関東以西の太平洋側、四国、九州に見られる。渋みが無く食用にされる。幹は高さ30mほどに達する。春に開花し受粉、その年の秋に成熟する1年成。
宮城県、新潟県以南、四国、九州にみられる。材が赤いことからその名が付けられた。
幹は直立し、高さ20m程度に達する。春に開花受粉して、次の年の秋に成熟する2年成。
福島県と新潟県以西から屋久島までみられる。
15m〜30mと高く成長する。渋みが無く、昔から食用に利用されてきた。
春に開花受粉して、翌年の秋に成熟する2年成。
昔から公園や緑地帯に植えられることが多く、現在の分布はかなり人工的なもので、元来の分布地は、九州南部と南西諸島と考えられる。渋みが無く食料になる。春に開花受粉して、翌年の秋に成熟する2年成。
ブナが形成する林は、日本を代表する林と言える。
寒冷地では平地に、温暖な地方へ移るにつれ、高地に育成する。南限のブナ林は鹿児島県高隅山とされている。春に開花受粉して、その年の秋に成熟する1年成。
北海道から九州まで広くみられる。幹は直立し、高さ17m程度に達する。食用に利用される。野生のクリの実は小さく、シバグリと呼ばれる。
5〜6月に開花受粉して、その年の秋に成熟する1年成。