*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン282号 ============================= 2012/08/01
*              (公財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                 【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:今回のトピックスは、 ニュース「どこまで“安全配慮”を尽くしたか」,
メッセージ「教育における情報通信(ICT)利活用促進に関する提言」(中間とりまとめ)
学情研の動き「学習情報研究7月号からの電子出版事業開始」です。
バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次                            (以下敬語敬称略)

          
                  
[ニュースコーナー]New!!
● 「どこまで“安全配慮”を尽くしたか」
子どもで、親子で 今夏「しま」体感交流事業を展開
● 子どもの体を動かす時間減少 健康に関するネット調査
● 岐阜商業高が4部門全制覇 IT・簿記選手権大会


●文部科学省の報道発表より
(1公立高校授業料無償制・高等学校等就学支援金制度
(2)パブリック・コメント(意見公募手続)の実施−中央教育審議会
初等中等教育分科会学校段階間の連携・接続等に関する作業部会
「小中連携、一貫教育に関する主な意見等の整理」−
(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

 ‐文部科学省における大学・研究機関等との共同企画広報イベント
の開催 平成24年度「子ども霞が関見学デー」 『文部科学省って
おもしろい!』〜大学と学ぶ色々な体験が盛りだくさん!〜

(4)「文部省」関連ニュース

 ‐コミュニティ・スクールの導入促進、充実・改善に関する調査
研究事業について

[メッセージ]
● 「教育における情報通信(ICT)利活用促進に関する提言」(中間とりまとめ)
Web教材「守ろう!地球いきもの「阿寒湖マリモの不思議を学ぶ」
 - 第9回目 -『みんなで作る阿寒湖マリモマップ*学習教材*マリモの生態系
        〜マリモってどんな生き物?(4)〜』 -
Web教材「自然エネルギー体験ランド」(日本デジタル
      アーキビスト研究会(千葉))
 - 第9回目 -『
風力エネルギー工作教室1*ハイドロプレーン
        〜
準備する
』 -

Web教材「ユビキタスおもしろキッチン&エコ課外教室」
(群馬・科学講座研究会(CEMIの会))」
 - 第9回目 -『
食材でサイエンス*野菜の色がいろいろな不思議〜ナスで試験紙を作ろう〜』 -
We
b教材「キッズブロードキャストしぶやチャンネル
  〜映像編集体験〜「自分の番組」を作るまで」(ICT利用普及研究会(東京))
 - 第9回目 -『カメラマンの心得*カメラアングル』 -
● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑
 - 第58回目 -『全国のe手仕事図鑑をさがす紀州へら竿 山上寛恭さん』 -
● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜」
 - 第72回目 -『自然体験活動や青少年教育活動団体のリンク集』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (279)「アルルの跳ね橋
小笠原諸島・父島ヘ
●「シャトー・プレサック」

[お知らせ]
●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について

[学情研の動き]
●「学習情報研究」7月号から電子出版事業開始
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('12/08/01)
●「学習情報研究」7月号の目次('12/07/10)

  -『制作活動をともなう総合の授業の展開
     「京都のよさを伝えよう」の実践を通して
-

  -『話して伝える英語の授業「TV会議を活用したリアルな授業」-
  -『話して伝える活動の肝-
  - 作って伝える活動の肝「パンフレット作り」の事例から
  -
わたしが考える電子黒板活用1・2・3
    「国語科『意見文を書こう』の学習を通して」

====================================================================================

[ニュースコーナー]New!!

「どこまで“安全配慮”を尽くしたか」
 
 (公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター 理事長 菱村 幸彦)
  教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp)の下欄に
「教職研修資料」のコーナーがあります
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
 内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currentb.html
ご参照下さい。


 以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き
3点を紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。

子どもで、親子で 今夏「しま」体感交流事業を展開
 長崎県教委は今夏、四つの「しま」を体感できる体験活動事業に
取り組んでいる。昨年度まで「しま」巡り交流事業として取り組ん
でいたもの。本年度は「日本の宝『しま』体感交流事業」として
新設した。地元の団体・組織などによる実行委員会方式にしてプロ
グラムの企画から実施までを担う。コースも自由に選べるよう
「子どもコース」の他、「親子コース」「青年コース」を新たに
設けた。新上五島町、五島市、平戸市、壱岐市の島などでの海浜活動、
それぞれの地域特性を生かした活動を展開している。

● 子どもの体を動かす時間減少 健康に関するネット調査
 ラジオ体操で人々の健康づくりを応援する活動を続ける、かんぽ
生命保険は「子どものからだづくり・健康」に関するインターネット
調査を実施し、子どもの体を動かす遊びの時間は週に平均3時間24分
であることが分かった。昨年実施した調査結果よりも18分減少。保護者
の多くが運動不足と認識し、もっと体を動かしてほしいと答えた。

● 岐阜商業高が4部門全制覇 IT・簿記選手権大会
 IT教育・経理教育の振興と友好を目的とした第32回全国高等学校
IT・簿記選手権大会(主催=(学)立志舎)が7月25・26両日、
全国6会場で同時開催され、岐阜県立岐阜商業高校がIT・簿記・
日商1級・FEの全4部門で団体優勝を勝ち取った。
 岐阜商業高校は、本大会7年連続の4部門制覇。7月22日に明海大学
(千葉県)で開催された第28回全国高等学校簿記コンクール(主催=
(公財)全国商業高等学校協会)でも団体・個人ともに優勝した。


 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp


文部科学省の報道発表より


(1
公立高校授業料無償制・高等学校等就学支援金制度
 高等学校等就学支援金の加算基準の変更〜平成24年7月分から1.5倍
加算の基準が変わります〜

(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/detail/1323959.htm

(2)パブリック・コメント(意見公募手続)の実施−中央教育審議会
初等中等教育分科会学校段階間の連携・接続等に関する作業部会
「小中連携、一貫教育に関する主な意見等の整理」−

 このたび、中央教育審議会初等中等教育分科会学校段階間の連携・
接続等に関する作業部会における「小中連携、一貫教育に関する主な
意見等の整理」に関するパブリック・コメントを実施しますので、
お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/07/1323623.htm

(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース

 文部科学省における大学・研究機関等との共同企画広報イベント
の開催 平成24年度「子ども霞が関見学デー」 『文部科学省って
おもしろい!』〜大学と学ぶ色々な体験が盛りだくさん!〜

 子どもたちが親の職場を見学すること等を通して、親子のふれあいを
深め、広く社会を知る機会とするための取組である「子ども霞が関見学デー」
が、本年度8月8日(水曜日)、9日(木曜日)に開催されるに当たり、
文部科学省では、様々なプログラムの中の一つとして、大学の研究成
果や取組を背景とした子どもたちが楽しめる体験イベントを6大学と
共同して開催しますのでお知らせします。

(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/07/1323714.htm


(4)「文部省」関連ニュース

 ‐コミュニティ・スクールの導入促進、充実・改善に関する調査
研究事業について
 
文部科学省では、平成24年度からの5年間で、コミュニティ・スクール
の数を公立小中学校の1割(約3,000校)に拡大することを目標に、教育
委員会への委託による調査研究事業を実施しています。
 このたび、平成24年度の事業を実施する教育委員会及び研究指定校が
決まりましたのでお知らせします。

(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/community/suishin/detail/1323839.htm


文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

● 「教育における情報通信(ICT)利活用促進に関する提言」(中間とりまとめ)
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 7月17日衆議院第一会館で民主党文部科学部門・教育の情報化推進に関するWT(鈴木寛
座長・石橋通宏事務局長)から、「『教育における情報通信(ICT)利活用促進に関する
提言』(中間とりまとめ)を7月12日に行われた政調役員会に提出し、了承された。
 同WTは、1月以降全15回のWTを開催し、教育現場や有識者らからのヒアリングや特別
支援学校のICT活用授業の視察を行い、議論を進めてきた」という報告がありました。

 提言内容は、

@学習者本位の教育を推進するためのICT利活用の促進です。
環境整備の目標としては
Aハード(施設整備)としてICT利用環境の整備を進め、
Bソフト(教科書・教材)としてデジタル教科書・教材の開発と普及促進と、
C教育クラウドの構築とネットワークの整備があります。
Dヒューマン(教員・ICT支援員)として教員のICT利活用力の育成とICT支援員の確保
があります。E障害のある子どもたちのエンパワーメントツール、F教育の情報化ビジョン等
の財政措置、G家庭やコミュニティーとの連携、H子どもの健康等に与える影響への対応や、
I「フューチャースクール推進事業と学びのイノベーション事業」の今後の展開 等
でした。


 会場からは、
(1)教育の情報化ビジョン等の財政措置の金額はいか程になるのか?
(2)デジタル教科書の検定が本当に可能なのか?という質問や、
(3)ICT利活用とは「検索」がポイント。例えば、旧NICERの検索に見られるような利用頻度順
 検索があれば、学校の先生も良い教材を利用・活用できる

(4)デジタル教科書は、米国フロリダ州で2015年から公立学校で導入が決まっている先進例
 を参考にしてはどうか? などのコメントがありました。
詳細情報: http://www.dpj.or.jp/download/7416.pdf


Web教材「守ろう!地球いきもの「阿寒湖マリモの不思議を学ぶ」
- 第
9回目 -『みんなで作る阿寒湖マリモマップ*学習教材*マリモの生態系
〜マリモってどんな生き物?
(4)〜』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 この教材は、平成23年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年
教育振興機構)の助成金の交付を受けて公益財団法人学習ソフトウェア
情報研究センターが作成したものです。 私たちが直面している環境
問題には、地球の温暖化や異常気象、さまざまな開発行為による急激
な生物種の縮小、在来生態系を破壊する外来生物への対策など、重要
な課題が山積しています。とりわけ「生物多様性」は、年間4万種と
いわれる加速度的な種の減少が進むなか、現象が分かりにくいため、
問題が顕在化したときには危機が深刻化していることが多いのが現状です。
そこで、生物多様性の問題を身近なものとして捉え、外来生物や絶滅
危惧種の状況を理解して、生態系の維持、バランスが人類に与える
大きな影響を考えるための教材を製作しました。 特別天然記念物
「阿寒湖のマリモ」保護会の協力を得て、特別天然記念物のマリモや
阿寒湖の生態系に環境の変化や特定外来生物が与える影響をとりあげ、
これまでに得られた観察データや地域と子どもたちによる保全活動、
調査の記録を分かりやすく教材にしました。 さらに、地域の子ども
たちが実際に阿寒湖で観察した情報や保全活動の様子などを写真、
ビデオで収録しています。 この教材は、マリモの保護をとおして
子どもたちが生物多様性を自分たちにとって身近な問題として捉え、
考える力を身につけられることを目的にしています。同時に、子ども
たちが調べる力を育てるためのさまざまな情報を収録し、自ら行動
して野外で活動することを支援します。 子どもたちがこの教材を利用
することによって、生物多様性が自分たちの生活や未来に関わる重要
な環境問題であることを理解し、それに対してどのように関わって}
いけば良いかについて考え、行動することを願っております。


なぜマリモは丸くなるの?

全てのマリモが球状になるわけではありません。球状になるには、
生息する場所の地形や波による水の流れ、湖底の材質などの条件が
必要です。阿寒湖の湖面を吹き抜ける風の方向などで、球状の
マリモが群生する場所は決まっています。球状マリモの生息地の
チュウルイ湾とキネタンペ湾の浅瀬では、湖底が斜面で転がりやすく、
日光がよく当たるため、マリモが生息しやすい環境となっています。

マリモが球状になる生長過程は、形状の違いから、大きく「放射型」と
「からみ合い(てんめん)型」の二つに分けられます。阿寒湖でも場所に
よって球状マリモへの生長のしかたが違います。



《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「自然エネルギー体験ランド」(日本デジタル
アーキビスト研究会(千葉))
- 第
9回目 -『風力エネルギー工作教室1*ハイドロプレーン
準備する〜』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 本教材は子どもたちへの環境体験学習の一環として利用できる
自然エネルギーをテーマとした楽しいテーマパークです。工作
教室を通して、子どもたちが自然エネルギーへの理解度、関心度
を高めるという、ねらいがあります。さらに、パビリオンでは、
実社会で利用されている様子が伺える事例紹介を見ることができ
ます。また、今回紹介する工作は、夏休みの自由研究のテーマ
としてもご活用頂けます。 子どもたちが作った玩具や道具を糸口
にして、自然エネルギーの世界に子どもたちを導き、環境を重視
する新しい価値観の芽生えと、その進捗を期待する願望、あるいは
夢を作り出すことに寄与していければとの願いから制作しました。
ともすればリサイクルや地球温暖化などの言葉ばかりが先行し、
偏りがちな環境問題をより広く柔軟な思考へと意識改革を行うと
ともに、科学分野への関心をESD的な視点で育んでいくための土壌
作りとして寄与していきたいと考えます。


工作1 風力を利用した模型[ハイドロプレーン]
]




《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「ユビキタスおもしろキッチン&エコ課外教室」
(群馬・科学講座研究会(CEMIの会))」
- 第
9回目 -『食材でサイエンス*野菜の色がいろいろな不思議
〜ナスで試験紙を作ろう
』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 
台所の冷蔵庫を開けると、中にはお野菜やお肉がいっぱいで、見て
いるだけで楽しくなりませんか?
この冷蔵庫に入っているものを使って、簡単で面白い実験ができる
んですよ。
冷蔵庫のオヤツを食べるのは後にして、さっそく実験してみましょう。
大豆は調理に手間がかかるため、最近まで中国、日本などアジアの


ナスで試験紙を作ろう

きれいな紫(むらさき)色をしたナス。このナスの皮を煮ると皮から
紫色の成分がお湯に出て来ます。 このナスの皮から煮出した紫色の
液体を使って簡単な実験をしてみます。
● 実験の材料・道具 ナス 2本(皮だけ使います)
  キッチンペーパー(短冊に切ります) 鍋と包丁




《写真をダブルクリックしてください》

Web教材「キッズブロードキャストしぶやチャンネル
〜映像編集体験〜「自分の番組」を作るまで」
(ICT利用普及研究会(東京))
- 第9回目 -『カメラマンの心得*カメラアングル*』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 
デジタルカメラなどの電子機器の低価格化とブロードバンドや
モバイルWebの普及によって、ICT技術は日 用品のような存在に
なっています。それに対し、そうした機材を使いこなせる能力や
態度の育成は、残念ながら充分とはいえません。 そこで、インター
ネット社会を生きる子どもたちに向け、身近な自分の住む町や地域
を対象に、ICTを利活用して実際に取材活動を行い、調べた情報を
編集・加工した後に、最新のWebサービスと連動させてインター
ネットで他者に発信するために必要となる知識と態度の習得を目的
としています。それと同時に、受け手側としては他の子どもの発信
した情報を理解し評価する能力を身につけることを目的としています。
このように、この教材を利用した一連の実践活動を通して、子ども
たちの ICTメディアリテラシーの向上を図ることが可能となります。

(1) ハイアングルショット 高い位置から見下ろして撮影することです。
「ハイアングルショット」で撮ると被写体が小さく感じられます。
(2) アイアングルショット(水平アングルショット) 目の高さから
撮影する事です。私たちが見た自然な高さから見ている映像で、通常は
「アイアングル」で撮影されます。
(3) ローアングルショット 低い位置から見上げて撮影することです。
「ローアングルショット」で撮ると被写体が大きく感じられます。




《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「子どもたちの職業観を育成する徳島のe―手仕事図鑑」
第58回目 -『全国のe手仕事図鑑をさがす
紀州へら竿 山上寛恭さん』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 苦労しながら手に職をつけ、元気に働く人々の姿を紹介しながら、
働くことの意味、生きがい、喜びなどが共感できるe−手仕事図鑑を
ネットワーク上で利用可能としたものです。
この教材は、さまざまな手仕事にたずさわる職人の方々をイラスト、
音、動画で紹介しています。
全国のe−手仕事図鑑は、手仕事学習データベースにより結ばれ、
全国の子ども達の交流を可能としています。
本教材およびシステムの利用は、非営利の教育目的の場合に限ります。

紀州へら竿 山上寛恭さん

紀州へら竿とは、ヘラブナという魚を釣る専用の釣り竿のこと。
素材は竹で、原竹の切り出しから組み立てまで、130にもおよぶ製作
工程を職人が一人で行います。1本の竿をつくるのにかかる製作期間は
約半年。生産の全国シェア90%を誇る和歌山県橋本市で、伝統の技を
生かしながらつくられています。




《写真をダブルクリックしてください》



● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜」
- 第72回目 -『自然体験活動や青少年教育活動団体のリンク集』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習の時間・共通]

本コンテンツは、子どもの自然体験活動をより安全に、より楽しく実り
あるものにする為の、自然の中で生きる術としての「技」のアーカイブです。
体験活動に参加した子どもたちが、自然に触れ合うだけでなく、「技」を
覚え、それを身に付けることで、楽しさだけでなく自信も芽生え、更には
技術を習得することへの関心や意欲づけに結び付けていくことを目指してい
ます。
本コンテンツでは、基本の技や知識の紹介の他、関連する多くの参考サ
イトを紹介しており、自然体験活動の「技」を学ぶ為のポータルサイトと
してご活用頂けます。また、サマーキャンプの事例紹介では、既に自然体
験活動を行っている方々はもちろんのこと、これから始めようとしている
個人あるいは団体にとってのプログラム作りの目安として、ご活用頂けます。 

【自然体験活動や青少年教育活動団体のリンク集】


【子どもゆめ基金助成金を受け制作された自然体験活動のWebサイト】

●財団法人 学習ソフトウェア情報研究センター 『自然共生型体験学習』
  http://www.gakujoken.or.jp/Iida/contents00.html
●社団法人 日本環境教育フォーラム 『「キッズネイチャープログラム」
(子どもが自然と遊ぶためのプログラム編)森編』 http://www.fujisan.or.jp/



《写真をダブルクリックしてください》



-------------------------------------------------------------------

[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (279)「アルルの跳ね橋
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]
 
 1888年の2月、1年住んでいたアルルで散歩中に見つけた跳ね橋を
フィンセント・ファン・ゴッホは描きました。アルルの跳ね橋をモチーフ
にした作品は複数あり、橋の手前で洗濯する女性たちが描かれた作品の
一つはクレラー・ミュラー美術館に収蔵されています。ゴッホはこの
1年で油彩を147点、素画を123点描き、そのほとんどをお世話になった
精神病院のペイロン院長へ贈りましたが、院長の息子がほとんどを
破棄してしまいました。ゴッホの生涯は現在の名声とは想像がつかな
いほど恵まれず、生涯で売れた絵は1枚でした。

 絵画『アルルの跳ね橋』のモチーフとなったラングロワ橋はアルルの
中心部から南西に数キロ離れたところに
ありましたが、1926年に壊され、
現存しません。現在では『アルルの跳ね橋』として復元されていますが、
同じ場所に再現されたものではないため、絵で描かれた雰囲気とは違う
ものとなっています。


 ゴッホはアルルの後、パリの北のオーヴェルの町へ移り住みました。

≪動画・静止画「アルルの跳ね橋」のホームページ≫

《写真をダブルクリックしてください》


小笠原諸島・父島ヘ
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の大森さんから、東京都小笠原村の「小笠原諸島・父島ヘ」
の映像が送られてきました。

 東京・竹芝桟橋から小笠原諸島・父島まで約1千km、小笠原丸で25時間30分かかります。
飛行機を使えば、地球の裏側の南米ブラジル・サンパウロまで行ける時間です。

 小笠原丸は、波静かな海を、白い雲を抱く御蔵島、八丈島などを右舷に伊豆7島にそっ
て進みます。船は夜どおし航行し、小笠原の白い砂浜に着きました。そこは、もはや南国
でした。

 洋上に沈む美しい夕日が印象的でした。

≪小笠原諸島・父島ヘのHP≫



「シャトー・プレサック」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、フランス南西部の「シャトー・プレサック」
の映像が送られてきました。

 フランス南西部、サンテミリオン周辺には、たくさんのワイナリーがあります。豊かな土
壌が美味しい葡萄を育て味わい深いワインとなります。一面に広がる葡萄畑には人影はあり
ません。収穫の頃になると、その時だけ人が集まって作業をするのだそうです。

 ボルドー・ワイン発祥の地であると言われているシャトー・プレサックを訪ねました。
木陰の椅子に座って歴史を聞きました。オーナーが準備してくださったチェダーチーズとワ
インとの相性は抜群です。年によって、シャトーの名前で出せないワインは樽で流通するの
だそうです。そのようにして、瓶詰めされラベルが付いたワインの品質が保たれているので
す。

 ボルドーへ来る途中で立ち寄ったサービスエリアでは、デキャンタでワインを買うことが
できました。まるで水を入れるかのようにワインをそそぎ、飲むことができるのです。まさ
しくワイン天国です。


≪動画・静止画「シャトー・プレサック」のHP≫



《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)


--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

●「全国・全校種・全教科・教育情報データベース」への登録について
Nicer(旧教育情報ナショナルセンター)の教育情報データベースへの新規教材
(原則無料の教材)の登録をご希望される方は、以下の情報を
(公財)学習ソフトウェア情報研究センターまでメールでお送り
ください(以下の情報の分量は、@〜Fで1,000文字<4KB>以内に収めて
下さい)。


  なお、今後この教育情報データベースの検索結果を「利用頻度順」で
表示する機能
教科書毎に異なる単元を理解し推論し検索する「考える」
機能
や、低学年と障害者向けの機能等の追加・改良などは、寄付金で賄わせて
戴きたいと存じます。

なお、ご利用者の皆様の善意のワンコイン寄付をお願い申し上げます。

No   列名称          (例)
@ タイトル 京都における寺社と吉凶方位、その関係と役割
A URL http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga267/toriyama.htm
B 概要
 (場所、年代日時を明記)
京都の寺社や京都各所に、平安時代から伝わる吉凶方位の関係、役割、影響や名残などを考察しまとめる。当時陰陽思想に基づき、方位に吉方位と凶方位が存在。平安京造営の際から都市計画の一つとして凶方位対策が為された。方位神として方位を神格化した風習も生まれ、民間に浸透していった。
C 著作権所属 鳥山沙織氏
D 連絡先 gjk@gakujoken.or.jp
E キーワード 吉凶方位、鬼門、方違え、角切り、陰陽思想、陰、陽、方位、吉方位、凶方位、凶方位対策、方位神
F 学習指導要領
 (校種、学年、教科、単元等を明記)
校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:国語・社会


--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

「学習情報研究」7月号から電子出版事業開始
 専門誌「学習情報研究」7月号から電子出版事業開始しましたので、是非ご購読を
お願いいたします。 <閲覧は次のURLから:http://bookpub.jp/books/bp/303


「学習情報研究」誌は、学校においてICTを活用するために参考となる情報を提供する
ために、本公益財団法人において編集し、隔月に発行しているもので、編集に当たっては、
学識経験者数名による企画会議において年間各号の特集テーマを決め、各号のテーマごとに、
その分野の先進的な研究者や教育の場で実践している教師等に執筆を依頼しています。
モニター(20名)の教師からは大変高い評価を受けておりますが、その内容はICTに特化
した専門誌で、継続購入者(研究会員という)を中核とし、広くインターネットを通して
だれでも容易に入手できます。     
 価格は980円です。8月6日からはキャンペーン価格800円でご提供いたします。
 是非、教員養成課程の教職員様や学生様、及びリメディアル教育ご担当者様にお試し
読みやご購読を戴きたく存じます。        http://bookpub.jp/books/bp/303


● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('12/08/01)
学情研ネットワーク研究会員の「東京地区」のページに「小笠原諸島・父島ヘ」
の地域素材を追加いたしました。http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究」7月号の目次('12/07/10)
「学習情報研究」7月号が発刊されました。内容は、「話して伝える活動・
作って伝える活動とICT」を特集しています: 

【目次】 (敬語敬称略)
(1)話して伝える活動・作って伝える活動とICT
                中川一史(放送大学ICT活用・遠隔教育センター)
(2)新聞制作とICT「PC を使う前までの活動が鍵」
                石川 等
(3)リーフレット制作とICT「つくりたい、魅せたい、手にとって
   もらいたい仕事リーフレットづくり」
               安冨直樹(横浜市立左近山第二小学校)
(4)「図書室改造案」をプレゼンしよう
    −ICTを活用して、伝える力を身に付けさせるために(5年国語)−
               菊地 寛(浜松市立豊岡小学校)
(5)映像制作とICT「映像制作の実践と工夫」
               甲斐 崇(北谷町立浜川小学校)
(6)情報端末を活用した話して伝える算数の授業
               折茂慎一郎(日野市立平山小学校)
(7)話して伝える国語の授業
    〜タブレット型端末を使っての情報の読み取り〜
               鳥越和貴(横浜市立北方小学校)
(8)情報端末を活用した作って伝える国語の授業
    -タブレット端末一人一台環境での創作活動
               永野 直(千葉県立袖ヶ浦高等学校)
(9)討論を深める社会の授業
                小林祐紀(金沢市立小坂小学校)
(10)情報端末を活用した話して伝える社会科の授業
    −私たちの佐賀県を紹介しよう−
                横地千恵子(佐賀市立赤松小学校)
(11)制作活動をともなう総合の授業の展開
     「京都のよさを伝えよう」の実践を通して
               広瀬一弥(亀岡市立南つつじヶ丘小学校)
(12)話して伝える英語の授業「TV会議を活用したリアルな授業」
               米田謙三(羽衣学園高等学校)
(13)話して伝える活動の肝  岩ア有朋(岩美町立岩美中学校)
(14)作って伝える活動の肝「パンフレット作り」の事例から
               佐和伸明(柏市立教育研究所)

テーマ「電子黒板」
(15)わたしが考える電子黒板活用1・2・3
    「国語科『意見文を書こう』の学習を通して」
               目野有里絵(亀岡市立南つつじヶ丘小学校)
(16)思考を深める・広めることをめざした電子黒板の活用
               布川かほる(中能登町立鳥屋小学校)
(17)道徳における電子黒板活用
    〜導入、展開、まとめにおける具体的活用法〜
               平沼 啓(幌西小学校)
(18)児童の立場から見た電子黒板の有用性についての考察
               石倉和幸(米子市立就将小学校)
(19)iPadと電子黒板を組み合わせた授業実践
               本岡 朋(和歌山市立藤戸台小学校)
(20)電子黒板が果たす役割とは何か?
               中橋 雄(武蔵大学 社会学部 メディア社会学科)

[要約紹介(第3回目)] 

-『制作活動をともなう総合の授業の展開
     「京都のよさを伝えよう」の実践を通して』
 -広瀬一弥

 総合的な学習の時間での探究的な活動において異なる製作活動を
課題として与えることで、発展的な問題解決の学習が行われた。
表現活動やICT活用も効果的に組み合わせた単元を紹介する。
<総合的な学習の時間、新聞制作、テレビ会議、他校交流>

-『話して伝える英語の授業「TV会議を活用したリアルな授業」 -米田謙三
 本校では、ICTを使って、次のような英語の教育を行っている。
TOEIC対策としての個別e-learning(無線対応ノートPC活用)、電子
黒板を活用した英語プレゼンテーション、デジタル教材を活用した授業、
タブレットを活用した授業、DSのソフトを活用した授業、電子辞書と
プロジェクターを活用した授業、iPod Touch(一人1台)やiPad
(グループに1台)を活用した授業をしている。ただし、機器に振り回
されるのではなく、効果的に活用する方法をとっている。
<コミュニケーション、ICT、英語学習、TV会議>

-『話して伝える活動の肝 -岩ア有朋
 ただ単に話し合いをさせることが、言語活動の充実につながる訳ではない。
また、話し合い活動を重視するあまり,教科のねらいが達成されない
ようでは本末転倒になる。このようなことにならないためにも,自らの
言葉で伝え合う学習のポイントを述べる。
<学び方、切実感、自分の言葉で説明する>

-『作って伝える活動の肝「パンフレット作り」の事例から -佐和伸明
 作る活動を取り入れた授業で,思考力や判断力,表現力を育むためには,
「作って終わり」ではなく,「伝える」ことを重視した授業デザインが重要
である。
 本稿では,伝える活動を充実させるための要点を,「パンフレット作り」
を例にして考察する。
<小学校、国語、パンフレット作り、表現活動、言語活動、作って伝える活動>

-『わたしが考える電子黒板活用1・2・3
    「国語科『意見文を書こう』の学習を通して」
 -目野有里絵

 5年国語科「意見文を書こう」の学習を通して電子黒板をどのように使う
と効果的かを検証した。意見文を書くまでの手立てや書いた後の発表の場面
などで活用することで、児童たちはグラフや表を用いることの大切さを理解し、
相手を説得することを意識した発表を行うことができた。
<電子黒板、国語、デジタル教科書、発表>


なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大
↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-5919-3401、 Fax.03-5919-3402)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008