*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン284号 ============================= 2012/09/01
*              (公財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                 【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:今回のトピックスは、 ニュース「『義務教育学校』は見送る方向」,
学情研の動き「学習情報研究7月号からの電子出版事業開始」です。
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次                            (以下敬語敬称略)

          
                  
[ニュースコーナー]New!!

● 「『義務教育学校』は見送る方向」
● 全国学力調査の好成績分析 福井県教委
● 授業以外でもスポーツ62% 栃木の小学生


●文部科学省の報道発表より
(1)平成24年度学校基本調査速報の公表について
(2)パンフレット「企業と家庭で取り組む早寝早起き朝ごはん」の 作成について
(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
‐全国的な学力調査に関する専門家会議(第5回)の開催について
(4)「文部科学省」関連ニュース
‐「国立女性教育会館の在り方に関する検討会」報告書の公表について

[メッセージ]
● 平成23年度文部科学大臣賞(個人)作品
Web教材「守ろう!地球いきもの「阿寒湖マリモの不思議を学ぶ」
 - 第11回目 -『みんなで作る阿寒湖マリモマップ*学習教材*マリモの生態系
        〜マリモってどんな生き物?(6)〜』 -
Web教材「自然エネルギー体験ランド」(日本デジタル
      アーキビスト研究会(千葉))
 - 第11回目 -『
風力エネルギー工作教室1*ハイドロプレーン
        〜
完成品をためす』 -

Web教材「ユビキタスおもしろキッチン&エコ課外教室」
(群馬・科学講座研究会(CEMIの会))」
 - 第11回目 -『
食材でサイエンス*野菜の色がいろいろな不思議〜野菜がしなびる不思議〜』 -
We
b教材「キッズブロードキャストしぶやチャンネル
  〜映像編集体験〜「自分の番組」を作るまで」(ICT利用普及研究会(東京))
 - 第11回目 -『カメラマンの心得*光の向きを考えよう』 -
● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑
 - 第60回目 -『全国のe手仕事図鑑をさがす片瀬ゴマ 熊野 安正さん』 -
● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜」
 - 第74回目 -『自然体験活動や青少年教育活動団体のリンク集』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (282)「歴史的城塞都市カルカソンヌ
山鹿の灯籠祭り
●「トリアノン・パレスの庭」

[お知らせ]
●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
●「学習情報研究」7月号から電子出版事業開始
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('12/09/01)
●「学習情報研究」9月号の目次('12/09/10)

  -『学習者用デジタル端末の可能性-
  -『デジタル教科書と学習者用端末-
  -『情報教育と学習者用端末
    情報教育の誤解の払拭と現状に即した推進体制の提案』-

  - ICT活用と学習者用デジタル端末

====================================================================================

[ニュースコーナー]New!!

「『義務教育学校』は見送る方向」
 
 (公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター 理事長 菱村 幸彦)
  教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp)の下欄に
「教職研修資料」のコーナーがあります
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
 内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currentb.html
ご参照下さい。


 以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。

● 全国学力調査の好成績分析 福井県教委
 今月8日に結果が公表された全国学力・学習状況調査で、新たに
追加された理科でも全国上位だった福井県教委が記者会見し、
「中・高生を対象にした独自の理科推進事業が成果を挙げている」
という見方を示した。
 同県は理科の都道府県別の平均正答率が、小学生で1位、中学生で
2位だった。県教委は平成20年度から中・高生を対象にした「ふくい
理数グランプリ」や「サイエンス博士派遣事業」などを行っている。

● 授業以外でもスポーツ62% 栃木の小学生
 栃木県教委は平成23年度小学生のスポーツ活動に関する調査結果を
まとめた。5年ごとに調査しているもので今回が4回目。調査対象は
4年から6年までの全児童で、391校5万6013人。
 体育やクラブ活動など授業以外でのスポーツ活動の実施率を見ると、
62・5%。男女別では男子が72・8%に対し、女子は51・6%と約半数
にとどまる。実施種目では水泳30・6%、サッカー20・4%、野球
16・5%、バスケットボール9・1%の順で多い。今回調査で、
「サッカー」の実施割合が「野球」を上回った。

● 設立記念全国大会開く 日本デジタル教科書学会
 デジタル教科書・教材について学術的な研究や授業実践を重ね、
効果や意義を発信しようと設立された日本デジタル教科書学会
(会長=片山敏郎・新潟市立上所小学校教諭)は18日、東京・青山学院
大学で設立記念全国大会を開催した。学会の主なメンバーは教員や研究者
で、約200人が参加。シンポジウムや会員の実践・研究報告を通して、
これからのデジタル教科書の在り方を提言した。


 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp


文部科学省の報道発表より


(1)平成24年度学校基本調査速報の公表について
  平成24年度学校基本調査速報を公表しました。 なお、数値は速報値
であり、平成24年12月(予定)の報告書刊行後に更新されます。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/08/1324860.htm

(2)パンフレット「企業と家庭で取り組む早寝早起き朝ごはん」の
作成について

 子どもの生活習慣づくりは、家庭や学校、地域だけではなく企業も
含めて社会全体で取組を推進することが必要となっています。このため、
「家庭教育支援の推進に関する検討委員会・子どもの生活習慣づくり
支援分科会(分科会長:鈴木みゆき和洋女子大学教授)」の監修の下、
初めて、企業や働く保護者向けの啓発資料として「『企業と家庭で取り
組む早寝早起き朝ごはん』〜大人が変われば、子どもも変わる〜」
パンフレットを作成しましたので、お知らせいたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/08/1324867.htm


(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

 全国的な学力調査に関する専門家会議(第5回)の開催について
 文部科学省では、全国的な学力調査に関する専門家会議(第5回)を
下記のとおり開催いたしますので、ご連絡いたします。

(URL参照
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/085/kaisai/1324862.htm


(4)「文部科学省」関連ニュース

 ‐「国立女性教育会館の在り方に関する検討会」報告書の公表について
 「国立女性教育会館の在り方に関する検討会」において、報告書を
とりまとめましたので、お知らせいたします。  文部科学省においては、
「独立行政法人の制度及び組織の見直しの基本方針」(平成24年1月
閣議決定)を受けて「国立女性教育会館の在り方に関する検討会」を
本年4月に設置し、本法人の機能、在り方及び効率化に関する抜本的な
検討を行ってきました。  この度、報告書が取りまとまりましたので、
お知らせいたします。

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/08/1324823.htm


文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

● 平成23年度文部科学大臣賞(個人)作品
 [対象: 校種:中学校、学年:1年生、教科:算数]

 先月27日、平成24年度『学習デジタル教材コンクール』の表彰式が開催され、
京都市立境谷小学校の河原 雅春先生の作品が文部科学大臣賞(個人)として表彰
されました。以下では、作品の特徴、内容や実践結果などを、京都市立境谷小学校
の河原 雅春先生の文章をもとにしてご紹介いたします(一部省略有)。

 〔文部科学大臣賞(個人)〕  
   「3つの数のけいさん〜デジタルとアナログの融合〜」
      <京都市立境谷小学校  河原 雅春>


1 特 徴
 パワーポイントのアニメーション機能と手作りのアナログ教材を組み合わせ,1年
算数科「3つのかずのけいさん」の問題場面の提示,把握,そして,検証を行うこと
ができるデジタル教材とアナログ教材を組み合わせた手品のような自作コンテンツ。

2 内 容 
 校種:小学校、学年:1年生、教科:算数科「3つのかずのけいさん」
 1)提示の仕方(下左端の写真@)
 2)はじめ(写真A)
  家の1ページ目をめくり,家にいるおさるの数を確認する
 3)そして:(写真B)
  アニメーション機能でおさるが登場し,家に入る。
 4)それから:(写真C)
  アニメーション機能で,おさるが家から出て行く。

3 実践結果・内容
 自作コンテンツとアナログ教材を組み合わせて使うことで,児童の意欲を喚起するだけ
でなく興味関心を高め,学習を効果的に進めることができた。
 アナログだけ,デジタルだけより,組み合わせて使うことで,効果な使い方となった。
 前任校での取組であったが,現任校でも取り組んでいただき,汎用性もあることが確かめ
られた。

4 教材開発の創意工夫
  時系列的に数の増減がある場面を,静止画で表現することは難しい。そのためパワー
ポイントのアニメーション機能を使うことで,時系列で問題提示をすることができた。
また,手作りの教材と自作コンテンツを組み合わせることで,より効果的な教材となった。
※家を本のようにページ数を複数用意しておき,数の増減に合わせてめくるページをかえる。

                                       (手品のネタを活用)




Web教材「守ろう!地球いきもの「阿寒湖マリモの不思議を学ぶ」
- 第
11回目 -『みんなで作る阿寒湖マリモマップ*学習教材*マリモの生態系
〜マリモってどんな生き物?
(6)〜』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 この教材は、平成23年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年
教育振興機構)の助成金の交付を受けて公益財団法人学習ソフトウェア
情報研究センターが作成したものです。 私たちが直面している環境
問題には、地球の温暖化や異常気象、さまざまな開発行為による急激
な生物種の縮小、在来生態系を破壊する外来生物への対策など、重要
な課題が山積しています。とりわけ「生物多様性」は、年間4万種と
いわれる加速度的な種の減少が進むなか、現象が分かりにくいため、
問題が顕在化したときには危機が深刻化していることが多いのが現状です。
そこで、生物多様性の問題を身近なものとして捉え、外来生物や絶滅
危惧種の状況を理解して、生態系の維持、バランスが人類に与える
大きな影響を考えるための教材を製作しました。 特別天然記念物
「阿寒湖のマリモ」保護会の協力を得て、特別天然記念物のマリモや
阿寒湖の生態系に環境の変化や特定外来生物が与える影響をとりあげ、
これまでに得られた観察データや地域と子どもたちによる保全活動、
調査の記録を分かりやすく教材にしました。 さらに、地域の子ども
たちが実際に阿寒湖で観察した情報や保全活動の様子などを写真、
ビデオで収録しています。 この教材は、マリモの保護をとおして
子どもたちが生物多様性を自分たちにとって身近な問題として捉え、
考える力を身につけられることを目的にしています。同時に、子ども
たちが調べる力を育てるためのさまざまな情報を収録し、自ら行動
して野外で活動することを支援します。 子どもたちがこの教材を利用
することによって、生物多様性が自分たちの生活や未来に関わる重要
な環境問題であることを理解し、それに対してどのように関わって}
いけば良いかについて考え、行動することを願っております。


マリモの一生


球状マリモは1つの植物ではなく、たくさんの糸状マリモが集まって
球になっています。それでは、マリモの一生とはどのようなものなの
でしょうか? 阿寒湖のチュウルイ島にあるマリモ展示観察センター
では以下のように解説しています。



《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「自然エネルギー体験ランド」(日本デジタル
アーキビスト研究会(千葉))
- 第
11回目 -『風力エネルギー工作教室1*ハイドロプレーン
完成品をためす〜』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 本教材は子どもたちへの環境体験学習の一環として利用できる
自然エネルギーをテーマとした楽しいテーマパークです。工作
教室を通して、子どもたちが自然エネルギーへの理解度、関心度
を高めるという、ねらいがあります。さらに、パビリオンでは、
実社会で利用されている様子が伺える事例紹介を見ることができ
ます。また、今回紹介する工作は、夏休みの自由研究のテーマ
としてもご活用頂けます。 子どもたちが作った玩具や道具を糸口
にして、自然エネルギーの世界に子どもたちを導き、環境を重視
する新しい価値観の芽生えと、その進捗を期待する願望、あるいは
夢を作り出すことに寄与していければとの願いから制作しました。
ともすればリサイクルや地球温暖化などの言葉ばかりが先行し、
偏りがちな環境問題をより広く柔軟な思考へと意識改革を行うと
ともに、科学分野への関心をESD的な視点で育んでいくための土壌
作りとして寄与していきたいと考えます。


工作1 風力を利用した模型[ハイドロプレーン]
]




《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「ユビキタスおもしろキッチン&エコ課外教室」
(群馬・科学講座研究会(CEMIの会))」
- 第
11回目 -『食材でサイエンス*野菜の色がいろいろな不思議
〜手作り顕微鏡で野菜を観察しよう 〜
』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 
台所の冷蔵庫を開けると、中にはお野菜やお肉がいっぱいで、見て
いるだけで楽しくなりませんか?
この冷蔵庫に入っているものを使って、簡単で面白い実験ができる
んですよ。
冷蔵庫のオヤツを食べるのは後にして、さっそく実験してみましょう。
大豆は調理に手間がかかるため、最近まで中国、日本などアジアの


手作り顕微鏡で野菜を観察しよう

ガラス玉を使って顕微鏡を作ります。
手近な材料で作れる顕微鏡ですが、なかなかよく見えます。
これを使って、野菜を見るとそれまで見えなかったものも見えて
きますよ。

● 実験の材料・道具
ペットボトル
キリ
カッターナイフ
透明なガラス玉(10mm径のもの)
セロファンテープ
たまねぎ


http://www.gakujoken.or.jp/omoshiroKE/movie/04_microscope.wmv



《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「キッズブロードキャストしぶやチャンネル
〜映像編集体験〜「自分の番組」を作るまで」
(ICT利用普及研究会(東京))
- 第11回目 -『カメラマンの心得*上手に撮影しよう*』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 
デジタルカメラなどの電子機器の低価格化とブロードバンドや
モバイルWebの普及によって、ICT技術は日 用品のような存在に
なっています。それに対し、そうした機材を使いこなせる能力や
態度の育成は、残念ながら充分とはいえません。 そこで、インター
ネット社会を生きる子どもたちに向け、身近な自分の住む町や地域
を対象に、ICTを利活用して実際に取材活動を行い、調べた情報を
編集・加工した後に、最新のWebサービスと連動させてインター
ネットで他者に発信するために必要となる知識と態度の習得を目的
としています。それと同時に、受け手側としては他の子どもの発信
した情報を理解し評価する能力を身につけることを目的としています。
このように、この教材を利用した一連の実践活動を通して、子ども
たちの ICTメディアリテラシーの向上を図ることが可能となります。

上手に撮影しよう

カメラをしっかり固定することが、上手に撮るためのコツです。

(1) カメラは必ず両手でしっかりと持ち、両脇をしめる カメラを
しっかり持ち、脇は身体にくっつけてカメラが動かないようにしましょう。
(2) 身体が動かないような体勢を保つ 身体が動かないように足を
肩幅程度に開きましょう。それが出来ないときは、壁にもたれたり、
テーブルなどに肘をついて身体を固定しましょう。
(3) 三脚を使いましょう 三脚を使うとカメラがしっかり固定される
のでいい映像が撮れます。プロが撮影する時、使える時は必ず三脚
を使います。




《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「子どもたちの職業観を育成する徳島のe―手仕事図鑑」
第60回目 -『全国のe手仕事図鑑をさがす
熊野筆 伊原木嘉世子さん』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 苦労しながら手に職をつけ、元気に働く人々の姿を紹介しながら、
働くことの意味、生きがい、喜びなどが共感できるe−手仕事図鑑を
ネットワーク上で利用可能としたものです。
この教材は、さまざまな手仕事にたずさわる職人の方々をイラスト、
音、動画で紹介しています。
全国のe−手仕事図鑑は、手仕事学習データベースにより結ばれ、
全国の子ども達の交流を可能としています。
本教材およびシステムの利用は、非営利の教育目的の場合に限ります。

熊野筆 伊原木嘉世子さん

世界に誇る熊野筆。 その筆の品質を保つだけでなく、常に向上
させるために 職人さんはどのような事に気をつけて、どんな
工夫をしているのでしょうか。




《写真をダブルクリックしてください》



● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜」
- 第74回目 -『自然体験活動や青少年教育活動団体のリンク集』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習の時間・共通]

本コンテンツは、子どもの自然体験活動をより安全に、より楽しく実り
あるものにする為の、自然の中で生きる術としての「技」のアーカイブです。
体験活動に参加した子どもたちが、自然に触れ合うだけでなく、「技」を
覚え、それを身に付けることで、楽しさだけでなく自信も芽生え、更には
技術を習得することへの関心や意欲づけに結び付けていくことを目指してい
ます。
本コンテンツでは、基本の技や知識の紹介の他、関連する多くの参考サ
イトを紹介しており、自然体験活動の「技」を学ぶ為のポータルサイトと
してご活用頂けます。また、サマーキャンプの事例紹介では、既に自然体
験活動を行っている方々はもちろんのこと、これから始めようとしている
個人あるいは団体にとってのプログラム作りの目安として、ご活用頂けます。 

【自然体験活動や青少年教育活動団体のリンク集】


【子どもゆめ基金助成金を受け制作された自然体験活動のWebサイト】

●社団法人 日本環境教育フォーラム 『「キッズネイチャープログラム」
(子どもが自然と遊ぶためのプログラム集)水辺編』
  http://www.jeef.or.jp/naturekids/kids_about.html

●特定非営利活動法人 えがおつなげて 『「学ぼう!山里」生きる力と
生きる知恵』 http://www.npo-egao.net/yamazato/index.html



《写真をダブルクリックしてください》



-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (282)「歴史的城塞都市カルカソンヌ(1)
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]
 
 フランス南西部のオード県の県都、カルカソンヌはローマ時代に軍事基地
として建設されました。1997年に世界遺産の文化遺産に登録された「歴史的
城塞都市カルカソンヌ」は、城壁に囲まれた部分を指します。登録後、フラ
ンス国内ではモン・サン=ミシェルに次ぐ年間来訪者数を誇ります。

 オード川を挟んでシテとよばれる古い町と下町とがあります。シテは約60の
塔をもつ12〜13世紀建設の城壁に囲まれています。19世紀に修繕されましたが、
城壁の基部には西ゴート時代のものも残ります。また、下町は13世紀のルイ
9世の時代に造られました。
 
 シテは城館を囲む城壁を含めると三重の厚い城壁に囲まれた堅牢な造りです。
外壁の周囲はおよそ1km、50以上の櫓が設置され、外部からの襲撃に備えた
造りになっています。シテは、13世紀初頭の破壊された後、ルイ9世,フィ
リップ3世によって復旧、補強されました。

≪動画・静止画「歴史的城塞都市カルカソンヌ」のホームページ≫

《写真をダブルクリックしてください》

山鹿の灯籠祭り
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、「山鹿の灯籠祭り」の映像が
送られてきました。

 熊本県の北部に位置する山鹿市山鹿町では、毎年8月15日、16日にに山鹿灯籠
祭りが行われます。

 灯籠祭りの起源はいくつかありますが、一つは、景行天皇(第12代、日本武
尊の父)が九州を巡行してこの地を訪れたとき、濃霧が立ちこめ進路を見失って
いると、村人たちが松明を灯して一行を現在の大宮神社のところまで導きました。
その松明が後に灯籠となって神社に奉納されるようになったということです。

 奉納される灯籠とは、灯籠師による「全て木や金具を使わず和紙と糊だけで作
られ、中が空洞で、独自のスケールで作られた」有名建築のミニチュア版です。
この灯籠を各町内ごとに大宮神社に奉納するのが本来の灯籠祭りでした。昭和30
年代頃より、金・銀の紙だけで作られた金灯籠(かなとうろう)を頭に戴いた浴
衣姿の女性たちが、民謡「よへほ節」にあわせて優美に踊るのがだんだん有名に
なって、熊本の代表的な祭りとなりました。特に16日に行われる「千人灯籠踊り」
は圧巻で、たくさんの観光客が訪れています。

 豊前街道の宿場町として古くから栄えた山鹿の街並みには古い建物も多くあり、
また明治時代に建てられた「八千代座」は国の重要文化財に指定されています。

≪山鹿の灯籠祭りのHP≫



「トリアノン・パレスの庭」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、フランス中部の「トリアノン・
パレスの庭」の映像が送られてきました。

 トリアノン宮殿の敷地内であったとされる場所にあるトリアノン・パレスは、
1910年創業の格式あるホテルです。第一次世界大戦後の1919年、ヴェルサイユ
条約が起草された場所としても知られています。ホテルにはミシュランの星を
獲得したレストランがあります。高級な香りがするゲランのスパも人気です。

 ヴェルサイユはフランスの最も輝かしい時代を象徴する場所なので、大勢の
観光客が訪れています。トリアノン・パレスはそのヴェルサイユの庭を散策で
きる絶好の場所にあり、朝、草を食む羊を見ながら並木道を歩くのは最高の贅
沢です。

 ランチ・タイムには、テラスで食事を楽しむ人々で賑わいますが、手入れの
行き届いた庭には、大通りの喧噪を離れ、静かで豊かな時間が流れています。


≪動画・静止画「トリアノン・パレスの庭」のHP≫



《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)


--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

なお、ご利用者の皆様の善意のワンコイン寄付をお願い申し上げます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会


--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

「学習情報研究」7月号から電子出版事業開始
 専門誌「学習情報研究」7月号から電子出版事業開始しましたので、是非ご購読を
お願いいたします。 <閲覧は次のURLから:http://bookpub.jp/books/bp/303


「学習情報研究」誌は、学校においてICTを活用するために参考となる情報を提供する
ために、本公益財団法人において編集し、隔月に発行しているもので、編集に当たっては、
学識経験者数名による企画会議において年間各号の特集テーマを決め、各号のテーマごとに、
その分野の先進的な研究者や教育の場で実践している教師等に執筆を依頼しています。
モニター(20名)の教師からは大変高い評価を受けておりますが、その内容はICTに特化
した専門誌で、継続購入者(研究会員という)を中核とし、広くインターネットを通して
だれでも容易に入手できます。     
 価格は980円です。8月6日からはキャンペーン価格800円でご提供いたします。
 是非、教員養成課程の教職員様や学生様、及びリメディアル教育ご担当者様にお試し
読みやご購読を戴きたく存じます。        http://bookpub.jp/books/bp/303


● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('12/09/01)
学情研ネットワーク研究会員の「熊本地区」のページに「山鹿の灯籠祭り」の
地域素材を追加いたしました。 http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究」7月号の目次('12/07/10)
「学習情報研究」7月号が発刊されました。内容は、「話して伝える活動・
作って伝える活動とICT」を特集しています: 

【目次】 (敬語敬称略)
(1)学習者用デジタル端末の可能性
               稲垣 忠(東北学院大学)
(2)デジタル教科書と学習者用端末
                中橋 雄(武蔵大学)
(3)情報教育と学習者用端末
    情報教育の誤解の払拭と現状に即した推進体制の提案
         豊田充崇(和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター)
(4)ICT活用と学習者用デジタル端末
               内垣戸貴之(福山大学)
(5)学習者用端末とカリキュラム
               林 向達(徳島文理大学)
(6)アジアにおける情報教育のゆくえ
               影戸 誠(日本福祉大学)
(7)1人1台の学習者用端末がつくる学習環境
     「総務省フューチャースクール推進事業校での事例から」
               中川斉史(東みよし町立足代小学校)
(8)メディア制作活動と学習者用端末
    「メディア制作を助けるweb教材【つくって伝える】と
   タブレット端末による支援を通して」
               遠藤麻由美(栗原市立岩ヶ崎小学校)
(9)グループ学習と学習者用端末「iPadを活用した交流活動」
                石山宏一(青森県教育庁上北教育事務所)

テーマ「情報モラルとセキュリティ」
(10)情報リテラシーを学ぶ中で身につける
    情報モラルとセキュリティー   加納寛子(山形大学)
(11)タブレットの時代のモラルとセキュリティ
               坂井岳志(世田谷区立八幡小学校)
(12)人の心を大切にできる道徳教育
    〜情報モラルの礎になる知・徳・態を高めて〜
               内山幹夫(名古屋市立神宮寺小学校)
(13)標語作りで考えるネットの安心安全
               前川和宏(熊本県上益城郡山都蘇陽中学校)
(14)小論文指導と絡めた情報モラル教育
               下郡啓夫(函館工業高等専門学校)

[要約紹介(第1回目)] 

-『学習者用デジタル端末の可能性』 -稲垣 忠

 近年、児童生徒1人1人が、ノートPCやタブレット等の端末を所持し、
学習活動に用いる取り組みが広がりをみせている。本特集では、この
ような場面で用いられている機器を「学習者用デジタル端末」と呼称する。
本稿では特集にあたっての総論として、学習者用デジタル端末をめぐる、
昨今の教育現場の状況といくつかの論点を取り上げる。
<学習者用デジタル端末、OLPC、タブレット、教育の情報化、情報教育>

-『デジタル教科書と学習者用端末 -中橋 雄
 本稿の目的は,学習者用の「デジタル教科書」のあり方について議論
するために必要な情報を共有することである。「デジタル教科書」の定義、
「デジタル教科書」開発の現状と今後、「デジタル教科書」を考えるための
観点、実践事例の分析を通じてわかってきていること等について述べる。
<デジタル教科書、情報端末、総務省「フューチャースクール推進事業」、
文部科学省「学びのイノベーション事業」>

-『情報教育と学習者用端末
    情報教育の誤解の払拭と現状に即した推進体制の提案』
 -豊田充崇

 学習者用端末は、デジタル教科書の活用にはじまり教科の目標達成を
意図した実践事例が多い。普通教室での一人一台の端末活用体制は、
情報教育の再考や推進の好機だが、その目標の誤解と各種実践に至る
阻害要因がクリアできていない状況にある。そこで、現状に即した
情報教育推進のための3つの提案と今後の方向性についての展望を示したい。
<学習者用端末、情報教育、情報活用能力、情報モラル、コミュニティサイト、
フューチャースクール>

-『ICT活用と学習者用デジタル端末 -内垣戸貴之
 本稿では、教室に学習者用デジタル端末が導入されることで、これ
までのICT活用とは何がどのように違い、変わるのか、実際の活用事例
から見られる特徴を踏まえながら考察する。
<学習者用デジタル端末>


なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-5919-3401、 Fax.03-5919-3402)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008