*******************************************************************
*
*学情研メールマガジン ============================= 2006/11/24
*              (財)学習ソフトウエア情報研究センター
*                 【http://www.gakujoken.or.jp
*******************************************************************
事務局から: 緊急メッセージ「文部科学大臣からのお願い」があります!!
  文部科学省生涯学習政策局所管で主に学習ソフトウェア収集・提供を行う
「学情研」と関係の深い方々に学情研メールマガジンを送らせて戴きました。
動画・カラー版は下記URLからご覧いただけます。
  ( http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga.html
  次回から「学情研メールマガジン」の配信を希望されない方は、下記E
メールアドレスにこのメールマガジンをご転送下さるか、その旨ご連絡く
ださい。今後とも、ご指導・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。
         (連絡先)Eメール:gjk@gakujoken.or.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
□ 目次                      (以下敬語敬称略)
[ニュースコーナー]New!!

教職員給与への「めりはり」、7割賛成、3割反対 全日中調査
18年度文科白書 テーマは「教育改革」など2本建て
全国の小学校に無償配布 
   ピアニストの梯(かけはし)剛之(たけし)さんが5年計画で5作の音楽DVD

[メッセージ]
●(緊急)文部科学大臣からのお願い
● Web教材「おもしろ宇宙教室」  
  - (新連載)第1回 『星座早見傘』 -
● (連載)Web教材「バーチャルトレッキング 朝日岳コース」  
  - 第30回目『前朝日』 -
Web教材「携帯電話利用のモラル学習と事例に基づく仮想体験」
  - 第7回目『携帯電話での「コミュニケーション」 〜メールでケンカ〜』 -

● Web教材「子どもたちによるデジタルアーカイブづくり」
  - 第15回 『竹富島の景観(2)』 -

[特別寄稿]
●「世界の旅バーチャル・グランドツアー (132)「オーストラリア・シドニー」
●「カナダ東部点描」
●「難波宮跡」
●「バークレイ・マリーナのフェンネル」

[お知らせ]
● 第6回日本情報オリンピック 
「デジタル・アーキビスト概論」
ICT教育推進プログラム協議会 中間レポート
ICTスキルアップオンライン 申込開始のお知らせ
● ICT教育推進プログラム協議会

● 学校のコンプライアンス対策は万全ですか?

[学情研の動き]
● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('06/11/24)
●「学習情報研究」11月号の目次('06/11/10)
   -『
安全で使いやすい校内ネットワーク構築のコツ』 
   -『インターネットにおける家庭へのアプローチ』 
   -『学校Webページの効果と課題

●「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ

====================================================================
[ニュースコーナー]New!!

日本教育新聞社の協力により、最近2週間の教育界の重要な動き3点を紹介します。
なおコメントは下記Eメールアドレスにお願いいたします。

教職員給与への「めりはり」、7割賛成、3割反対 全日中調査
 全日本中学校長会に加盟する各都道府県中学校長会は、個々の教員の給与に能力
や職責に応じた差をつけることに対して72%が賛成、28%が反対であることが
分かった。賛成派は、学級担任や部活動の顧問を務めている教員らへの増額を求め
る意見が多く、反対派では、集団で対応する学校組織に給与の差を設けることはな
じまないなどとする声が上がった。

18年度文科白書 テーマは「教育改革」など2本建て
 文部科学省は自民党文教合同会議で、平成18年度文部科学白書の概要を報告した。
 特集のテーマは「教育改革の推進」「文化芸術立国の実現」の2本建て。教育基
本法改正の理由、同法案が成立した場合は成立までの経緯などを記す。教育再生会
議の検討状況にも触れるとしている。詳細は今後検討し、来年2月に公表する予定。

全国の小学校に無償配布 
   ピアニストの梯(かけはし)剛之(たけし)さんが5年計画で5作の音楽DVD

 小学校5年生の道徳の副読本に取り上げられ、全国の子どもたちから多くの励まし
の手紙が届いたことを1つのきっかけに、ピアニストの梯(かけはし)剛之(たけし)さ
んは、励ましてくれた子どもたちへの感謝と、音楽のすばらしさを伝えようと、DV
D「モーツァルトは生命の輝き」を制作、12月にも全国の約2万3400校の小学
校に無償配布する。
 今後5年計画で5作の音楽DVDを制作、配布する予定。このプロジェクトを推進
する「子供に伝えるクラッシック」制作委員会の猪口勇代表は「すばらしい演奏なの
で、どんな形でもいいからぜひ子どもたちに視聴してもらいたい」と呼び掛けている。

 URL=http://www.kyoiku-press.co.jp (毎週金曜日に更新)
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(連絡先)Eメール:henshu@kyoiku-press.co.jp

--------------------------------------------------------------------

[メッセージ]
(緊急)文部科学大臣からのお願い

   PDF版: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga137/message1.pdf


   PDF版: http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga137/message2.pdf


  以下の教材は、子どもゆめ基金(独立行政法人 国立オリンピック記念
青少年総合センター)の助成金の交付を受けて作成したものです。

(新連載)Web教材「おもしろ宇宙教室」
   - 第1回 『星座早見傘』 -

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:理科・共通]

【温度の変化がわかる空きビン水族館を作ろう】
 透明なビニール傘の内側に、型紙に合わせて星座を描きます。季節によって
同じ時刻に同じ方角に見える星座は違うので、傘のふちのところに、その星座
の見える12か月の位置を合わせて描き込んでおきます。傘を広げて、傘の中
心を北極星の方角に合わせて、のぞきこめば、そこはもう星座の世界です。
 この星座早見傘を使って、他の時刻の星座の様子や星座の日周運動と年周運
動の向きを調べることができます。

     *材料*

□ビニール傘(50cm)
 一体成形でないもの

□星図(ダウンロード入手)
□タオル
□タコ糸
□おもり(ナット)
□白マジック
□片栗粉
□のり
□セロテープ
□はさみ

     
  写真をダブルクリックしてください。

 本教材の学習方法などは、以下の「おもしろ科学教室」のURLをご参照ください。

おもしろ科学教室:http://www.gakujoken.or.jp/omoshiroU/shosai/index.html
         http://www.manabi.pref.gunma.jp/bunrui/gakupro/08000331/index.html

Web教材「バーチャルトレッキング  朝日岳コース」
  - 第30回目『前朝日』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:情報・総合的な学習]

 この旅はサイトを使って、海抜0メートルから2932メートルの白馬岳を
旅するバーチャルトレッキングです。今回は第30回目「前朝日」の旅行記です。

【前朝日】
 
 
小屋を訪なうにはまだ時間がある。雪渓を横切る登山道から前朝日(まえあさひ)
(2210m)を伺う。この山には登山道はない。雪の上を辿る以外に登ることはできな
いのだ。おそらく、山頂は踏めない。しかし、前朝日からの朝日岳(あさひだけ)
(2418.3m)もまた大きく優しく、さらに以北の山々も見通せる。
 
 ザックをおき、ストック2本だけで駆け上がる。雪は固く引き締まっているが、
西日に照らされ表面は少し緩んでいる。キックステップで一気に登っては息を整え、
また、駆け上がる。傾斜はいよいよきつく、山頂部の灌木帯が近いのか、雪が切れ
始める。植物などに影響のない場所をボクの山頂と決めた。足で雪を削ってテラス
を作る。

 ああ、海が見えるよ。海の向こうは、能登半島か。朝日岳から連なる山々はやが
て日本海に落ちる。もう一つの0〜3000メートルのルート、栂海新道(つがみ
しんどう)ははるかに深い山を辿る。

 朝日小屋のあたりもにぎわいが出てきた。テントもいくぶん増えている。あそこ
から見るとこの場所がとんでもない急斜面に見えるんだ。雪の上を歩くのが苦手な
人も多いから。だれかが真似をしないうちに下ることにする。スプーンカットの雪
渓は滑りにくいが、ストックを使ってグリセードで下るには、実に快適であった。
もう1回行こうか。少しはしゃいでしまったが、自重。

 グリセードしながら思い出した。以前、この雪渓でフィーゲルという簡易スキー
の大会をやったそうだ。ファンスキーのようなものだが、グリセードでは 飽き足
らないし、山スキーの装備は厄介すぎる。そんな人たちが使ったらしい。残念なが
ら履いたことはないのだが、登山靴でも楽しめるものだったそうで、今では、そん
な道具を持っている人もない。と思っていたが、どうやら乗鞍高原では、寛仁親王
杯の大会が行われているとのことだ。



《写真をダブルクリックしてください》
※富山インターネット市民塾に許可をもらって利用者として登録してください。

Web教材「携帯電話利用のモラル学習と事例に基づく仮想体験」 
  - 第7回目 -『携帯電話での「コミュニケーション」 〜メールでケンカ〜』 -
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習・理科]

 「携帯電話利用のモラル学習と事例に基づく仮想体験」を連載いたします。
「モバは見た!ケイタ一家の怪しい落とし穴」というゲームの中身のご紹介です。
今回は第8回目「携帯電話での「コミュニケーション」 〜メールでケンカ〜」です。



《写真をダブルクリックしてください》


● Web教材「子どもたちによるデジタルアーカイブづくり」
  - 第15回 『竹富島の景観(2)』 -

[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:総合的な学習・共通]

集落は東集落、西集落、仲筋集落の3つからなり、白砂の道、石垣や屋敷
林に囲まれ赤瓦屋根の民家が建ち並ぶ昔ながらの沖縄の原風景を今に残して
います。

 また、代表的な沖縄民謡の「安里屋ユンタ」のモデルになった絶世の美女
・安里屋クヤマさんの生家の門前に記念碑が建っていたり、「星砂の浜」で
有名なカイジ浜、たくさんの個性的なシーサーなど見所はたくさんあります。
ゆっくりと時間が流れる竹富島で、水牛車に揺られて三線の音色を聴いてい
ると、まるで別世界に来たように感じるでしょう。

 

《写真をダブルクリックしてください》


--------------------------------------------------------------------
[特別寄稿]

「世界の旅バーチャル・グランドツアー (132)「オーストラリア・シドニー」
(連載)  [対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 今回は、オーストラリアのシドニーの動画像です。 :

  シドニーは南半球最大の都市で、メルボルンとともにオーストラリアの経済の
中心です。シドニーの名前は1842年、イギリスの内相であったトマス・タウンゼン
ト・シドニーにちなんだものです。オーストラリアはイギリスが流刑囚植民地とし
て、囚人達がイギリスのために作物や原料を生産、供給できるように開拓されたも
のでした。現在、シドニーは白豪主義を経ながらも積極的に海外からの移民を受け
いれ、人口の1/3は移民になっています。

 オペラハウスはベネロング岬の先端にあり、「世界3大美港」の一つになってい
る景観を彩っています。1973年に14年の歳月をかけ完成されたオペラハウスは、当
初はデンマーク人の無名の建築家ヨルン・ウッツォン氏がデザインを手がけました
が、外装の完成後、政治的理由で帰国を余儀なくされ、内装は地元オーストラリア
の建築家が造りました。実際、内部には柱はなく、外装と内装はつながりがありま
せん。

≪動画・静止画「オーストラリア・シドニー」のホームページ≫


《写真をダブルクリックしてください》


「カナダ東部点描」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡さんから、カナダ東部の映像が送られてきました。
 
「秋のカナダ東部地域を紹介します。今回はナイアガラの滝とモントリオールの町、
そして紅葉真っ盛りのローレンシャン高原です。

 @ナイアガラの滝 
  五大湖のエリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川の途中にあり、アメリカ
 滝とカナダ滝とが隣り合っています。
    ・アメリカ滝 幅 260m   落差 34m   
    ・カナダ滝  幅 670m   落差 54m
  霧の乙女号で滝の真下近くまで近づくことができるが、土砂降りの中を進む感じで、
 その水量に圧倒されます。

 Aモントリオール
  カナダのフランス語圏の中心都市。協会の建物が多く、中世の雰囲気が漂う石畳の
 町と、近代建築が林立するモダンな都市が同居しています。
 
 Bローレンシャン高原
  モントリオール郊外の広大な地域に存在するリゾート地。その面積は、日本の四国
 に匹敵するほどで、全山紅葉の秋には、世界各地からたくさん の観光客が訪れます。

≪動画・静止画「カナダ東部点描」のホームページ≫



「難波宮跡」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:社会・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の岡田さんから、大阪府の難波宮跡の映像が送られて
きました。

 大阪のシンボル大阪城の東南の角に難波宮跡があります。
古代の大阪は、難波(なにわ)とよばれ、2度この地(現在は大阪市中央区法円坂)
において都の造営が行われたことが、 発掘調査により明らかになり、難波宮の遺跡
は宮殿の中心部の約9万平方メートル余りの範囲が国の史跡公園として整備保存され
ています。

 前期難波宮は、「大化の改新」(645年)後に即位した孝徳天皇により造営された
宮殿で難波長柄豊碕宮と名付けられました。
 後期難波宮とよぶもう一つの宮殿は、聖武天皇が神亀3年(726年)から造営を行った
難波宮です。後に784年、桓武天皇が長岡京に遷都した際には、この大極殿などの建物
が長岡京に移築されました。

 都の造営以前の5世紀後半には大倉庫群がここに建造されていた跡があり、現在は大
阪歴史博物館とNHK大阪が建っています。歴史博物館のロビーやNHKの玄関前のフロアー
の床には柱の跡が分かるようにタイルが敷いてあり、前庭には倉庫の一つが復元されて
います。


≪動画・静止画「難波宮」のホームページ≫


「バークレイ・マリーナのフェンネル」
[対象: 校種:全般、学年:全学年・生涯学習、教科:理科・共通]

 学情研ネットワーク研究会員の松さんから、米国・西海岸バークレイ・マリーナの
フェンネルの映像が送られてきました。

 強い風に吹かれ2mほどもある、たくましい花はフェンネルです。
 サンフランシスコの対岸にあるバークレイ・マリーナからは、ゴールデンゲート
ブリッジや、ダウンタウンの高層ビルが見えます。

 ギリシアの医学者・ヒポクラテスも消化不良や胸焼けにフェンネルが効果がある
と推奨していたといいます。また、フェンネルは目薬としても使われ、疲れ目や目
の痛みに効き、利尿作用もあるそうです。

≪動画・静止画「バークレイ・マリーナのフェンネル」のホームページ≫


《ご意見は掲示板にどうぞ》≪写真をダブルクリックしてください≫

(特別寄稿の原寸大映像は、膨大な容量になりますので、ご希望の方に実費で
CD-ROM/DD版「地域学習の為のデジタルアーカイブ」を提供いたします)

--------------------------------------------------------------------
[お知らせ]

第6回日本情報オリンピック 
  〜 第19回国際情報オリンピッククロアチア大会日本代表選手選抜試験 〜

 NPO法人「情報オリンピック日本委員会」は「国際情報オリンピック」へ
日本代表選手を派遣する事業を軸に、日本の数理情報科学の振興と発展を担う
人材の育成に寄与するための事業を行なっています。
 現在、第6回日本情報オリンピックへの参加者を募集中です。コンピュータ
に興味を持つ多数の中学・高校生が参加してもらえますようご案内いたします。

■対 象:2007年8月時点で高校又はそれ以下の学校(高専の場合は高校の相当学
     年)の在学生で、20歳未満の者。
■日 時・会場: 日本情報オリンピック予選:2006年12月17日(日)13:00〜16:00
     ウェブ上で実施(自宅や部室のいつも使っている環境で参加できます)。
     予選通過者は本選に進みます。
■後 援:文部科学省、情報処理学会、日本ソフトウェア科学会、電子情報通信学会、
     日本教育工学会
■参加費:無料
■試験内容:与えられた問題を解くためのアルゴリズムを考え、プログラムを作成
     し、答を出力します。予選では、プログラミング言語を問いません。
     詳細は以下のウェブサイトをご覧下さい:
     URL: http://www.ioi-jp.org/
■お問合せ先:〒160-0022 東京都新宿区新宿7−26−37−2D
         特定非営利活動法人情報オリンピック日本委員会
        Tel: 03-5272-9794 Fax: 03-5272-9791
        URL: http://www.ioi-jp.org/ E-mail: info@ioi-jp.org

「デジタル・アーキビスト概論」
情報社会の頼れる資格「デジタル・アーキビスト」取得のために、是非ご一読くださ
い。
http://www.gakujoken.or.jp/news/merumaga135/20061019140312063.pdf

ICT教育推進プログラム協議会 中間レポート

  200311月のICT教育推進プログラム協議会発足から20069月までの約3年間
の活動をレポートにまとめました。研修受講者の声から文部科学省のメッセージ
まで広くご紹介しております。
http://www.ict-consortium.jp/casestudy/index.htm

ICTスキルアップオンライン 申込開始のお知らせ

 
学校教育における情報化の推進に向けて、教員のICTスキル向上を図るために
ICTスキルアッププログラムの資産を活用した「ICTスキルアップオンライン」の
提供を
2006年11月より開始します。本コンテンツでは、ICTスキルアッププログ
ラムの教員研修用コースの中から授業に特化したものをe-Learning化して全国的
に展開していきます。

 お申込みは都道府県および政令指定都市単位で受け付けております。申込方法
等詳細は下記もしくは協議会インフォメーションセンターまで。
  電話:048-228-1229、E-mail:info@ict-consortium.jp 

□プレスリリース
 http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2845

ICTスキルアップオンラインサイト
 http://ict.study.jp/

ICT教育推進プログラム協議会
 リサイクルPC寄贈プログラム募集スケジュールのお知らせ
 リサイクル PC 寄贈プログラムは、全国の小中高等学校で、まだ充分に ICT
アクセス環境の整備ができていない学校を支援するため、企業や団体から寄付 された「使用済みPC」を一定の基準のもとに再生し、「リサイクル PC」として 活用するプログラムです。
 現在下記のスケジュールで、リサイクルPCの寄贈希望学校の申し込みを受け
付けております。
 
         申込締切日       寄贈先発表日
 第 12 回  2006 / 12 / 15 ( 金 )  2007 / 01 / 15 ( 月 )
 第 13 回 2007 / 03 / 15 ( 木 ) 2007 / 04 / 16 ( 月 ) 第 14 回 2007 / 06 / 15 ( 金 ) 2007 / 07 / 13 ( 金 )

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
http://www.potential-for-children.jp/recyclepc.htm

学校のコンプライアンス対策は万全ですか?
 コンプライアンス対策や情報流出対策など学生と教職員向け支援情報満載
マイクロソフト ステップアップ スクエア

コンプライアンス(法令遵守)対策のためにも、ソフトウェアの資産管理は
必須となっています。教育機関を対象にコンプライアンス対策にも効果的なボ
リュームライセンスの情報や、ファイル共有ソフト Winny による情報の流出
の対策、その他、無料のダウンロード支援ツールなどを掲載しています。各種
キャンペーンのお知らせ、プログラミングなどに関するオンラインラーニング
コンテンツやウェブキャストの情報、イベント情報などをお届けしているマイ
クロソフト ステップアップ スクエア ニュースもあわせて、ぜひご活用ください。
http://www.microsoft.com/japan/academic/default.mspx

--------------------------------------------------------------------
[学情研の動き]

● 教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)@学情研の新情報('06/11/24)
  学情研ネットワーク研究会員の「神奈川地区版」のページに「校庭の植物(アカザ科
〜ラン科)、校庭の植物(アヤメ科〜カヤツリグサ科)、校庭の植物(イネ科とシダ)」の
地域素材を追加しました。
      http://www.gakujoken.or.jp/Gate-EX/gatex.cgi

「学習情報研究」11月号の目次('06/11/10)
「学習情報研究」11月号が発刊されました。内容は、「インターネットの授業での活
用」を特集しています:

【目次】 (敬語敬称略)
(1)ICTの活用はどのように進むのか 中川一史(金沢大学教育学部教育実践総合センター)
(2)安全で使いやすい校内ネットワーク構築のコツ   石倉和幸(米子市立成実小学校)
(3)インターネットにおける家庭へのアプローチ    甲斐 崇(沖縄市立美東小学校)
(4)学校Webページの効果と課題            鈴木 誠(川西町立犬川小学校)
(5)総合的な学習でのブログ活用実践事例       有田浩子(鳥取市立西郷小学校)
(6)小学校:情報モラルの効果的な授業         田中靖浩(三朝町立西小学校)
(7)交流学習でのインターネットの活用        嶺村 労(堺市立城山台小学校)
(8)情報収集でのインターネットの活用        宮城卓司(うるま市立高江洲小学校)
(9)表現活動でのインターネットの活用         菅原弘一(仙台市立東二番丁小学校)
(10)中学校理科でのディジタルコンテンツ活用事例   岩崎有朋(倉吉市立東中学校)
(11)交流学習でのインターネットの活用        米田謙三(私立羽衣学園中学校)
(12)インターネットの理科コンテンツを活用し、「できる」、「わかる」を保障する
                           山本和彦(石狩市立生振小学校)

[要約紹介(第2回目)] 

-『安全で使いやすい校内ネットワーク構築のコツ』 - 石倉和幸
 情報主任が校内のIT機器を十分に活用してわかる授業を展開する。それは当然で
あるが、それだけではその恩恵を受けることのできる児童はおそらく学校全体の1割
程度であろう。本来、校内すべての児童のために整備された環境である。1部の華や
かな実践によってそれで満足し、残りの9割の存在を忘れることがあってはならない。
情報主任とその担当する児童だけでなく、校内のすべての教師、児童が安心して便
利に使える校内ネットワークについて考えを進めたい。 
<データの共有 データの保守 校内ポータル>

-『インターネットにおける家庭へのアプローチ』 - 甲斐 崇
 情報化の進展に伴い、コンピュータや携帯電話等の端末の普及で、保護者やもち
ろんのこと、児童でも日常的に、かつ簡単にインターネットやメールに接続できる
状況が実現できつつある。しかし、学校現場ではなかなかそれらを生かした情報発
信がなされておらず、以前のような公文でのお知らせにとどまっているケースが多
いのが現状である。
 本稿では、インターネットを活用した学校から家庭への情報発信のあり方、その
方法などについて、実践事例を交えながら報告する。
<ホームページ、携帯電話、ブログ、情報発信>
  
-『学校Webページの効果と課題』 - 鈴木 誠
 本校では、昨年度から今年度にかけて、できるだけ多くの更新ができるようにす
ることと、多くの教員が更新に関われることを目的に、cgiやブログを取り入れな
がらホームページを変えてきた。そうすることによって、外部に多くの情報を発信
できるようになってきた反面、今までとは違った課題も観られるようになったそこ
で、本校における学校のWebページの効果と課題について考えていきたい。
<学校Webページ、ブログ、更新>
  

なお、「学習情報研究」の定期購読者は、次の「学情研ネットワーク研究会員
の特典が受けられます。

「学情研ネットワーク研究会員」の特典のお知らせ
会員は、会員IDとパスワードを使い 「教育コンテンツ(デジタルアーカイブ)
@学情研」の原寸大映像が見られる特典があります。

≪特典サンプル≫
【静止画の例:ユングフラウヨッホ】【動画の例:ニュージランドの羊の毛刈り】
ユングフラウヨッホ小羊の毛刈り小ユングフラウヨッホ大羊の毛刈り大

↑メルマガ版  ↑原寸大          ↑ メルマガ版 ↑原寸大
            ≪写真をダブルクリックして下さい≫

なお、学情研では「学情研ネットワーク研究会員」を募集しています。

--------------------------------------------------------------------
【アドレスの変更・メールの 配信停止はこのURLの一番下の文の「ここ」】
http://www.gakujoken.or.jp
(変更の場合は、解除・登録でお願いします)

【その他、ご意見等は】
gjk@gakujoken.or.jpまで連絡下さい。
(電話03-5919-3401、 Fax.03-5919-3402)          学情研事務局
           ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)GAKUJOKEN.2006