古宮城

 古宮城は、新城市作手清岳にある平山城跡です。
 1571年(元亀2年)武田信玄が三河攻略の拠点として、馬場美濃守信春に命じて築城させた城で、1573年(天正元年)奥平・徳川軍によって落城したと伝えられています。
 現在は山林となってしまって見えにくいのですが、五重の堀や段々状の削平面、大きな竪堀など武田氏の築城技術がよく分かる構造となっています。愛知県で人気の高い城跡です。



        豊川・矢作川の分水点(古宮城のすぐ近くにある小さな川にあります。珍しい平地にある分水点です。)


2014.3.27