*******************************************************************
*
* 学情研メールマガジン ============================= 2002/07/12
*
*              (財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                 【http://www.gakujoken.or.jp/
*******************************************************************
事務局から:
今回も学情研(文部科学省生涯学習政策局所管)と関係の深い方々に、教育界
の近況をご紹介する意味で、学情研メールマガジンを送らせて戴きました。
 配信登録やバックナンバーは下記URLからお願いいたします。
         (http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html)

 次回から「学情研メールマガジン」の配信を希望されない方は、下記E
メールアドレスにこのメールマガジンをご転送下さるか、その旨ご連絡くだ
さい。今後とも、ご指導・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。
         (連絡先)Eメール: gjk@gakujoken.or.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                         (以下敬語敬称略)
□ 目次

[ニュースコーナー]New!!
● 学校の安全管理 設置者責務など追加      
● 学校図書費を調査へ    
● 塾講師が中学校で授業へ   

[メッセージ]
● 「海外情報 
    日本のビッグニュースとアメリカの数学理科教育の役立つサイト」

[ほんねとーく]
● 「IT地域学習のためのビデオワークショップ」

[特別寄稿]
●「世界の旅 - バーチャル・グランドツアー(20) -ガウディの世界遺産」

[学情研の動き]
● 学情研主催「情報教育セミナー2002」開催のお知らせ
●「学情研ネットワーク研究会員」のページの新情報('02/07/12)
●「学情研ネットワーク研究会員」募集のお知らせ

====================================================================
[ニュースコーナー]New!!
日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き3点を
紹介します。なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。

● 学校の安全管理 設置者責務など追加
  学校施設の安全管理について検討している文部科学省の調査研究協力者
会議は7月中旬に予定する最終報告に、「設置者等の責務」と「開かれた
学校施設づくりと学校施設の防犯対策」の2項目を追加して盛り込むこと
を決めた。
     
● 学校図書費を調査へ
  文部科学省は7月中に各市町村の図書整備費の実態調査に着手する方針
を固めた。平成13年度の予算・決算額、14年度の予算額について、調
べる。
    
● 塾講師が中学校で授業へ
  東京都杉並区教委は今秋から、一部の中学校で塾や予備校の講師が数学
の授業をすることを決めた。希望する学校から2、3校を選び、9月から
12月の間に、一校につき5時間程度実施する。

 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp/ (毎週金曜日に更新)
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール: henshu@kyoiku-press.co.jp

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

● 「海外情報 
    日本のビッグニュースとアメリカの数学理科教育の役立つサイト」
  (国立教育政策研究所 堀口秀嗣)

 最初に、これは海外の情報ではないけれど、ビッグニュースです。

 文部科学省初等中等教育局に「情報化への対応」というコーナー?
ができて、これまでの流れや関連資料が整理されて情報提供されるようにな
りました。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/index.htm

 特に今回の大きな目玉は、新「情報教育に関する手引」がアップされたこ
とです。これは、平成3年8月にぎょうせいから最終改訂版が出版された
「情報教育に関する手引」(昨年までの学習指導要領における学校の情報化
に関するバイブルとなったもの)の改訂版です。

 詳しくは直接読んでいただきたいし、井口先生が内容を紹介されるかも
しれません。今年からの新しい学習指導要領の情報化に関連したバイブルに
なることが期待されているものです。2年ほど前から、出るだろうと予想さ
れていたものが、ようやく出てきたという貴重な情報です。

 主旨としては、すべての先生がかかわる情報化になって、90万人のすべ
ての先生が手にして関連する部分を読んで欲しいという主旨から章立てされ
ています。
 また、これまでのキーとなる情報や調査資料が紹介されているのも、これ
までの複雑な流れを理解するのに役立ちます。


 次の話題として、本題であるアメリカの面白いサイトの続編です。

 http://www.enc.org/ アイゼンハワー ナショナルクリアリングハウス
このサイトは連邦教育省のプロジェクトに関連して、1992年にオハイオ
州立大学に設立されたコンソーシアムで、理科・数学の教育に関する情報を
教師や保護者に提供することを活動の柱としています。

 カリキュラムからテクノロジー利用やそのプロジェクトなど、様々な情報
が整理されて提供されています。ぜひ、理科と数学の先生は見に行って欲し
いサイトです。

 例えば、無線を利用した理科野外授業の例やインターネット利用の様々な
プロジェクトや、教員研修などが紹介されています。

 軽い話題として、ここでは、毎月、ブラウザで答えられる今日的な話題に
関するアンケートを実施していて、6月の調査(poll)は「教師は自分
のお金で学級に必要ないろいろなものを購入していますが、あなたは何を一
番多く購入しますか」というもの。

 5つの選択肢があって、6月は全部で169票投票された結果が紹介され
ています。
(1)児童生徒の学習を豊かにする市販の本     36(21%)
(2)プロジェクト学習や実験に必要な資料や消耗品 44(26%)
(3)電卓やセンサーなどの電気的な部品や機器    6( 3%)
(4)ビデオやソフト、キットなどの補助教材    45(26%)
(5)基本的な必要物品(鉛筆・紙・包帯・
   ティッシュやお腹を空かした子どもの食べ物) 38(22%)

 (5)のようなものへの出費が22%あったというのは驚きでした。
 日本でやったらどんな数字になるか、おもしろいでしょうね。

 これまでに行われた投票とその結果について、アーカイブが作られていて
面白い。
  http://www.enc.org/thisweek/poll/archive/1,1430,,00.shtm

 例えば、「どのようなテクノロジーがあなたの教室での数学や理科の授業
で有効に使えるか」という問には、
(1)ノート型パソコンやPDA          93(14%)
(2)インターネットへのアクセス        126(19%)
(3)無線ラップトップコンピュータ       176(27%)
(4)バーチャルスクールなどのオンラインコース  75(11%)
(5)学習ソフト                171(26%)

 オンラインコースが11%あったことや、学習ソフトが26%あったこと
も日本と違う状況のように思います。これもぜひ見てみてください。


--------------------------------------------------------------------
[ほんねとーく]

● 「IT地域学習のためのビデオワークショップ」
  (学習ソフトウエア情報研究センター 澤井 進)

 8月8日(木)、『総合的な学習の時間』の地域学習で利用可能な動画
(ビデオ)素材を紹介するビデオワークショップが開催されます。場所は
東京・銀座に隣接する日本ビクター新橋ビル・地下ホールです。 ≪案内≫
             http://www.gakujoken.or.jp/dam/panf1.jpg

 第1回目の今回は、小・中・高等学校の教育現場でIT(情報技術)を活
用した映像教育をすすめるために必要な、以下の3点のノウハウを研究しま
す:
 1)映像と情報リテラシーの重要性を認識し、
 2)優秀な作品を鑑賞し、分析ノウハウを習得し、
 3)情報リテラシーに関して文字・映像媒体の違いや背景を討論します。
        ≪優秀作品例1)子供達と共に、2)甦れ!琵琶湖のヨシ≫
            http://www.gakujoken.or.jp/dam/kodomo1.mpg
            http://www.gakujoken.or.jp/dam/yosi1.mpg

 教育現場でデジタル動画を使いたいとお考えの方にお薦めのワークショッ
プです。今後、動画制作のためのワークショップも予定されていますので、
ご活用ください。

--------------------------------------------------------------------
[特別寄稿]

●「世界の旅 - バーチャル・グランドツアー(20) -ガウディの世界遺産」
(連載) [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:共通]


 今回は、スペイン北東部カタルーニャ地方の中心都市バルセロナ市の世界
遺産の2001年7月下旬の動画像です:

 交差点を曲がると、バルセロナのシャンゼリゼと言われるグラシア通り、
街路樹が茂る落ち着いた新市街の目抜き通りに入ります。突然バスが止まり
「これが『カサ・バトリョ』、アントニ・ガウディのデザインで改修された
住宅です」というアナウンスがあります。

 この建物は海がテーマで、屋根は魚のうろこ、壁面に埋め込まれた色鮮や
かなガラス・モザイクが特長です。
 バスはグラシア通りにある世界遺産「カサ・ミラ」を右手に見ながら、
ガウディが48才の時にデザインした世界遺産「グエル公園」に向かいます。

 グエル公園は、1900年から1914年までかけて制作されたガウディの代表作
の1つです。当初は未来の緑地都市の住宅地として計画されたが、資金面の
問題があり、1922年に公園として一般公開されました。 ≪動画≫
                   http://www.gakujoken.or.jp/dam/gaudi1.mpg

 グエル公園は、色鮮やかなタイルで彩られた蛇行するベンチに囲まれてい
るテラスが特長で、ベンチからは家々と青い地中海が望めます。また、家々
の間からは、ガウディの別の代表作である「サグラダ・ファミリア聖堂」の
みごとな2本の尖塔部が工事用の鉄塔とともにそびえています(完成の暁に
は世界遺産に仲間いりするといわれています。次回以降に提供予定)。

 テラスの下のドーリス式列柱が並ぶ空間では、ビゼー作「アルルの女」第
2組曲の「メヌエット」をフルートで吹いている人がいます。 ≪動画≫
                   http://www.gakujoken.or.jp/dam/gaudi2.mpg

 グエル公園の入口は、白いモザイク塔を持つ管理事務所と、童話の中のお
菓子の家のような建物があり、テラスの人々を引きつけています。周りには
工事の際に出てきた岩を使い、自然を形どったさまざまの形状の回廊があち
こちにあります。        ≪動画≫
                   http://www.gakujoken.or.jp/dam/gaudi3.mpg

 「自然こそが教科書だ」といった、ガウディの言葉を噛み締めながら、
これらの世界遺産を鑑賞したいものです。


--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 学情研主催「情報教育セミナー2002」開催のお知らせ
 昨年につづいて今年も、学情研主催「情報教育セミナー2002」を開催し
ます。今年は、8月6日パシフィコ横浜で日本教育新聞社主催「教育ソリ
ュージョンフェア2002」(8月6日〜7日開催)と同時に開催します。
 先着90名限定となっていますので、奮ってご参加ください。
                         (締切り7月上旬)

●「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研」の新情報('02/07/12)
 学情研ネットワーク研究会員のページ「沖縄地区版」に文部科学大臣奨励賞
(個人)「沖縄たんけん」の体験版(自然のみクリック可)を追加しました。
         、
● 「学情研ネットワーク研究会員」の募集
 学情研では新規の「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。
特に、コンピュータメーカOBや元教員の方の登録を歓迎いたします。

--------------------------------------------------------------------

【アドレスの変更・メールの配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp/
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)


【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jp まで連絡下さい。
(電話03-3464-1980、Fax.03-3464-2302)         学情研事務局

          ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2001