安土城

 安土城は、近江八幡市安土町にある城跡で、国指定の特別史跡です。
 京に近く琵琶湖の水運を利用できるという要衝の地に、織田信長が1576年(天正4年)築城を開始、3年後に完成しました。信長の「天下布武」を象徴する城郭で、山頂の5層6階地下1階の豪華な天主に信長が住み、本丸に家族、家臣は山腹や城下に屋敷を構え居住していたようです。 
 標高199mの安土山に、直線約180m、幅8mほどの大手道の両側を羽柴秀吉邸、前田利家邸などの家臣団屋敷が立ち並び、黒金門を経て総石垣の主格部、天主が構築されていました。また、城郭内には總見寺という寺院が建てられ、この寺の境内を通っていくのが本来の登城道でした。
 1582年(天正10年)本能寺の変での信長の死後、安土城の天主と本丸は焼失してしまいます。以後は二の丸を中心に機能はしていましたが、豊臣秀次が近くの八幡山城築城に資材を活用し、1585年(天正13年)に廃城となりました。
 現在、城跡の整備がすすみ、大手口などが復元されています。天主に登ると礎石の数から見て、おおきな天主閣だったことがよくわかります。大手道の石段には、石塔・石仏がところどころ使用されていて、信長の合理的な性格がかいま見えるようです。總見寺本堂跡の方へまわると、三重塔と仁王門(ともに重要文化財)が創建当時からの姿をとどめています。かつて信長もこの石段を登り、この門をくぐって天主を目指したという歴史のひとこまを目の当たりにしたようでした。 


                                          ≪安土城天主閣跡の動画≫



安土城碑

大手道入口

説明板

大手道

大手道

大手道

石仏

石仏

羽柴秀吉邸跡

羽柴秀吉邸跡

説明板

前田利家邸跡

武井夕庵邸跡

織田信忠邸跡

大手道上段

黒金門へ

黒金門跡

二の丸へ

二の丸へ

石垣

二の丸跡

織田信長廟

本丸へ

本丸跡

本丸跡

天守閣へ

天守閣へ

天守閣礎石

天主からの眺望

石段

總見寺へ

總見寺跡

三重塔

本堂跡

三重塔

總見寺石段

仁王門

石段

仁王門

總見寺説明板