2008年度 学習情報研究誌目次一覧

11月号・・・全ての教員が知るべき情報セキュリティ
9月号・・・特集 情報教育の観点から新学習指導要領を読み解く
7月号・・・特集 これならできるプレゼンテーション能力育成の指導
5月号・・・特集 どの学校でもできるICT活用の普及のための校内研修
3月号・・・特集 インターネットの利用環境とその活用
1月号・・・特集 インターネット社会のセキュリティ
(隔月発刊)


2008年 11月号目次

高等学校・大学・社会人向け講座シリーズ
学校教育でのデジタル・アーカイブ 表現技術と権利処理 久世 均

全ての教員が知るべき情報セキュリティ
全ての教員が知るべき情報セキュリティの考え方 堀田 龍也
教員の情報セキュリティ意識の現状 石塚 丈晴
紙ベースのセキュリティ意識から始める 野間 俊彦
セキュリティ感覚を磨く 和田 俊彦
情報セキュリティ対策への第一歩 梶本 佳照
情報セキュリティとアウトソーシング 中川 斉史
1人1台の教員用パソコンに必要なセキュリティ設定 高橋 純
校務の情報化の推進と情報セキュリティ 齋藤 俊明
設定は慎重に 無線LANの利用 笠原 隆宣
USBメモリ等の活用に関する考え方 菅原弘一/松川真也
教員1人1台環境での教員のセキュリティポリシーのあり方 池田 宗一
情報を守る校内ファイルサーバの活用 熊代 徹
情報モラル教育の一環としての情報セキュリティ 西田 光昭
やっかいな情報化社会、届かぬ大人の手 平松 茂
市販教材を使って小学生に情報セキュリティを教える 上野 真
中学校技術・家庭科で教える情報セキュリティ 村松 浩幸
情報セキュリティ教育用の教材開発と授業実践 佐々木弘記
ネットいじめへの対応 石鎚 一則
小中高等学校で進める体系的な情報モラル教育 横山 隆光
未来への挑戦としての情報モラル 石原 一彦
◆メディア教育研究会報告 vol.4 千葉 教生

◆連載 マルチメディアソフトの著作権 (3)
芦葉 浪久
 第2章 マルチメディアと著作権(つづき)
      (3)完成したマルチメディアの著作物性
      (4)マルチメディアソフトの著作権の帰属
      (5)ユーザとの権利関係 (6)ディジタル化権の問題
廣田英樹氏大臣表彰される

[New Products File]
・高輝度液晶プロジェクター「NP600J」
・一斉授業支援教材シリーズ「リズム良く身につく小学校のフラッシュ英単語」
・学校情報セキュリティ対策支援ソフト「らくらくスクールポリシー」
・書画カメラ内蔵プロジェクタ「iP−65S」「iP−65B」
◆11月号広告索引◆「学習情報研究」購読申込書◆次号予告・編集後記
2008年 学情誌目次一覧トップへ

2008年 9月号目次

情報教育セミナー2008  テーマ「学習指導要領と教育の情報化」
◆基調講演「教育の情報化に対する文部科学省の施策」 椿 泰文
◆特別講演(1)「新教育課程への移行に向けた取組みのポイント」 工藤 文三
◆特別講演(2)「教科学習とICT活用」 中川 一史
◆実践発表・パネルディスカッション(1)
  「これならできるプレゼンテーション能力育成の指導」
コーディネータ
中橋 雄
◆実践発表・パネルディスカッション(2)
  「どの学校でもできるICT活用の普及のための校内研修」
コーディネータ
堀田 龍也
平成20年度第24回学習ソフトウェアコンクール表彰式

情報教育の観点から新学習指導要領を読み解く
情報教育の観点から新学習指導要領を読み解く 林 徳治
新学習指導要領,情報教育の視点はここが変わった 横田 学
情報社会の影への対応 沖 裕貴
情報をもとに自己の行き方の指針を照らし出すための授業の在り方 藤上 真弓
中学校で担うべき情報教育の方向性 藤本 光司
情報学に基づいた教育課程の開発と実践 河野 卓也
新学習指導要領に見る「情報教育」 米田 浩
小中学校の管理職から見た情報教育の課題 川野 智
情報活用能力から言語力へ 奥野 雅和
ものづくり(プログラムと計測・制御等)と情報教育 武田 正則
保護者責任の視点に立った情報モラル教育の組み直し 保田 裕彦
送り手の教育から受け手の教育へ 黒川 マキ
情報分析力を育てる 三宅 茜巳
新学習指導要領で求められる「情報モラル」 林 泰子
日本人に求められる今後の情報リテラシーとは 植木 進策
タイにおける基礎教育カリキュラムと情報教育 井上 史子
中国の大学から見た情報リテラシーとは 市原 明日香
企業の視点から見た社会人に求められる情報リテラシー 赤松 辰彦

◆連載 マルチメディアソフトの著作権 (2)
芦葉 浪久
 第1章 マルチメディアとは(つづき)
      (6)マルチメディアの将来
 第2章 マルチメディアと著作権
      (1)マルチメディア時代の著作権法
      (2)マルチメディアソフトの制作過程と著作権
      
学情研ホームページにアクセスしてみませんか?

[New Products File]
・高輝度3500lm液晶プロジェクター「CP-X450J」
・セキュリティ強化「CentreCOM9424T/SP-E」
・タイプ練習ソフト「TYPEQUICK professional USB版」
・液晶ペンタブレット「DTU−1931」「DTF−720」
◆9月号広告索引◆「学習情報研究」購読申込書◆次号予告・編集後記
2008年 学情誌目次一覧トップへ

2008年 7月号目次

「情報教育セミナー2008」のご案内
平成20年度第24回学習ソフトウェアコンクール入賞作品

これならできるプレゼンテーション能力育成の指導
伝え合う力における縦と横のつながり 中川 一史
メディアを活かすプレゼンテーション指導のコツ 中橋 雄
写真によるコミュニケーション 前田 康裕
お気に入りを紹介しよう 後藤 大二郎
じゃんけんをしょうかいしよう 有田 浩子
入門期のプレゼンテーション能力の鍛え 佐藤 幸江
電子黒板で鍛えるプレゼンテーション能力 石倉 和幸
社会科におけるプレゼンテーション能力の育成 甲斐 崇
理科学習で実験場面をプレゼンテーションしてみよう 完田 八郎
相手意識を持たせるプレゼン指導 田中 健太郎
小学校高学年におけるプレゼンテーションの指導法の工夫 中島 武史
相互評価を取り入れてレベルアップ 八崎 和美
調査・実験データ・資料を活用したプレゼンテーション 北見 俊則
学び合いで伸ばすプレゼンテーションの力 岩崎 有朋
学校設定科目「情報表現」で取り組むプレゼンテーション指導 池田 明
日常の継続的な指導が決め手 白江 勉
プレゼンしたくなる場を用意する 中川 斉史
先生の伝える力を育てる研修 阪井 小百合

◆メディア教育研究会報告 Vol.3
北見 俊則

◆連載 マルチメディアソフトの著作権 (1)
芦葉 浪久
 第1章 マルチメディアとは
      (1)マルチメディアの概念 (2)マルチメディアの種々の定義
      (3)マルチメディアの具体例 (4)マルチメディアソフトの制作過程
      (5)マルチメディアの利用分野
      
教育ソリューションフェア開催のご案内

[New Products File]
・高輝度・高演色モデル「XJ−S57・XJ−SC215」
・校務IT化支援システム「スクールオフィス」
・DLPプロジェクター「NP771」 ・高速カラーページプリンタ
・ウィルス・スパイウェア対策ソフト「ESETNOD32アンチウィルスV3.0」
・通信速度108Mbqs対応版「IPN-W120AP/Turbo108」
◆7月号広告索引◆「学習情報研究」購読申込書◆次号予告・編集後記
2008年 学情誌目次一覧トップへ

2008年 5月号目次

「情報教育セミナー2008」のご案内

どの学校でもできるICT活用の普及のための校内研修
どの学校でもできるICT活用の普及のための校内研修の考え方 堀田 龍也
教員が効果的と考えるICT活用場面の分類 高橋 純
やってみよう!簡単ICT活用研修 渡邉 光浩
写真や絵を拡大投影し発問を考える研修 佐藤 正寿
ICT活用指導力の向上を目指した校内授業研究会 皆川 寛
実践して納得ICT活用 影山 知美
学年の先生から全校へ広がったICTを活用した授業 渡邊 千佳
生徒経由で他教科に広げる 金 隆子
フラッシュカード教材を活用したICT活用研修 割石 隆浩
環境整備とグループ研修 清久 利和
日常の中での一言の働きかけ 西田 光昭
ICT活用の普及のための校内研修はこんな順序で 金 俊次
ニーズを掴んだ研修でICT活用を進める 笠原 晶子
ICT活用指導力チェックリストを活かした校内研修 宮崎 靖
校内情報便りによる校内研修 表 克昌
実物投影機を中心とした超初心者向け研修 向井 康之
実践につながる校内研修について 梶本 佳照
広げよう!情報モラル教育 石井 一二三
学校への出前研修とその後のサポートの取り組み 本田 博
学校への出前研修が成功する秘訣 中村 武弘

◆メディア教育研究会報告 Vol.2
後藤 大二郎

◆連載 インターネットと情報倫理 (13)
芦葉 浪久
 第5章 ソフトウェアの法的保護
      (6)ソフトウェアの法的保護の事例研究
      (7)著作権の制限

[New Products File]
・Ultra Mobiile「WILLCOM D4」
・ICT活用教育支援ソフトウェア「SKYMENU Pro Ver.10」
・高速同軸モデム「ACLCシリーズ」
・アップルMac専用モデルScanSnap「S510M」「S300M」

平成20年度科学研究費補助金交付内定のお知らせ
◆5月号広告索引◆「学習情報研究」購読申込書◆次号予告・編集後記
2008年 学情誌目次一覧トップへ

2008年 3月号目次

平成20年度 第24回学習ソフトウェアコンクール作品募集

授業に活かす高画質・動画像教育用コンテンツ
高精細動画像が授業に手軽に活用できる時代 山西 潤一
デジタルハイビジョン映像の活用による教育効果 黒田 卓
移動型情報携帯端末の教育利用 清水 英典
オアシスプロジェクトによるNHK映像コンテンツの教育利用 中出 雅信
大型ディスプレイの教育利用 −小学校編− 阿久津 理
理科の実験・観察を支援する「理科デジタルコンテンツ」の活用 毛利 靖
デジタルハイビジョン自作教材の活用 −中田中学校の場合− 関 雅文
デジタルハイビジョン自作教材の活用 −本校での研究・実践をふまえて− 高瀬 朝彦
iPodを使った英語指導とオンライン教材配信 皆川 春雄
語学教育への動画像コンテンツの活用:高校編 峯 慎一

◆メディア教育研究会報告 Vol.1
佐藤 幸江

◆連載 インターネットと情報倫理 (12)
芦葉 浪久
 第5章 ソフトウェアの法的保護
      (2)著作権(つづき)  (3)プログラムの複製物の所有者の権利
      (4)違法コピーの使用 (5)他人のプログラムの盗作

[New Products File]
・インテリジェントプロジェクター「iP−40S iP−40B」
・小学生向け学習ソフト「ケンチャコ大冒険3種8タイトル」
・ワイド液晶ディスプレイ3機種「22型 19型 17型」
・書画カメラ「P30S」

『学習情報研究誌』平成20年度特集一覧表
◆3月号広告索引◆「学習情報研究」購読申込書◆次号予告・編集後記
2008年 学情誌目次一覧トップへ

2008年 1月号目次

◆新年ごあいさつ 生きるための知識と技能 菱村 幸彦
「情報教育コンファレンス」開催
講演1 教育の情報化と課題 椿 泰文
講演2 学習指導要項改訂の方向 大槻 達也

インターネット社会のセキュリティ
インターネット社会でセキュリティが重要課題になる理由 宮田 仁
インターネットセキュリティに対する脅威とその場所と形態、影響 宮田 仁
サイバー犯罪の現状と対策 小出 晋也
ボットとボットネット 蒲田 拓也
マルウェア対策 蒲田 拓也
セキュリティ対策の重要性 三輪 吉和
一般ユーザ自身が実施すべきこと 三輪 吉和
インターネットのマナー 神月 紀輔
情報倫理とフィルタリング 赤松 辰彦
インターネットと著作権 神月 紀輔
インターネットにおけるセキュリティ対策 鈴木 常彦

第2回 宇治市教育情報研究会開催報告書
林 泰子

◆連載 インターネットと情報倫理 (11)
芦葉 浪久
 第5章 ソフトウェアの法的保護
      (1)知的所有権  (2)著作権

◇プレゼンテーション・ツール特集◇
 教育のICT活用指導力を向上するために

[New Products File]
・電子黒板「mimio with PenPlus」  ・フロントプロジェクター「CP-A100J」
・高速同軸モデム「ACLCシリーズ」 ・マークシートリーダ「SR-3500」「SR-6000」「SR-6500」

◆1月号広告索引◆「学習情報研究」購読申込書◆次号予告・編集後記
2008年 学情誌目次一覧トップへ