参考資料:ロイヤルホームセンターHP DIY百科事典
障子を逆さまに立てかけ、ハケに水をたっぷりとつけて障子の裏から桟に塗っていきます。穴をあけたり、破いたりしてからはがすとはがしにくくなるのでなるべくそのままの状態にしておきましょう。
2〜3分後、ノリのついている部分が白く透き通っているような感じになってきたら、障子紙を上からゆっくりはがしていきます。
はがし残した紙はヘラでそぎ落とします。
最後にぬれふきんで水拭きして乾いたタオルで水気を拭き取ります。
あとは日の当たらない所で陰干しします。
上の桟のノリしろから2〜3cm長めに張る位置を決め、テープで仮止めしておきます。
紙を元に戻し、スポンジ又はぬれた布で桟全体を湿らせ、ノリをつけていきます。
ノリは、ハケからたれない程度の濃さにして、軽くたたくように塗っていきます。
ノリをつけ終わったら、浅の上に障子紙をゆっくりと転がし伸ばし終わったら浅の上を軽く手で押さえていきます。よじれないように注意して張っていきます。
余った部分は、定規をあててカッターで切り落とし、完了です。また、障子紙がたるんだ場合は、ノリが乾いてから障子紙全体に霧吹きで水分を含ませ、陰干しにします。