*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン283号 ============================= 2012/08/15
*              (公財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                 【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:トピックスは平成24年度 第28回 学習デジタル教材コンクールの表彰式
 学情研の動きの「学習情報研究7月号からの電子出版事業開始」です。
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次                            (以下敬語敬称略)

          
                  
[ニュースコーナー]New!!

● 再掲載「どこまで“安全配慮”を尽くしたか」
● 学校など避難所へ防災対応型太陽光発電システムを導入
● 防災週間に安心カード 全児童・生徒へ配布
● 事務所間で、小・国語に差


●文部科学省の報道発表より
(1)平成24年度「成長分野等における中核的専門人材養成の
   戦略的推進事業」の採択先について
(2)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

 ‐障がいのある学生の修学支援に関する検討会(第5回)の開催について
(3)「文部省」関連ニュース

 ‐平成24年度「教育関係共同利用拠点」の認定について

 ‐平成24年度学校における受動喫煙防止対策実施状況調査について

 ‐公立学校施設の耐震改修状況調査の結果について
 ‐学校評価、学校運営の充実に資する取組に関する調査研究の実施について

[メッセージ]
● 平成24年度 第28回 学習デジタル教材コンクールの表彰式について
Web教材「守ろう!地球いきもの「阿寒湖マリモの不思議を学ぶ」
 - 第10回目 -『みんなで作る阿寒湖マリモマップ*学習教材*マリモの生態系
        〜マリモってどんな生き物?(5)〜』 -
Web教材「自然エネルギー体験ランド」(日本デジタル
      アーキビスト研究会(千葉))
 - 第10回目 -『
風力エネルギー工作教室1*ハイドロプレーン
        〜
工作する
』 -

Web教材「ユビキタスおもしろキッチン&エコ課外教室」
(群馬・科学講座研究会(CEMIの会))」
 - 第10回目 -『
食材でサイエンス*野菜の色がいろいろな不思議〜野菜がしなびる不思議〜』 -
We
b教材「キッズブロードキャストしぶやチャンネル
  〜映像編集体験〜「自分の番組」を作るまで」(ICT利用普及研究会(東京))
 - 第10回目 -『カメラマンの心得*光の向きを考えよう』 -
● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑
 - 第59回目 -『全国のe手仕事図鑑をさがす片瀬ゴマ 熊野 安正さん』 -
● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜」
 - 第73回目 -『自然体験活動や青少年教育活動団体のリンク集』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (280)「中世城壁都市エグ・モルト
オリンピックカラーでライトアップの東京タワー
●「大トリアノン」

[お知らせ]
●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('12/08/15)
●「学習情報研究」7月号の目次('12/07/10)

  -『思考を深める・広めることをめざした電子黒板の活用-
  -『道徳における電子黒板活用
    〜導入、展開、まとめにおける具体的活用法〜
-

  -『児童の立場から見た電子黒板の有用性についての考察-
  - iPadと電子黒板を組み合わせた授業実践
  -
電子黒板が果たす役割とは何か?」
====================================================================================

[ニュースコーナー]New!!

再掲載「どこまで“安全配慮”を尽くしたか」
 
 (公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター 理事長 菱村 幸彦)
  教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp)の下欄に
「教職研修資料」のコーナーがあります
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
 内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currentb.html
ご参照下さい。


 以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。

学校など避難所へ防災対応型太陽光発電システムを導入
 仙台市は本年度から平成27年度までに避難所などへ防災対応型
太陽光発電システムを導入する。地域防災拠点施設約200カ所に
順次導入する計画。太陽光発電と蓄電池を組み合わせて24時間電気
を確保する。

防災週間に安心カード 全児童・生徒へ配布
  さいたま市教委は30日から9月5日の防災週間に、作成した
「災害時安心つながるカード」を市立学校の全児童・生徒に配布する。
カードには、屋内外での退避行動、避難場所への避難行動など「自助の
行動」、生徒のみになるが避難場所などでの活動例など「共助の行動」、
災害伝言ダイヤルの使い方など連絡手段、児童・生徒の情報などを書き
込めるようになっている。

事務所間で、小・国語に差
 宮崎県教委は7日、4月に実施した平成24年度「みやざき小中学校学力・
意識調査」の結果速報を発表した。県内三つの各教育事務所が管轄する
小学校の平均到達度では、国語が2・8ポイントと一番開きがあることが
分かった。一方、差が最も小さかったのは理科と社会で、共に1ポイント
だった。中学校については、ここ数年、事務所間での差は縮まっているという。


 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp


文部科学省の報道発表より


(1)平成24年度「成長分野等における中核的専門人材養成の
  戦略的推進事業」の採択先について

 平成24年度「成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業」
(平成24年度予算額:5億円)について、別添のとおり採択先を選定しました。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/senshuu/1324228.htm

(2)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

 障がいのある学生の修学支援に関する検討会(第5回)の開催について
  「障がいのある学生の修学支援に関する検討会(第5回)」を下記の
とおり開催しますので、お知らせします。

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/08/1324573.htm


(3)「文部省」関連ニュース

 ‐平成24年度「教育関係共同利用拠点」の認定について
 文部科学省では,「教育関係共同利用拠点」について,国公私立
大学からの申請に基づき,文部科学大臣の認定を行いましたので,
お知らせいたします。

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/08/1324284.htm

  ‐平成24年度学校における受動喫煙防止対策実施状況調査について
 文部科学省では、学校における受動喫煙防止対策の実施状況について、
学校及び各都道府県教育委員会、市区町村教育委員会の取組を調査しました。
 このたび、調査結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/08/1322894.htm


 ‐公立学校施設の耐震改修状況調査の結果について
 文部科学省では、公立学校施設における耐震化の取組を推進するため、
「公立学校施設の耐震改修状況調査」を平成14年度より毎年実施しています。
今般、平成24年度調査の結果を取りまとめましたので、公表いたします。

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/08/1324002.htm


  ‐学校評価、学校運営の充実に資する取組に関する調査研究の実施について
 文部科学省では、学校評価の充実・改善や学校のマネジメント力の
強化など、学校運営の充実に資する取組を行う教育委員会への委託に
よる調査研究事業を実施しています。 このたび、平成24年度の事業を
実施する教育委員会が決まりましたので、お知らせします。 事業終了後、
その成果は各教育委員会の参考となるよう事例集としてまとめ、文部
科学省HPに公表する予定です。

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/08/1324023.htm


文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

● 平成24年度 第28回 学習デジタル教材コンクールの表彰式について
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 全応募65点のうち、団体応募が16点、またその中で児童生徒作品が
8点もあり、情報教育の進展がうかがえました。
デジタルコンテンツ63点、デジタル教科書や電子黒板を使用しての授業
の指導案2点について6月16日に審査会が行われました。

 結果、7月27日に開催されました学習デジタル教材コンクール・表彰式で
次表のように文部科学大臣賞(団体、個人)、学情研賞3点と、企業賞3点
が表彰されましたのでお知らせいたします。

[文部科学大臣賞(団体)]賞金10万円
 
副賞:プロジェクター (副賞提供・NECディスプレイソリューションズ(株)))

証明〜歴史から現代の技術へ〜(アニメーション教材)

NPO法人企業教育研究会

[文部科学大臣賞(個人)]賞金10万円 副賞:電子辞書EX-word(副賞提供・カシオ計算機(株)

3つの数のけいさん〜デジタルとアナログの融合〜

河原 雅春

京都市立境谷小学校

[学情研賞]賞金5万円 副賞:マグネットスクリーン(副賞提供・泉(株))   (受付順)

THE 歴史年表

峠 恒司

元中学・高校社会科教員

戦略ITバレー

佐藤 正男

大分県立情報科学高等学校

6年生理科「月と太陽」授業実践事例&デジタル教材

有松 浩司

竹原通小学校

[東京書籍賞]賞金5万円 副賞:「DVD宇宙大百科コンプリートコスモス」

動かしてわかる、計算方法

新谷 洋介

北海道高等聾学校

[日本教育新聞社賞]賞金5万円 副賞:日本教育新聞縮刷版平成23年度

はてなポスター「身近な植物」

金井 清

上尾市立上平中学校

[日本児童教育振興財団賞]賞金5万円 副賞:小学館「DVDブック」2本

けがの要因を探る〜危険を予測する能力って何?〜

山口市立鴻南中学校保健体育委員会
















[優良賞]賞金1万円(受付順)

 ・いろはがるた・・・さぬき市立志度中学校パソコン部
 ・地震Web〜防災教育の一助に〜・・・鈴木久雄・栃木市立寺尾中学校
 ・伊勢原養護音楽研究所・・・竹野大輔・神奈川県立伊勢原養護学校
 ・イソップ君の創作童話教室〜思考力を高める学習づくり〜
                ・・・山形県立寒河江工業高校
 ・つくってつたえる〜メディア制作を助けるWeb教材
                ・・・つくってつたえるプロジェクト

[奨励賞]賞金5千円(受付順)
 ・チャレンジわり算ひっさん 他1点・・・奥野三千雄・前橋市立若宮小学校
 ・ネットレの小学校英語 ・・・黒田長秋・元教諭
 ・みんなでつくる教育WEB事典EDUPEDIA
                ・・・特別非営利活動法人日本教育再興連盟
 ・加速度センサを使ってゲームを作ろう
                ・・・増崎武次・日本経済大学
 ・PowerPoint これなあに? スライドの自動作成アドインソフト
                ・・・高松崇・京都市立呉竹総合支援学校
 ・百マスタイマー&百マス計算自動作成プログラム 他11本


Web教材「守ろう!地球いきもの「阿寒湖マリモの不思議を学ぶ」
- 第
10回目 -『みんなで作る阿寒湖マリモマップ*学習教材*マリモの生態系
〜マリモってどんな生き物?
(5)〜』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 この教材は、平成23年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年
教育振興機構)の助成金の交付を受けて公益財団法人学習ソフトウェア
情報研究センターが作成したものです。 私たちが直面している環境
問題には、地球の温暖化や異常気象、さまざまな開発行為による急激
な生物種の縮小、在来生態系を破壊する外来生物への対策など、重要
な課題が山積しています。とりわけ「生物多様性」は、年間4万種と
いわれる加速度的な種の減少が進むなか、現象が分かりにくいため、
問題が顕在化したときには危機が深刻化していることが多いのが現状です。
そこで、生物多様性の問題を身近なものとして捉え、外来生物や絶滅
危惧種の状況を理解して、生態系の維持、バランスが人類に与える
大きな影響を考えるための教材を製作しました。 特別天然記念物
「阿寒湖のマリモ」保護会の協力を得て、特別天然記念物のマリモや
阿寒湖の生態系に環境の変化や特定外来生物が与える影響をとりあげ、
これまでに得られた観察データや地域と子どもたちによる保全活動、
調査の記録を分かりやすく教材にしました。 さらに、地域の子ども
たちが実際に阿寒湖で観察した情報や保全活動の様子などを写真、
ビデオで収録しています。 この教材は、マリモの保護をとおして
子どもたちが生物多様性を自分たちにとって身近な問題として捉え、
考える力を身につけられることを目的にしています。同時に、子ども
たちが調べる力を育てるためのさまざまな情報を収録し、自ら行動
して野外で活動することを支援します。 子どもたちがこの教材を利用
することによって、生物多様性が自分たちの生活や未来に関わる重要
な環境問題であることを理解し、それに対してどのように関わって}
いけば良いかについて考え、行動することを願っております。


重なりあう球状マリモ

阿寒湖の球状マリモは、湖の底に集まっています。これを、マリモの
「群生」といいます。 それではなぜマリモが同じ場所に集まるので
しょうか? マリモは湖の波によって、湖底を移動して大きくなります。
そのときの底の傾きや波の方向、強さによって、マリモが移動する
場所や範囲が決まってきます。 そのため、同じ生息地のマリモは
そばに集まっているのです。



《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「自然エネルギー体験ランド」(日本デジタル
アーキビスト研究会(千葉))
- 第
10回目 -『風力エネルギー工作教室1*ハイドロプレーン
工作する〜』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 本教材は子どもたちへの環境体験学習の一環として利用できる
自然エネルギーをテーマとした楽しいテーマパークです。工作
教室を通して、子どもたちが自然エネルギーへの理解度、関心度
を高めるという、ねらいがあります。さらに、パビリオンでは、
実社会で利用されている様子が伺える事例紹介を見ることができ
ます。また、今回紹介する工作は、夏休みの自由研究のテーマ
としてもご活用頂けます。 子どもたちが作った玩具や道具を糸口
にして、自然エネルギーの世界に子どもたちを導き、環境を重視
する新しい価値観の芽生えと、その進捗を期待する願望、あるいは
夢を作り出すことに寄与していければとの願いから制作しました。
ともすればリサイクルや地球温暖化などの言葉ばかりが先行し、
偏りがちな環境問題をより広く柔軟な思考へと意識改革を行うと
ともに、科学分野への関心をESD的な視点で育んでいくための土壌
作りとして寄与していきたいと考えます。


工作1 風力を利用した模型[ハイドロプレーン]
]




《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「ユビキタスおもしろキッチン&エコ課外教室」
(群馬・科学講座研究会(CEMIの会))」
- 第
10回目 -『食材でサイエンス*野菜の色がいろいろな不思議
〜野菜がしなびる不思議〜
』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 
台所の冷蔵庫を開けると、中にはお野菜やお肉がいっぱいで、見て
いるだけで楽しくなりませんか?
この冷蔵庫に入っているものを使って、簡単で面白い実験ができる
んですよ。
冷蔵庫のオヤツを食べるのは後にして、さっそく実験してみましょう。
大豆は調理に手間がかかるため、最近まで中国、日本などアジアの


野菜がしなびる不思議

買って来てすぐの野菜は、みずみずしく水分をたくさん含んでいます。
ためしに、この野菜に塩をふりかけてしばらく見ていると、野菜から
ジワジワ水が出て来ます。 野菜から水気が抜けてふにゃふにゃに
なることを「しなびる」と言いますが、この「しなびる」というは
野菜(植物)だけの現象です。なぜ、野菜は「しなびる」のでしょうか?


なぜ、野菜ふにゃふにゃになるの?
http://www.gakujoken.or.jp/omoshiroKE/shokuzai/yasai.html



《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「キッズブロードキャストしぶやチャンネル
〜映像編集体験〜「自分の番組」を作るまで」
(ICT利用普及研究会(東京))
- 第10回目 -『カメラマンの心得*光の向きを考えよう*』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 
デジタルカメラなどの電子機器の低価格化とブロードバンドや
モバイルWebの普及によって、ICT技術は日 用品のような存在に
なっています。それに対し、そうした機材を使いこなせる能力や
態度の育成は、残念ながら充分とはいえません。 そこで、インター
ネット社会を生きる子どもたちに向け、身近な自分の住む町や地域
を対象に、ICTを利活用して実際に取材活動を行い、調べた情報を
編集・加工した後に、最新のWebサービスと連動させてインター
ネットで他者に発信するために必要となる知識と態度の習得を目的
としています。それと同時に、受け手側としては他の子どもの発信
した情報を理解し評価する能力を身につけることを目的としています。
このように、この教材を利用した一連の実践活動を通して、子ども
たちの ICTメディアリテラシーの向上を図ることが可能となります。

どの方向から被写体に光が当たっているのか、注意することが必要です。
屋外で撮影する場合には、被写体と太陽がどんな位置関係にあるかを
確かめなくてはなりません。

(1) 順光 被写体に対して光が正面から当たっている状態のことを
「順光」といいます。被写体をはっきりと写すことができます。
撮影での基本的な光の当たりかたです。
(2) 逆光 被写体に後ろから光が当たっている状態のことを「逆光」と
いいます。被写体の正面に影ができ、不自然な映像になりますので
避けなければなりません。ドラマなどの撮影では、わざと「逆光」
にして不気味な雰囲気を出すこともあります。




《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「子どもたちの職業観を育成する徳島のe―手仕事図鑑」
第59回目 -『全国のe手仕事図鑑をさがす
片瀬ゴマ 熊野 安正さん』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 苦労しながら手に職をつけ、元気に働く人々の姿を紹介しながら、
働くことの意味、生きがい、喜びなどが共感できるe−手仕事図鑑を
ネットワーク上で利用可能としたものです。
この教材は、さまざまな手仕事にたずさわる職人の方々をイラスト、
音、動画で紹介しています。
全国のe−手仕事図鑑は、手仕事学習データベースにより結ばれ、
全国の子ども達の交流を可能としています。
本教材およびシステムの利用は、非営利の教育目的の場合に限ります。

片瀬ゴマ 熊野 安正さん

神奈川県湘南地域の伝統産業である「片瀬ゴマ」作りを紹介します。



《写真をダブルクリックしてください》



● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜」
- 第73回目 -『自然体験活動や青少年教育活動団体のリンク集』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習の時間・共通]

本コンテンツは、子どもの自然体験活動をより安全に、より楽しく実り
あるものにする為の、自然の中で生きる術としての「技」のアーカイブです。
体験活動に参加した子どもたちが、自然に触れ合うだけでなく、「技」を
覚え、それを身に付けることで、楽しさだけでなく自信も芽生え、更には
技術を習得することへの関心や意欲づけに結び付けていくことを目指してい
ます。
本コンテンツでは、基本の技や知識の紹介の他、関連する多くの参考サ
イトを紹介しており、自然体験活動の「技」を学ぶ為のポータルサイトと
してご活用頂けます。また、サマーキャンプの事例紹介では、既に自然体
験活動を行っている方々はもちろんのこと、これから始めようとしている
個人あるいは団体にとってのプログラム作りの目安として、ご活用頂けます。 

【自然体験活動や青少年教育活動団体のリンク集】


【子どもゆめ基金助成金を受け制作された自然体験活動のWebサイト】

●国際炭やき協力会 『「さぁ炭をやこう!」地球環境を守るのは君だ!』
 http://www.sumiyaki.jp/
●特定非営利活動法人 自然体験活動推進協議会 『自然体験活動100イベント事例集』
 http://www.cone.ne.jp/



《写真をダブルクリックしてください》



-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (280)「中世城壁都市エグ・モルト
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]
 
 南フランスのガール県にある港町のエグ・モルトはローヌ川デルタの潟湖
(せきこ)に面しています。エグ・モルトの名前の由来は「死んだ水」です。

 エグ・モルトは当時、フランス王国が地中海側に持つ唯一の港でした。
13世紀に聖王ルイ9世によって要塞が築かれました。フランス主導の第7次、
第8次の十字軍の艦隊もこの港より出航しました。エグ・モルトには
現在でも塩田があります。百年戦争ではブルゴーニュ兵が街を侵略しましたが、
住民が撃退しました。数多くのブルゴーニュ人の死体の処理に困り、死体を
塩漬けにし、ブルゴーニュ人の塔へ遺棄しました。

 14世紀ごろまで栄えたエグ・モルトも海に結びついていた運河が土砂に
埋まり、海岸線が後退すると港湾としての機能を失い、同時に町も急速に衰退
しました。見捨てられた町となったエグ・モルトはそのおかげで中世の歴史的
建造物が数多く残り、城壁と城門は完全な形で保存されています。現在、
フランスを代表する城壁都市になっています。

≪動画・静止画「中世城壁都市エグ・モルト」のホームページ≫

《写真をダブルクリックしてください》

オリンピックカラーでライトアップの東京タワー
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、「オリンピックカラーでライト
アップの東京タワー」の映像が送られてきました。

 ロンドンオリンピック2012の開催中、日本選手が金メダルを獲得すると、
東京タワーが5色のオリンピックカラーでライトアップされました。

 塔の足元部分から、青・黒・緑・赤・黄をイメージしたライトアップで、大展望
台を黒に見立てています。本大会での日本選手の金メダルは7 つでしたが、
女子レスリングの小原日登美と伊調馨は同日でしたので、6回このライトアッ
プを見ることができました。 

≪オリンピックカラーでライトアップの東京タワーのHP≫



「大トリアノン」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、フランス中部の「大トリアノン」
の映像が送られてきました。

 ヴェルサイユの領地内で最も洗練された建造物だといわれるのが「大トリ
アノン」です。
 大トリアノンは1687年、ジュール・アルドゥアン・マンサールの設計によって
建設されました。マンサールは、「薔薇色の大理石と斑岩でできた小さな
宮殿と快適な庭園」と表現し、壮大さとエレガントさを兼ね備えた、穏やか
でくつろいだ雰囲気をかもし出しています。
 堅苦しい宮廷生活に疲れた王家の人々の息抜きの場となっていました。

 庭園は幾何学的なフランス式庭園で、1階だけの薔薇色の建物を彩るよう
に植物が植えられています。空が限りなく広く、美しく感じました。

≪動画・静止画「大トリアノン」のHP≫



《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)


--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

なお、ご利用者の皆様の善意のワンコイン寄付をお願い申し上げます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会


--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

「学習情報研究」7月号から電子出版事業開始
 専門誌「学習情報研究」7月号から電子出版事業開始しましたので、是非ご購読を
お願いいたします。 <閲覧は次のURLから:http://bookpub.jp/books/bp/303


「学習情報研究」誌は、学校においてICTを活用するために参考となる情報を提供する
ために、本公益財団法人において編集し、隔月に発行しているもので、編集に当たっては、
学識経験者数名による企画会議において年間各号の特集テーマを決め、各号のテーマごとに、
その分野の先進的な研究者や教育の場で実践している教師等に執筆を依頼しています。
モニター(20名)の教師からは大変高い評価を受けておりますが、その内容はICTに特化
した専門誌で、継続購入者(研究会員という)を中核とし、広くインターネットを通して
だれでも容易に入手できます。     
 価格は980円です。8月6日からはキャンペーン価格800円でご提供いたします。
 是非、教員養成課程の教職員様や学生様、及びリメディアル教育ご担当者様にお試し
読みやご購読を戴きたく存じます。        http://bookpub.jp/books/bp/303

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('12/08/15)
学情研ネットワーク研究会員の「東京地区」のページに「オリンピックカラー
でライトアップの東京タワー」の地域素材を追加いたしました。
      http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究」7月号の目次('12/07/10)
「学習情報研究」7月号が発刊されました。内容は、「話して伝える活動・
作って伝える活動とICT」を特集しています: 

【目次】 (敬語敬称略)
(1)話して伝える活動・作って伝える活動とICT
                中川一史(放送大学ICT活用・遠隔教育センター)
(2)新聞制作とICT「PC を使う前までの活動が鍵」
                石川 等
(3)リーフレット制作とICT「つくりたい、魅せたい、手にとって
   もらいたい仕事リーフレットづくり」
               安冨直樹(横浜市立左近山第二小学校)
(4)「図書室改造案」をプレゼンしよう
    −ICTを活用して、伝える力を身に付けさせるために(5年国語)−
               菊地 寛(浜松市立豊岡小学校)
(5)映像制作とICT「映像制作の実践と工夫」
               甲斐 崇(北谷町立浜川小学校)
(6)情報端末を活用した話して伝える算数の授業
               折茂慎一郎(日野市立平山小学校)
(7)話して伝える国語の授業
    〜タブレット型端末を使っての情報の読み取り〜
               鳥越和貴(横浜市立北方小学校)
(8)情報端末を活用した作って伝える国語の授業
    -タブレット端末一人一台環境での創作活動
               永野 直(千葉県立袖ヶ浦高等学校)
(9)討論を深める社会の授業
                小林祐紀(金沢市立小坂小学校)
(10)情報端末を活用した話して伝える社会科の授業
    −私たちの佐賀県を紹介しよう−
                横地千恵子(佐賀市立赤松小学校)
(11)制作活動をともなう総合の授業の展開
     「京都のよさを伝えよう」の実践を通して
               広瀬一弥(亀岡市立南つつじヶ丘小学校)
(12)話して伝える英語の授業「TV会議を活用したリアルな授業」
               米田謙三(羽衣学園高等学校)
(13)話して伝える活動の肝  岩ア有朋(岩美町立岩美中学校)
(14)作って伝える活動の肝「パンフレット作り」の事例から
               佐和伸明(柏市立教育研究所)

テーマ「電子黒板」
(15)わたしが考える電子黒板活用1・2・3
    「国語科『意見文を書こう』の学習を通して」
               目野有里絵(亀岡市立南つつじヶ丘小学校)
(16)思考を深める・広めることをめざした電子黒板の活用
               布川かほる(中能登町立鳥屋小学校)
(17)道徳における電子黒板活用
    〜導入、展開、まとめにおける具体的活用法〜
               平沼 啓(幌西小学校)
(18)児童の立場から見た電子黒板の有用性についての考察
               石倉和幸(米子市立就将小学校)
(19)iPadと電子黒板を組み合わせた授業実践
               本岡 朋(和歌山市立藤戸台小学校)
(20)電子黒板が果たす役割とは何か?
               中橋 雄(武蔵大学 社会学部 メディア社会学科)

[要約紹介(第4回目)] 

-『思考を深める・広めることをめざした電子黒板の活用』 -布川かほる

 子どもたちの思考力の向上をめざして、教師が授業設計の段階で
電子黒板の機能をどのように活用するか研究を進めてきた。ねらう
思考を焦点化し、電子黒板の機能を活かすことで子どもたちの思考を
深めたり広めたりする授業が展開できた。
<電子黒板、思考力、授業設計、視覚化、適応問題>

-『道徳における電子黒板活用
    〜導入、展開、まとめにおける具体的活用法〜
 -平沼 啓

 道徳の授業における「導入」「展開」「まとめ」で、電子黒板を
どのように活用していけばよいのか。また、活用することによって
どのような効果があるのか。具体的実践を通して、道徳における電子
黒板の可能性を探る。
<道徳、実物投影機、資料提示、パワーポイント、画像、動画>

-『児童の立場から見た電子黒板の有用性についての考察 -石倉和幸
 電子黒板が普通教室にあることで,日常の授業は一変した。多様な
機能が実装されており、その機能のおかげで、より多くの教材の使用
を可能にした。そのように便利な電子黒板であるが、活用方法によっ
てその効果には差がある。効果の「あるもの」や「ないもの」を見分
けて、より効果的に使えるようにしたい。
<電子黒板、教材、授業づくり>

-『iPadと電子黒板を組み合わせた授業実践 -本岡 朋
 本稿では、児童一人1台のiPadと大型ディスプレイを組み合わせて
どのような授業実践が行えるのか述べる。  
 授業実践の内容はは小学校5年生での算数・社会である。この実践を
通して、時間短縮,考えのプロセスをリアルタイムで動画で提示できる
ことから、子どもの考えが他の子どもにも明確に伝わりやすくなり集団
での思考が深まるなどの効果が見られた。
<iPad、Apple TV、時間の短縮、5年生算数、5年生社会>

-『電子黒板が果たす役割とは何か? -中橋 雄
 本稿は、主に文部科学省や総務省が公開している調査報告書などの
資料を参照しながら、電子黒板の意義と役割について確認するもので
ある。調査報告書によれば、電子黒板を教室に導入する意義は大きく、
基本的な教室環境として整備されることが望ましいと考えられる。
また、近年、電子黒板と情報端末をネットワークで連動させる使い方が
実現するなど、電子黒板活用の果たす役割は、単なる提示装置に留まら
ないものになってきている。
<電子黒板、調査研究、普及、学習効果、情報端末>


なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-5919-3401、 Fax.03-5919-3402)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008