トップ> ケータイモラルって何?

 きみたちは、ケータイモラルって聞いたとき、いったい何を思いうかべるかな。「ケータイ」とは、みなさんも知っている通り、 携帯(けいたい)電話のことですね。それじゃぁ「モラル」とはなんでしょうか。それはカンタンにいうならば、みんながイヤな気持ちをすることなくすごすためにちゃんと、良いこと悪いことを 判断(はんだん)することなんです。それでは、じっさいにケータイを使う場面をちょっと思いうかべてみましょう。
 まず、きみたちがもっともよく使うメール。近くにいる友だち、遠くにいる友だち、きょりに関係なく、ちょっとした 連絡(れんらく)をするときなど、とっても便利ですね。だけどそんな便利なメールにときどき、 奇妙(きみょう)なメールが送られてきませんか?
 そう、「このメールを5人にまわさないと不幸になります」といった 内容(ないよう)の「不幸のメール」などに代表されるチェーンメールです。こんなメールがとどいたら、ぜったいに送ってはいけません。自分のところで必ず止めましょう。だって、送られた人だってこまりますからね。友だちにそんな思いをさせるのは良くないよね。
 次に、ケータイの 通話機能(つうわきのう)。これも、いつでもどこにいても 連絡(れんらく)をとることができるので、とっても便利ですね。だけど、例えば、まわりのみんなが集中している図書館の中や 映画(えいが)館の中で、着信音がなったら・・。まわりのみんなは、どう思うでしょうか?きっとイヤな思いをするでしょうね。そんな思いをさせないためにも、マナーモードに 設定(せってい)しないといけませんね。
 でもね、 電源(でんげん)を必ず切らなければならない場所があるんです。それは、電車・バスの 優先席(ゆうせんせき)付近・そして病院などです。きみたちがもっているケータイから出ている 電磁波(でんじは)によって 精密(せいみつ)機械がくるってしまうんです。だからこのような場所では、必ず 電源(でんげん)はOFF !

 最後に、ケータイのカメラ 機能(きのう)。これも、何かを発見したり、 記念撮影(きねんさつえい)したりするときに「パシャッ!」と1 枚(まい)、とっても便利な 機能(きのう)ですね。だけどね、もし、きみが街で有名人を見かけたとして、いきなり「パシャッ!」ととったとして、とられた人はどう思うでしょうか。そう、きっと気分は良くないよね。

 例えば、本屋でも・・。「あっ!この記事おもしろいから友だちに見せたい」「メモしたい」と思って、ケータイで「パシャッ!」と1 枚(まい)。こんな具合にどんどんとっていったらどうなるでしょう。がんばって 雑誌(ざっし)や本をつくった人の気持ち、売っている本屋の売り上げのことを考えると、これも相手をイヤな気持ちやこまらせてしまいますね。実は、人物や本・絵などの作品には、 肖像権(しょうぞうけん)や 著作権(ちょさくけん)という 権利(けんり)があるのです。それは他人が勝手につかうことのできない 権利(けんり)です。「パシャッ!」と1枚(まい)という 安易(あんい)な気持ちが相手にイヤな思いをさせる場合もあるのですね、みなさんも気をつけましょう。

 このように、いくつかの場面にわけて、ケータイモラルについて説明してきました。少しムズカシイ話しもあったかもしれません。だけどね、ケータイモラルってとってもカンタンなことなんです。だって、相手のことを考えたとき、相手が少しでもイヤな気持ちにならないようにするだけなのです。もっともっとカンタンいえば、自分がされてイヤなことは、相手にもしないということ。このように、ケータイをつかうとき、まわりみんなのことやまわりのようすを考えること、それがケータイモラルなんですね。

このページのトップへ


Copyright (C) 2006 携帯電話における情報モラル研究会 All rights reserved.