*******************************************************************************
*
*学情研メールマガジン ============================= 2010/10/15
*              (財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                 【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************************
事務局から:まもなく19日締切りです!政策コンテストに対する意見募集(パブコメ)!
      ニュースに「本格化する”幼保の一元化”」があります!

  バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次                              (以下敬語敬称略) 
                 

[ニュースコーナー]New!!

●「指導行政のポイント 本格化する”幼保の一元化”」New!!
カッターボート転覆事故で調査報告書 静岡県教委
昭和60年当時には及ばす 21年度体力・運動能力調査
早期退職の教員を優遇へ 秋田県教委

文部科学省の報道発表より

(1)知の拠点−我が国の未来を拓く国立大学法人等施設の整備充実について
  - 「知の拠点−我が国の未来を拓く国立大学法人等施設の整備充実について
(第二次中間まとめ)」に関する意見募集の実施

(2)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
  -
「留学生の日本語教育に関する懇談会」取りまとめについて
(3)「学校・教育」関連ニュース
 
- 平成23年度開設予定の大学の学部の学科等の設置届出について(平成22年7月分)
(4)「文部科学省」関連ニュース

  - CASBEE(キャスビー)学校−学校施設における総合的な環境性能評価手法−
  -
平成23年度全国学力・学習状況調査を実施するための準備委託事業に
関する委託先機関の決定等について

  -
平成22年度国公私立大学・短期大学入学者選抜実施状況の概要

[メッセージ]
●まもなく19日締切りです! 政策コンテストに対する意見募集(パブコメ)!
Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑
 - 第15回目 -『教材を見る〜手工業・工芸〜*草木染め』 -
● Web教材「地野菜で元気になる地域と子供の体験教室」
 - 第29回目 -『地野菜マップ〜ごうしゅういも(徳島県)』 -
● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜」
 - 第29回目 -『
自然体験達人の「技」〜サマーキャンプの事例〜
  *黒川サマーキャンプの『技』を学ぼう〜アウトドアクッキングの基本編:
かまど作り〜火起こし
』 -
● Web教材「おもしろエネルギー課外教室」
 - 第12回目 -『地球のエネルギーについて〜太陽エネルギーの力』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (233)中世の街プロヴァン(2)
●「上杉謙信の城 春日山城」
●「サンモリッツ」

[お知らせ]
●「スチューデントPC推進コンソーシアム」始動!
●「教職員向けプラ検公開試験_ご招待」のお知らせ

●「デジタルアーカイブ世界一周法」が富山インターネット市民塾で開講
● デジタル(電子)教科書研究会について

●「違法・有害情報相談センター」開設のお知らせ
●「青少年を有害情報環境から守るための国民運動」
● ICT教育推進プログラム協議会「ICT活用ゲートウェイ」の特典制度
● 文部科学省主催「インターネット活用教育実践コンクール」の各賞決定

●「著作権eラーニング講座」のご紹介

● ICT授業に役立つ「活用事例集」を贈呈!!
「デジタル・アーキビスト概論」
ICT教育推進プログラム協議会 中間レポート
● ICTスキルアップオンライン 申込開始のお知らせ

● 学校のコンプライアンス対策は万全ですか?

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('10/10/15)
●「学習情報研究」9
月号の目次('10/09/10)
  -アイデアを形にする情報教育』-
  -『情報モラル教育〜生活の中から問題を見付け、学んだことを生活場面に返す〜』-

====================================================================

[ニュースコーナー]New!!

●「指導行政のポイント 本格化する”幼保の一元化”」New!!
           (財団法人学習ソフトウェア情報研究センター 理事長 菱村 幸彦)
  教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp)の下欄に「教職
研修資料」のコーナーがあります
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
 内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/teaching/currentb.html
ご参照下さい。


 以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き3点を紹介
します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。

カッターボート転覆事故で調査報告書 静岡県教委
 静岡県教委はこのほど、「静岡県立三ケ日青年の家 カッターボート転覆
事故調査報告書」をまとめた。
 同報告書では、事件発生当日の様子を時系列的に示すとともに、事故発生
の要因・問題点とその改善策を▽実施・中止の判断▽カッター訓練の運営
▽救助▽緊急時の体制▽指定管理への移行準備―などに分け、示した。

昭和60年当時には及ばす 21年度体力・運動能力調査
 文科省が公表した平成21年度体力・運動能力調査のうち、青少年(6―19歳)
の体力・運動能力の年次傾向を長期的に見ると、握力及び走、跳、投能力の
項目では、体力水準が高かった昭和60年ごろと比較すると、中学生男子の50m走、
ハンドボール投げを除いて、依然低い水準だった。

早期退職の教員を優遇へ 秋田県教委
 秋田県教委は本年度中にも、早期退職する教員への優遇制度を設ける方針を
決めた。同県は開会中の県議会定例会に早期退職する教員の退職金を増額する
ための条例改正案を提出。40歳以上の教員が対象で、若手教員の採用を増やし、
教員集団全体の年齢構成を見直すことなどが狙いだ。


 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp

文部科学省の報道発表より

(1)
知の拠点−我が国の未来を拓く国立大学法人等施設の整備充実について
  - 「知の拠点−我が国の未来を拓く国立大学法人等施設の整備充実について
(第二次中間まとめ)」に関する意見募集の実施

  「知の拠点−我が国の未来を拓く国立大学法人等施設の整備充実について
(第二次中間まとめ)」に関する意見募集を実施しますので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/10/1298050.htm

(2)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
  -
「留学生の日本語教育に関する懇談会」取りまとめについて
 
文部科学省では、「留学生の日本語教育に関する懇談会」を開催し、同懇談会
において、外国人学生に対する日本語教育の在り方やその質保証等について、
議論の結果が取りまとめられましたのでお知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/09/1298068.htm

(3)「学校・教育」関連ニュース
 
- 平成23年度開設予定の大学の学部の学科等の設置届出について(平成22年7月分)
 公私立の大学の学部・学科の設置、大学院の研究科・専攻の設置及び課程の
変更並びに短期大学の学科の設置に当たって、学位の種類や分野を変更しない
などの一定の要件に該当すれば、あらかじめ文部科学大臣に届け出ることにより、
認可を要せずに設置することができます。  これに該当し、設置届出を受理
した大学の学部の学科等(平成22年7月分)については以下のとおりです。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/09/1298031.htm

(4)「文部科学省」関連ニュース

  - CASBEE(キャスビー)学校−学校施設における総合的な環境性能評価手法−
 文部科学省では、学校施設のエコ化の推進に資するため、各学校施設の環境
性能を効率的に評価する手法として「CASBEE※学校」を策定しました。  
※CASBEE Comprehensive Assessment System for Built Environment Efficiency
の頭文字による。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/09/1298016.htm

  -
平成23年度全国学力・学習状況調査を実施するための準備委託事業に
関する委託先機関の決定等について
 文部科学省では、平成23年度全国学力・学習状況調査を実施するための準備
委託事業の委託先機関を総合評価落札方式による一般競争入札により決定し、
委託契約を締結しましたので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/10/1298290.htm

  -
平成22年度国公私立大学・短期大学入学者選抜実施状況の概要
 文部科学省では、国公私立大学及び短期大学の入学者選抜の実施状況について、
毎年度調査を実施し、これを公表しています。  このたび、平成22年度の国公
私立大学及び短期大学の入学者選抜の実施状況を取りまとめましたので、お知
らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/10/1297952_1532.html


文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

●まもなく19日締切りです! 政策コンテストに対する意見募集(パブコメ)
 [対象: 校種:全般、学年:全学年、教科:共通]

「元気な日本復活特別枠」(要望)に対する政策コンテストが今月19日で締切りです!
この政策コンテストで来年度の「教育の情報化」関連予算が決まります。
また、「事業仕分け」にも負けないように、少しでも多くの方からのコメント
(パブリックコメント)をいただければ幸いです。

 まもなく10月19日(火)午後5時で締切りです!
http://seisakucontest.kantei.go.jp/index.php

 このうち文科省の事業は以下のページにありますが、
http://seisakucontest.kantei.go.jp/project/list2.php?t=19

教育の情報化関係の予算の事業番号、事業名等は下記のとおりです。

教育の情報化に関する実証研究につきましては、文部科学省と総務省が連携して
予算要求をしております。主としてハード面(情報通信技術面)のモデル事業に
ついては総務省が、主としてソフト・ヒューマンの面(教育面)でのモデル事業
は文部科学省が、という分担で連携した形での予算要求となっており、それぞれ
の施策がパブリックコメントにかかっています。
--------------------------------------------------------------
事業番号    1520
事業名     フューチャースクール推進事業(拡充分))
http://seisakucontest.kantei.go.jp/project/list2.php?t=15
--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------
事業番号  1902
事業名   未来を拓く学び・学校創造戦略
       http://seisakucontest.kantei.go.jp/project/detail.php?t=1902
-------------------------------------------------------------- 



そのほかご参考までに
@説明資料 
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2010/09/21/1297903_4.pdf
A鈴木寛副大臣による説明動画もあります。
http://www.youtube.com/watch?v=9lq1nfkAOkg
B未来を拓く学び・学校創造戦略(学びのイノベーション事業)
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2010/09/22/1297939_04.pdf

下図は意見提出までの流れです。
事業仕分けに負けないよう数多くのコメントをお願いいたします!! 



以下の教材は、子どもゆめ基金(独立行政法人 国立青少年教育振興
機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。

● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑」
第15回目 -『教材を見る〜
手工業・工芸〜*草木染め*』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習の時間・共通]

 
苦労しながら手に職をつけ、元気に働く人々の姿を紹介しながら、働くことの
意味、生きがい、喜びなどが共感できるe−手仕事図鑑をネットワーク上で利用
可能としたものです。
この教材は、さまざまな手仕事にたずさわる職人の方々をイラスト、音、動画
で紹介しています。
全国のe−手仕事図鑑は、手仕事学習データベースにより結ばれ、全国の子ど
も達の交流を可能としています。
 本教材およびシステムの利用は、非営利の教育目的の場合に限ります。

草木染め 舟山 れいらさん

草木染めとは、葉っぱや茎、根、果実など、植物のさまざまな部分に
含まれる色素を抽出して得られる天然の染料を使って染める方法。
昔から伝統的に、世界中で親しまれてきました。
自然から与えられる色との出合いは、季節によっていろいろ。
自然と向き合うことで、その大切さも感じることができます。


<動画> http://211.19.198.69/teshigoto/content/w02/video/index.html



《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「地野菜で元気になる地域と子供の体験教室
第29回目 -『地野菜マップ〜ごうしゅういも(徳島県)〜』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習の時間・共通]

 昔から地域に伝わり地域固有の食文化を創り上げてきた「地野菜」が、
農業に携わる人々の高齢化と地域の過疎化が深刻化し、存続が危惧されて
いる。その中で、一部の地域では、地野菜を守る研究団体やサークル活動
や地域の子どもたちも参加する新しい活動が始まりつつあります。本コン
テンツは、地野菜の普及や継承に取り組む事例を紹介しながら、地野菜と
共に生きてきた地域の人々の生活史や郷土の食文化を改めて見つめ直す等
の幅広いテーマで地野菜を取り上げています。本コンテンツで紹介する内
容は、地野菜や地域食文化を学ぶための資料となるだけでなく、地野菜を
テーマとした子どもたちの体験活動や地域活動を推進する上での活性化を
目指した活動を行なう上での教材としても活用できます。


地野菜マップ

全国には数多くの地野菜があります。ここでは、各地方で親しまれてい
るものや、形などに特徴があって珍しいものなどを選びました。いずれも
現在作られています。今回は四国地方の「ごうしゅういも(徳島県)」
のご紹介です。



《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜
- 第29回目 -『自然体験達人の「技」〜サマーキャンプの事例〜
黒川サマーキャンプの『技』を学ぼう〜アウトドアクッキングの基本編:
かまど作り〜火起こし
』 -

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習の時間・共通]

本コンテンツは、子どもの自然体験活動をより安全に、より楽しく実り
あるものにする為の、自然の中で生きる術としての「技」のアーカイブです。
体験活動に参加した子どもたちが、自然に触れ合うだけでなく、「技」を
覚え、それを身に付けることで、楽しさだけでなく自信も芽生え、更には
技術を習得することへの関心や意欲づけに結び付けていくことを目指してい
ます。
本コンテンツでは、基本の技や知識の紹介の他、関連する多くの参考サ
イトを紹介しており、自然体験活動の「技」を学ぶ為のポータルサイトと
してご活用頂けます。また、サマーキャンプの事例紹介では、既に自然体
験活動を行っている方々はもちろんのこと、これから始めようとしている
個人あるいは団体にとってのプログラム作りの目安として、ご活用頂けます。 

自然体験達人の「技」〜黒川サマーキャンプの『技』を学ぼう〜
  *アウトドアクッキングの基本編:かまど作り〜火起こし〜*





《写真をダブルクリックしてください》


● Web教材「おもしろエネルギー課外教室」
- 第12回目 -『
地球のエネルギーについて〜太陽エネルギーの力』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:理科・共通]

 「おもしろエネルギー課外教室」を連載いたします。


地球のエネルギーについてお話します

夜を明るくする電灯、ラクに遠くまで移動できる電車や自動車、他にもテレビ
や携帯電話など、 私たちは、たくさんのエネルギーを使って便利な生活して
います。
人がこれまでどんなエネルギーを使って来たかをご紹介しましょう。

太陽のエネルギー

太陽エネルギーは植物を育てます。その植物は、生き物に必要な酸素を作り、
人や動物の食べ物(エネルギー)にもなります。化石燃料のもととなった生物
は太陽なしでは存在しませんでした。
人間を含めて生物は、太陽のエネルギーの力で生活しているのです。
太陽電池を使って太陽エネルギーを電力にするなど、太陽からのエネルギーを
利用する新しい研究も始められています。



《写真をダブルクリックしてください》

 本教材の学習方法などは、以下の「おもしろエネルギー課外教室」のURLを
ご参照ください。

おもしろエネルギー課外教室:http://www.gakujoken.or.jp/omoshiroE/index.html


-------------------------------------------------------------------
[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (233)中世の街プロヴァン(2)
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 プロヴァンが最も華やかだった頃、シャテル広場では市がたち、多くの
人出がありました。今でも古い木組みの家が残っています。

 プロヴァンはシャンパーニュ伯爵の領地の一つでした。プロヴァンが栄え
たのは地理的条件もありますが、勇敢での高い能力を持つシャンパーニュ
伯爵の功績が大きかったことも理由の一つです。シャンパーニュ伯爵はサン・
キリアス大聖堂の建築を始めます。しかしながら、同時に建て始められた
セザール塔は完成しましたが、大聖堂は資金が続かず未完のまま現在に至り
ます。

 セザール塔はシャンパーニュ伯爵家の権力の象徴として建てられました。
塔の最上階から見るイル・ド・フランスの大平野は素晴らしいものです。
セザール塔は敵の襲撃を見張る監視塔、牢獄、さらに鐘楼と色々な役目を
果たした塔です。

≪動画・静止画「中世の街プロヴァン(2)」のホームページ≫

《写真をダブルクリックしてください》


「上杉謙信の城 春日山城」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、新潟県の「上杉謙信の城 春日山城」
の映像が送られてきました。

 春日山城は、上越市中屋敷字春日山にある中世の山城跡で、国指定の史跡です。
戦国武将上杉謙信の城として名高く、天然の要害を持つ難攻不落の城でした。

 南北朝時代に越後国守護の上杉氏が築城したといわれています。後に守護代であった
長尾為景がクーデタを起こし、春日山城主となります。為景の死後、晴景が継ぎますが
病弱なため、代わって弟の長尾景虎(のちの上杉謙信)が守護代となり、城主となって
城を大改修します。上杉謙信はこの城を拠点に川中島の合戦など多くの戦いを続けた後、
1578年(天正6年)この春日山城で49歳の生涯を閉じます。謙信には実子がなく、跡目
相続を巡って景勝と三郎景虎による「御館の乱」と呼ばれる争いが起こり、景勝が勝利
し城主となります。1598年(慶長3年)上杉景勝は豊臣秀吉の命により、越後から会津
へ転封となり、代わって掘氏が入りますが、1607年(慶長11年)直江津港の近くに福島
城を築き、春日山城は廃城となりました。

 標高182mの鉢ヶ峰山頂に本丸を置き、山裾まで空堀や土塁で守られた数々の曲輪や
重臣たちの屋敷で固め、裾野に巡らされた堀(竪物堀)は総延長1200mという惣構えの
壮大な山城でした。

 現在は、曲輪跡や屋敷跡、本丸跡、毘沙門堂(復元)をたどる登山道が整備されてお
り、多くの人々がこの山城を訪れています。山麓にある林泉寺の惣門は、春日山城の搦
手門を移築したものと伝わっています。

≪動画・静止画「上杉謙信の城 春日山城」のHP≫


「サンモリッツ」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、スイスの「サンモリッツ」の中心街の映像が
送られてきました。

 サンモリッツは、1928年と1948年の2回冬季オリンピックが開催され、ウインタースポーツ
のメッカとなりました。山岳リゾートが充実し、高級ホテルが軒を連ねています。

 サンモリッツの駅から坂を登って行くと、音楽が聞こえてきました。ランチタイムの準備
をしているらしくリハーサルをしていたのでした。やがてビュッフェスタイルの昼食が始ま
りました。にぎり寿司もありました。中世のお城のような、重厚な石造りの外観にモダンな
スタイルの人々。世界のセレブが集うサンモリッツのランドマーク的存在、パドルッツ・
パレス・ホテルでのことです。

 ドルフと呼ばれている町の中心をそぞろ歩くとバドルッツ氏の胸像がありました。ベルニナ
アルプスの麓の町を特別な場所にしているのは、空気でも花でもなく、そこに集うセレブ達な
のです。


≪動画・静止画「サンモリッツ」のHP≫


《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)

--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

●「スチューデントPC推進コンソーシアム」始動!
財団法人学習ソフトウェア情報研究センター主管で「スチューデントPC推進コンソ
ーシアム(略称:JSPC)」を7月30日より立ち上げることになりました。
 是非、教育委員会および企業のご参加をお願いいたします。

 -コンソーシアム名:スチューデントPC推進コンソーシアム(略称:JSPC)
 -主管:財団法人学習ソフトウェア情報研究センター
 -対象:児童生徒(教育委員会経由で案内)
 -提供物:子ども向け情報端末(ソフトウェア/学習コンテンツ/パソコン等を組み合わせたパッケージ)
 -保護者のメリット:子ども達が家庭で安心して使える子ども向け情報端末をより低価格で入手するこ
  とが可能になる
 -開始日:2010年7月30日

 -URL:http://www.gakujoken.jp/JSPC/

●「教職員向けプラ検公開試験_ご招待」のお知らせ
 教職員の皆様にプラ検の受験料無料ご招待のお知らせです<詳細はここ>

 1.実施日:2010年10月24日(日)
 2.場所: 工学院大学 新宿キャンパス 8階 A-0815 教室
     (〒163-8677 新宿区西新宿1-24-2)
  http://www.kogakuin.ac.jp/map/shinjuku/index.html
 3.時間: @10:30〜11:30、A13:00〜14:00、B15:30〜16:30より一つ選択
 4.申込対象者:教職員の方々
 5.申込期限: 2010年10月20日(月)まで
 6.申込方法: 「プラ検」無料受験申込書.pdfを印刷してご記入の上、
         FAX(番号03-6229-1940) をお願いいたします。


●「デジタルアーカイブ世界一周法」が富山インターネット市民塾で開講
ICT技術、デジタルアーカイブと、世界一周旅行を一緒に学びましょう(サイ
バー大学で同等講座開設中)。世界各地にある世界遺産・文化財をテーマとした
「世界一周」エコ個人旅行計画から、撮影取材・デジタル化並びに、人類の知恵の
結晶たる「デジタル文化遺伝子」(デジタルアーカイブ)ホームページの制作します。
http://toyama.shiminjuku.com/?m=open&a=page_l_lecture_home&target_lec_lecture_id=770

●デジタル(電子)教科書研究会について
6月13日に「電子教科書研究会」が岐阜ならびに沖縄にて開催されました。
電子教科書研究会の報告は、以下のURLをご覧ください:
http://dac.gijodai.ac.jp/archivist/info/20100613/20100613.htm

「違法・有害情報相談センター」開設のお知らせ
(社)テレコムサービス協会では平成20年2月より、総務省から違法・
有害情報に関する相談業務を請け負い、電気通信事業者向けに進めて
きましたが、平成21年8月4日から対象者を拡大し、学校関係者からの
相談も受付けるようになりました。相談は無料ですので、どうぞご利用
下さい。

・学校、教育関係者向け案内   http://www.ihaho.jp/info/pamph-school.pdf
・センター トップページ    http://www.ihaho.jp/
・センター 問合せ先電話番号  03-5644-4800

「青少年を有害情報環境から守るための国民運動」
内閣府の岸田文雄(IT・国民生活担当大臣)から「青少年を有害情報
環境から守るための国民運動 - 有害サイトから子供を守る」のメッセ
ージが届きました。
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga171/20080307100653872_0001.pdf
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga171/20080307100653872_0002.pdf

ICT教育推進プログラム協議会「ICT活用ゲートウェイ」の特典制度
ICT教育推進プログラム協議会が展開する「ICT活用ゲートウェイ」
のお得な特典制度が4月より始まります。まずはマイクロソフト協賛
の特典が以下の通りスタートします。
是非、ご活用ください。

○特典1:ポイント還元
マイクロソフト スクールアグリーメントの「School Desktop」ご購入
のお客様に購入数に合わせてポイントを発行。ポイント数に応じて、
ICTスキルアップオンラインのIDや集合研修等をご提供。

○特典2:都道府県包括割引
都道府県単位で、ある一定期間内にマイクロソフト スクールアグリー
メントの「School Desktop(5年契約のみ)」のご購入予定数が2,500
ライセンスに達した場合、対象製品を一括割引いたします。

特典の詳細につきましてはICT活用ゲートウェイWebサイトをご参照
ください。
http://www.ict-consortium.jp/ictg.htm

●文部科学省主催「インターネット活用教育実践コンクール」の各賞決定
 文部科学省主催「第8回インターネット活用教育実践コンクール」の各賞が
決定しましたので、お知らせいたします。
入賞先は、こちらです。
http://www.netcon.gr.jp/old/8th_result.html● 「著作権eラーニング講座」のご紹介
 先生方が、他者の権利侵害をしないためのコンプライアンスとリスクマ
ネージメント等と言った、正しい著作権知識を自宅学習で持って頂ける、
新しい講座が誕生しました。
URLhttp://www.eled.jp/ ※詳細はここ

● ICT授業に役立つ「活用事例集」を贈呈!!
カシオ計算機株式会社では長年にわたり開発してきた学校向けIT機器
(プロジェクタ、教材提示装置など)を使用した「ICT授業の活用事例集」
を作成しました。
この事例集は授業でのICT活用を分かりやすくまとめ、「教育の情報化」
を推進する上で大変参考になるものです。
事例集をご希望の方は 東京都渋谷区本町1-6-2 カシオ計算機株式
会社 システム企画部PJ企画室 授業事例活用係 まで。
また詳しくはこちらのサイトから。 http://casio.jp/projector/

「デジタル・アーキビスト概論」
情報社会の頼れる資格「デジタル・アーキビスト」取得のために、是非
ご一読ください。
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga135/20061019140312063.pdf

ICT教育推進プログラム協議会 中間レポート
200311月のICT教育推進プログラム協議会発足から20069月までの約3
間の活動をレポートにまとめました。研修受講者の声から文部科学省のメッ
セージまで広くご紹介しております。
http://www.ict-consortium.jp/casestudy/index.ht

ICTスキルアップオンライン 申込開始のお知らせ
学校教育における情報化の推進に向けて、教員のICTスキル向上を図るた
めにICTスキルアッププログラムの資産を活用した「ICTスキルアップオン
ライン」の提供を
2006年11月より開始します。本コンテンツでは、ICTスキ
ルアッププログラムの教員研修用コースの中から授業に特化したものを
e-Learning化して全国的に展開していきます。

 お申込みは都道府県および政令指定都市単位で受け付けております。
申込方法等詳細は下記もしくは協議会インフォメーションセンターまで。
電話:048-228-1229、E-mail:info@ict-consortium.jp 

□プレスリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2845

ICTスキルアップオンラインサイト
http://ict.study.jp/


学校のコンプライアンス対策は万全ですか?
 コンプライアンス対策や情報流出対策など学生と教職員向け支援情報満載
マイクロソフト ステップアップ スクエア

コンプライアンス(法令遵守)対策のためにも、ソフトウェアの資産管理は
必須となっています。教育機関を対象にコンプライアンス対策にも効果的な
ボリュームライセンスの情報や、ファイル共有ソフト Winny による情報の
流出の対策、その他、無料のダウンロード支援ツールなどを掲載しています。
各種キャンペーンのお知らせ、プログラミングなどに関するオンラインラー
ニングコンテンツやウェブキャストの情報、イベント情報などをお届けして
いるマイクロソフト ステップアップ スクエア ニュースもあわせて、ぜひ
ご活用ください。
http://www.microsoft.com/japan/academic/default.mspx

--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('10/10/15)
学情研ネットワーク研究会員の「新潟地区」のページに「上杉謙信の城 春日山城」の
地域素材を追加いたしました。 http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究」9月号の目次('10/9/10)
「学習情報研究」9月号が発刊されました。内容は、「新学習指導要領における
情報教育とICT活用のあり方」を特集しています: 

【目次】 (敬語敬称略)
(1)新学習指導要領における情報教育とICT活用   黒上晴夫 (関西大学)
(2)国語科における情報教育 〜平成20年度を境とした変化〜 
                    青山由紀(筑波大学附属小学校)
(3)国語科の情報活用教育とICT活用
   −新『学習指導要領』をふまえて、国語科における情報化対応の授業作りを考える−
                     宗我部義則(お茶の水女子大学附属中学校)
(4)算数と情報教育/ICT活用の在り方  菅 建二(熊本市立山本小学校)
(5)数学教育におけるICT活用の在り方 青木芳文(金沢市立泉中学校)
(6)季節の中を生きる命を見つめて 〜作品づくりから仲間づくりへ〜
                    江口慎一(神奈川県相模原市相模台小学校)
(7)科学的思考力を培うためのICTの活用 観察・実験を重視した理科の授業の実践 
                    松村湖生(関西大学中等部)                     
(8)社会と情報教育/ICT活用の在り方  淺香一世(ロンドン日本人学校)
(9)中学校社会科におけるICT活用の在り方
                    村田貴俊(福井工業大学附属福井中学校)
(10)アイデアを形にする情報教育     澤田一彦(滋賀大学教育学部附属中学校)
(11)情報モラル教育〜生活の中から問題を見付け、学んだことを生活場面に返す〜
                     吉野和美(富士市立田子浦小学校)

[要約紹介(第5回目)] 

-『アイデアを形にする情報教育』 - 澤田一彦
 中学生が、受け手を意識したアイデアの必要性を学び、シンキング・ツール
を利用して、アウトラインから発想を広げたり、対比や集合で表したりす
ることなどによって、アイデアを見える形にするスキルを身につけるように
した。その際、模倣と創造の境界線について考える場面を設定した。本校は
今年度より3ケ年、文科省の開発学校指定を受け、情報の時間の創設に取り
組んでいる。今回紹介する内容は、該当する単元の一部である。
<情報教育、中学校、シンキング・ツール、アイデア、ベン図、著作権>

-『情報モラル教育〜生活の中から問題を見付け、学んだことを生活場面に返す〜』 - 吉野和美
 身の回りにある多くの情報と上手につきあうために、「あれはダメ、これ
はダメ」というような禁止するだけの情報モラル教育ではなく、子どもたち
が、自分で情報を判断し、学んだことを生活場面に返す指導が必要である。
そこで、身近なものから問題を設定し、考えたり、読み解いたりすることで、
判断力やメディアの特性を理解させることを取り入れた情報モラル教育に
取り組んだので紹介する。 
<情報教育、情報モラル、メディアとのつきあい方>

なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大

↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-5919-3401、 Fax.03-5919-3402)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008