だいちくん −火山編−
ソフトNO 331008
開発者 渡部 敬
校種 小学校
学年 6学年
教科 理科
OS
特徴 児童が興味を持って学習を進められるように、動きのある、操作性の高い画面作りをめざした。あわせて、数多くの静止画や動画を活用し、ビジュアルであるようにした。子どもにとって親しみを持てるようなキャラクターを登場させ、興味関心を高めるようにした。
 主なコンテンツは6つであり、それぞれのコンテンツの始めに、学習課題が設定されており、一斉事業でその課題にそって授業を進めたり、調べ学習で活用したりできる。
 分かりやすいボタン操作によって画面を進めていくが、それぞれの画面の作りが同じ形にしてあるので、迷うことはない。

概要 内容は次の6つである。
(1)日本の主な火山(2)活動する火山(3)火山による被害
(4)火山による変化(5)火山のめぐみ(6)リンク集
 (1)は、日本地図上に、主な火山を並べ出した。実際に自分が行ったことのある火山を5つだけ紹介し、山の全景が見られる写真を1枚ずつ提示するようにした。
 (2)は、現在も火山活動をしている山として、阿蘇と桜島を取り上げた。実際に撮影してきた写真とビデオを使って、火山の様子や万が一に備えての施設などを紹介した。
 (3)は、蔵王、雲仙普賢岳、桜島を取り上げ、過去の記録からその被害を紹介したり、実際に写してきた画像で説明したりした。
 (4)は、昭和新山、阿蘇、桜島を取り上げた。写真やアニメーション、立体的な地形図や断面図などを使って、火山がどのような変化をもたらすかを示した。
 (5)は、火山のめぐみとして景勝地と温泉を取り上げた。景勝地については、火山が作り出した山の美しさや雄大さ、湖や峡谷の美しさ、温泉の不思議さなどを静止画と動画で紹介した。温泉については、蔵王周辺の地図を提示し、宮城山形両県に点在する12の温泉を名前と画像で示した。
 (6)は、この学習で活用できそうな、児童に分かりやすいサイトなどをリンク集として紹介した。
HP http://www.nabetaka.com/daitikun/
画面例