*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン252号 ============================= 2011/05/01
*              (公財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                 【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:東日本大震災に被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
        ニュースに「改めて“学校防災”を考える」が、
      お知らせに「学習デジタル教材コンクール募集の開始!があります!

 
  バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次                              (以下敬語敬称略)

                 

[ニュースコーナー]New!!
●「改めて“学校防災”を考える 」New!!
幼児期の運動経験 就学後への影響を実証
就学前教育カリキュラムを作成 東京都教委
ミドルリーダーに特化 福岡県教育センターが「教師塾」創設


文部科学省の報道発表より

(1)東日本大震災により被災した学生等への支援について
(2)
平成23年度補正予算(第1号)案の概要について
(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
- 大学の世界展開力強化事業プログラム委員会(第1回)の開催について

- 独立行政法人大学評価・学位授与機構が行う認証評価事業(専門職大学院の
教育研究活動等の状況に関する評価)の民間評価機関による事業実施に関する
検討会議(第2回)の開催について

(4)「学校・教育」関連ニュース

-
平成23年3月末申請の大学等の設置認可の諮問について
(5)「文部科学省」関連ニュース
-
Webサイト「東北地方太平洋沖地震 子どもの学び支援ポータルサイト」開設
(東北地方太平洋沖地震における被災児童・生徒等支援ポータルサイトについて)

[メッセージ]
● NICER−LOMコンテンツの新規登録とキーワード検索について
Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑
 - 第28回目 -『教材を見る〜手工業・工芸〜*能面師』 -
● Web教材「地野菜で元気になる地域と子供の体験教室」
 - 第42回目 -『子どもたちの地野菜体験〜地域から子どもたちへ〜
        栽培家庭の知識*収穫*〜
』 -
● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜」
 - 第42回目 -『
自然体験達人の「技」〜サマーキャンプの事例〜
  *黒川サマーキャンプの『技』を学ぼう〜キャンプファイヤー
   薪(まき)の組み方〜*
』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (246)西安 華清池」
●「竹田城」
●「阿倍仲麻呂の碑、興慶宮公園」

[お知らせ]
「みんなでつくる被災地学校運営支援サイト」
●「子どもの学び支援ポータルサイト開設について」

●「学習デジタル教材コンクール」募集について

●「デジタルアーカイブ世界一周法」が富山インターネット市民塾で開講
●「スチューデントPC推進コンソーシアム」について
● デジタル(電子)教科書研究会について

「違法・有害情報相談センター」開設のご紹介
●「著作権eラーニング講座」のご紹介
「デジタル・アーキビスト概論」

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('11/05/01)
●「学習情報研究」5月号の目次('11/05/10)
  -モバイルを活用した理科の授業実践−調べ学習や観察・実験を充実するために−-
  -『「校務の情報化」の今日的意義-
  -『
校務の情報化で学校を元気にしよう-
  -校務の情報化に向けた業務調査
-
  -私にもできた校務の情報化(1)校務ソフトを使用して-
  -私にもできた校務の情報化(2)「子どもと向き合う時間の充実を願って」
-

====================================================================================

[ニュースコーナー]New!!

●「改めて“学校防災”を考える」New!!
        (公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター 理事長 菱村 幸彦)
  教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp)の下欄に「教職
研修資料」のコーナーがあります
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
 内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currentb.html
ご参照下さい。


 以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き3点を紹介
します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。

幼児期の運動経験 就学後への影響を実証
 幼稚園や保育所での意図的な運動プログラムを経験した子どもは、
就学後の運動頻度が高くなる―。そんな3年間の追跡調査の結果を、
文部科学省が公表した。
 調査は平成19年から、全国21市町村の幼稚園や保育所を対象に実施。
各園で独自の実践プログラムを開発・実施した園と、それ以外の園を卒園
した子どもの生活習慣や運動能力を比較した。結果、プログラム実践園の
卒園児は71・9%が、就学後も運動を「ほとんど毎日」または「ときどき」
は行うと回答。実践していない園を5・4ポイント上回った。

就学前教育カリキュラムを作成 東京都教委
 小学校教育との接続を視野に入れて乳幼児期から「生きる力」の基礎
を伸ばそうと、東京都教委が14日、保育園や幼稚園に向けた「就学前教育
カリキュラム」を作成した。0―5歳児の発達に応じて経験させたい内容
を示した保育・教育課程と指導例を掲載している。都内のすべての保育園
と幼稚園、小学校に配布した。

ミドルリーダーに特化 福岡県教育センターが「教師塾」創設
 ミドルリーダーに特化し、その資質・能力の向上を図ろうと、福岡県
教育センターは本年度、「福岡教師塾」を創設する。
 30代後半から40代後半までの教務主任や生徒指導主事などの経験者ら
を対象に、約80人が初回の6月3日から翌年1月13日まで10回の研修
に参加する。

 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp

文部科学省の報道発表より

(1)
東日本大震災により被災した学生等への支援について
 東日本大震災で被災された学生・生徒のみなさんに、(1)首都圏で就職
活動するための宿泊施設の無償提供、(2)奨学金の貸与期間の延長を実施します。  
(同時発表:((1)について)厚生労働省)
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305473.htm


(2)
平成23年度補正予算(第1号)案の概要について
 本日閣議決定された平成23年度補正予算(第1号)案について、文部科学省
所管分の概要をお知らせいたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305356.htm

(3)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
- 大学の世界展開力強化事業プログラム委員会(第1回)の開催について

 文部科学省では、平成23年度より新規事業として「大学の世界展開力強化事業」
を実施することとなりました。そのため、「大学の世界展開力強化事業プログラム
委員会」を設置し、「大学の世界展開力強化事業プログラム委員会(第1回)」を
下記の要領で開催いたしますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305319.htm

- 独立行政法人大学評価・学位授与機構が行う認証評価事業(専門職大学院の
教育研究活動等の状況に関する評価)の民間評価機関による事業実施に関する
検討会議(第2回)の開催について

 文部科学省では、「独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針」
(平成22年12月7日閣議決定)」を踏まえ、「独立行政法人大学評価・学位授与
機構が行う認証評価事業(専門職大学院の教育研究活動等の状況に関する評価)
の民間評価機関による事業実施に関する検討会議(第2回)」を下記の要領で
開催しますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305117.htm

(4)「学校・教育」関連ニュース

-
平成23年3月末申請の大学等の設置認可の諮問について
 本年3月末に申請のあった平成24年度開設予定の大学(7件)及び大学院大学(2件)
の設置認可について、大学設置・学校法人審議会にて、文部科学大臣から大学設置・
学校法人審議会へ諮問いたしましたので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1304906.htm

(5)「文部科学省」関連ニュース
-
Webサイト「東北地方太平洋沖地震 子どもの学び支援ポータルサイト」開設
(東北地方太平洋沖地震における被災児童・生徒等支援ポータルサイトについて)

文部科学省では、本日14時に、東北地方太平洋沖地震における被災児童・生徒等が
より必要な支援を受けやすくするために、被災者のニーズと提供可能な支援を相互に
一覧できるポータルサイト「東北地方太平洋沖地震 子どもの学び支援ポータルサイト
http://manabishien.mext.go.jp/)を開設しました。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1304486.htm


文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

● NICER−LOMコンテンツの新規登録とキーワード検索について
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 旧教育情報ナショナルセンター(NICER)が平成23年3月31日をもって運用を終了
いたしましたが、今までNICERで提供してきたサービスのうち、次URLに記載のものに
ついては今後もご利用いただけます。http://www.nier.go.jp/nicer/nicer_top.html

(1)コンテンツの新規登録
 新規に「学習オブジェクト・メタデータ」(NICER−LOM)を追加されたい方や
追加修正されたい方は、従来通りのNICER−LOM形式で、公益財団法人学習ソフト
ウェア情報研究センター宛メールアドレスgjk@gakujoken.or.jpにお送り下さい。


(2)コンテンツのキーワード検索
公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センターが、約14万件にわたる全NICER−LOM
コンテンツのキーワード検索を提供
していますのでご活用下さい。
http://www.gakujoken.or.jp/nicer/




以下の教材は、子どもゆめ基金(独立行政法人 国立青少年教育振興
機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。

● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑」
第28回目 -『教材を見る〜
手工業・工芸〜*能面師*』 -
[対象:校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]

 
苦労しながら手に職をつけ、元気に働く人々の姿を紹介しながら、働くことの
意味、生きがい、喜びなどが共感できるe−手仕事図鑑をネットワーク上で利用
可能としたものです。
この教材は、さまざまな手仕事にたずさわる職人の方々をイラスト、音、動画
で紹介しています。
全国のe−手仕事図鑑は、手仕事学習データベースにより結ばれ、全国の子ど
も達の交流を可能としています。
 本教材およびシステムの利用は、非営利の教育目的の場合に限ります。

能面師 久保 博山さん

見事な手さばきで能面を打つ、この道約40年の能面師、久保博山さん。
檜(ひのき)から、様々なノミを使って面を彫り、筆で薄い色を何度も
積み重ね、納得 のいく表情に仕上げていきます。能舞台で見た時に、
品格を持たせることが大切だと久保さん。年間5〜6面仕上げるのが
やっとという手間のかかる仕事です。



《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「地野菜で元気になる地域と子供の体験教室」
第42回目 -『子どもたちの地野菜体験〜地域から子どもたちへ
〜栽培家庭の知識*収穫*〜』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習の時間・共通]

 昔から地域に伝わり地域固有の食文化を創り上げてきた「地野菜」が、
農業に携わる人々の高齢化と地域の過疎化が深刻化し、存続が危惧されて
いる。その中で、一部の地域では、地野菜を守る研究団体やサークル活動
や地域の子どもたちも参加する新しい活動が始まりつつあります。本コン
テンツは、地野菜の普及や継承に取り組む事例を紹介しながら、地野菜と
共に生きてきた地域の人々の生活史や郷土の食文化を改めて見つめ直す等
の幅広いテーマで地野菜を取り上げています。本コンテンツで紹介する内
容は、地野菜や地域食文化を学ぶための資料となるだけでなく、地野菜を
テーマとした子どもたちの体験活動や地域活動を推進する上での活性化を
目指した活動を行なう上での教材としても活用できます。





《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜」
- 第42回目 -『自然体験達人の「技」〜サマーキャンプの事例〜
*黒川サマーキャンプの『技』を学ぼう〜
キャンプファイヤー:
 キャンプファイヤーのねらいと注意点〜*』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習の時間・共通]

本コンテンツは、子どもの自然体験活動をより安全に、より楽しく実り
あるものにする為の、自然の中で生きる術としての「技」のアーカイブです。
体験活動に参加した子どもたちが、自然に触れ合うだけでなく、「技」を
覚え、それを身に付けることで、楽しさだけでなく自信も芽生え、更には
技術を習得することへの関心や意欲づけに結び付けていくことを目指してい
ます。
本コンテンツでは、基本の技や知識の紹介の他、関連する多くの参考サ
イトを紹介しており、自然体験活動の「技」を学ぶ為のポータルサイトと
してご活用頂けます。また、サマーキャンプの事例紹介では、既に自然体
験活動を行っている方々はもちろんのこと、これから始めようとしている
個人あるいは団体にとってのプログラム作りの目安として、ご活用頂けます。 

【自然体験達人の「技」〜黒川サマーキャンプの『技』を学ぼう〜
*キャンプファイヤー:薪(まき)の組み方〜*】
みんなが大好きなキャンプファイヤー。環境に配慮したエコなキャンプ
ファイヤーを心がけましょう。



《写真をダブルクリックしてください》



-------------------------------------------------------------------
[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (246) 西安 華清池
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

華清池は西安の北東約30キロの驪山(りざん)の麓の北山麓にある温泉
地にあります。ここは、3000年前の西周時代に温泉が発見されて「驪宮」
が建てられ、秦の始皇帝は石を積み「驪山湯」を、唐玄宗時代には「温泉宮」
が建てられました。747年には玄宗皇帝が山を囲んだ宮殿式建築の湯殿を建築し、
「華清宮」と名づけました。玄宗皇帝は寵妃である楊貴妃とともに、毎年10月
から春にかけ、ここで過ごしました。楊貴妃は16歳の時に宮殿に入り、玄宗皇帝
の息子の寿王の妃になりましたが、その美しさと聡明さ故、玄宗皇帝の寵愛を
受けることになります。 華清宮には玄宗皇帝用の「蓮花湯」や楊貴妃専用の
「海棠湯」や、お付きの人用の湯殿が造られました。また、玄宗皇帝と楊貴妃
の泊まる部屋は床に源泉を引きこんで床暖房になっていたため、屋根に霜もつ
かない「飛霜殿」と呼ばれていました。この飛霜殿をの先に華清池があります。
唐代に造られた華清池は「安史の乱」で破壊されてしまいました。また、その
他の建築物も数々の戦争などにより破壊されてしまったため、1959年に歴史書
に基づいて再建されました。

玄宗皇帝と楊貴妃の日々を題材に唐代の詩人、白楽天が長編叙情詩である
『長恨歌』を記しました。これが世間に広く知られることになり、楊貴妃の
物語がその後も長く語り継がれることとなりました。

≪動画・静止画「西安 華清池」のホームページ≫


《写真をダブルクリックしてください》


「竹田城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、兵庫県朝来市和田山町の
「竹田城」の映像が送られてきました。

竹田城は、朝来(あさご)市和田山町竹田にある標高353.7mの虎臥山の山頂
に築かれた山城跡で、国指定の史跡です。

1443年頃但馬国守護大名の山名持豊(宗全)によって築城されました。
当初は土塁造りの城でしたが、羽柴秀長から赤松広秀の時代の改修工事で、
総石垣造りの壮大な近世城郭となりました。1600年(慶長5年)の関ヶ原の
戦いの後、赤松氏が断絶し、竹田城は廃城となりました。

天守台を中心に、本丸、二の丸、三の丸、南二の丸が連郭式に配置され、
両翼に北千畳部と南千畳部、北西部に花屋敷と呼ばれる一郭があるという、
南北約400m、東西約100mという壮大な山城です。廃城から約400年
を経ていますが、石垣がそのままの状態で残っています。

≪動画・静止画「竹田城」のHP≫



「阿倍仲麻呂の碑、興慶宮公園」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、中国中央部西安市の「阿倍仲麻呂の碑、
興慶宮公園」の映像が送られてきました。

  興慶宮は唐の3大宮殿のひとつで、玄宗皇帝が楊貴妃と過ごした沈香亭も復元され
優美な姿を残しています。沈香亭の周りには牡丹がたくさん植えてありました。かつて
135haあった宮殿の跡地は50haの広大な公園となり、朝から体操をしたり歌を歌ったり、
市民の憩いの場となっています。

公園には、716年に入唐した阿倍仲麻呂の碑があります。阿倍仲麻呂は日本からの留
学生の中で唯一役人となり、玄宗皇帝に仕えました。今の国立図書館長の職に就き、詩
人李白とも交流がありました。かつての図書館を復元した建物が池に姿を映しています。  

20歳で唐に渡り、帰国を許可されたのは56歳のときでした。友人との別れを惜しみ、
長江を下り、蘇州あたりで、いよいよ出帆という時にあの歌を詠んだと言われています。
しかし、船は暴風雨に遭い難破し、仲麻呂はベトナムに漂着しました。その後再び長安
に戻り、770年73歳で亡くなりました。

天の原 ふりさけみれば春日なる 三笠の山にいでし月かも

≪動画・静止画「阿倍仲麻呂の碑、興慶宮公園」のHP≫


《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)

--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

「みんなでつくる被災地学校運営支援サイト」の開設について〔国立教育政策研究所〕
  このたびの東日本大震災に被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。
国立教育政策研究所(NIER)においては、被災地の学校及び教育活動の復興を支援
するため、被災地において必要となり得る学校教育の実施運営上の工夫などについて、
教育関係者の知識と経験を共有する場を、国立情報学研究所(NII)と協力して立ち
上げました。
http://www.hisaichi-gakkoushien.nier.go.jp/
このサイトは、
1.当研究所において、
@過去の災害(例えば、阪神・淡路大震災)の被災地における教育課程の編成
 などの学校運営・学習指導・教育相談等の工夫事例や
A様々な教育条件下(例えば、小規模な学校、へき地の学校)での教育課程の
 編成などの学校運営・学習指導・教育相談等の取組事例
を収集・整理したページ(事例集のページ)
2.教育関係者(教育委員会関係者、学校教職員(すでにご退職された方も
含む)等)の方々からの、被災地の学校運営に役立つ書き込みや情報交換
のための掲示板(登録いただいた方のみアクセス可能)
から構成されます。

今後、掲示板へは各地の教育関係者の方々より積極的な情報提供・情報交換を
いただき、順次事例集のページの更新・充実を図り、被災地における教育活動の
復旧・復興に役立つ情報提供を行ってまいります。
詳細につきましてはサイトhttp://www.hisaichi-gakkoushien.nier.go.jp/
ご参照ください。会員登録も併せてよろしくお願いいたします。


「子どもの学び支援ポータルサイト開設について」
文部科学省では、東北地方太平洋沖地震の被災地域の児童・ 生徒等が必要とする
支援をより受けやすくなるよう、被災地域の支援ニーズと各団体が 提供可能な
支援を相互に提供しあうためのポータルサイト「東北地方太平洋沖地震・子どもの
学び支援ポータルサイト」を開設致しましたので、お知らせいたします。
被災地域へのご支援の際には、ぜひご活用下さい。
http://manabishien.mext.go.jp
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga251/use.pdf (サイトの使用方法)
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga251/image.pdf(サイトのイメージ)

● 「学習デジタル教材コンクール」募集について

公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センターは、学校教育におけるデジタル
機器の活用をいっそう促進するため、従来の「学習ソフトウェアコンクール」を
改め、コンクールの名称を「学習デジタル教材コンクール」とし募集を開始いた
しました。

ふるってご応募ください。 詳細情報は次のURLをご参照下さい:
http://www.gakujoken.or.jp/ghp/concul/bosyuannai.html


●「デジタルアーカイブ世界一周法」が富山インターネット市民塾で開講
ICT技術、デジタルアーカイブと、世界一周旅行を一緒に学びましょう(サイ
バー大学で同等講座開設中)。世界各地にある世界遺産・文化財をテーマとした
「世界一周」エコ個人旅行計画から、撮影取材・デジタル化並びに、人類の知恵の
結晶たる「デジタル文化遺伝子」(デジタルアーカイブ)ホームページの制作します。
http://toyama.shiminjuku.com/?m=open&a=page_l_lecture_home&target_lec_lecture_id=770


●「スチューデントPC推進コンソーシアム」について
公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター主管で「スチューデントPC推進
コンソーシアム(略称:JSPC)」を2010年7月30日より立ち上げました。
 是非、教育委員会および企業のご参加をお願いいたします。

 -コンソーシアム名:スチューデントPC推進コンソーシアム(略称:JSPC)
 -主管:財団法人学習ソフトウェア情報研究センター
 -対象:児童生徒(教育委員会経由で案内)
 -提供物:子ども向け情報端末(ソフトウェア/学習コンテンツ/パソコン等を組み合わせたパッケージ)
 -保護者のメリット:子ども達が家庭で安心して使える子ども向け情報端末をより低価格で入手するこ
  とが可能になる
 -開始日:2010年7月30日

 -URL:http://www.gakujoken.jp/JSPC/


●デジタル(電子)教科書研究会について
6月13日に「電子教科書研究会」が岐阜ならびに沖縄にて開催されました。
電子教科書研究会の報告は、以下のURLをご覧ください:
http://dac.gijodai.ac.jp/archivist/info/20100613/20100613.htm

「違法・有害情報相談センター」のご紹介
(社)テレコムサービス協会では平成20年2月より、総務省から違法・
有害情報に関する相談業務を請け負い、電気通信事業者向けに進めて
きましたが、平成21年8月4日から対象者を拡大し、学校関係者からの
相談も受付けるようになりました。相談は無料ですので、どうぞご利用
下さい。

・学校、教育関係者向け案内   http://www.ihaho.jp/info/pamph-school.pdf
・センター トップページ    http://www.ihaho.jp/
・センター 問合せ先電話番号  03-5644-4800

● 「著作権eラーニング講座」のご紹介
 先生方が、他者の権利侵害をしないためのコンプライアンスとリスクマ
ネージメント等と言った、正しい著作権知識を自宅学習で持って頂ける、
新しい講座をご紹介します。
URLhttp://www.eled.jp/

「デジタル・アーキビスト概論」
情報社会の頼れる資格「デジタル・アーキビスト」取得のために、是非
ご一読ください。
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga135/20061019140312063.pdf

--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('11/05/01)
学情研ネットワーク研究会員の「兵庫地区」のページに「竹田城」の
地域素材を追加いたしました。 http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究」5月号の目次('11/05/10)
「学習情報研究」5月号が発刊されます。内容は、「今、校務の情報化をどう進めるか」
を特集しています: 

【目次】 (敬語敬称略)
(1)「校務の情報化」の今日的意義   堀田龍也(玉川大学教職大学院)
(2)校務の情報化で学校を元気にしよう 
               玉置 崇(愛知県教育委員会海部教育事務所)
(3)校務の情報化に向けた業務調査   高橋 純(富山大学人間発達科学部)
(4)私にもできた校務の情報化(1)校務ソフトを使用して
                    水野ルミ(三木市立自由が丘小学校)
(5)私にもできた校務の情報化(2)「子どもと向き合う時間の充実を願って」
                    小原加喜(名古屋市立星崎小学校)
(6)私にもできた校務の情報化(3) 
                大塲久美子(静岡県磐田市立磐田第一中学校)
(7)小学校における校務の情報化の推進事例(1)
    宜野湾市における校務支援ソフトの導入と活用の現状について
                真喜志昇(宜野湾市立普天間第二小学校)
(8)小学校における校務の情報化の推進事例(2)
     柳川市の小学校における校務支援ソフトの導入と活用の現状
                     新谷裕幸(柳川市立皿垣小学校)
(9)小学校における校務の情報化の推進事例(3)
    「名古屋市の小学校における校務の情報化の現状と今後の課題」
                     橋本美勝(名古屋市立平針南小学校)
(10)校務の情報化を成功させるために   西野全郎(中津市立城北中学校)  
(11)校務情報の共有から始めよう!
    「福津市の中学校における校務の情報化について」
                     毛利彰信(福津市立福間東中学校)
(12)小学校における校務の情報化のための管理職の役割
     −管理職は校務の情報化のリーダーである−
                    新保元康(札幌市立山の手南小学校)
(13)中学校における校務の情報化のための管理職の役割
                    金 俊次(米沢市立第四中学校)
(14)「校務の情報化のための教育委員会の役割
     「〜学校創造のために行政ができること〜」
                     強瀬雪乃(埼玉県総合教育センター)
(15)校務の情報化のための校内研修 校務の情報化のめざす姿の理解  
               西田光昭(柏市立高田小学校)
(16)校務の情報化のための教育センター研修  
               片山淳一(岡山県総合教育センター情報教育部)
(17)ありきたりの日常をブログで発信  中林則孝(津市立倭小学校)
(18)学校Webサイト運用における教育委員会の役割
               梶本佳照(三木市立教育センター)
(19)教育委員会Webサイトの運用 学校教育課からの情報発信
               齋藤俊明(藤岡市教育委員会学校教育課)

[要約紹介(第1回目)] 

-『「校務の情報化」の今日的意義』 - 堀田龍也
 「校務の情報化」でいう「校務」とは何か、その情報化はそもそも何を
目的としているのかについて、政策への記載や動向などについて示す。
その上で、無理のない校務の情報化のための校務支援システムの必要性、
導入に際しての考え方などについて述べる。
<校務の情報化、「教育の情報化ビジョン」、校務支援システム>

-『校務の情報化で学校を元気にしよう』 - 玉置 崇

学校管理職であれば「学校を元気にしたい」という思いはだれもが持っ
ていることだろう。それにはまずもって教職員にゆとりを生み出すことが
必要である。校務の情報化はそのための実に有効な手だてであるという
確信を得た。通知表や指導要録作成時間の短縮化を始めとして、教育の質
までも向上させることが出来る例を示す。
<校務の情報化、グループウェア、ICT活用、いいとこ見つけ>

-『校務の情報化に向けた業務調査』 - 高橋 純

 情報化によって効率化等の効果が期待される校務は、適切に情報化を
図る必要がある。しかし、情報化が図りにくい校務もあり,これらは別の
改善方法が必要である。これらを見極めた上で、校務の効率化や質の向上
のための取り組みを図っていく必要がある。
<校務の情報化、ICT活用、校務システム、ICT機器>

-『私にもできた校務の情報化(1)校務ソフトを使用して』 - 水野ルミ
 ICT活用による校務の情報化が提唱され、各学校でそれに向けての取り
組みが行われている。本校では、通知表作成において校務ソフトを使用
したことで、校務負担の軽減と校務処理の効率化を図ることができ、
ゆとりをもって児童と向き合うことができるようになった。
<校務の情報化、校務ソフトの使用、通知表作成>

-『私にもできた校務の情報化(2)「子どもと向き合う時間の充実を願って」』 - 小原加喜
 学級担任をもつ教師の日常は、年々多忙化している。その中で、校務の
情報化が進んできている。学級担任を持つ現場の教師という立場から、
日々の指導や校務を進めていく上での思いや実情など、また,校務支援
ソフトの導入により何が変わって、どう思っているのか、これからどう
なるとよいと思うのかについて述べていく。
<校務処理用パソコン、デジタルデータ活用、成績処理、通知表、校務支援ソフト、
児童との時間>


なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大

↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-5919-3401、 Fax.03-5919-3402)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008