*******************************************************************
*
*学情研メールマガジン ============================= 2008/04/11
*              (財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                 【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************
事務局から:平成20年度学習ソフトウェアコンクール作品の募集を開始しています!
  文部科学省生涯学習政策局所管で主に学習ソフトウェア収集・提供を行う
「学情研」と関係の深い方々に学情研メールマガジンを送らせて戴きました。
動画・カラー版は下記URLからご覧いただけます。
  ( http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
  次回から「学情研メールマガジン」の配信を希望されない方は、下記E
メールアドレスにこのメールマガジンをご転送下さるか、その旨ご連絡く
ださい。今後とも、ご指導・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。
         (連絡先)Eメール:gjk@gakujoken.or.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次                      (以下敬語敬称略)
[ニュースコーナー]New!!

「生きる力」継続を評価 新学習指導要領を公示
次期指導要領視野に教育課程を編成 東京都教委
不正や非効率的行政事務に「通報制度」

[メッセージ]
● 「ここから始める情報モラル教育」
● Web教材「子どもたちのためのマナースキル“集団活動編”」
  新連載- 第1回目 『スピード直感クイズ〜キミならドッチ!〜あそびかた』 -
● Web教材「おもしろ宇宙教室」  
  - 第11回目 『FAQ みなさんの質問と回答』 -

● 子どもアーキビストの新バージョン「郷土文化レッドデータバンク」
  - 第23回目『島根県隠岐郡知夫村 島の暮らし(8)井戸
   〜過去と現在の違いを比較する〜』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (167)「カンボジア アンコール遺跡群」
●「春の横浜散歩

[お知らせ]
●「青少年を有害情報環境から守るための国民運動」
● ICT教育推進プロプラム協議会「ICT活用ゲートウェイ」の特典制度
● 文部科学省主催「インターネット活用教育実践コンクール」の各賞決定

●「著作権eラーニング講座」のご紹介

● ICT授業に役立つ「活用事例集」を贈呈!!
「デジタル・アーキビスト概論」
ICT教育推進プログラム協議会 中間レポート
● ICTスキルアップオンライン 申込開始のお知らせ

● 学校のコンプライアンス対策は万全ですか?

[学情研の動き]
● 平成20年度学習ソフトウェアコンクール募集案内
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('08/04/11)
●「学習情報研究」3月号の目次('08/03/10)
  -デジタルハイビジョン自作教材の活用 〜中田中学校の場合〜』
  -『デジタルハイビジョン自作教材の活用 〜本校での研究・実践をみまえて〜』

●「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ

====================================================================
[ニュースコーナー]New!!

日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き3点を紹介します。
なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。

「生きる力」継続を評価 新学習指導要領を公示
 渡海文科相は3月28日、幼稚園教育要領と小・中学校学習指導要領を公示した。
  60年ぶりに改正された教育基本法を受け、「生きる力」の基本理念は引き継ぎ
つつ、時数増や小学校に外国語活動などを導入した。現場からは理念として「生き
る力」を継続したことを評価する意見が出ている。

次期指導要領視野に教育課程を編成 東京都教委
 
東京都教育委員会は3月28日に開いた定例会で、次期学習指導要領を視野に入
れた都立高校の特色ある教育課程編成を支援するため、今月中に検討委員会を設置
すると報告した。
 検討委員会は大学教員や都立高校長、教委関係者らで構成。平成21年度からの
各校の教育課程編成に生かせるよう、11月に報告書をまとめる。

不正や非効率的行政事務に「通報制度」
 和歌山県教委は新年度から「不正行為等通報制度」を導入した。
 教育委員会事務局などや県立学校の事務、事業などで、不正行為(法令違反や不
正・不当な行為など)、不適正で非効率的な行政が行われていると思われる事務が
あった場合、早期に発見して、是正するため、県民や教職員から通報してもらう制
度。封書、電子メールで通報するというもの。
 匿名も可能だが、十分な調査を実施するため、連絡先の明記を要望している。

 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp

--------------------------------------------------------------------
[メッセージ]

● 「ここから始める情報モラル教育」 
  (学習ソフトウェア情報研究センター  澤井 進)
[対象: 校種:全校、学年:全学年、教科:道徳、全教科]

 今回は「昨年8月1日(木)、東京・アルカディア市ヶ谷で開催されたパネルディ
スカッション「ここから始める情報モラル教育」の後半をご紹介いたします。
詳細は「学習情報研究」2007年9月号に記載されていますのでご活用下さい。

【コーディネータ】  堀田 龍也 独立行政法人メディア教育開発センター准教授
【パネリスト】    堀  泰洋  富山県富山市立船峅小学校教諭
           宮本 朋典  静岡県浜松市立和田東小学校教諭
           宮脇 康一  東京都墨田区立第四吾嬬小学校教諭
           吉野 和美  静岡県富士市立田子浦小学校教諭
【発表テーマ】  
  @「普段の言葉の指導から」(宮脇先生)
  A「情報モラル教材から」(堀先生)
  B「テレビ番組の視聴から」(宮本先生)
  C「家庭での実態の把握から」(吉野先生)

 宮本先生は「5年生を対象にNHKのテレビ番組『ネット社会の道しるべ〜架空請求
と個人情報〜』と『携帯社会の落とし穴』を今までの授業の流れの後に活用しました。
結果、@個人情報を教えない,Aあやしいサイトは開かない等の個人情報の取り扱いに
ついて利用経験の差にかかわらず確実に学んでいくことができ、有効」と。

 吉野先生は「まずは利用実態を把握するところから情報モラル教育をスタートさせよ
うと1週間かけて『インターネットと携帯電話の家庭利用の実態把握調査』を実施し、
実態を分析し、情報モラル教育で育てたい力として@正しい判断力の育成,A夢中にな
りすぎず自制する心の育成等5項目を掲げ,具体的な指導項目6項目を決めました」と。

 コーディネータの堀田先生は「『情報モラル教育』で大切なことは『やれるところから
やろう!』という意識です。最初から100点か0点ではなく,10点→20点→30点とステップ
・バイ・ステップで進んでいくことが何より望まれます。」と総括。

≪ホームページ 「ここから始める情報モラル教育」≫



  以下の教材は、子どもゆめ基金(独立行政法人 国立青少年教育振興
機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。

● Web教材「子どもたちのためのマナースキル“集団活動編”」
  新連載- 第1回目 -『スピード直感クイズ〜キミならドッチ!〜あそびかた』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:道徳・特別活動/青少年教育]

 今回から、「子どもたちのためのマナースキル“集団活動編”」を連載いたします。

 団体行動における子どものマナー教育は、学校や家庭だけでなく、地域ぐるみの
課題とされていますが、特に青少年教育活動の場は、子どもたちにマナーを自然に
身に付けさせるための絶好の機会となっています。
  そのため、実践に結び付くスキルを習得出来るコンテンツとして提供していくこ
とで、団体行動における日本の子どもたちのマナー問題改善に青少年教育の側面か
ら寄与していきたいと考えています。

  構成は、(1)マナーの基本編 (2)移動する時のマナー(3)食事のマナー
(4)屋内しせつでのマナー (5)屋外しせつでのマナー (6)マナートリビア
(7)総まとめ (8)マナーに関する私の考え方インタビュー集 (9)マナー
関連リンク集の9編からなります。

  第1回目は、団体行動におけるマナースキル実践編の中から「スピード直感クイズ
〜キミならドッチ!〜あそびかた」をご紹介いたします。



《写真をダブルクリックしてください》


Web教材「おもしろ宇宙教室」
 - 第11回 -『FAQ みなさんの質問と回答』 -

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:理科・共通]

 Q. 同じ太陽があたっているのに、夏は暖かく、冬は寒いのは、どうしてですか。

 A. 太陽のあたる角度(南中高度)のちがいによって、地球のあたたまり方がちがっ
   てきます。夏は南中高度が高く真上からあたります。それに対して冬は南中
   高度が低く斜めからあたります。すると同じ面積にあたる太陽光線の量にち
   がいができて、あたたまり方が夏のほうが大きいということになります。
   「星の動き」を参考にしてください。




《写真をダブルクリックしてください》

 本教材の学習方法などは、以下の「おもしろ宇宙教室」のURLをご参照ください。

おもしろ科学教室:http://www.gakujoken.or.jp/omoshiroU/index.html

● 子どもアーキビストの新バージョン「郷土文化レッドデータバンク」
  - 第23回目 -『島根県隠岐郡知夫村 島の暮らし(8)井戸
   〜過去と現在の違いを比較する〜』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習・共通]

 本コンテンツは、新しい地域文化関連の体験活動として急ぎ取り組まなければ
ならない“今まさに消え去りつつある状況にあるものをアーカイブ化する”、い
わば「郷土文化のレッドデータバンクづくり」を子どもたち自身が考え、実践す
るひとつのケーススタディとして紹介するコンテンツです。子どもたちが制作し
たコンテンツは、郷土文化学習用の資料として利用出来るだけなく、「郷土文化
のレッドデータバンクづくり」活動の推進方法、またビデオの制作手法などもこ
のコンテンツから学ぶことができ、全国各地で推進する際の指導者と子どもたち
の教材にも活用できます。

 島根県隠岐郡知夫村のある知夫里島は、面積13.69km2、人口740人(平成18年1月
1日現在)の小さな島で、島根半島沖合の日本海に浮かぶ隠岐諸島の最南端に位置
します。
 隠岐諸島の中では本土と最も近く、島根県七類港から44kmの距離にあります。
 昭和10年に国の名勝天然記念物に指定され、国の特別保護地区となっている絶
景地「赤壁」を始めとする豊かな自然と海産物に恵まれた知夫里島は、観光に訪
れる人々を魅了しています。



《写真をダブルクリックしてください》



-------------------------------------------------------------------
[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (167)「カンボジア アンコール遺跡群
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]
 
 アンコール遺跡群はクメール王朝の首都の跡で、9世紀から15世紀に栄えたアンコール
王朝によって建造されました。アンコールワットなどの主だった遺跡だけでも26以上あり、
700以上もの石造りの遺跡がある大遺跡群です。石や煉瓦で建設された大小の寺院や祠堂、
貯水池、橋梁などからできています。クメール人たちは土着の精霊信仰と仏教、ヒンドゥ
教を融合させ、信仰しました。また、独自のクメール美術を宗教建築などで遺跡の多くに
残しました。

 長い間ジャングルの奥深くにその姿を隠されていた遺跡群は、1850年にフランス人
宣教師によって発見されました。その後、1908年からフランス極東学院をはじめと
して修復が始まりましたが、内戦で度々中断し、さらには現地の保存担当員が内戦
の犠牲になるなどし、修復は困難を極めました。現在では日本、フランスなど、各国
が協力しながら保存、修復に力を尽くしています。


≪動画・静止画「カンボジア アンコール遺跡群」のホームページ≫




《写真をダブルクリックしてください》


「春の横浜散歩」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]


 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、春の横浜散歩の映像が送られて
きました。

 4月1日、春の交通安全週間の出発式がみなとみらい地区赤レンガ倉庫前で
行われていました。倉庫と倉庫の間には、花の絨毯が敷かれていました。世界
地図の模様になっています。倉庫の後ろの公園には、大島桜が植えてあります。

 ランドマークタワー付近の桜も満開です。
 
 JR横浜線沿線には、古いお寺もあり、ソメイヨシノが満開でした。
 

≪動画・静止画「春の横浜散歩」のホームページ≫



《写真をダブルクリックしてください》

《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫

(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)

--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

●「青少年を有害情報環境から守るための国民運動」
 内閣府の岸田文雄(IT・国民生活担当大臣)から「青少年を有害情報
環境から守るための国民運動 - 有害サイトから子供を守る」のメッセ
ージが届きました。
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga171/20080307100653872_0001.pdf
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga171/20080307100653872_0002.pdf

●ICT教育推進プロプラム協議会「ICT活用ゲートウェイ」の特典制度
 ICT教育推進プロプラム協議会が展開する「ICT活用ゲートウェイ」
のお得な特典制度が4月より始まります。まずはマイクロソフト協賛
の特典が以下の通りスタートします。
是非、ご活用ください。

○特典1:ポイント還元
マイクロソフト スクールアグリーメントの「School Desktop」ご購入
のお客様に購入数に合わせてポイントを発行。ポイント数に応じて、
ICTスキルアップオンラインのIDや集合研修等をご提供。

○特典2:都道府県包括割引
都道府県単位で、ある一定期間内にマイクロソフト スクールアグリー
メントの「School Desktop(5年契約のみ)」のご購入予定数が2,500
ライセンスに達した場合、対象製品を一括割引いたします。

 特典の詳細につきましてはICT活用ゲートウェイWebサイトをご参照
ください。
http://www.ict-consortium.jp/ictg.htm

●文部科学省主催「インターネット活用教育実践コンクール」の各賞決定
 文部科学省主催「第8回インターネット活用教育実践コンクール」の各賞が
決定しましたので、お知らせいたします。
 入賞先は、こちらです。
 http://www.netcon.gr.jp/old/8th_result.html

● 「著作権eラーニング講座」のご紹介
 先生方が、他者の権利侵害をしないためのコンプライアンスとリスクマ
ネージメント等と言った、正しい著作権知識を自宅学習で持って頂ける、
新しい講座が誕生しました。
URLhttp://www.eled.jp/ ※詳細はここ

● ICT授業に役立つ「活用事例集」を贈呈!!
カシオ計算機株式会社では長年にわたり開発してきた学校向けIT機器
(プロジェクタ、教材提示装置など)を使用した「ICT授業の活用事例集」
を作成しました。
この事例集は授業でのICT活用を分かりやすくまとめ、「教育の情報化」
を推進する上で大変参考になるものです。
事例集をご希望の方は 東京都渋谷区本町1-6-2 カシオ計算機株式
会社 システム企画部PJ企画室 授業事例活用係 まで。
また詳しくはこちらのサイトから。 http://casio.jp/projector/

「デジタル・アーキビスト概論」
情報社会の頼れる資格「デジタル・アーキビスト」取得のために、是非
ご一読ください。
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga135/20061019140312063.pdf

ICT教育推進プログラム協議会 中間レポート
200311月のICT教育推進プログラム協議会発足から20069月までの約3
間の活動をレポートにまとめました。研修受講者の声から文部科学省のメッ
セージまで広くご紹介しております。
http://www.ict-consortium.jp/casestudy/index.htm

ICTスキルアップオンライン 申込開始のお知らせ
学校教育における情報化の推進に向けて、教員のICTスキル向上を図るた
めにICTスキルアッププログラムの資産を活用した「ICTスキルアップオン
ライン」の提供を
2006年11月より開始します。本コンテンツでは、ICTスキ
ルアッププログラムの教員研修用コースの中から授業に特化したものを
e-Learning化して全国的に展開していきます。

 お申込みは都道府県および政令指定都市単位で受け付けております。
申込方法等詳細は下記もしくは協議会インフォメーションセンターまで。
電話:048-228-1229、E-mail:info@ict-consortium.jp 

□プレスリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2845

ICTスキルアップオンラインサイト
http://ict.study.jp/


学校のコンプライアンス対策は万全ですか?
 コンプライアンス対策や情報流出対策など学生と教職員向け支援情報満載
マイクロソフト ステップアップ スクエア

コンプライアンス(法令遵守)対策のためにも、ソフトウェアの資産管理は
必須となっています。教育機関を対象にコンプライアンス対策にも効果的な
ボリュームライセンスの情報や、ファイル共有ソフト Winny による情報の
流出の対策、その他、無料のダウンロード支援ツールなどを掲載しています。
各種キャンペーンのお知らせ、プログラミングなどに関するオンラインラー
ニングコンテンツやウェブキャストの情報、イベント情報などをお届けして
いるマイクロソフト ステップアップ スクエア ニュースもあわせて、ぜひ
ご活用ください。
http://www.microsoft.com/japan/academic/default.mspx

--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 平成20年度学習ソフトウェアコンクール募集案内
 財団法人学習ソフトウェア情報研究センターでは、小学校、中学校、高等学校、
盲学校、聾学校および養護学校等の授業で活用するために教師等が自ら作成した
ソフトウェアやデジタルコンテンツを対象に、毎年学習ソフトウェアコンクール
を実施しています。すぐれた作品には文部科学大臣奨励賞をはじめ数々の賞を授
与するとともに、その作品を紹介し、広く学校等教育現場に役立てていただいて
います。本年も下記のとおり実施しますので、ふるってご応募ください。
主 催: 財団法人学習ソフトウェア情報研究センター
後 援: 文部科学省 日本教育情報学会
協 賛: (財)日本児童教育振興財団 日本教育新聞社 東京書籍(株)
      マイクロソフト(株)
対象作品:
 1)先生等が作成したもの
   先生等が児童生徒の学習のために作成した次のような形態:
    学習指導用ソフトウェア ・ホームページ ・素材集 ・DVDビデオ
 2)児童生徒が作成したもの
   先生の指導のもとに児童生徒が総合的な学習の時間等授業で作成したもの
応募資格:
 1)団体
    ・学校、教育委員会、教育センター、その他教育機関、研究グループ等(企業
     は除く)並びに、先生の指導のもとにあるクラス等の児童生徒
 2)個人
    学校の先生、教育委員会・教育センターの教育関係専門職、その他
 応募期限: 平成20年 5月9日(金) ※詳細はここ

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('08/04/11)
  学情研ネットワーク研究会員の「神奈川地区版」のページに「春の横浜散歩」の地域
素材を追加しました。
       http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究」3月号の目次('08/3/10)
「学習情報研究」3月号が発刊されました。内容は、「授業に活かす高画質・動画像
教育用コンテンツ」を特集しています:

【目次】 (敬語敬称略)
(1)高精細動画像が授業に手軽に活用できる時代
                     山西潤一(富山大学)
(2)デジタルハイビジョン映像の活用による教育効果
                     黒田 卓(富山大学人間発達科学部)
(3)移動型情報携帯端末の教育利用    清水英典(玉川大学学術研究所)
(4)オアシスプロジェクトによるNHK映像コンテンツの教育利用
                     中出雅信(オアシス協議会事務局)
(5)大型ディスプレイの教育利用 〜小学校編〜      
                     阿久津理(富山大学人間発達科学部附属小学校)
(6)理科の実験・観察を支援する「理科デジタルコンテンツ」の活用
                     毛利 靖(つくば市立二の宮小学校)
(7)デジタルハイビジョン自作教材の活用 〜中田中学校の場合〜
                      関 雅文 (高岡市立中田中学校)
(8)デジタルハイビジョン自作教材の活用 〜本校での研究・実践をみまえて〜
                     高瀬朝彦 (須磨学園中学校)
(9)iPodを使った英語指導とオンライン教材配信   皆川春雄(京都市立紫野高等学校)
(10)語学教育への動画像コンテンツの活用:高校編
                     峯 慎一(PML代表、明治大学、東洋大学非常勤講師)


[要約紹介(第3回目)] 

-『デジタルハイビジョン自作教材の活用 〜中田中学校の場合〜』 - 関 雅文
 本稿では、授業中にプラズマディスプレイ (Plasma Display Panel)で視聴し、
活用するためのデジタルハイビジョン自作教材の活用について報告する。
 本報告の中では、本校が取り組んでいる「地上デジタルテレビ放送の教育活用」
の概要も合わせて紹介しながら、自作教材を活用した授業実践とその成果、反省
などについて考察する。
<デジタルハイビジョン、プラズマディスプレイ、自作教材、技術・家庭科>

-『デジタルハイビジョン自作教材の活用 〜本校での研究・実践をみまえて〜』 - 高瀬朝彦
 近年、地上デジタル放送は薄型テレビの普及とともに広まってきており、将来
的にはすべてのテレビ放送が地上デジタルになる。この地上デジタル放送を教育
現場で活用する協議会に参加させていただき、3年にわたり研究・実践・協議を
重ねてきた。平成18年1月と昨年12月におこなった2つの実践事例を紹介し、
地上デジタル放送がどのように教育に活用できるのかを考えていきたい。
<地上デジタル放送、ハイビジョン、データ放送、字幕>


なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。
≪特典サンプル≫

【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大

↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
            ≪写真をダブルクリックして下さい≫

なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。

--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-5919-3401、 Fax.03-5919-3402)          学情研事務局
           ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2008