<テレワーク,シンクライアント,仮想デスクトップ,VPN接続>

-『校務の情報化とセキュリティ』-大平和哉
 校務の情報化を推進していく上で,学校情報セキュリティの確保は
必要不可欠である。学校は,学校情報セキュリティポリシーを確立し,
これを最適な状態に維持していく必要がある。そのためには,教育
委員会のリーダーシップが重要である。
<学校情報セキュリティポリシー,基本方針,対策基準,実施手順書,
情報資産,内部監査>


なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-6205-4531、 Fax.03-6205-4532)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008-2013