井伊谷城

 井伊谷(いいのや)城は、浜松市北区引佐町井伊谷にある山城跡です。今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台となる城です。
 浜名湖の北にある遠江国井伊谷を治める国人領主であった井伊家には、1010年(寛弘7年)井伊谷の井戸の傍らに捨てられていた男児が後に遠江国司藤原共資の養子となって井伊共保と名乗り、初代当主となったという伝説があります。南北朝時代城主井伊道政の時には後醍醐天皇の皇子宗良親王を保護し南朝方の拠点となりますが、北朝方によって落城しました。戦国時代になると井伊氏は今川氏に拠っていましたが、1562年(永禄5年)桶狭間の戦いで井伊直盛が討死し、家督をを継いだ養子の直親は今川氏真に謀叛の疑いで殺され、直親の子は幼少であったため直盛の娘次郎法師が直虎と名乗って城主となりました。直虎は直親の子の後見をし、その子は成長すると直政と名乗り徳川家康に仕えました。その後直政は多くの武功をあげ、徳川四天王の1人として彦根城の初代当主となり、井伊家は幕末には井伊直弼を輩出するような譜代大名となりました。
 現在は、井伊谷城跡公園として整備され、山頂部には二段に別れた曲輪跡があり、上段の曲輪は「御所丸」と呼ばれ、宗良親王の御所であったとされています。
 山麓の里には井伊家ゆかりの地として「井殿の塚」「共保公出生の井戸」、井伊家の菩提寺である龍潭寺が点在しています。

龍潭寺

 龍潭寺(りょうたんじ)は、奈良時代創建の古寺で井伊家の菩提寺で、井伊直盛、直虎、直親の墓もあります。江戸時代初期に造られた小堀遠州作の庭園は国の名勝に指定されている名園です。

2016.11.27