*******************************************************************
*
*学情研メールマガジン ============================= 2010/07/30
*              (財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                 【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************
事務局から:「情報教育セミナー2010」では「学校教育の情報化に関する懇談会」
      の最終結果が解き明かされます(
参加定員枠が満杯になりました!)

      スチューデントPC推進コンソーシアム始動し始めました!New!!
  バックナンバー: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次                              (以下敬語敬称略) 
                 

[ニュースコーナー]New!!

●「指導行政のポイント “新成長戦略”にみる教育施策」New!!
新常用漢字指導で専門家会議が初会合
教育の情報化ビジョン素案示す
静岡県教委 ボート事故の報告書作成へ

文部科学省の報道発表より
(1)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
-「国民の読書推進に関する協力者会議」の開催について
- 常用漢字表改定に伴う学校教育上の対応に関する専門家会議(第2回)の開催について
- 「学校教育の情報化に関する懇談会」(第8回)の開催について
(2)「学校教育」関連ニュース
- 平成22年度第1回高等学校卒業程度認定試験出願状況について
- 学校施設等における吹き付けアスベスト等の使用実態調査の結果について
(3)「文部科学省」関連ニュース
- 平成23年度開設予定の大学の学部の学科等の設置届出について(平成22年5月分)
- 「スポーツ立国戦略(案)」の公表について
- 「学校評価ガイドライン」の改訂について

[メッセージ]
● 「情報教育セミナー2010」のポイント4:「基調講演」から「企業団体展示」まで
●「スチューデントPC推進コンソーシアム」始動!New!!
Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑
 - 第9回目 -『教材を見る〜手工業・工芸〜*木工大工*』 -
● Web教材「地野菜で元気になる地域と子供の体験教室」
 - 第23回目 -『地野菜マップ〜津田かぶ(島根県)』 -
● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜」
 - 第23回目 -『
自然体験達人の「技」〜サマーキャンプの事例〜
  
黒川サマーキャンプの『技』を学ぼう〜テント作り方:ロープワーク
』 -
● Web教材「おもしろエネルギー課外教室」
 - 第6回目 -『エネルギーは変身する脱臭剤で電池を作ろう』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (227)アウシュビッツ強制収容所(2)
●「富山のちんどんからくり時計」

[お知らせ]
●「情報教育セミナー2010」のご案内
● デジタル(電子)教科書研究会について!
●「違法・有害情報相談センター」開設のお知らせ
●「青少年を有害情報環境から守るための国民運動」
● ICT教育推進プログラム協議会「ICT活用ゲートウェイ」の特典制度
● 文部科学省主催「インターネット活用教育実践コンクール」の各賞決定

●「著作権eラーニング講座」のご紹介

● ICT授業に役立つ「活用事例集」を贈呈!!
「デジタル・アーキビスト概論」
ICT教育推進プログラム協議会 中間レポート
● ICTスキルアップオンライン 申込開始のお知らせ

● 学校のコンプライアンス対策は万全ですか?

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('10/07/30)
●「学習情報研究」7
月号の目次('10/07/10)
  -授業が変わる!電子黒板導入〜電子黒板導入から半年の軌跡をたどる〜』-
  -『電子黒板活用「日常化」へ向けて』-
  -教室に電子黒板がやってきた!〜みんなで取り組む電子黒板活用〜 』-
  -『管理職のアンテナは、ICTの羅針盤』-

====================================================================

[ニュースコーナー]New!!

●「指導行政のポイント “新成長戦略”にみる教育施策」New!!
           (財団法人学習ソフトウェア情報研究センター 理事長 菱村 幸彦)
  教育開発研究所のホームページ(http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp)の下欄に「教職
研修資料」のコーナーがあります
毎月2回時評を掲載していますのでご覧下さい。
 内容は、http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/06_material/pdf/kenshu349.pdf
ご参照下さい。

 以下では、日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き3点を紹介
します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。

新常用漢字指導で専門家会議が初会合
 今年11月にも内閣告示される改定常用漢字表に学校教育上の対応策を協議する
文部科学省の専門家会議の初会合が7日開かれた。当面の検討事項は@中・高校
での常用漢字の「読み」「書き」の指導の見直しA教科書記載の在り方B高校・
大学入試対応の在り方C筆写(手書き字形)の取り扱い―など。

教育の情報化ビジョン素案示す
 学校教育の情報化に関する懇談会の第7回会合がこのほど開かれ、文科省から
提出された@21世紀にふさわしい学校と学びの創造A学びの場における情報通信
技術の活用B校務の情報化の在り方など6章からなる「教育の情報化ビジョン
(骨子)」素案をもとに審議した。

静岡県教委 ボート事故の報告書作成へ
 静岡県教委は6日、県内の青少年教育施設で起きたボート事故を受けて、事故
の経緯に関する報告書と、青少年教育施設に関する新しい危機対応マニュアルの
作成を始めた。


 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp

文部科学省の報道発表より

文部科学省の報道発表より
(1)「会議・懇談会・表彰式」関連ニュース
-「国民の読書推進に関する協力者会議」の開催について
  文部科学省では、今日の国民の読書や読書環境の現状・課題を把握・
分析し、 読書への国民の意識を高める効果的かつ効率的な取組の検討を
行うため、「国民読書年に関する協力者会議書」を開催することとしました。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/07/1296206.htm
- 常用漢字表改定に伴う学校教育上の対応に関する専門家会議(第2回)
の開催について  文部科学省では、改定常用漢字表の内閣告示に備え、
 学校教育における 漢字の取扱いについて専門家による意見交換を行うため、
「常用漢字表改定 に伴う学校教育上の対応に関する専門家会議」を開催し
ています。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/076/kaisai/1295925.htm
- 「学校教育の情報化に関する懇談会」(第8回)の開催について  
 文部科学省では、今後の学校教育(初等中等教育段階)の情報化に関する
総合的な推進方策について有識者等との意見交換等を行うため、文部科学副
大臣主催の下、「学校教育の情報化に関する懇談会」を開催しています。
第8回の懇談会を以下のとおり開催しますのでお知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/07/1295888.htm
(2)「学校教育」関連ニュース - 平成22年度第1回高等学校卒業程度認定
試験出願状況について
  文部科学省で実施する高等学校卒業程度認定試験について、出願者数等が
決定しましたので下記のとおり、公表いたします。(出願期間は平成22年4月
30日(金曜日)〜5月19日(水曜日))
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/07/1296201.htm
- 学校施設等における吹き付けアスベスト等の使用実態調査の結果について
 学校施設等における吹き付けアスベスト等の使用実態調査の実施状況に
ついて 、 平成22年3月31日時点の状況を取りまとめましたのでお知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/07/1295596.htm
(3)「文部科学省」関連ニュース
- 平成23年度開設予定の大学の学部の学科等の設置届出について(平成22年5月分)
 公私立の大学の学部・学科の設置、大学院の研究科・専攻の設置及び課程の
変更並びに短期大学の学科の設置に当たって、学位の種類や分野を変更しない
などの一定の要件に該当すれば、あらかじめ文部科学大臣に届け出ることにより、
認可を要せずに設置することができます。
これに該当し、設置届出を受理した大学の学部の学科等(平成22年5月分)に
ついては以下のとおりです。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/07/1296202.htm
- 「スポーツ立国戦略(案)」の公表について 文部科学省では、今後の我が国の
 スポーツ政策の基本的方向性を示す 「スポーツ立国戦略」の策定に向けて検討を
進めてきました。 この度、上記の検討を踏まえて「スポーツ立国戦略(案)」を
取りまとめましたので、公表するとともに、「熟議」プロセスによる議論を実施
することといたしましたので、お知らせします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/07/1295841.htm
- 「学校評価ガイドライン」の改訂について
 文部科学省では、平成21年度に設置した「学校の第三者評価のガイドラインの
策定等に関する調査研究協力者会議」の報告「学校の第三者評価のガイドライン
に盛り込むべき事項等について」等を踏まえ、平成22年7月20日に「学校評価ガイ
ドライン」を改訂いたしましたので、お知らせいたします。
(URL参照 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakko-hyoka/1295916.htm


文部科学省:報道発表 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]


● 「情報教育セミナー2010」のポイント4:「基調講演」から「企業団体展示」まで
 
[対象: 校種:全般、学年:全学年、教科:全般]

 今回は「情報教育セミナー2010」のポイントの第4回目です。お陰様で参加者が100名
を超え、参加定員枠が満杯になりました。

(1)参加のポイントの1つは斎藤晴加参事官の「基調講演」です。7月30日に初めて「学校
  教育の情報化に関する懇談会」の最終結果(7月28日)が解き明かされます。

(2)参加のポイントの2つ目は高橋純先生の「特別講演」です。「一斉指導における教科書や
  教材等の拡大提示といったICT活用は,明確な指示等の実現によった効果的な活用方法
  です」と。

(3)参加のポイントの3つ目はD-Projectの中橋雄先生の「特別講演」と「ワークショップ」(WS)

 です。電子黒板5台、大型のプロジェクター2台が登場し、パソコンを参加者自ら活用する4つ
 のワークショップ(WS)が
開催されます。仕上は豊田充祟先生の総括パネルディスカッション:

・WS1:新聞製作(定員30名) 成瀬陽子先生(宮城県登米市立佐沼小学校)
 国語で題材とした新聞作り。参加者は実際に製作したA3版の新聞を持ち帰れます。
 ☆電子黒板、パソコン8台、デジカメ10台を用い、大判の赤付箋紙青付箋紙
   を活用し、映像と言葉をどう組み合わせ作成するかを体験します。

・WS2:CMづくり(定員40名)  山本直樹先生(京都市立桂徳小学校)
 パソコン8台を使って簡単なCM(コマーシャル)を実際に作ってみます。
 ☆4〜5人に1台のパソコンを使っての映像制作への挑戦です。

WS3:プレゼンテーション(〃40名) 岩崎有朋先生(鳥取県教育センター)
 学習活動として子どもたちにさせることの多いプロジェクターを用いたプレゼンテーション。
 ☆黒、できれば、緑)のカラーペンを各自1本ずつ持ち、プレゼンテーションの工夫と
  学習上の配慮点を学びます。

・WS4:デジタル教材で授業づくり(〃40名) 佐藤幸江先生(横浜市立高田小学校)
 デジタル教材をもとに授業での効果的な活用について、授業づくりをしながら理解します。
 ☆電子黒板2台とパソコン2台を用い、実際に国語デジタル教科書(4年生上・下)と
  国語教科書(4年生上・下)
等を使用して授業づくりを体験します。

(4)ポイントの4つ目は、約20社からなる「企業団体展示」です。
 大別すると3大コーナーに分類され、@ソフトメーカ8社からなる「教材・校務ソフト」コーナー、
Aパソコン・電子黒板・プロジェクター等の展示を行う「ハードウェア」コーナーと、B教育分野の
「関連団体」コーナー
からなります。
《詳細・申込URL》 http://www.gakujoken.or.jp/ghp/seminer2010.html


●「スチューデントPC推進コンソーシアム」始動!
  [対象: 校種:全般、学年:全学年、教科:全般]

 日本の学校は海外に比べてICTの普及が遅れていると言われておりますが、子ども達の家庭におい
ても懸念事項が出てきています。
2008年4月に発表された財団法人日本青少年研究所の調査「高校生の消費に関する調査」によれば
 日本、韓国、中国、アメリカの高校生の携帯電話とパソコンの所有率は以下の通りになります。
  ■「携帯電話を持っている」 日本96.5%、韓国86.1%、アメリカ79.6%、中国63.4%
  ■「パソコンをもっている」 日本21.0%、米国60.7%、中国43.3%、韓国41.2%


 現代の情報化社会において、個人用情報端末と言えばパソコンという中で日本の子ども達のICT レ
ディネスに歪みの傾向が見られます。従って、情報化社会に早い段階から対応いただく、また、家庭に
おける学習機会増大のために子ども一人一人に子ども向け情報端末(パソコン)の利活用を広めるため
の社会貢献事業を企業と連携しながら展開することが必要だと考えています。
 この展開に向けて、財団法人学習ソフトウェア情報研究センター主管で「スチューデントPC推進コンソ
ーシアム(略称:JSPC)」を7月30日より立ち上げることになりました。
 是非、教育委員会および企業のご参加をお願いいたします。

 -コンソーシアム名:スチューデントPC推進コンソーシアム(略称:JSPC)
 -主管:財団法人学習ソフトウェア情報研究センター
 -対象:児童生徒(教育委員会経由で案内)
 -提供物:子ども向け情報端末(ソフトウェア/学習コンテンツ/パソコン等を組み合わせたパッケージ)
 -保護者のメリット:子ども達が家庭で安心して使える子ども向け情報端末をより低価格で入手するこ
  とが可能になる
 -開始日:2010年7月30日

 -URL:http://www.gakujoken.jp/JSPC/




以下の教材は、子どもゆめ基金(独立行政法人 国立青少年教育振興
機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。

● Web教材「子どもたちの職業観を育成するe―手仕事図鑑」
第9回目 -『教材を見る〜
手工業・工芸〜*木工大工*』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習の時間・共通]

 
苦労しながら手に職をつけ、元気に働く人々の姿を紹介しながら、働くことの
意味、生きがい、喜びなどが共感できるe−手仕事図鑑をネットワーク上で利用
可能としたものです。
この教材は、さまざまな手仕事にたずさわる職人の方々をイラスト、音、動画
で紹介しています。
全国のe−手仕事図鑑は、手仕事学習データベースにより結ばれ、全国の子ど
も達の交流を可能としています。
 本教材およびシステムの利用は、非営利の教育目的の場合に限ります。

家具 樋口 敬二さん

木のぬくもりを感じる木製家具。
どの様な姿勢で、木材と向き合えば美しい家具が生まれてくるのでしょう。


<動画> http://211.19.198.69/teshigoto/content/11/video/index.html



《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「地野菜で元気になる地域と子供の体験教室」
第23回目 -『地野菜マップ〜津田かぶ(島根県)〜』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習の時間・共通]

 昔から地域に伝わり地域固有の食文化を創り上げてきた「地野菜」が、
農業に携わる人々の高齢化と地域の過疎化が深刻化し、存続が危惧されて
いる。その中で、一部の地域では、地野菜を守る研究団体やサークル活動
や地域の子どもたちも参加する新しい活動が始まりつつあります。本コン
テンツは、地野菜の普及や継承に取り組む事例を紹介しながら、地野菜と
共に生きてきた地域の人々の生活史や郷土の食文化を改めて見つめ直す等
の幅広いテーマで地野菜を取り上げています。本コンテンツで紹介する内
容は、地野菜や地域食文化を学ぶための資料となるだけでなく、地野菜を
テーマとした子どもたちの体験活動や地域活動を推進する上での活性化を
目指した活動を行なう上での教材としても活用できます。


地野菜マップ

全国には数多くの地野菜があります。ここでは、各地方で親しまれてい
るものや、形などに特徴があって珍しいものなどを選びました。いずれも
現在作られています。今回は中国地方の「津田かぶ(島根県)」
のご紹介です。



《写真をダブルクリックしてください》

● Web教材「森の達人アーカイブ〜自然体験の「技」を学ぼう!〜」
- 第23回目 -『自然体験達人の「技」〜〜サマーキャンプの事例〜
*黒川サマーキャンプの『技』を学ぼう〜テント作り方:ロープワーク〜』 -

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習の時間・共通]

本コンテンツは、子どもの自然体験活動をより安全に、より楽しく実り
あるものにする為の、自然の中で生きる術としての「技」のアーカイブです。
体験活動に参加した子どもたちが、自然に触れ合うだけでなく、「技」を
覚え、それを身に付けることで、楽しさだけでなく自信も芽生え、更には
技術を習得することへの関心や意欲づけに結び付けていくことを目指してい
ます。
本コンテンツでは、基本の技や知識の紹介の他、関連する多くの参考サ
イトを紹介しており、自然体験活動の「技」を学ぶ為のポータルサイトと
してご活用頂けます。また、サマーキャンプの事例紹介では、既に自然体
験活動を行っている方々はもちろんのこと、これから始めようとしている
個人あるいは団体にとってのプログラム作りの目安として、ご活用頂けます。 

【自然体験達人の「技」〜黒川サマーキャンプの『技』を学ぼう〜
  *テント作り方:ロープワーク*】




《写真をダブルクリックしてください》


● Web教材「おもしろエネルギー課外教室」
- 第6回目 -『
エネルギーは変身する〜脱臭剤で電池を作ろう』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:理科・共通]

 「おもしろエネルギー課外教室」を連載いたします。


エネルギーについてお話します

火は、人間が初めて手にしたエネルギーです。その出会いは、約40万年もの
はるかな昔。枯れた木が燃えやすいことや、木が燃えて炭になると長く燃え
続けることを知りました。火のエネルギーで、私たちの祖先は寒い冬を暖か
く過ごしたり、食物を焼いて食べやすくしました。続いて、火を使って金属
を作り、それをクワやスキにして作物を育てたりもしました。

脱臭剤で電池を作ろう。

電池は不思議です。小さなボディに電気がたくさんつまってます。電池がな
かったら、ラジオや携帯プレーヤーや携帯電話も使えません。電池は、どん
な仕組みで電気を出しているのでしょう。
台所にある材料を組み合わせて、電池を作ります。やってみると、意外とかんたん!

実験の材料

●活性炭入り脱臭剤(1コ)  
●アルミホイル(20cm角の大きさ 4枚)
●ペーパータオル(23cm角の大きさ 2枚)  
●食塩水(100CCの水に3gの食塩を溶かしたもの)
●クリップつきリード線 (30cmぐらいのもの2本)  
●電子オルゴール(1コ)  
●霧吹き(1本)

<動画> http://www.gakujoken.or.jp/omoshiroE/movie/02_battery.wmv



《写真をダブルクリックしてください》

 本教材の学習方法などは、以下の「おもしろエネルギー課外教室」のURLを
ご参照ください。

おもしろエネルギー課外教室:http://www.gakujoken.or.jp/omoshiroE/index.html


-------------------------------------------------------------------
[特別寄稿]「世界の旅バーチャル・グランドツアー (227)アウシュビッツ強制収容所(2)
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 「アウシュヴィッツ強制収容所」は鉄道の便がよく、工業用資源の産地が近く、
広い土地、ヨーロッパの中心にあるという理由でポーランド南部のオシフィエンチム
市の周りに建設された収容所の総称で、収容所には「第一強制収容所」「第二強制収
容所ビルケナウ」や「第三強制収容所モノビッツ」が含まれます。

 アウシュヴィッツに移送されてきたユダヤ人や政治犯、ジプシー、障害者などは
到着後すぐに労働可能か選別され、労働に適さないと判断された老人、女性、子供
たちはその場でガス室に送り込まれました。子供は120センチ以下という基準があった
ものの、引率の教員共々その場でガス室へ送られ殺害されたということです。また、
医師による人体実験も行われていました。

 以前は「アウシュヴィッツ強制収容所」の名前でユネスコ世界遺産の登録はされ
ていましたが、ポーランド政府の名称変更要請により、2007年には「アウシュヴィッツ
=ビルケナウ−ドイツ・ナチの強制・絶滅収容所(1940年-1945年)」に変更されました。

 ≪動画・静止画「アウシュビッツ強制収容所(2)」のホームページ≫



《写真をダブルクリックしてください》


「門司港レトロ観光列車の旅」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の黒野(サイバー大学・社会人学生)さんから、山口県北九州
市の「門司港レトロ観光列車『潮風号』」の映像が送られてきました。

 門司港レトロ観光列車「潮風号」は、臨港鉄道を活用し平成21年4月26日から観光列車を運
行開始しました。運行区間は、北九州市門司区門司港レトロ地区から和布刈(めかり)地区
までです。

 今回の映像からは「世界に誇る関門海峡(関門橋、関門トンネル)、門司港レトロ地区など
を国内外の多くの人に知らせたい」という黒野さんの熱い思いが伝わってきます。
 

≪動画・静止画「門司港レトロ観光列車の旅」のHP≫


《写真をダブルクリックしてください》



「富山のちんどんからくり時計」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、富山県富山市の「富山のちんどんからくり
時計」の映像が送られてきました。

富山駅構内にあるからくり時計は2000年に完成しました。
ちんどんマンのキャラクターで、曲も「美しき天然」が流れます。
富山の春の風物詩である全日本チンドンコンクールは、平成22年4月で56回を迎えてい
ます。
 
第二次世界大戦中に大道芸が禁止され、1941年にはちんどん屋禁止令が出されまし
たが、経済の成長とともに再びちんどん屋の黄金時代が訪れました。そこで、市民の心
に明るさを取り戻そうと富山市や富山商工会議所の発案で全日本チンドンコンクールが、
誕生しました。
 富山市が戦災の焼け跡から復興した昭和30年のことです。最近は、松川べりの桜ま
つりの頃に満開の花の下を笛や太鼓の音を響かせてチンドンが練り歩きます。

  来月(8月)には、花火大会が行われます。

≪動画・静止画「富山のちんどんからくり時計」のHP≫


《写真をダブルクリックしてください》


《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫
(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)

--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]


●デジタル(電子)教科書研究会について
6月13日に「電子教科書研究会」が岐阜ならびに沖縄にて開催されました。
電子教科書研究会の報告は、以下のURLをご覧ください:
http://dac.gijodai.ac.jp/archivist/info/20100613/20100613.htm

「違法・有害情報相談センター」開設のお知らせ
(社)テレコムサービス協会では平成20年2月より、総務省から違法・
有害情報に関する相談業務を請け負い、電気通信事業者向けに進めて
きましたが、平成21年8月4日から対象者を拡大し、学校関係者からの
相談も受付けるようになりました。相談は無料ですので、どうぞご利用
下さい。

・学校、教育関係者向け案内   http://www.ihaho.jp/info/pamph-school.pdf
・センター トップページ    http://www.ihaho.jp/
・センター 問合せ先電話番号  03-5644-4800

「青少年を有害情報環境から守るための国民運動」
内閣府の岸田文雄(IT・国民生活担当大臣)から「青少年を有害情報
環境から守るための国民運動 - 有害サイトから子供を守る」のメッセ
ージが届きました。
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga171/20080307100653872_0001.pdf
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga171/20080307100653872_0002.pdf

ICT教育推進プログラム協議会「ICT活用ゲートウェイ」の特典制度
ICT教育推進プログラム協議会が展開する「ICT活用ゲートウェイ」
のお得な特典制度が4月より始まります。まずはマイクロソフト協賛
の特典が以下の通りスタートします。
是非、ご活用ください。

○特典1:ポイント還元
マイクロソフト スクールアグリーメントの「School Desktop」ご購入
のお客様に購入数に合わせてポイントを発行。ポイント数に応じて、
ICTスキルアップオンラインのIDや集合研修等をご提供。

○特典2:都道府県包括割引
都道府県単位で、ある一定期間内にマイクロソフト スクールアグリー
メントの「School Desktop(5年契約のみ)」のご購入予定数が2,500
ライセンスに達した場合、対象製品を一括割引いたします。

特典の詳細につきましてはICT活用ゲートウェイWebサイトをご参照
ください。
http://www.ict-consortium.jp/ictg.htm

●文部科学省主催「インターネット活用教育実践コンクール」の各賞決定
 文部科学省主催「第8回インターネット活用教育実践コンクール」の各賞が
決定しましたので、お知らせいたします。
入賞先は、こちらです。
http://www.netcon.gr.jp/old/8th_result.html● 「著作権eラーニング講座」のご紹介
 先生方が、他者の権利侵害をしないためのコンプライアンスとリスクマ
ネージメント等と言った、正しい著作権知識を自宅学習で持って頂ける、
新しい講座が誕生しました。
URLhttp://www.eled.jp/ ※詳細はここ

● ICT授業に役立つ「活用事例集」を贈呈!!
カシオ計算機株式会社では長年にわたり開発してきた学校向けIT機器
(プロジェクタ、教材提示装置など)を使用した「ICT授業の活用事例集」
を作成しました。
この事例集は授業でのICT活用を分かりやすくまとめ、「教育の情報化」
を推進する上で大変参考になるものです。
事例集をご希望の方は 東京都渋谷区本町1-6-2 カシオ計算機株式
会社 システム企画部PJ企画室 授業事例活用係 まで。
また詳しくはこちらのサイトから。 http://casio.jp/projector/

「デジタル・アーキビスト概論」
情報社会の頼れる資格「デジタル・アーキビスト」取得のために、是非
ご一読ください。
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga135/20061019140312063.pdf

ICT教育推進プログラム協議会 中間レポート
200311月のICT教育推進プログラム協議会発足から20069月までの約3
間の活動をレポートにまとめました。研修受講者の声から文部科学省のメッ
セージまで広くご紹介しております。
http://www.ict-consortium.jp/casestudy/index.htm

ICTスキルアップオンライン 申込開始のお知らせ
学校教育における情報化の推進に向けて、教員のICTスキル向上を図るた
めにICTスキルアッププログラムの資産を活用した「ICTスキルアップオン
ライン」の提供を
2006年11月より開始します。本コンテンツでは、ICTスキ
ルアッププログラムの教員研修用コースの中から授業に特化したものを
e-Learning化して全国的に展開していきます。

 お申込みは都道府県および政令指定都市単位で受け付けております。
申込方法等詳細は下記もしくは協議会インフォメーションセンターまで。
電話:048-228-1229、E-mail:info@ict-consortium.jp 

□プレスリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2845

ICTスキルアップオンラインサイト
http://ict.study.jp/


学校のコンプライアンス対策は万全ですか?
 コンプライアンス対策や情報流出対策など学生と教職員向け支援情報満載
マイクロソフト ステップアップ スクエア

コンプライアンス(法令遵守)対策のためにも、ソフトウェアの資産管理は
必須となっています。教育機関を対象にコンプライアンス対策にも効果的な
ボリュームライセンスの情報や、ファイル共有ソフト Winny による情報の
流出の対策、その他、無料のダウンロード支援ツールなどを掲載しています。
各種キャンペーンのお知らせ、プログラミングなどに関するオンラインラー
ニングコンテンツやウェブキャストの情報、イベント情報などをお届けして
いるマイクロソフト ステップアップ スクエア ニュースもあわせて、ぜひ
ご活用ください。
http://www.microsoft.com/japan/academic/default.mspx

--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('10/07/30)
学情研ネットワーク研究会員の「栃木地区」のページに「足利学校」地域素材を追加いた
しました。 http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究」7月号の目次('10/07/10)
「学習情報研究」7月号が発刊されました。内容は、「電子黒板はどのように普及するか」
を特集しています: 

【目次】 (敬語敬称略)
(1)総説:電子黒板活用の現状と課題  中川一史(放送大学)
(2)あらゆる教科で活用を!電子黒板はじめの一歩 小林祐紀(金沢市立小坂小学校)
(3)教室に電子黒板 〜黒板との併用を考える〜  佐藤幸江(横浜市立高田小学校)
(4)小学校1年生での電子黒板の活用事例 
     −電子黒板活用で授業・子どもが変わる?!−
                    菊地 寛(浜松市立豊岡小学校)
(5)電子黒板と児童1人1台のタブレットPCで新しい学びを
                    本岡 朋(和歌山市立有功東小学校)
(6)授業が変わる!電子黒板導入〜電子黒板導入から半年の軌跡をたどる〜
                    安達正博(札幌市立幌西小学校)
(7)電子黒板活用「日常化」へ向けて  増井泰弘(丸亀市立城北小学校)
(8)教室に電子黒板がやってきた!〜みんなで取り組む電子黒板活用〜 
                    成瀬 啓(宮城県教育研修センター)
(9)管理職のアンテナは、ICTの羅針盤  福田晴一(杉並区立和田小学校)
(10)「電子黒板の活用で、よい授業作りができる教師集団を目指して」
                    児玉晴男(宮崎県教育庁中部教育事務所)
(11)校内だからできる協同型研修スタイル
                    岩ア有朋(鳥取県教育センター情報教育課)
(12)電子黒板を生かした授業改善の実践研修 山本朋弘(熊本県立教育センター)
(13)教室におけるコミュニケーションを促す指導方略
                    中橋 雄(武蔵大学社会学部)
(14)授業や単元におけるICT活用の特徴  高橋 純(富山大学人間発達科学部)
(15)情報リテラシーから探究学習へ   河西由美子(玉川大学通信教育部教育学部)
(16)玉川学園マルチメディアリソースセンターにおける「学びの技」の活動と評価
    伊藤史織(玉川学園 学園マルチメディアリソースセンター 学習支援室)

[要約紹介(第2回目)] 

-『授業が変わる!電子黒板導入〜電子黒板導入から半年の軌跡をたどる〜』 - 安達正博

 本校が電子黒板を導入して約半年、それまでICTとは無縁だった学校が、
電子黒板を日常的に使うようになるまでの経緯を次の点に絞って紹介する。
・電子黒板の活用や周辺機器の整備をどのように図ったのか
・校内でどのような研修を行ったのか
・現在どのような使い方をしているのか
・授業がどのように変わったのか
<情報教育、電子黒板、校内研修、ICT活用>

-『電子黒板活用「日常化」へ向けて』 - 増井泰弘
 丸亀市立城北小学校(各学年2クラス・特別支援学級5クラス)は、
「電子黒板を活用した教育に関する調査研究」の調査研究実施校115校
のうちの1校である。本校においては、16台の電子黒板と実物投影機や
ノートパソコン・各種ソフトウェアなどの周辺機器が普通教室に導入された。
電子黒板設置1カ月で、ほぼ全ての教員が何らかのかたちで電子黒板を活用
しての授業実践を行い、多くの教員が日常的に電子黒板を活用しての授業を
行っている。ここでは、電子黒板活用日常化へ向けての本校の取り組みを紹
介したい。
<電子黒板、日常化、現職教育、授業公開、実践事例集>

-『教室に電子黒板がやってきた!〜みんなで取り組む電子黒板活用〜』 - 成瀬 啓
 本校(宮城県栗原市立大岡小学校…筆者の前任校)では、全教室に電子黒
板が活用できる環境をととのえ、児童の学力向上に向けて、日常的に活用し
てきている。様々な方面の方々とのバックアップ体制の充実と、校内研修・
研究の充実により、教職員全員で、電子黒板活用の日常化とさらなるレベル
アップを図った。
<電子黒板活用、ICT環境の充実、情報教育、ICT活用の日常化、ICT活用授業モデル> 

-『管理職のアンテナは、ICTの羅針盤』 - 福田晴一
 日々の多忙な教育活動で多くの教員は、関心があっても、新しい情報を
入手したり、新しい機器に触れたりする機会が少ない。そこで、管理職が
アンテナを高くし、時代の流れに即した情報提供、機会提供をする必要が
あると捉え、新しい取り組みに始動した。
<企業連携、ばなし理論、創造性と編集能力>


なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大

↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
≪写真をダブルクリックして下さい≫


なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-5919-3401、 Fax.03-5919-3402)          学情研事務局
ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008