*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン291号 ============================= 2012/12/15
*              (公財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                 【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次                            (以下敬語敬称略)

          
                  
[ニュースコーナー]New!!
再掲「自民党の“政権公約”を読む」
全市立小・中で土曜授業 来年度から年3回 岡山市教委
安全な学校づくりで認証 東京・豊島区立朋有小
● 通常学級の児童・生徒 6・5%が発達障害の可能性 


●文部科学省の報道発表より
(1)IEA国際数学・理科教育動向調査の2011年調査(TIMSS2011)の結果
(2)平成25年度医学部入学定員の増員計画について
(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
 ‐障がいのある学生の修学支援に関する検討会(第9回)の開催について

 ‐国際協力推進会議(第3回)の開催について

(4)「学校・教育」関連ニュース
 ‐平成24年度第2回高等学校卒業程度認定試験実施結果について

[メッセージ]
●平成24年度日本教育新聞社賞作品 - 「はてなポスター『身近な植物』」
Web教材「守ろう!地球いきもの「阿寒湖マリモの不思議を学ぶ」
 - 第18
回目 -『みんなで作る阿寒湖マリモマップ*学習教材*マリモの生態系
        〜
ウチダザリガニってどんな生き物?(3)〜』 -
Web教材「自然エネルギー体験ランド」(日本デジタル
アーキビスト研究会(千葉))
 - 第18回目 -『
風力エネルギー工作教室1*風力発電模型
        〜
完成品をためす』 -
Web教材「ユビキタスおもしろキッチン&エコ課外教室」
(群馬・科学講座研究会(CEMIの会))」
 - 第18回目 -『
洗う物でサイエンス*油汚れを落す洗剤の不思議
        〜水と油を混ぜてみよう〜
』 -
We
b教材「キッズブロードキャストしぶやチャンネル
 〜映像編集体験〜「自分の番組」を作るまで」(ICT利用普及研究会(東京))
 - 第18回目 -『ビデオ編集の心得*ナレーションの入れ方』-
● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑
 - 第68回目 -『全国のe手仕事図鑑をさがす
高岡銅器 高田製作所さん』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (289)「ケルンからアーヘンへ
「信貴山城」
●「新湊ベニズワイガニ」
●「ニューヨークのブラック・フライデイ」

[お知らせ]
●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('12/12/15)
●「学習情報研究」11月号の目次('12/11/10)

  -『質の高い学びを引き起こす協働学習とICT活用の原則-
  -『学びとデジタル教材-
  -『日本と世界の教育番組・デジタル教材-
  -『歴史の学習効果を高めるデジタル・アーカイブの活用法-
  -『デジタル教材と授業づくり-

====================================================================================

[ニュースコーナー]New!!

再掲「自民党の“政権公約”を読む」
 
 (公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター 理事長 菱村 幸彦)
  教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp)の下欄に
「教職研修資料」のコーナーがあります
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
 内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currentb.html
ご参照下さい。


 以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。

全市立小・中で土曜授業 来年度から年3回 岡山市教委
 
岡山市教委は来年度、土曜授業を全ての市立小・中学校で試行する。
11月27日に開かれた定例会の席上、明らかにした。1学期、2学期、
3学期に各1回の年間計3回、1日3時間ずつ実施する予定。岡山
県内で土曜授業を復活させるのは、同市が初めて。

安全な学校づくりで認証 東京・豊島区立朋有小
 東京・豊島区立朋有小学校は11月27日、WHO(世界保健機関)の
ISS(インターナショナルセーフスクール)に認証された。ISSは
安全な環境づくりに継続的に取り組む学校を認証するもので国内では3校目、
世界では70校を超えたばかり。

● 通常学級の児童・生徒 6・5%が発達障害の可能性 
 文科省、10年ぶり調査  文部科学省は5日、通常学級に、発達障害の
可能性のある児童・生徒が6・5%の割合で在籍しているなどの調査結果
をまとめ、公表した。同調査の実施は10年ぶり。



 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp


文部科学省の報道発表より


(1)IEA国際数学・理科教育動向調査の2011年調査(TIMSS2011)の結果
 このたび,文部科学省では,標記調査の結果について,別添のとおり
とりまとめましたのでお知らせいたします
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/12/1328976.htm

(2)平成25年度医学部入学定員の増員計画について
 平成25年度医学部入学定員の増員について、国・公・私の各大学の
計画について公表いたします。 増員の手続きについては、今後、12月
14日の大学設置・学校法人審議会での審議を経て答申等を得たのち、
所要の手続きを進めます。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/12/1328909.htm

(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
 ‐障がいのある学生の修学支援に関する検討会(第9回)の開催について
 「障がいのある学生の修学支援に関する検討会(第9回)」を下記の
とおり開催しますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/12/1328996.htm

  ‐国際協力推進会議(第3回)の開催について
 文部科学省では、国際協力推進会議(第3回)を下記のとおり開催いた
しますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/12/1328931.htm


(4)「学校・教育」関連ニュース
‐平成24年度第2回高等学校卒業程度認定試験実施結果について
 平成24年度第2回高等学校卒業程度認定試験(以下「高卒認定」といいます。)
は、11月10日(土曜日)、11日(日曜日)の2日間実施しました。結果の
概要は以下及び別添資料のとおりです。

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/12/1328946.htm


文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

●平成24年度日本教育新聞社賞作品 - 「はてなポスター『身近な植物』」
[対象: 校種:中学校、学年:第1学年、教科:理科]

  先月7月27日、平成24年度「学習デジタル教材コンクール」の表彰式が開催され、
上尾市立上平中学校の新谷洋介先生の「はてなポスター『身近な植物』」が日本教育新聞社賞
として表彰されました。

 以下では、「はてなポスター『身近な植物』」の特徴、内容や実践結果などを、上尾市立
上平中学校の新谷洋介先生の文章をもとにしてご紹介いたします(一部省略有)。

 〔日本教育新聞社賞〕  
  「はてなポスター『身近な植物』」
    <上尾市立上平中学校 金井 清>

(1) 特 徴
これまでのICT活用の知見をもとに学習指導の場面で利用している機能に特化したシステム
として「はてなポスター」を作成した。従来のシステムに比べて教材作成、利用場面での
操作が簡単で操作量が少なく、短時間に作成でき、それぞれの学校での学習者・環境に合
わせて教材作成と修正が容易に行える。

@パネルに複数のポスターを貼り付けるというイメージの教材が簡単に作成できる。Aパネ
ル上のポスターをドラッグして移動と大きさの変更が自由で、ポスターをクリックすると
リンクが発生する。Bポスターを右クリックで、編集が容易に行える。

(2)内 容: 
 学校のまわりで見られる植物写真を提示し、身近な植物の名前を覚えるとともに、植物の
環境への適応と競争に気づかせる。

(3)実践結果・内容
 @タブレットを用い大型TVで提示することや、生徒に操作させることで、数字の動きを
  視覚化、体験させることにより、公式を暗記ではなくイメージ化して理解させる手段
  とすることができた。
 A携帯電話を利用して2次関数の頂点の演習を計算ゲームで実施することにより、200問
  近くの問題が演習でき、法則を理解し、正答率が上がった。





Web教材「守ろう!地球いきもの「阿寒湖マリモの不思議を学ぶ」
- 第
18回目 -『みんなで作る阿寒湖マリモマップ*学習教材*マリモの生態系
〜「ウチダザリガニってどんな生き物?(
3)」 』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 この教材は、平成23年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年
教育振興機構)の助成金の交付を受けて公益財団法人学習ソフトウェア
情報研究センターが作成したものです。 私たちが直面している環境
問題には、地球の温暖化や異常気象、さまざまな開発行為による急激
な生物種の縮小、在来生態系を破壊する外来生物への対策など、重要
な課題が山積しています。とりわけ「生物多様性」は、年間4万種と
いわれる加速度的な種の減少が進むなか、現象が分かりにくいため、
問題が顕在化したときには危機が深刻化していることが多いのが現状です。
そこで、生物多様性の問題を身近なものとして捉え、外来生物や絶滅
危惧種の状況を理解して、生態系の維持、バランスが人類に与える
大きな影響を考えるための教材を製作しました。 特別天然記念物
「阿寒湖のマリモ」保護会の協力を得て、特別天然記念物のマリモや
阿寒湖の生態系に環境の変化や特定外来生物が与える影響をとりあげ、
これまでに得られた観察データや地域と子どもたちによる保全活動、
調査の記録を分かりやすく教材にしました。 さらに、地域の子ども
たちが実際に阿寒湖で観察した情報や保全活動の様子などを写真、
ビデオで収録しています。 この教材は、マリモの保護をとおして
子どもたちが生物多様性を自分たちにとって身近な問題として捉え、
考える力を身につけられることを目的にしています。同時に、子ども
たちが調べる力を育てるためのさまざまな情報を収録し、自ら行動
して野外で活動することを支援します。 子どもたちがこの教材を利用
することによって、生物多様性が自分たちの生活や未来に関わる重要
な環境問題であることを理解し、それに対してどのように関わって}
いけば良いかについて考え、行動することを願っております。


「なぜウチダザリガニって日本の生き物みたいな名前なの?」

名前の由来は、ウチダザリガニが日本で発見された際に、どの種に
属するのかを調べるときに北海道大学の分類学者であった内田亨
教授の標本が役立ったため、ウチダザリガニと名付けられました。
ウチダザリガニの英語の名前は一般に Signal crayfish(シグナル
クレイフィッシュ)と呼ばれていますが、ウチダザリガニの特徴で
ある大きなハサミに白い模様があり、ザリガニ(crayfish)がハサミ
を振り上げる動作が信号 (signal)を送っているように見えるためと
言われています。



《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「自然エネルギー体験ランド」(日本デジタル
アーキビスト研究会(千葉))
- 第
18回目 -『風力エネルギー工作教室風力発電模型
完成品をためす〜』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 本教材は子どもたちへの環境体験学習の一環として利用できる
自然エネルギーをテーマとした楽しいテーマパークです。工作
教室を通して、子どもたちが自然エネルギーへの理解度、関心度
を高めるという、ねらいがあります。さらに、パビリオンでは、
実社会で利用されている様子が伺える事例紹介を見ることができ
ます。また、今回紹介する工作は、夏休みの自由研究のテーマ
としてもご活用頂けます。 子どもたちが作った玩具や道具を糸口
にして、自然エネルギーの世界に子どもたちを導き、環境を重視
する新しい価値観の芽生えと、その進捗を期待する願望、あるいは
夢を作り出すことに寄与していければとの願いから制作しました。
ともすればリサイクルや地球温暖化などの言葉ばかりが先行し、
偏りがちな環境問題をより広く柔軟な思考へと意識改革を行うと
ともに、科学分野への関心をESD的な視点で育んでいくための土壌
作りとして寄与していきたいと考えます。


工作2  
風力発電模型




《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「ユビキタスおもしろキッチン&エコ課外教室」
(群馬・科学講座研究会(CEMIの会))」
- 第
18回目 -『洗う物でサイエンス*油汚れを落す洗剤の不思議
〜水と油を混ぜてみよう〜
』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 
台所で洗いもののお手伝いしてますか。 洗剤を使ってお皿や
コップを洗うと、たくさん泡が出て、水だけで洗うより簡単に
汚れが落ちます。 どうしてでしょうね。不思議だと思いませんか。
そんな台所の洗いものについて、意外な不思議をサイエンスしてみます。

水と油のようにそのままでは混ざらない液体同志も、ある操作を
加えると、一つに混ざり合った状態になることがあります。
その状態を「乳化(にゅうか)」と言います。
マヨネーズやバターなど身近なもので乳化を利用した食品はたく
さんあります。

● 実験の材料・道具
透明なコップ 2コ
※油(20ml)をそれぞれのコップに入れます
水(200mlほど)
卵黄 2コ
スプーン 2本


動画:http://www.gakujoken.or.jp/omoshiroKE/movie/02_emulsification.wmv



《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「キッズブロードキャストしぶやチャンネル
〜映像編集体験〜「自分の番組」を作るまで」
(ICT利用普及研究会(東京))
- 第18回目 -『ビデオ編集の心得*ナレーションの入れ方*』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 デジタルカメラなどの電子機器の低価格化とブロードバンドや
モバイルWebの普及によって、ICT技術は日用品のような存在に
なっています。それに対し、そうした機材を使いこなせる能力や
態度の育成は、残念ながら充分とはいえません。そこで、インター
ネット社会を生きる子どもたちに向け、身近な自分の住む町や地域
を対象に、ICTを利活用して実際に取材活動を行い、調べた情報を
編集・加工した後に、最新のWebサービスと連動させてインター
ネットで他者に発信するために必要となる知識と態度の習得を目的
としています。それと同時に、受け手側としては他の子どもの発信
した情報を理解し評価する能力を身につけることを目的としています。
このように、この教材を利用した一連の実践活動を通して、子ども
たちの ICTメディアリテラシーの向上を図ることが可能となります。

ナレーションを入れる時のコツです。次の点に気をつけましょう。
(1)早口にならないように落ち着いてゆっくりとはっきりと話しま
しょう いざナレーションを入れるときになると緊張して早口で
もごもごと喋ってしまう人がよくいます。ナレーションを入れる時は、
離れている人と話すようにゆっくりと、はっきりと話しましょう。
(2)マイクを吹かないようにしましょう マイクに向かって話すときは
握りこぶし一つ分くらい間を空けましょう。マイクに近すぎると雑音
が入ってしまい声がきれいにとれません。



《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「子どもたちの職業観を育成する徳島のe―手仕事図鑑」
第68回目 -『全国のe手仕事図鑑をさがす
高岡銅器 高田製作所さん』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 苦労しながら手に職をつけ、元気に働く人々の姿を紹介しながら、
働くことの意味、生きがい、喜びなどが共感できるe−手仕事図鑑を
ネットワーク上で利用可能としたものです。
この教材は、さまざまな手仕事にたずさわる職人の方々をイラスト、
音、動画で紹介しています。
全国のe−手仕事図鑑は、手仕事学習データベースにより結ばれ、
全国の子ども達の交流を可能としています。
本教材およびシステムの利用は、非営利の教育目的の場合に限ります。

高岡銅器 高田製作所さん

時計、文具、などさまざまの鋳物製品を作成しています。




《写真をダブルクリックしてください》


-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (289)「ケルンからアーヘンへ
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 ケルンからアーヘンは既存の在来線を大きく改良した再造路線の
高速路線で、ICEやタリス(フランス・ベルギー・オランダ・
ドイツの4カ国を結ぶ高速列車)の高速列車が走行します。ICEだと
40分弱の鉄道の旅です。

 アーヘンはドイツ・ベルギー・オランダ3ヶ国の国境近くに位置し、
アーヘン大聖堂は世界遺産にも登録されています。 温泉地としても
有名で、アーヘンの語源は古高ドイツ語の鉱泉を意味するahaに由来し、
ラテン語の水を表すaquaに対応しています。

≪動画・静止画「ケルンからアーヘンへ」のホームページ≫

《写真をダブルクリックしてください》


「信貴山城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、奈良県南部の「信貴山城」の映像が
送られてきました。


信貴山城は、奈良県生駒郡平群町にある信貴山(標高433m)の山上にある山城跡
です。信貴山中腹には、聖徳太子が創建したという朝護孫子寺があります。

 信貴山は大和と河内を結ぶ要衝の地で、古代から築城が繰り返されていました。
1536年(天文5年)河内守護・畠山氏の家臣、木沢長政が築城しますが、1542年(天文
11年)には三好長慶らによって落城してしまいます。その後、1559年(永禄2年)松永
久秀がこの城を改修し、南北700m、東西550mに及ぶ規模の城郭を築きました。
曲輪が110以上もあり本丸には4層の天守櫓が建っているという奈良県下最大の中世城郭
でした。1577年(天正5年)織田信長に対して謀叛を起こした久秀は、信貴山城に籠城
します。信長は久秀が所有していた名器・平蜘蛛茶釜を差し出せば助命すると申し出ま
すが、久秀は拒絶し、茶釜とともに爆死しました。その後、城は廃城となりました。

 朝護孫子寺の境内を抜けて登っていくと山頂に空鉢護法堂があります。
その辺りが城の本丸で、二の丸跡に石碑と説明板があります。山の中には曲輪跡や堀切
・土塁が残っています。

≪「信貴山城」のHP≫


「新湊ベニズワイガニ」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、富山県北西部の「新湊ベニズワイガニ」
の映像が送られてきました。

 朱色が美しいベニズワイガニは、深海の泥の海底にすむクモカニ科のカニです。
日本海全域と太平洋岸沖に分布し、6月から8月までは資源保護の目的で禁漁期間となる
ため、水揚げのピークとなる12月から1月には冬の到来を知らせる風物詩として、港を
賑わせています。

 富山県射水市の富山新港に2012年9月23日、新湊大橋が開通しました。新湊大橋は日本海
側最大級の斜張橋として注目されて、晴れた日には雄大な立山連邦を背景にした絶景スポ
ットとして喜ばれています。

 橋を渡ったところに新鮮な魚を売る新湊きっときと市場があります。市場では水揚げし
たばかりの新鮮なカニが並べられています。新湊漁協ではベニズワイガニの美味しさを地
元の子どもたちに知ってもらおうと、県内の一部の小学校の給食に一人一杯ずつ提供して
いるのだそうです。


≪動画・静止画「新湊ベニズワイガニ」のHP≫


《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)


--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]


●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会



--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('12/12/15)
学情研ネットワーク研究会員の「奈良地区」のページに「信貴山城」の地域素材
を追加いたしました。http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究」11月号の目次('12/11/10)
「学習情報研究」11月号が発刊されました。内容は、「協働学習とICT」
を特集しています。ご購読とご寄稿を宜しくお願い申し上げます:

【目次】 (敬語敬称略)
(1)協働学習とICT活用〜どこから始めるか〜
               寺嶋浩介(長崎大学大学院)
(2)タブレットPC・電子黒板・教育クラウドで生み出される協働学習
                内垣戸貴之(福山大学)
(3)他者との対話,教材との対話を目指して〜がまくん,かえるくんカルタを作ろう〜
               佐藤幸江(横浜市立高田小学校)
(4)協働学習とICT「理科「あたためた容器のせんが飛び出したのはなぜ?」を通して
               東 篤哉(山江村立山田小学校)
(5)道徳の問題どう解く?  増坪広夫(甲斐市立竜王小学校)
(6)協働的な学びで伸びる表現力〜協働学習ツールを有効活用して〜
               石堂 裕(兵庫県たつの市立小宅小学校)
(7)子どもたちがつながる,試行錯誤するタブレット端末の活用
    〜第1学年生活科 ビデオレターづくりの授業実践〜
               山中昭岳(関西大学初等部)
(8)タブレットPCを利用した協働学習 -映像作品の作成をとおして-
               永野 直(千葉県立袖ヶ浦高等学校)
(9)伝え合う学びを生かすICTの活用
    〜電子黒板とタブレットPCによる協働的な学び〜
                則元 亮(市川市立真間小学校)
(10)伝え合う・学び合う交流「学校間交流で学び合い」
               前多香織(石狩市立紅南小学校)
(11)交流学習とは、真剣さを培う「相手意識を育てる事は、学級経営そのもの」
               中島主税(北海道浦河町立堺町小学校)
(12)ESDを見据えた国際協働学習のあり方
    「アートマイル国際壁画協同制作プロジェクトを通して」
               清水和久(金沢星稜大学)
(13)質の高い学びを引き起こす協働学習とICT活用の原則
               益川弘如(静岡大学大学院教育学研究科)

テーマ「情報モラルとセキュリティ」
(14)学びとデジタル教材  山内祐平(東京大学情報学環)
(15)日本と世界の教育番組・デジタル教材
              宇治橋祐之(日本放送協会 青少年・教育番組部)
(16)歴史の学習効果を高めるデジタル・アーカイブの活用法
              池尻良平(東京大学大学院学際情報学府)
(17)デジタル教材と授業づくり 林 向達(徳島文理大学)

<<シリーズ学校図書館>>第15回
[連載]高度情報社会のプライバシー

[要約紹介(第4回目)] 

-『質の高い学びを引き起こす協働学習とICT活用の原則』-益川弘如

 現代社会では、自ら課題を認識して目標を定め、様々なICT機器を
駆使して多様な他者と協力しながら新しい知を創造してゆく力が求
められる。今後、学校教育に協働的な活動やICT活用は必須条件だろう。
新しい形の授業で質の高い学びを引き起こすためには意図的に吟味
活動を引き出すことが重要で、社会的文脈に沿った複雑な課題解決
活動を他者と共に行わせ、さらに学習者の主体的なICT活用を組み
込むのが効果的である。そこでの学習原則について学習科学の知見
に基づいて解説する。
<協働学習、ICT活用、学習科学、21世紀型スキル、複雑な課題解決、ジグソー学習 >

-『学びとデジタル教材 -山内祐平
 デジタル教材の歴史を視聴覚教材、CAI、マルチメディア教材、
CSCLの観点から振り返り、今後の方向性として、今まで検討されて
こなかった学校システム全体の変革とデジタル教材の関係について述べる。
<デジタル教材、教育学、CAI、マルチメディア教材、CSCL>

-『日本と世界の教育番組・デジタル教材 -宇治橋祐之
 ラジオの時代から数えると授業での教育番組の利用は80年近い歴史
をもつ。ラジオからテレビ、そしてインターネット上のデジタル教材へ。
音声から映像、そしてテキストや静止画、インタラクティブコンテンツ
を含むマルチメディアへ。日本を中心に、放送局が制作する教育番組
と番組に関連したデジタル教材の現状を見る。
<教育番組、学校放送番組、デジタル教材、アーカイブス>

-『歴史の学習効果を高めるデジタル・アーカイブの活用法 -池尻良平
 本稿では、近年整備が急速に進んでいる歴史のデジタル・アーカイブ
に焦点を当て、その特徴といくつかの事例を紹介した上で,歴史的思
考力を育成する際にどのように活用することでどのような効果がある
かについて検討する。
<デジタル・アーカイブ、歴史、歴史的思考力、教授法、デジタル教材>

-『デジタル教材と授業づくり -林 向達
 デジタル教材に注目が集まっている。話題に取り上げられる機会も多く
なった。それにも関わらずデジタル教材に対する理解は一様ではない。
特定の教材商品のイメージに引っ張られたり、デジタルとアナログの二項
対立にはめ込んだりする議論も見受けられる。
デジタル時代の授業づくりをどのように展開すべきか考える時期に入っている。
<授業、教材、教具、ICT機器>


なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-5919-3401、 Fax.03-5919-3402)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008