日本でりんご栽培が始まった当初は、アメリカやフランスなどから導入された品種が直接利用され、外国の品種に日本名がつけられました。
例えばマッキントッシュは「旭」、ジョナサンは「紅玉」といったように。りんご栽培の歴史の古い外国からの品種導入はその後も行われ、これまでに1000種以上が導入されています。
その中で日本の気候・風土や消費者の嗜好に合致した品種はおよそ20品種とごく少数です。
りんごの新品種交配には、2種類の花粉を交配育成させるほか、偶然に生まれることも少なくありません。10年を経て突然、実がなることもあります。「桃栗3年柿8年」という言葉がありますが、これは種を蒔いてから実をつけるまでの年数をさしていて、りんごも柿に近い年数が必要です。試験を繰り返して、新品種としてデビューするまでには、普通20年以上かかります。
参考資料:三水アップルミュージアム
写真提供:長野県果樹試験場
URL http://www.apple-museum.gr.jp/museum/hinshu.html
味と日特ちのよさで人気が高く、信州りんこの生産高の約半分を占める。国光にデリシャスを交配。 早生種として一番甘い代表品種。ゴールデンデリシャスが母だが、父は不明。
アメリカで偶発実生として発見された。多くの品種改良の親になっている。 比較的酸味の強い味で、今もかくれたファンが多く、クッキングに最適。アメリカ原産の古い品種。
ふじとむつを交配した新品種。大玉で果汁多く、食味も良好。蜜入りのよい甘味種。 レッドゴールドの実生で長野県で育成された新品種。大玉で果汁も多く、蜜入りもよい。甘味種。
アメリカでデリシャスの枝変わりとして発見された品種。蜜入りよく、果汁も多くて芳香がある。 ゴールデンデリシャスの自然交雑実生の巾から生まれた品種。着色がよく、甘酸適和で味は濃厚。
ゴールデンデリシャスに印度を交配して育成された。大玉で果汁が多く、芳香ある品種。 ふじとつがるを交配した新品種。大玉で果肉はち密。果汁は最高位で食味も濃厚。甘酸適和種。
ゴールデンデリシャスと印度の交配実生。特有な芳香があり、果汁多く甘味も強い。 母がゴールデンデリシャス、父が紅玉(原名ジョナサン)のアメリカ産、昭和45年に渡来。甘酸適和種。