<ホーム

申込はこちら>>

「情報教育セミナー2008」のご案内



【開催の趣旨】
 本年3月28日の文部科学省公示による小学校、中学校の新しい学習指導要領は、「生きる力」をはぐくむことを基本理念とするこれまでの方向を引き継ぎつつ、社会の変化に対応して、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質・能力を養うことなどを目的として、教育の一層の充実を図る内容となっています。
 「教育の情報化」についても、コンピュータの活用が、教科等の学習効果を高めるために行われることはもちろん、さまざまな情報を適切に活用できるようにするための能力を身に付けることが重要であるとされています。
 このように、「教育の情報化」への対応がますます重要になっている状況にかんがみ、
「情報教育セミナー2008」では、「教育の情報化」推進に向けての最新の行政の取組みや新しい学習指導要領の重要なポイントについての講演と、教育におけるコンピュータ活用のあり方について、先導的に研究・実践されている方々によるパネル・ディスカッションを行い、学校教育におけるコンピュータ活用の一層の進展を図ることとします。

《テーマ》 学習指導要領の改訂と教育の情報化
《日 時 平成20年8月1日(金) 9:30〜16:10
《会 場》 アルカディア市ヶ谷(私学会館) 富士の間(3階)  
(東京都千代田区九段北4−2−25)
TEL:03-3261-9921 URL:http://www.arcadia-jp.org/top.htm
主  催 財団法人学習ソフトウェア情報研究センター
後  援 文部科学省
全国都道府県教育委員会連合会
東京都教育委員会
日本教育新聞社
日本教育情報学会

参加定員 150名
参加対象 小・中・高校の教師、教育研究機関・教育行政機関関係者、教育関係団体関係者
参加費 2,000円  ※学情研の研究会員は無料です。
支払い方法
  後日郵便振込用紙を郵送致します(振込手数料はご負担願います)
申込〆切日 平成20年7月11日(金)

セミナープログラム
   

時間 プ   ロ   グ   ラ   ム
9:30 情報教育セミナー開講
9:40

10:20

基調講演 
「教育の情報化に対する文部科学省の施策」
 椿 泰文 (文部科学省生涯学習政策局参事官)
10:20

11:00
特別講演(1)
「新教育課程への移行に向けた取組みのポイント」
 工藤 文三 (国立教育政策研究所初等中等教育研究部長)
11:00

11:40
特別講演(2)
「教科学習とICT活用」
 中川 一史 (独立行政法人メディア教育開発センター教授)


11:40

13:00
昼食・休憩 ※ソフトウェアコンクール表彰式を行います。是非ご出席ください。
13:00

14:30

パネルディスカッション(1)
「これならできるプレゼンテーション能力育成の指導」
コーディネーター 中橋 雄 (武蔵大学准教授)
パネリスト 石倉 和幸 (鳥取県米子市立成実小学校教諭)
佐藤 幸江 (神奈川県横浜市立高田小学校主幹教諭)
前田 康裕 (熊本県熊本市立飽田東小学校教諭)
渡邊 叔子 (宮崎県都城市立山之口小学校教諭)


14:40

16:10

パネルディスカッション(2)
「どの学校でもできるICT活用普及のための校内研修」
コーディネーター 堀田 龍也(独立行政法人メディア教育開発センター准教授)
パネリスト 中山  均 (富山県高岡市立東五位小学校教諭)
皆川  寛 (宮城県登米市立北方小学校教諭)
渡邉 光浩 (宮崎県北諸県郡三股町立勝岡小学校教諭)

16:10 情報教育セミナー閉会

昼食・休憩に、学習ソフトウェアコンクール表彰式が行われますので、セミナーに参加される方はなるべく表彰式にもご出席下さるようご案内申し上げます。

「情報教育セミナー2008」参加申込書

参加代表者 氏名 
その他参加者氏名
代表者勤務先名(所属)
 〒 
送付先住所 ※
勤務先へ希望の方は
勤務先名もご記入下さい

電話番号 ※ (半角)
FAX番号 (半角)
Eメール (入力頂いた方には申込み内容の確認メールを後日送信致します。) (半角英数字)
備考

※学情研研究会員
の方は会員番号を
ご記入ください
このセミナーを何で知りましたか? 学情研ホームページ  ダイレクトメール 学情研メルマガ
新聞 知人の紹介(「備考」欄にお名前を) 
その他(具体的に何かを「備考」欄に)
※は必須項目です
個人情報の取り扱いには十分注意し、当財団法人の事業以外には使いません。
後日、受講票と振込用紙を郵送いたしますので、ご住所はお間違いないようご記入ください。
参加者が複数の場合には、代表の方に一括してお送り致します。