*******************************************************************
*
*学情研メールマガジン ============================= 2007/05/11
*              (財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                 【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************
事務局から:学情研が文部科学省の「研究機関」となりました。
  文部科学省生涯学習政策局所管で主に学習ソフトウェア収集・提供を行う
「学情研」と関係の深い方々に学情研メールマガジンを送らせて戴きました。
動画・カラー版は下記URLからご覧いただけます。
  ( http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
  次回から「学情研メールマガジン」の配信を希望されない方は、下記E
メールアドレスにこのメールマガジンをご転送下さるか、その旨ご連絡く
ださい。今後とも、ご指導・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。
         (連絡先)Eメール:gjk@gakujoken.or.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次                     (以下敬語敬称略)               
[ニュースコーナー]New!!

大阪、東京、小学校採用者1000人超 経験者を試験軽減で積極採用
「中1ギャップ」命名地から参考書発行 豊富な侍実践例と資料  
校長評価の「自己申告」 達成状況など非公開妥当

[メッセージ]
●「西オーストラリアのメディア教育先進校(5)」  
● Web教材「おもしろ宇宙教室」  
  - 第13回 『リモコン電動ぶるぶる探査機を動かそう』 -
● (連載)Web教材「バーチャルトレッキング 朝日岳コース」  
  - 第42回目『三国境』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (144)「仏国寺 極楽殿」
●「名護屋城跡」
●「マレーシア・ランカウイ島」
●「バンテアイ・スレイ」

[お知らせ]
先生のための教育イベント「New Education Expo 2007」開催!!
「デジタル・アーキビスト概論」
ICT教育推進プログラム協議会 中間レポート
ICTスキルアップオンライン 申込開始のお知らせ
● ICT教育推進プログラム協議会

● 学校のコンプライアンス対策は万全ですか?

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('07/05/11)
●「学習情報研究」5月号の目次('07/05/10)
   -
『デジカメを教材提示装置に』
   -『教育センターによるコンテンツ整備』
   -『『雪の授業』のためのwebサイトの活用」webサイト『雪たんけん館』
    (http://yukipro.sap.hokkyodai.ac.jp/)を活用して』

●「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ

====================================================================

[ニュースコーナー]New!!

日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き3点を紹介します。
なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。

大阪、東京、小学校採用者1000人超 経験者を試験軽減で積極採用
 平成20年度の教員採用試験で採用予定者数は前年度に比べ増加し、受験資格の
年齢制限を広げる自治体が増えていることが、日本教育新聞社が実施した教員採用
試験に関する調査で分かった。臨時的任用教員(臨任教員)や講師経験者に対して
試験内容の一部を免除する特別枠を設けるなど、新卒者に限定せず、経験豊富な人
材を獲得しようという傾向が見られる。

「中1ギャップ」命名地から参考書発行 豊富な侍実践例と資料  
 「中1ギャップ」にどう対処するかはこの時期の課題の一つ。文科省によると、
平成17年度の不登校の児童・生徒の数は、小学6年生が7483人であるのに対
し、中学校1年生は2万2566人と急増している。こうした現状を深刻に捉え、
新潟県教委は「中1ギャップ」を解消するための対応策を冊子にまとめた。ギャッ
プを生まないための学校組織の作り方や小・中連携の仕方などについて、研究校の
事例を基に紹介している。同県教委によると、「中1ギャップ」という言葉は同県
が名付けたものだという。

校長評価の「自己申告」 達成状況など非公開妥当
 大阪府情報公開審査会は1日、教員評価の実施に伴う府立学校校長の「自己申告
票」の非公開決定に異議を申し立てた事案について、校長の「年齢」と「設定目標」
「進捗状況」「目標の達成状況」「学校経営の充実に向けた自己の課題」の各欄に
記載した情報の非公開は妥当とする一方、「学校名」「氏名」「校長在職年数」
「現任校在校年数」「備考」「中期的な学校経営のビジョン」「今年度の学校教育
目標等」の各欄に記載した情報は公開すべき、と府教委に答申した。

 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp

--------------------------------------------------------------------

[メッセージ]

●「西オーストラリアのメディア教育先進校(5)」 
(メディア教育開発センター  中川一史)
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:すべての教科]

今回は、Mt Lawley Senior High Schoolを紹介します。

 増築に学校1つ分の予算をかけるだけあっていろいろと設備が充実しています。

 国語以外のすべての教科が円滑に行われるような選択科目用の専用の部屋が
用意されています。これを見ると、学習効果を生むのは、人(教師等)であることは
もちろんだが、学習環境もとても大きな要因であると考えさせられます。

特に、きれいな学校は生徒の使い方も違うように感じました。 
【出展:「中川一史のひとりごと」http://hitorin2.exblog.jp/m2007-02-01/】

 ≪静止画「西オーストラリアのメディア教育先進校(5)」≫

《写真をダブルクリックしてください》

  以下の教材は、子どもゆめ基金(独立行政法人 国立オリンピック記念
青少年総合センター)の助成金の交付を受けて作成したものです。

Web教材「おもしろ宇宙教室」
   - 第13回 『リモコン電動ぶるぶる探査機を動かそう』 -

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:理科・共通]

【リモコン電動ぶるぶる探査機を動かそう】
 
 電動歯ブラシやマッサージ機は、中心をずらして回転させる振動モーターと
いわれるモーターを使って細かい振動を起こします。この振動を利用したのが、
電動ぶるぶる飛行機です。
 この原理を使って、左右二つの振動モーターをリモコンで操作して、前進さ
せたり、左右に曲がって進ませたりするのが「リモコン電動ぶるぶる探査機」
です。ブラシの毛先をじょうずにそろえて、左右のバランスがとれると、リモ
コンで思ったとおりに動かすことができるようになります。
 回路がつながると電流が流れてモーターが回転し、回路が切れると電流が流
れなくなりモーターは止まることを、リモコンで動かすロボットを作りながら
スイッチの入切とロボットの動きを結びつけて体験的に理解させましょう。

     *材料*

□振動モーター       2個
(100円ショップの電動マッサージ器や 電動歯ブラシでも可)

□たわし2個
□たわしをつなぐ板    2枚
(割り箸でも可)
 
□電池、電池ホルダー(単3 1本)
□電流コード4本
(赤、青、黒、緑または黄色)
 それぞれ2m程度(※購入したのは 1m×2セット)

□リモコン用の板      1枚
(かまぼこ板程度の大きさ、電池ボッ クスとスイッチがのる
ラワン板
 8cmX4cm)
□スイッチ用反ったプラ版 2枚
(ペットボトルの容器を切り出して加 工してもよい)
□スイッチ止め用画びょう 2個

□スイッチコーティング用アルミテー プ           1巻き
□両面テープ
□セロテープ
□ラジオペンチ(リムーバー)

   

 本教材の学習方法などは、以下の「おもしろ科学教室」のURLをご参照ください。

おもしろ科学教室:http://www.gakujoken.or.jp/omoshiroU/shosai/2006015.html
         http://www.manabi.pref.gunma.jp/bunrui/gakupro/08010077/index.html


Web教材「バーチャルトレッキング  朝日岳コース」
  - 第42回目『三国境』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:情報・総合的な学習]

 この旅はサイトを使って、海抜0メートルから2932メートルの白馬岳を
旅するバーチャルトレッキングです。今回は第42回目「三国境」の旅行記
です。

【三国境】
 
 鉢ヶ岳(はちがだけ)(2563m)の巻き道を抜けると、蓮華温泉(れんげおんせん)
からの鉱山道と交差する。ここからすぐに三国境(さんごくざかい)(2751m)に到
達する。

 三国とは、越中、越後、そして、信濃である。白馬岳(しろうまだけ)(2932.2m)
を東側から登る登山道は、ボクが歩いてきた越中の朝日岳(あさひだけ)(2418.3m)
から、あるいは、越後の蓮華温泉(れんげおんせん)から鉱山道を経由するもの。
そして、信濃の白馬大池(はくばおおいけ)から小蓮華山(これんげやま)(2769m)
を経由して尾根づたいにくる縦走路がある。また、蓮華温泉から白馬大池、栂池の
スキー場上部の栂池自然園から天狗原、白馬乗鞍岳(はくばのりくらだけ)(2436.4m):
地図表記は乗鞍岳から白馬大池を経由するものがある。越後、越中、信濃の三つの
国境をいくつものルートが辿っている。

 ボクは信濃側とおぼしきところに座ったが、境目があるわけではない。ようやく
信濃にやってきたそんな思いを持った。信濃には海がない。ここから見える海を何
か信濃と結び付けて見たかったのだ。

 小蓮華山まで往復する手もあると思ったが、今日は照葉の池まで往復した分が応
えている。まだまだ日が高いうちに白馬岳を踏みたい。白馬岳に向かう稜線の1ピー
クに過ぎないようにも思えるが、実は小蓮華山、新潟県の最高峰である。新潟県糸
魚川市の姫川沿いから、明星山(みょうじょうやま)を前に、白馬岳を背後に、小
蓮華山が緩やかな広がりを見せている姿が望まれる。

 ここは登山客が多い。朝日岳方面ではほとんど人に会わなかったのに、たくさん
の人々が小蓮華山方向からやってきて白馬岳を目指している。

 2751m。この山旅の最高点までは、あとわずかに181m。


《写真をダブルクリックしてください》
※富山インターネット市民塾に許可をもらって利用者として登録してください。



--------------------------------------------------------------------
[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (144)「仏国寺 極楽殿」
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 今回は、仏国寺 極楽殿の動画像です。 :

 極楽殿域は大雄殿区域の西方、仏国寺入口より蓮の花びらが刻まれている下の
階段を蓮華橋、その上の七宝橋を渡り、安養門を過ぎた所にあります。ここから
極楽浄土になります。極楽殿はすべての衆生を救済し、太陽が沈む西方の大変幸
せな国におられると言われる阿弥陀仏を祭る場所であり、金銅阿弥陀如来坐像の
像が安置されています。極楽殿は1593年文禄の役(壬辰倭乱)の時に放火で燃えて
しまい、今の蓮花橋、七宝橋を含め石造物だけ残っています。その後、日本統治
下の1925年に再び修造しました。当時は極楽殿を左右前後に取り囲むへ回廊を含
め石灯及び多くの建物と石造物などがあったそうです。
 
≪動画・静止画「仏国寺 極楽殿」のホームページ≫


《写真をダブルクリックしてください》


「名護屋城跡」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:理科・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、佐賀県唐津市鎮西町
名護屋にある「名護屋城跡」の映像が送られてきました。

 名護屋城は、今から400年程前、全国平定をなしとげた豊臣秀吉が
さらに朝鮮半島へ向けて出兵(文禄、慶長の役)するための前進基地と
して築かせた城で、佐賀県唐津市鎮西町に位置し、国指定特別遺跡です。

 加藤清正が設計し九州の諸大名に分担させてわずか5ヶ月で築いたと
いわれています。

 本丸・二の丸・三の丸・山里曲輪などを配し、本丸北西隅に5重7階の
天守閣のある本格的な城郭で、周辺には、徳川家康、伊達政宗、毛利秀
頼、黒田長政、加藤清正など全国の諸大名の陣地跡もあり、秀吉の死で
朝鮮出兵が終わるまでの7年間の夢の跡が残っています。
  
≪静止画「名護屋城跡」のホームページ≫



「マレーシア・ランカウイ島 」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:理科・共通]

学情研ネットワーク研究会員の橘さんから、マレーシアの「ランカウイ島」の
映像が送られてきました。

 マレー半島の西側、アンダマン海に浮かぶランカウイ島は約100の島から
なるランカウイ諸島最大の島です。人口の90%がマレー系住民です。

 マハティール前首相の出身地であるこの島は、政府主導でリゾート開発が
行われたため、全島免税となっています。その開発も自然と共存することを
主眼としているため、政府の厳しい環境保全管理のもとに行われています。


 2002年11月にオープンしたランカウイ第2の山マチンチャン山頂上に伸び
るケーブルカーは高低差は約680メートル、距離は約2000メートルあります。
頂上には展望台があり、360度のパノラマビューが楽しめます。天気が良けれ
ば七段の滝、アンダマン海やタイの島々やマレー半島まで見渡すことができ
ます。

 伝説の島、ランカウイ島で最も有名な伝説は『マスリ王女の伝説』です。
とても美しかったマスリ王女は王に浮気の疑いをかけられ死刑にされました。
最後まで身の潔白を訴えますが聞き入れられなかったため、処刑の前に「も
し、私の身が潔白だったら私が死んだ時白い血を流すでしょう。そしてこの
先7代に亘ってこの島の繁栄はありません」と言い残し、白い血を流して息
が絶えたそうです。その呪いは数年前にとけ、その後ランカウイ島は急速に
発展したと言われています。

≪動画・静止画「マレーシア・ランカウイ島」のホームページ≫



「バンテアイ・スレイ」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:理科・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、カンボジア国のアンコール
遺跡群の中心地シェムリアップの郊外、北東に約40km、車で約1時間ほど
のところにある「バンテアイ・スレイ」寺院の映像が送られてきました。

 バンテアイ・スレイは、967年に創建された、「女の砦」という意味
をもつ周囲約400mの小さな寺院です。外壁に使われている赤色砂岩は
壁面や破風、門や塔などの美しいレリーフをひきたてています。

 中央祠堂の壁面に掘られているデバター像(女神)の中には「東洋の
モナリザ」と呼ばれ人々を魅了している像もあります。数々の洗練され
たレリーフは、神々の世界を映しています。
 
 雨季ともなれば激しい雨が降り、寺院の周りの木々を伸ばし、石の間
から出ている植物も成長することでしょう。雨に濡れれば、朱色の壁面
のレリーフが一層美しく輝くことでしょう。  

≪動画・静止画「バンテアイ・スレイ」のホームページ≫


《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫

(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)

--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

 先生のための教育イベント「New Education Expo 2007」開催!!

  もうお馴染み。教育界最大級のセミナー&展示イベントが今年も開催。
  ◆東京開催:6/7(木)〜6/9(土)東京ファッションタウン
  ◇大阪開催:6/20(水)〜6/21(木)大阪マーチャンダイズ・マート
  <強力な講師陣のお話が無料で>
  文科省初等中等教育局長/銭谷眞美氏。兵庫教育大学学長・中教審副会
  長/梶田叡一氏。教育再生会議有識者でもある(独)日本学術振興会理
  事長/小野元之氏、京都市教育委員会教育長/門川大作氏、立命館小学校
  副校長/蔭山英男氏。(社)日本教育工学振興会会長/坂元昂氏。(独)
  メディア教育開発センター理事長/清水康敬氏。他、多数のセミナー・
  シンポジウムを用意してお待ちします。詳細は以下のサイトから。
                         (http://expo.uchida.co.jp
 ―― ☆ New Education Expo 2007開催日程決定!! ☆ ―――
  『未来の教育を考える』教育関係者向けセミナー&展示会
  [東京] 6月 7日(木)〜 9日(土) 東京ファッションタウン(TFT)
  [大阪] 6月20日(水)〜21日(木) 大阪マーチャンダイズマート(OMM)
  詳細については下記URLにて随時情報アップを致します!
                     http://expo.uchida.co.jp

「デジタル・アーキビスト概論」
情報社会の頼れる資格「デジタル・アーキビスト」取得のために、是非ご一読
ください。
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga135/20061019140312063.pdf

ICT教育推進プログラム協議会 中間レポート

  200311月のICT教育推進プログラム協議会発足から20069月までの約3年間
の活動をレポートにまとめました。研修受講者の声から文部科学省のメッセージ
まで広くご紹介しております。
http://www.ict-consortium.jp/casestudy/index.htm

ICTスキルアップオンライン 申込開始のお知らせ

 
学校教育における情報化の推進に向けて、教員のICTスキル向上を図るために
ICTスキルアッププログラムの資産を活用した「ICTスキルアップオンライン」の
提供を
2006年11月より開始します。本コンテンツでは、ICTスキルアッププログ
ラムの教員研修用コースの中から授業に特化したものをe-Learning化して全国的
に展開していきます。

 お申込みは都道府県および政令指定都市単位で受け付けております。申込方法
等詳細は下記もしくは協議会インフォメーションセンターまで。
  電話:048-228-1229、E-mail:info@ict-consortium.jp 

□プレスリリース
 http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2845

ICTスキルアップオンラインサイト
 http://ict.study.jp/

ICT教育推進プログラム協議会
 リサイクルPC寄贈プログラム募集スケジュールのお知らせ
 リサイクル PC 寄贈プログラムは、全国の小中高等学校で、まだ充分に ICT
アクセス環境の整備ができていない学校を支援するため、企業や団体から寄付 された「使用済みPC」を一定の基準のもとに再生し、「リサイクル PC」として 活用するプログラムです。
 現在下記のスケジュールで、リサイクルPCの寄贈希望学校の申し込みを受け
付けております。
 
         申込締切日       寄贈先発表日 第 14 回 2007 / 06 / 15 ( 金 ) 2007 / 07 / 13 ( 金 )

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
http://www.potential-for-children.jp/recyclepc.htm

学校のコンプライアンス対策は万全ですか?
 コンプライアンス対策や情報流出対策など学生と教職員向け支援情報満載
マイクロソフト ステップアップ スクエア

コンプライアンス(法令遵守)対策のためにも、ソフトウェアの資産管理は
必須となっています。教育機関を対象にコンプライアンス対策にも効果的なボ
リュームライセンスの情報や、ファイル共有ソフト Winny による情報の流出
の対策、その他、無料のダウンロード支援ツールなどを掲載しています。各種
キャンペーンのお知らせ、プログラミングなどに関するオンラインラーニング
コンテンツやウェブキャストの情報、イベント情報などをお届けしているマイ
クロソフト ステップアップ スクエア ニュースもあわせて、ぜひご活用ください。
http://www.microsoft.com/japan/academic/default.mspx

--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('07/05/11)
  学情研ネットワーク研究会員の「石川地区版」のページに「史跡を生かした街づくり、
文化施設を生かす街づくり、伝統産業を生かす街交通混雑と新しい交通システム、便利な
道路と再開発」の地域素材を追加しました。
      http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究」5月号の目次('07/5/10)
「学習情報研究」5月号が発刊されました。内容は、「ここから始める情報モラル教育」
を特集しています:

【目次】 (敬語敬称略)
(1)IT活用はここから始めよう  堀田龍也(独立行政法人メディア教育開発センター)
(2)モノを写して動きや操作を教えよう        宮崎 靖(小矢部市立石動小学校)
(3)簡単活用!付録コンテンツ
    〜教科書の指導書の付録コンテンツCDを活用して〜』 清久利和(たつの市立揖保小学校)
(4)デジカメを教材提示装置に           宮脇康一(墨田区立第四吾嬬小学校)
(5)教育センターによるコンテンツ整備       齋藤俊明(群馬県総合教育センター)
(6)「『雪の授業』のためのwebサイトの活用」webサイト『雪たんけん館』
    (http://yukipro.sap.hokkyodai.ac.jp/)を活用して  
                          割石隆浩(札幌市立新琴似緑小学校)
(7)理科室で有効なIT活用〜4年理科「夜空を見よう」の学習から〜
                          酒井 宏(丹波市立和田小学校)
(8)ここからはじめるIT活用           平川秀徳(日田市立三芳小学校)
(9)わかりやすく楽しい音楽の授業を実現するIT活用 岸本厚子(静岡県富士市立元吉原小学校)
(10)安全で創造的な図工授業を実現するIT活用    松橋尚子(世田谷区立砧小学校)
(11)低学年でもできる!「デジカメ+テレビ」でプレゼン 
                          井上 謙(大利根町立原道小学校)
(12)見せればわかる算数授業 〜気軽なIT活用で子どもたちに力をつける〜
                        皆川 寛(宮城県登米市立北方小学校)
(13)パワーポイントで教材作成         笠置隆宜(大分県杵築市立向野小学校)
(14)e黒板でコンテンツ活用          仲村篤志(浜松市立東部中学校)
(15)デジタルコンテンツで楽しくわかる農業学習 東森誠一(岡山県立瀬戸南高等学校)
(16)IT活用のポイントはここだ        高橋 純(富山大学人間発達科学部)
(17)子どもと一緒にITの準備をしよう       向井康之(富山県高岡市立福岡小学校)
(18)挿絵で問題つくり(1年算数) 和田史子・田中より子(岡垣町立内浦小学校)


[要約紹介(第2回目)] 

-『デジカメを教材提示装置に』 - 宮脇康一
 デジタルカメラとテレビ・プロジェクタのみで提示を行う方法を紹介する。
デジタルカメラは学校で最も親しまれているIT機器であり、教員の利用率も高
く、また、児童にも使わせやすい。プロジェクタ活用の初歩として気軽に使い
始めることもできる。
<デジタルカメラ、テレビ・プロジェクタ、簡単活用、初心者、教材提示、
プレゼンテーション>

-『教育センターによるコンテンツ整備』 - 齋藤俊明
 群馬県総合教育センターでは、県内の教師が授業の流れに応じてコンピュー
タを使ってデジタルコンテンツ(静止画や動画等)を簡単に提示できる群馬県
総合教育センター楽しい授業づくり教材コンテンツ集(G-TaK)を整備し、導
入と活用を進めている。
<デジタルコンテンツ、静止画、動画、授業、コンピュータ、G-TaK>

-『『雪の授業』のためのwebサイトの活用」webサイト『雪たんけん館』
  (http://yukipro.sap.hokkyodai.ac.jp/)を活用して』 - 割石隆浩

 『雪の授業』をサポートするために開発されたwebサイト「雪たんけん館」
を活用した。「雪たんけん館」は、北海道教育大学を中心に、小中高の教師・
行政・民間企業等様々な職種の人間によって開発された。構成は粗く言って子
供の調べ学習用サイトと教室で活用する一斉授業用サイトのふたつに分かれて
いる。
<雪たんけん館、調べ学習、一斉授業、北海道雪プロジェクト>


なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。

≪特典サンプル≫
【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大

↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
            ≪写真をダブルクリックして下さい≫

なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。

--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-5919-3401、 Fax.03-5919-3402)          学情研事務局
           ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2006